甲虫三昧

やっと見つけた ・・・カノコサビカミキリ

やっと見つけたカノコサビカミキリ。2年前は、これぞと思うカラウスリの群落を、ジロリとするだけで見つかった彼らですが、昨年はヌル。今年はどうかと来てみれば、やっと一頭というこの体たらく。どうなっちゃっているんでしょうか。カミキリハンドブックの言によれば、カラスウリがあれば難なく見つかるという印象ですが、現実はそう甘くはないようです。
DSC_1219wkn(Ku).jpg

DSC_1225wdn(Ku).jpg

DSC_1255wdn(Ku).jpgカノコサビカミキリ ’17.9月初旬 東京都町田市



スポンサーサイト
  1. 2017/10/13(金) 18:10:33|
  2. カミキリムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今季3度目の続編 その3

小さな枯れ枝が歩いています。触角をたたみ、肢をちぢめ、じっとしいるイメージが強いカミキリですが、ホストのクズを行ったり来たりする姿は、別のカミキリを見ているようです。見れば見る程小さな枯れ枝。体表の装飾具合や、上翅端の折れ具合など見事というほかありません。これだけ枯れ枝に似ていれば、天敵の目を欺くことは可能かもしれませんね。但し、触角や肢をちぢめての話ですけどね・・・。
3-DSC_0251wdn(Hn).jpg

4-DSC_0256wdn(Hn).jpg

5-DSC_0287wdn(Hn).jpgコブスジサビカミキリ ‘17.8月下旬 東京都檜原村



  1. 2017/09/29(金) 18:15:23|
  2. カミキリムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今季3度目 ・・・檜原村詣でその2

ヨツスジハナが出たついでにこの日のカミキリを・・・。と言ってもこの日いたのはこのヨツスジハナのみ。それも大量に・・・。一頭くらいコウヤホソハナとかいてくれたらそれだけで幸せな気分になれるんですけど。カミキリにはまっこと縁遠い虫好きジジイです。

数が多いので中にはこんな三段重ねがいたりします。UP写真ではよくわかりませんが、一番上のオスはナニを出しているんですよ。一体どこに収めているんでしょうね。気になるなぁ。

5-DSC_0482wkn(Mi).jpg

6-DSC_0805wkn(Mi).jpg

7-DSC_0897wdn(Mi).jpgヨツスジハナカミキリ ‘17.8月中旬 東京都檜原村



  1. 2017/09/22(金) 18:20:15|
  2. カミキリムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カブトムシと同じ日 ・・・カミキリ2種+1

最初で最後のカブトムシを撮った同じ日のカミキリです。時は8月上旬、場所は東京郊外、なので登場するカミキリもまぁ、こんなところではないでしょうか。

私めがけて飛来したノコギリカミキリは、私の腹に激突したあと地面に落下。大あわてで離陸したものの、今度はヒノキのぶつかって動かなくなりました。これがその時の写真。その後自ら落ちて下草に潜り込み、姿が見えなくなりました。

DSC_0253wkn(Oy).jpgノコギリカミキリ ‘17.8月上旬 東京都町田市

カノコサビまだかいなと、叩いたカラスウリから落ちたキボシカミキリ。そばにクワがあったので、そこから落ちた個体でしょう。まだ時期が早かったせいか、カノコサビは落ちませんでした。
DSC_0498wkn(On).jpgキボシカミキリ ‘17.8月上旬 東京都町田市

こっちは例によって便乗UPのセンノカミキリです。仲良しの植木屋さんから、今シーズン3頭目となるセンノカミキリを頂戴しました。ハリギリ、タラノキ、ヤツデなどウコギ科をホストとするカミキリですが、そのカミキリがここ最近、俗にアイビー(ヘデラ)と呼ばれるツタの一種に寄生するようになったらしいと、その植木屋さんはおっしゃるのですよ。その言葉を裏付けるように、ご近所のマンションのアイビーで、触角が一本かけたセンノカミキリを見つけてしまったんですね、これが。調べてみるとこのアイビーもウコギ科。センノカミキリがホストに選んでも何ら問題はないという訳です。頂いたセンノカミキリは世田谷産らしく、私が見つけたポロも世田谷産とすれば、地元でセンノカミキリが見られるようになるかもしれないと、ちょっと気になるカミキリ話ではあります。センノカミキリの勢力図に異変ありでしょうか。

UPの写真は適当な立木に止まらせ撮ったヤラセですが、幹に止まらせた途端、あっという間に飛んで行ってしまい、後に残った唯一の写真がいつも通りの甘ピン写真です。しかもブレています。その前に頂いた2頭目は、シャッターを押す間もなく飛んで行ってしまったことを考えれば、一枚残っただけでも良しとしなければならないのかもしれません。

DSC_0585wtn(S).jpg
センノカミキリ ‘17.8月上旬 東京都世田谷区



  1. 2017/09/20(水) 20:02:27|
  2. カミキリムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頼りなさ ・・・ウスバカミキリ+1

キマワリのベージがあって、いっしょに写っているカミキリのページがないってどういうことよ、という訳で、前ページに登場していたウスバカミキリを改めてUPします。大型のカミキリで、昼間は木の洞や材のすき間に潜り込んで昼寝をしています。和名に「ウスバ」とあるように、他のカミキリに比べ翅が薄く、掴んだ時の頼りなさにはちょっと異質です。強く掴むとクシャといきそうな感じがしますよね。
DSC_0569wdn(I).jpgウスバカミキリ ‘17.7月中旬 東京都狛江市

同じ日に撮影したゴマダラカミキリ。グミにいた個体をどさくさUPです。話は変わりますが、グミって集虫力があるって思いませんか。花期は言うに及ばず、それ以外の時でも結構虫がやって来て、なかなか面白い植物だなと思っているのですが、どうでしょう。グミ括りでページが出来そうですよ。
DSC_0407wdn(I).jpgゴマダラカミキリ ‘17.7月中旬 東京都狛江市



  1. 2017/09/06(水) 20:59:58|
  2. カミキリムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ