甲虫三昧

好物は干しシイタケ? ・・・ニホンホソオオキノコ

前々から見たいと思っていたニホンホソキノコが、毎度毎度のフェンスにいました。大そうな和名ですが、日本の固有種でしょうか。見た目はセモンホソズグロホソに似ていますがやや大きく、頭と胸が赤いところがミソ。図鑑には個体数は少ないとありますが、ネット検索するとそこそこヒットするので、それほど珍しい種ではなさそうです。ホストはシイタケ。生シイタケより干しシイタケで大発生することがあるとか。シイタケは嫌いですが、大発生する干しシイタケなら買ってもいいかなと思う虫撮りジジイです。
DSC_0992wdn(Ku).jpg

DSC_1007wdn(Ku).jpg

DSC_1012wdn(Ku).jpgニホンホソオオキノコ ‘18.3月中旬 東京都町田市

バックのせいで虫が沈んでしまったのが何とも残念。次の出会いに期待しましょ。



スポンサーサイト
  1. 2018/03/19(月) 16:28:09|
  2. オオキノコムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬も夏も関係なし? ・・・アカハバビロオオキノコ

甲虫の生態写真を撮りはじめた頃から、寒さに強い虫だなという印象は持っていましたが、今年もその強さを目の当たりにした虫撮りジジイです。

白いキノコにまるまる覆われた伐採木。覗き込むと毎度毎度の赤いキノコムシが三々五々散らばっています。越冬ではなく、ちゃんと活動しているようです。今の時期としては暖かな一日でしたが、何ともはや季節にこだわりのない虫ではあります。

1-DSC_0705wkn(Ku).jpg

2-DSC_0665wdn(Ku).jpg

3-DSC_0657wdn(Ku).jpg

4-DSC_0626wdn(Ku)_20180127211414f5d.jpgアカハバビロオオキノコ ‘18.1月中旬 東京都町田市



  1. 2018/01/27(土) 21:16:20|
  2. オオキノコムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

都市部のオオキノコムシ2態

都市部の公園でしぶとく生きるセモンホソオオキノコ。ひょっとしたら、歩いて行けるおらが町の公園で、唯一見られるオオキノコムシかもしれませんね。いや、まてよ、ヒメオビオオキノコがいるから唯二くらいか。生憎、写真の個体は郊外産ですけど、私にとってはいずれも貴重な存在ではあるのです。大事にせねばネ。
1-DSC_1151wdn(Ku).jpg

DSC_1095wdn(Ku).jpg

DSC_1305wdn(Ku).jpgセモンホソオオキノコ ‘17.12月下旬 東京都町田市

そしてこちらがヒメオビオオキノコ。ヒノキの樹皮下で集団越冬していた個体群ですが、樹皮をベリリと剥いだ拍子に、かなりの数が落ちてしまいました。写真は残された残党です。なので写真はそれなりです。
DSC_0388wtn(On).jpg

DSC_0406wdn.jpgヒメオビオオキノコ ‘17.12月初旬 東京都町田市



  1. 2018/01/05(金) 16:49:55|
  2. オオキノコムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再登場 ・・・マエグロチビオオキノコ

初遭遇したキノコムシが気になって、一週間後にまた同じフィールドを訪ねてしまいました。件のキノコムシは、若干個体数を増やしつつ、元気に活動していました。時間をおかずの再登場ですが、好きなので再UPしちゃいます。
1-DSC_0326wdn(On).jpg

2-DSC_0219wdn(On).jpg

3-DSC_0157wdn(On).jpg

寝ぼけ写真は、雰囲気重視ということで・・・。
DSC_0073wdn(On).jpg

DSC_0080wdn(On).jpgマエグロチビオオキノコ ’17.10月初旬 東京都町田市



  1. 2017/11/18(土) 16:22:01|
  2. オオキノコムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご新規キノコムシ+1

谷戸の竹林に伐採された古い竹がいくつも積み重なっています。以前、そんな枯れ竹にキノコムシを見つけてからというもの、伐採された古竹を見ると、ついついキノコムシを探している自分がいたりします。この日も変色した枯れ竹をジロジロしていたら、おぉっ、いた!となった訳です。近づいてみると初見のキノコムシ。一挙にあわただしさを増す現場です。えらいこっちゃ。なんとかモノにせんば、と気持ちが焦ります。取りあえずバシャバシャやりますが、相手の動きがちょっとヤバイです。と思った瞬間、被写体はもうそこにはいませんでした。画像を再生してみるといずれも中途半端。あ~、言わんこっちゃないぜびっち。折角の初見キノコムシもこれでは台無しです。

その時の台無し写真
1-DSC_1032wdn(On).jpg

でもちょっと待て、ここにいたということは、近くにホストのキノコがあるかもしれない。と思って辺りを見回すとありました。赤茶色のカワウソタケです。表には見えませんが、試しに叩いてみると、小さなものがパラパラと落ちてきます。お~、いたいた。正体はマエグロチビオオキノコ。今日はここへ来て正解でした。久しくご新規のキノコムシに出会っていなかったので、まずはメデタシ、メデタシのマエグロチビオオキノコでした。
2-DSC_0970wdn(On).jpg

3-DSC_0949wdn(On).jpg

4-DSC_0951wdn(On).jpgマエグロチビオオキノコ ’17.9月下旬 東京都町田市

こちらはご新規ではありませんが、それでも久々のズグロホソオオキノコです。見つけた時はセモンホソオオキノコと勘違いして、撮影もちょっとズボラを決め込んだら、実は別種だったというオチ付きのキノコムシです。もっとちゃんと撮ればよかった・・・。
1-DSC_0900wdn(On).jpg

DSC_0888wdn(On).jpgズグロホソオオキノコ ‘17.10月上旬 東京都町田市



  1. 2017/11/09(木) 20:36:07|
  2. オオキノコムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ