甲虫三昧

再登場 ・・・マエグロチビオオキノコ

初遭遇したキノコムシが気になって、一週間後にまた同じフィールドを訪ねてしまいました。件のキノコムシは、若干個体数を増やしつつ、元気に活動していました。時間をおかずの再登場ですが、好きなので再UPしちゃいます。
1-DSC_0326wdn(On).jpg

2-DSC_0219wdn(On).jpg

3-DSC_0157wdn(On).jpg

寝ぼけ写真は、雰囲気重視ということで・・・。
DSC_0073wdn(On).jpg

DSC_0080wdn(On).jpgマエグロチビオオキノコ ’17.10月初旬 東京都町田市



スポンサーサイト
  1. 2017/11/18(土) 16:22:01|
  2. オオキノコムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご新規キノコムシ+1

谷戸の竹林に伐採された古い竹がいくつも積み重なっています。以前、そんな枯れ竹にキノコムシを見つけてからというもの、伐採された古竹を見ると、ついついキノコムシを探している自分がいたりします。この日も変色した枯れ竹をジロジロしていたら、おぉっ、いた!となった訳です。近づいてみると初見のキノコムシ。一挙にあわただしさを増す現場です。えらいこっちゃ。なんとかモノにせんば、と気持ちが焦ります。取りあえずバシャバシャやりますが、相手の動きがちょっとヤバイです。と思った瞬間、被写体はもうそこにはいませんでした。画像を再生してみるといずれも中途半端。あ~、言わんこっちゃないぜびっち。折角の初見キノコムシもこれでは台無しです。

その時の台無し写真
1-DSC_1032wdn(On).jpg

でもちょっと待て、ここにいたということは、近くにホストのキノコがあるかもしれない。と思って辺りを見回すとありました。赤茶色のカワウソタケです。表には見えませんが、試しに叩いてみると、小さなものがパラパラと落ちてきます。お~、いたいた。正体はマエグロチビオオキノコ。今日はここへ来て正解でした。久しくご新規のキノコムシに出会っていなかったので、まずはメデタシ、メデタシのマエグロチビオオキノコでした。
2-DSC_0970wdn(On).jpg

3-DSC_0949wdn(On).jpg

4-DSC_0951wdn(On).jpgマエグロチビオオキノコ ’17.9月下旬 東京都町田市

こちらはご新規ではありませんが、それでも久々のズグロホソオオキノコです。見つけた時はセモンホソオオキノコと勘違いして、撮影もちょっとズボラを決め込んだら、実は別種だったというオチ付きのキノコムシです。もっとちゃんと撮ればよかった・・・。
1-DSC_0900wdn(On).jpg

DSC_0888wdn(On).jpgズグロホソオオキノコ ‘17.10月上旬 東京都町田市



  1. 2017/11/09(木) 20:36:07|
  2. オオキノコムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あ~、キミか ・・・ルリオオキノコ

たまにしか来ないフィールドだから、たまには違った顔つきのキノコムシを、なんて思いますが、なかなか希望通りにはいきません。古い伐採木に現れたのは毎度お馴染みのルリオオキノコ。あ~、キミか、などと言う前に、折角出て来てくれたのですから、カメラを向けないわけにはいきません。
DSC_0325wdn(Hn).jpg

DSC_0340wdn(Hn).jpgルリオオキノコ ‘17.7月上旬 東京都檜原村



  1. 2017/08/10(木) 18:25:26|
  2. オオキノコムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タイトロープ ・・・ヒメオビオオキノコ

大胆にひび割れた樹皮をまとう一本の立ち枯れ。樹種名不明ですが、なことより樹皮裏に何が潜んでいるのかそれが気になります。でもって大きく剥がれ、浮き上がった樹皮を外すと(まさに外すと言った感じ)ヒメオビオオキノコが3頭出て来ました。ミヤマヒメオビとよく似ていますが、複眼の大きさや眼間距離で判断するとヒメオビオオキノコとなります。多分・・・。写真のみの同定は常にタイトロープです。
1-DSC_0260wtn(Ku).jpg

2-DSC_0247wtn(Ku).jpg

DSC_0201wdn(Ku).jpgヒメオビオオキノコ ‘17.3月中旬 東京都町田市



  1. 2017/03/23(木) 18:40:25|
  2. オオキノコムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつも同じ ・・・キベリハバビロオオキノコ

早春から現れるオオキノコムシの一種。と書いたところで、この虫のコメントの出だしがいつも同じだということに気づいた管理人。センスもボキャブラリーも貧弱な甲虫三昧です。でもとっかかりがないと先へ進めない性分なので、このままめげずに行こうと思います。でなんだっけ、そうそう、例年川向うの緑地で会うのが習わしとなっているキノコムシですが、今年は(実は昨年もそう)別フィールドでのファーストコンタクトとなりました。ご多聞に漏れずこの子もフェンスの支柱だったので、ひょいと摘まんで別撮りしました。
1-DSC_0399wkn(Ku).jpg

DSC_0102wdn(Ku).jpgキベリハバビロオオキノコ ‘17.3月上旬 東京都町田市



  1. 2017/03/18(土) 17:12:29|
  2. オオキノコムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ