FC2ブログ

甲虫三昧

春のハムシおまとめ

既出もありますが、この春に撮ったハムシをまとめてみました。並びは図鑑順ではなく、撮影順です。
1-DSC_0513wdn(I)_20190527084752454.jpgクロボシトビハムシ

2-DSC_0253wdn-b(Ku).jpgコガタルリハムシ

3-DSC_0140wdn(I).jpgスズキミドリトビハムシ

4-DSC_0337wtn(Ku).jpg
アトボシハムシ

5-DSC_0114wdn(Kt).jpgクロボシツツハムシ

6-DSC_1037wdn(Ku).jpgニホンケブカサルハムシ

7-DSC_0695wdn(I).jpgコヤツボシツツハムシ

8-DSC_0360wdn(I).jpgイタドリハムシ

9-DSC_0702wdn(O).jpgカタクリハムシ

10-DSC_0921wdn-b(O)_20190527085344d3c.jpgアカタデハムシ

11-DSC_0959wdn(Kt)_20190527085333a70.jpgバラルリツツハムシ

12-DSC_0455wdn(Kt)_20190527085335a23.jpgツツジコブハムシ

13-DSC_0461wdn(T)_20190527085336e9a.jpgクルミハムシ

14-DSC_0939wdn(I).jpgコフキサルハムシ

15-DSC_1190wdn(I)_201905270853394ce.jpgムナキルリハムシ

16-DSC_0495wdn(I)_20190527085341937.jpgクワハムシ

DSC_0364wdn-b(T)_20190527085342cfe.jpgヤツボシツツハムシ

この他にもいろいろ撮りましたが、写真がイマイチなので、そっちはゴミ箱に入ってもらいました。



スポンサーサイト
  1. 2019/05/27(月) 08:58:21|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モヤモヤが晴れた ・・・ナガホソクチゾウムシ?

虫好きでありながら「月刊むし」を購読していない虫撮りジジイ。その書棚に何故か一冊の「月刊むし」があります。虫撮りジジイが撮影したヒゲナガゾウムシの写真が、4枚ほど掲載されたので、その贈呈本としていただいた443号です。その号を久々に眺めていたら、ヤナギにつくナゾのホソクチゾウムシのことが載っていました。灯台下暗し。当初はギシギシホソクチゾウムシなんじゃね、と考えていたゾウムシですが、ヤナギにいたことがどうにも引っかかっていたわけです。

その号で、ナガホソクチゾウムシというヤナギに依存するゾウムシであるらしいことがわかりました。ただ、各地のヤナギに複数の別種が見つかっている、とあるので、そのものズバリかどうかは予断を許しませんが、取りあえず?付きでUPしようと思います。なんかやっとモヤモヤが晴れたような気分です。体長は2.5mm内外、イヌコリヤナギ、ネコヤナギにつくようです。

1-DSC_0602wdn(I).jpg

2-DSC_0474wdn(I).jpg

DSC_0083wdn(I).jpgナガホソクチゾウムシ? ‘19 春/狛江市



  1. 2019/05/26(日) 09:13:44|
  2. ホソクチゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カエデに魅力・・・ドロハマキチョッキリ

ピーカン下で撮ったチョッキリ類の写真がどうにも合点がいかず、10日ほど経ったある日再訪してみました。するとどうでせう、あれだけいたチョッキリ類がものの見事に姿を消していたのですよ。

結局リベンジを果たすことなく、なんだかなぁ、の気持ちで林道を歩いていると、傍らのカエデにドロハマキが一頭だけ鎮座していました。これがその時の写真。撮影地では、イタドリで揺籃を作ることが多いのですが、このメスはカエデに魅力を感じたようです。

1-DSC_1013wdn(T).jpg

2-DSC_1167wdn(T).jpg

DSC_1033wdn(T).jpgドロハマキチョッキリ ‘19 初夏/八王子市



  1. 2019/05/25(土) 08:03:33|
  2. チョッキリゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

心が和む ・・・ウスバシロチョウ

このチョウチョ、好きだなぁ。初夏のフィールドをゆるゆると滑空するウスバシロチョウは、見ているだけで心が和みます。古い形質を持ったが故なのか、飛び方はかなりヘタくそ。下草によく衝突しています。そこがまた魅力なんですけどね。

日が陰り、下草で休憩中の図

1-DSC_0813wkn(T).jpg

2-DSC_0808wkn(T).jpg
ウスバシロチョウ ‘19 初夏/八王子市



  1. 2019/05/24(金) 08:19:32|
  2. チョウ・ガ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なによりの戦利品 ・・・ニホンナガハナノミダマシ

2年に一度くらいのペースで出会うニホンナガハナノミダマシ。保育社の甲虫図鑑によれば、世界的にも50種ほどの小さな所帯で、日本には4種のみが棲息しているとのこと。本種を除くいずれもがレアであるらしく、本種以外の生態写真はネット上ではほぼほぼ見ることが出来ません。生態もほとんど知られることなく、灌木のビーティングや灯火で得られるとあるだけです。雑虫好きの虫撮りジジイには、なによりの戦利品と言えるでしょう。
1-DSC_0636wdn(T).jpg

DSC_0628wdn(T).jpg

DSC_0634wdn(T).jpgニホンナガハナノミダマシ(ナガハナノミダマシ科) ‘19 春/八王子市



  1. 2019/05/23(木) 18:24:37|
  2. その他の科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ