甲虫三昧

今季3度目 ・・・檜原村詣でその3

下界の37℃がウソのように涼やかな都民の森。チップを敷き詰めた散策路をまったり歩きます。

平地では旬を過ぎたはずのルリオトシブミ系が、ここではまだ健在でした。ホスト(クマシデ)と見た目の印象でケシルリオトシブミとしましたがどうでしょう。同定が合っていれば初見のはずなんですが。とすればもうちょっといい感じで撮りたかったなぁ、とはモチ本音です。同定は自信がないので?付きです。

10-DSC_0597wdn(Mi).jpg

11-DSC_0599wdn(Mi).jpg

12-DSC_0647wdn(Mi).jpgケシルリオトシブミ? ‘17.8月中旬 東京都檜原村



スポンサーサイト
  1. 2017/09/23(土) 20:35:53|
  2. オトシブミ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつものオトシブミ3題

一番身近なオトシブミは何と問われれば、ヒメクロオトシブミと答えるくらいこのオトシブミは沢山います。生息期間も長く、その意味でも身近なオトシブミと言える虫でありましょう。

色彩にバリエーションがあり、肢も含めて全身真っ黒けやら、肢と腹が黄色いのやら、背中が赤いのやら結構いますが、混生することはなく、私のMFでは真っ黒けタイプばかりです。オトシブミハンドブックにも、東海、関東~南東北に分布とありますから、納得するしかありませんね。

DSC_0031wdn(T).jpg

二匹で何を見ているのか
DSC_0137wdn(Ku).jpgヒメクロオトシブミ ‘17.5月中旬 いつもの都内某所

よく食べましたと褒めてあげたいくらいの食べっぷりです。この葉っぱがよほど気に入ったとみえ、同じ葉上を行ったり来たりしていました。今年はこのオトシブミによく会います。ヒメクロオトシブミに次ぐ出会いの多さです。

もう、食べるとこないでしょ

DSC_0260wdn(Ku).jpg

DSC_0273wtn(Ku).jpg
ゴマダラオトシブミ ‘17.6月下旬 東京都町田市

私の場合、ホストで見ることがほとんどないオトシブミです。なんでかなぁ。この時も木道の手すりで、超然と虚空を見つめるオスとの出会いでした。
1-DSC_0189wkn(I).jpg

DSC_0164wdn(I).jpgエゴツルクビオトシブミ♂ ‘17.6月中旬 神奈川県川崎市



  1. 2017/08/01(火) 18:37:10|
  2. オトシブミ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つむじがない ・・・ナラルリオトシブミ

今シーズンはクリやクヌギの若葉でこのオトシブミとよく出会います。オトシブミハンドブックによれば、本種は若葉でのみ揺籃を作るので、発生時期が限られるのだとか。つまり葉が成長してかたくなると、活動出来ないということみたいです。

写真の個体は一見するとカシルリオトシブミですが、前胸背につむじがなく、複眼も大きく線で接しているように見えるので、ナラルリで正解と思います。

DSC_0345wdn(Tu).jpg

DSC_0392wdn(Tu).jpgナラルリオトシブミ ‘17.6月上旬 東京都町田市



  1. 2017/07/24(月) 18:32:27|
  2. オトシブミ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴマダラ2種

前ページに便乗する形でこそっとゴマダラを二つUPしようと思います。

栗林を歩くと、オレンジの地にゴマをまぶしたゴマダラオトシブミによく会います。今年は例年より個体数が多いような気がしますが、皆さんのフィールドではどうですか。ブナ科の多くをホストとするオトシブミですが、栗林にはやはり多いように思います。
1-DSC_0776wdn(Tu).jpg

2-DSC_0030wdn(Tu).jpg

3-DSC_0364wdn(Tu).jpgゴマダラオトシブミ ‘17.5~6月 東京都町田市

辛うじて一枚だけ撮れたヒメゴマダラオトシブミ。う~、写真が甘い。ゴマダラオトシブミの黒バージョンの趣ですが、系統的に近い種だからヒメゴマダラと名がついたんでしょうか。でなかったら「ゴマ」もないのに「ゴマダラ」とは付けませんよね。ホストはコアカソやカラムシ。カラムシの多さを考えると、もう少しいてもいいように思いますが、見る機会は多くありません。
DSC_0408wdn(T).jpgヒメゴマダラオトシブミ ’17.5月中旬 東京都八王子市

※オトシブミハンドブックに、ゴマダラ模様の本種の写真が載っていました。メインは黒のようですが、ちゃんと「ゴマダラ」もいました。早とちりですいません。



  1. 2017/07/06(木) 20:59:01|
  2. オトシブミ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ルリオトシブミ2題

今シーズンはルリオトシブミ類(おっ、シャレになってるかな)によく出会います。よく出会いますが同定はすこぶる難儀です。採集はせず、写真だけというのはどうしてもネックになりますね。そのネックをものともせず、独断専行で前者はルリオトシブミ、後者はナラルリオトシブミとしました。

開花前のクリの若葉にいたルリオトシブミ。同定は多分なので?付きです。

1-DSC_0656wkn(Tu).jpg

2-DSC_0663wdn(Tu).jpgルリオトシブミ? ‘17.5月中旬 東京都町田市

こちらはこれも多分のナラルリオトシブミ。カシルリオトシブミはどこにでもいるお馴染みさんですが、それ以外のルリオトシブミって案外馴染み薄ですよね。小型のチョッキリ類と並んで、この手のオトシブミも大いに気になる存在です。
3-DSC_0484wtn(On).jpg

4-DSC_0566wdn(On)_201707061918361f6.jpgナラルリオトシブミ? ‘17.5月下旬 東京都町田市



  1. 2017/07/06(木) 19:20:56|
  2. オトシブミ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ