甲虫三昧

ヒノキの樹皮下 ・・・エゴツルクビオトシブミ♀

この日は終日ケヤキの樹皮に頼り切りでしたが、唯一ヒノキの樹皮下から出て来たエゴツルクビオトシブミのメス。2~3枚めくって出ましたからラッキーというほかありません。ケヤキに比べヒノキは効率が悪く、普段はあまりやらないのですが、スギやヒノキに執着する虫もいたりするので、たまにはめくらなくちゃな、なんて気持ちになります。しかし撮影条件は芳しくなく、寝ぼけ写真となったのは残念としか言いようがありません。これ言い訳です。
DSC_1312wkn(Ku).jpg

DSC_1332wkn(Ku).jpgエゴツルクビオトシブミ♀ ‘17.2月中旬 東京都町田市



スポンサーサイト
  1. 2017/02/24(金) 19:00:53|
  2. オトシブミ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今冬2度目 ・・・ヒメケブカチョッキリ

越冬態を見る機会はそう多くありません、と書いたばかりのヒメケブカチョッキリ。しか~し、その後3度ほど目にしたので今冬2度目の登場と相成りました。撮影フィールドではヤナギとムクノキの両方で見られますが、ムクノキで見ることが多いように思います。ムクノキの方が樹皮下に潜り込みやすいのかもしれません。

見る機会が少ないと書いたのは、単に探し方がヘタだったからというのが理由ですね。

DSC_0138wdn(I).jpgヒメケブカチョッキリ ’17.1月下旬 東京都狛江市

別個体、結構動きます。
DSC_1036wdn(I).jpg

DSC_1047wdn(I).jpg

DSC_1122wdn(I).jpgヒメケブカチョッキリ ‘17.2月上旬 東京都狛江市



  1. 2017/02/22(水) 20:09:23|
  2. オトシブミ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

迷惑そう ・・・ヒメケブカチョッキリ

陽が傾くと寒さが忍び寄ってきます。こうなるとそろそろお暇の頃合い。それでもやっぱり後ろ髪引かれ、最後のあがきでヤナギの樹皮などめくってみます。するとヒメケブカチョッキリが出て来ました。ノイバラなどのバラ科植物をホストとするふつう種ですが、越冬態を見る機会はそう多くありません。

越冬場所から出てきません。
DSC_0009wdn(I)_20170203203120cf2.jpg

そこでちょいと突いて外へ。
DSC_0240wtn(I).jpg

迷惑そうに樹幹を彷徨うヒメケブカチョッキリ。撮影終了後、元の場所へお戻りいただきました。
DSC_0256wdn(I).jpgヒメケブカチョッキリ ‘17.1月下旬 東京都狛江市



  1. 2017/02/03(金) 20:40:21|
  2. オトシブミ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

息抜き ・・・ドロハマキチョッキリ

このところ朽ち木、樹皮下、砂、泥写真ばかりが続きましたので、ちょっと息抜きに緑の過去画像をUPします。普通種ながら宝石のようなメタリックグリーンはいつ見てもきれいです。種名にあるようにドロノキにもつきますが、イタドリやカエデ、ブナ科の植物で見ることが多いように思います。
DSC_0733wdn(T).jpgドロハマキチョッキリ ‘16.5月初旬 東京都八王子市



  1. 2016/12/17(土) 16:30:44|
  2. オトシブミ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋のチョッキリ2題

虫仲間の一人が、ベニカナメモチをかじりまくるチョッキリを見つました。ベニカナメモチを食べるチョッキリって何でしょう。色や形はヒメケブカに似ていますが、ちょっと太目です。オトシブミハンドブックによれば、どうやらカシルリチョッキリのようです。サクラ、クリ、ヤナギ、カシのほか、ベニカナメモチにつくとあるので間違いないでしょう。
DSC_0053wkn(Tu).jpg

DSC_0064wdn(Tu).jpgカシルリチョッキリ ’16.10月下旬 東京都町田市

この日2頭目のチョッキリが用水路の防護柵にいました。一見グミにも見えますが、お仲間の「クチナガ」かも、という声に見立てを変えました。口吻の長さや、背面の毛の生え方はクチナガのそれです。これは思わぬ拾い物。なんてたって九州で一度見たあとは、ず~っとお見限りだったのですから。バックはいただけませんが、二度目の出会いと言うことでそれもチャラですね。
DSC_0145wdn(Ku).jpg

DSC_0150wdn(Ku).jpg

DSC_0152wdn(Ku).jpgクチナガチョッキリ ‘16.10月下旬 東京都町田市



  1. 2016/11/25(金) 17:58:57|
  2. オトシブミ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ