甲虫三昧

ナガクチキムシ科なのに ・・・カバイロニセハナノミ

カワラタケでよく見るニセハナノミの仲間。ナガクチキムシ科ですが、横から見た時のフォルムや、ピョンピョン跳ねるところがハナノミを連想させるのでしょうか、ニセハナノミという名前がついています。ジッとしている時以外は敏捷に動き回り、気に入らないことがあればピョンと跳ねて、瞬時にいなくなってしまいます。体長は5~6mm、ふつう種です。
DSC_0614wd(On).jpg

DSC_0705wd(On).jpgカバイロニセハナノミ ‘17.9月下旬 東京都町田市



スポンサーサイト
  1. 2017/11/20(月) 18:18:07|
  2. ナガクチキムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こんな虫が好き ・・・クロオビケシマキムシ

久々目にしたクロオビケシマキムシ。マキムシとしては大柄(と言っても3mm弱)で、しかも斑紋があるので、絵的にもうれしい微小甲虫です。こんな虫が好きなんですよ、わたし。
DSC_0125wdn(Ku).jpg

DSC_0132wdn(Ku).jpg

DSC_0164wdn(Ku).jpgクロオビケシマキムシ(ヒメマキムシ科) ’17.10月上旬 東京都狛江市



  1. 2017/11/19(日) 18:04:11|
  2. その他の科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再登場 ・・・マエグロチビオオキノコ

初遭遇したキノコムシが気になって、一週間後にまた同じフィールドを訪ねてしまいました。件のキノコムシは、若干個体数を増やしつつ、元気に活動していました。時間をおかずの再登場ですが、好きなので再UPしちゃいます。
1-DSC_0326wdn(On).jpg

2-DSC_0219wdn(On).jpg

3-DSC_0157wdn(On).jpg

寝ぼけ写真は、雰囲気重視ということで・・・。
DSC_0073wdn(On).jpg

DSC_0080wdn(On).jpgマエグロチビオオキノコ ’17.10月初旬 東京都町田市



  1. 2017/11/18(土) 16:22:01|
  2. オオキノコムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タバッちゃん ・・・タバゲササラゾウムシ

何度チャレンジしても、うまく撮れない虫っているもので、このタバゲササラゾウムシもその内の一つ。数はそこそこですが、言うことを聞いてくれる個体は少なく、神経質にちょこまか歩いたり、死んだふりをしたり、ふいに飛んだりして往生します。この日は幸い天候と気温が影響したのか、普段よりは大人し目のタバゲくんでしたが、〆てみればやっぱりどこか腑に落ちない仕上がりではあります。
1-DSC_0636wdn(On).jpg

DSC_0598wdn(On).jpg

DSC_0599wdn(On).jpgタバゲササラゾウムシ ’17.10月初旬 東京都町田市
※タイトル名は、東直己の影響です。



  1. 2017/11/17(金) 18:14:13|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつまでたっても見られない ・・・カマキリタマゴカツオブシムシ

1シーズンに2~3度は見る虫ですが、未だにオオカマキリの卵のうから、エイリアンのごとく飛び出てくるところは見たことがありません。寄生されているかもしれないという卵のうを持ち帰って観察しないことには、いつまでたっても誕生シーンは見られそうにありません。
DSC_0006wdn(On).jpgカマキリタマゴカツオブシムシ ’17.10月初旬 東京都町田市



  1. 2017/11/16(木) 21:37:22|
  2. カツオブシムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ