甲虫三昧

山で出会ったゾウムシの続き

いっしょにUPするはずだったゾウムシを、二つばっかし忘れていましたので、その続きです。

ご新規ゾウムシとばかり思っていましたが、過去に撮っていました。私の記憶力も大したことありません。旬を過ぎ、ボロになりかけの個体ですが、とりあえずクチブトヒゲボソゾウムシです。羽化直後は体色のグリーンが鮮やかで、かなりきれいだと、大昔に開設していたHPのコメントに書いています。7月ではちょっと遅いという訳です。

1-DSC_0157wdn(Mi).jpg

DSC_0125wdn(Mi).jpgクチブトヒゲボソゾウムシ ‘17.7月上旬 東京都檜原村

これはどう見たってツノヒゲボソですよね。ご近所のツツジの生垣に多数発生していたのは4~5月。それ以降は急速に数を減じ、まったく見なくなってしまいましたが、1000mを越える山地ではまだまだ健在です。ツノヒゲボソに一本化される前は、3種に分類されていたゾウムシですから、地域や標高によって発生時期もまちまちということみたいです。
DSC_0265wdn(Mi).jpgツノヒゲボソゾウムシ ‘17.7月上旬 東京都檜原村



スポンサーサイト
  1. 2017/08/17(木) 18:52:45|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山で出会ったゾウムシ3題

めったに人が通らない草ボーボーの作業路。私の取って置きの虫探索場所です。生い茂った雑草をかきわけ奥へ進みます。そこここに繁茂するテンニンソウ(多分)の葉上に虫がいます。マルモンタマゾウムシです。久しぶりなので落としては一生の不覚、息をつめて撮影に臨みます。取りあえず気が済んだところで周りを眺めてみれば、辺りはこのゾウムシがてんこ盛りでした。
1-DSC_0658wdn(Hn).jpg

DSC_0647wdn(Hn).jpg

DSC_0768wdn(Hn).jpgマルモンタマゾウムシ

チップを敷き詰めた散策路の擬木に大きなゾウムシがいました。多分フトアナアキゾウムシでしょう。5年ほど前にも出会っているので間違いないと思います。ホストはホオノキ。ブナ帯に生息しているようです。
DSC_1036wdn(Mi).jpg
フトアナアキゾウムシ

このゾウムシも久しぶりです。以前はよく見かけたような気がしますが、私の単なる思い過ごしだったのかも知れません。個体数はさほど多くないのかもです。ホストはヤブマオやアザミ類。
DSC_0471wdn.jpg

DSC_0481wdn(Hn).jpgキスジアシナガゾウムシ ‘17.7月上旬 東京都檜原村(すべて)



  1. 2017/08/16(水) 11:07:40|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

速攻あの世行き ・・・ナガアシヒゲナガゾウムシ

久しぶりのナガアシヒゲナガゾウムシも、こうダニにたかられていたのでは興ざめです。本人も鬱陶しいでしょうけど、撮る方はもっと鬱陶しいです。昆虫につくダニは、どこに喰らいついて栄養を横取りするのでしょう。関節ですかね。こんなものに喰いつかれたら、死んだ方がましですね。私なら速攻あの世行きを選択します。
DSC_0120wdn(Hn).jpg

DSC_0129wdn(Hn).jpgナガアシヒゲナガゾウムシ ’17.7月上旬 東京都檜原村



  1. 2017/08/15(火) 19:35:16|
  2. ヒゲナガゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベクトルがヘン ・・・ホソヒゲナガキマワリ

標高を上げたら、この虫を見ないことには話が始まりません。もちろん私のバヤイですけど。どうして私はこんな虫に惹かれるのでしょう。カミキリもクワガタも好きですが、この手の虫はもっと好きです。天邪鬼というより、ベクトルが常人よりヘンテコな方向に向いているんでしょうね。カミキリよりゴミダマの方が好きという虫好きは、おそらく日本全国に10人もいないのではないでしょうか。
1-DSC_0431wkn(Hn).jpg

DSC_0412wd(Hn).jpgホソヒゲナガキマワリ ‘17.7月上旬 東京都檜原村



  1. 2017/08/14(月) 19:36:23|
  2. ゴミムシダマシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下から数えた方が ・・・ベニボタル

甲虫大好き人間の私ですが、それでも序列というものはあります。平たく言ってしまえばランキングですね。でもってベニボタルはどのへんかって話ですが、所謂雑甲虫の中でもイマイチ感は否めず、数ある雑甲虫の中でも、下から数えた方が早いんじゃね、と言った位置でおます。ベニボタルファンには総スカンを喰いそうですが、いまだかつて「わたしベニボタル好きなんですよねぇ」という虫屋さんに会ったためしがありません。でも私は見つけたら撮ります。何と言っても甲虫ですから。ランキングはあっても、分け隔てなく撮るというのが私のスタンス。とまとめたところで今年のベニボタルです。
DSC_0389wdn(Hn).jpg

DSC_0399wkn(Hn).jpgベニボタル ‘17.7月上旬 東京都桧原村



  1. 2017/08/12(土) 18:27:03|
  2. ベニボタル科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ