FC2ブログ

甲虫三昧

MFのハンミョウ ・・・コハンミョウ+1

この夏、近場のフィールドで撮影出来たハンミョウはこの2種類のみ。昨年はエリザも撮れましたが、今年はダメでした。どうしちゃったのでしょう。ちょっと心配です。1種は言わずと知れたトウキョウヒメハンミョウ。局地的な生息域ながら、東京には沢山います。そしてもう1種がコハンミョウ。例年見かける場所ではなく、農道際の用水路周辺を走り回っていました。雌雄で斑紋に若干の差があり、上翅中央やや上部に、一対の小さな黒紋を持つのがメス、ないのがオスです。
1-DSC_1013wdn(Ku).jpg

2-DSC_0880wkn(Kt).jpg

DSC_0313wdn.jpgトウキョウヒメハンミョウ ‘18 初夏~夏/世田谷区・町田市

1-DSC_0049wdn(Ku)_20180816093813819.jpg

2-DSC_0129wdn(Ku)_201808160938140d7.jpg

3-DSC_0222wdn(Ku).jpg

DSC_0072wdn(Ku)_201808160938162d5.jpg

DSC_0231wdn(Ku).jpgコハンミョウ ‘18 夏/町田市



スポンサーサイト
  1. 2018/08/16(木) 09:41:40|
  2. ハンミョウ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おかしいでしょ ・・・コフキゾウムシ

これどう見てもおかしいでしょう。大きさに個体差があるのは当然としても、雌雄でこれほどの逆転劇はあまり見たことがありません。コフキゾウムシ自体が割合個体差のあるゾウムシなので、そのこと自体は気になりませんが、小さいメスに大きいオスという構図は、笑えると同時に、メスが気の毒に思えてきます。尤も写真を見る限り、そのことに頓着しているようには見えませんけどね。
1-DSC_0996wdn(Kt).jpg

こちらがあるべき正しい?姿ですよねぇ。
DSC_0842wdn(Kt).jpg

DSC_0849wdn(Kt).jpg

DSC_0855wdn(Kt).jpgコフキゾウムシ ‘18 初夏/世田谷区



  1. 2018/08/15(水) 15:17:58|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

でも撮ります ・・・クロアシヒゲナガハナノミ

地味な虫をここで一つ。ナガハナノミ科の虫と言えば、近隣ではヒゲナガハナノミが挙げられますが、それ以外はほとんど馴染みがないというのが実際でしょう。科そのものも地味なら、絵的にもイマイチ感はぬぐえず、出会っても、「オオッ」とは声の出ない虫です。でも撮ります。甲虫好きですから・・・。分布は関東のみらしいですよ。
DSC_0395wdn(O).jpgクロアシヒゲナガハナノミ ‘18 初夏/町田市



  1. 2018/08/15(水) 10:14:09|
  2. ナガハナノミ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モテモテ ・・・カシルリオトシブミ

真夏の平地に甲虫の影はほんの一握り。それも見知った顔ばかりでは写欲が湧きません。涼しい場所へ行きたいけれど、車の運転が近頃ちょっと億劫。道路の込み具合も頭痛の種。なんてことを考えているうちに、虫の季節は忘却の彼方へ。歳は取りたくないものです。

こんな時に白羽の矢が立つのがカシルリオトシブミ。普段は数が多すぎて、スルーしてしまうことも多い定番オトシブミですが、真夏の平地ではモテモテです。前肢の長さを比べてみるとオスは異常と言えるくらい長いですねぇ。この長い肢でメスをガッチリホールドして、もう放さないもんね、などと囁くのでしょうか。


1-DSC_0634wdn(Ku)_20180814125957ee4.jpg

2-DSC_1201wdn(Ku).jpg


3-DSC_0052wdn(Ku).jpg

4-DSC_0390wdn(Ku)_201808141300022f6.jpg

5-DSC_0014wdn(Ku).jpgカシルリオトシブミ ‘18 初夏~夏/町田市



  1. 2018/08/14(火) 13:03:12|
  2. オトシブミ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

特別な虫という待遇 ・・・コガネムシ+α

昨今のMFでは、出会っても1シーズンに2~3度くらいですから、特別な虫という待遇でもいいのではないかと思う虫撮りジジイです。ということで、田んぼの畔で私を待っていた?コガネムシでおます。

近づいてみたらやっぱりコガネムシ。これは撮らねば罰があたります。

1-DSC_0120wkn(Ku).jpg

DSC_0962wdn(Ku)_201808131325396cc.jpgコガネムシ ‘18 夏/町田市

やっぱりサクラコガネですかねぇ。サクラコガネとツヤコガネの同定に、四苦八苦しているのは私だけではないということが、検索するとよくわかります。ホントわからないですよね、このコガネムシ。大きさ、色、分布域・・・。なんかみんなオーバーラップするので、どっちもあり、なんてことになる訳です。私にとっての唯一の拠り所は「ツヤ」という単語でしょうか。写真のコガネムシにもツヤはありますが、ツヤ!と大見得切る程の「ツヤ」かというと、それほどでもなく、となればサクラコガネかなとなる訳で、まさに堂々巡りの今日この頃です。写真も葉から落ちた後の姿では、堂々UPも後ろめたく、居候、そっと手が出る三杯目、の感じで見ていただければ幸いです。って何書いているんだろ、この私。
1-DSC_0354wdn(Ku).jpgサクラコガネ ‘18 夏/町田市

ちんけなコメントを書きながら、拙ブログでツヤコガネはUPしただろうかと、調べてみたら2年前の夏に一度だけ載せていました。再掲ですが、その時の画像を比較のために貼ってみます。寝ぼけ写真ですが、なんとなく「ツヤ」かな、と言った雰囲気はあるような、ないような・・・。こっちもはなはだ微妙ではありますな。
DSC_0196wkn(I).jpgツヤコガネ? ‘16 夏/狛江市



  1. 2018/08/13(月) 13:29:24|
  2. コガネムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ