甲虫三昧

面食らう ・・・ビロウドコガネ

春から晩秋まで、生息期間の長~いコガネムシ。ビロウドかヒメビロウドか判然としませんが、ビロウドコガネの一種であることは間違いありません。野川沿いの定番散歩コースで、昨日まで見なかったこのコガネムシが、まるで示し合わせたように現れるのですから面喰います。そういうことって結構あるような気がします。
1-DSC_0819wkn(Kt).jpg

2-DSC_0824wdn(Kt).jpg

3-DSC_0797wdn(Kt).jpgビロウドコガネの一種 ’18.3月下旬 東京都世田谷区



スポンサーサイト
  1. 2018/04/04(水) 12:12:27|
  2. コガネムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年のオーラス ・・・馴染みのハナムグリ+1

大晦日をどの虫で飾ろうか考えたんですけど、トホホなことにネタがありません。冬色は沢山UPしているので、最後はシーズン色がいいかな、なんてことで、ファイルをつらつら見ていたら、ハナムグリが残っていました。いつもの顔ばかりですが、今年のオーラスは馴染みのハナムグリで幕です。
1-DSC_1039wdn(On).jpg女郎花にコアオハナムグリ

2-DSC_0607wdn(On).jpgアオハナムグリ

DSC_0357wdn(Ku).jpgクロハナムグリ

DSC_0848wkn(Ku).jpgシロテンハナムグリ

上の4種もそうですが、今年はほとんど出番のなかったセマダラコガネ。という訳でオマケです。斑紋にそこそこ変化があり、私的にはこの色合いが一番好きです。あま多くないというのも気に入っています。
DSC_0857wdn(Hn).jpgセマダラコガネ

我が家の大晦日のトリは、「紅白」と「ガキつか」の相互乗り入れ、というのがここ数年の定番です。尤も途中で寝ちゃいますけどね・・・。

今年一年、ありがとうございました。来年も引き続きご贔屓のほど、よろしくお願い致します。それではよい正月をお迎えくださいませ。




  1. 2017/12/31(日) 18:15:56|
  2. コガネムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テネラル? ・・・クロツツマグソコガネ

ハムシオマトメの間にコガネムシを少し・・・。

朽ち木の中から現れた赤茶色の小さなコガネムシ。いた場所、姿かたちからクロツツマグソコガネのテネラルのようです。ということは、このコガネムシの羽化時期は、晩秋ということになりそうですが、なにか。

1-DSC_0847wdn(On).jpg

DSC_0811wdn(On)_201712132230102a8.jpgクロツツマグソコガネ ‘17.11月初旬 東京都町田市

この子は便乗UPです。最寄りの駅へ向かう途中、駅近くの住宅の塀に止まっていたビロウドコガネ(多分)。コガネムシ類の活動期間は、種によってまちまちですが、バクッと言って、春から晩夏にかけてというのが一般的でしょう。遅くまで活動するマメコガネも9月くらいまでで、それ以降は極端に少なくなります。冬季に活動する一部のマグソコガネを除いて、11月に入っても野外活動する本種は、例外と言えるかもしれませんね。
DSC_0007wdn(S)_20171213223131086.jpgビロウドコガネ? ‘17.11月初旬 東京都世田谷区



  1. 2017/12/13(水) 22:34:34|
  2. コガネムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

諦め顔 ・・・コカブトムシ♀

空き地にポツポツとおかれた数個の切り株。ハイカーのためのイス代わりでしょうか。その一つをひょいと傾け、その下を覗き込むと・・・。ムムッ、何か黒く大きなものがいます。土を掃うとコカブトのメスが出て来ました。カブトムシの親戚筋ですが、樹液酒場には縁がなく、もっぱら他の昆虫の幼虫や、死骸などを食しているようです。

見つけたはいいが、カメラを構えるそばから潜ってしまい何ともなりません。一旦掘り出して材に乗せてみましたが、ここでも落ち着きなく、ピンの合った写真はほぼ絶望的。そんなこんなで結局は逃げられてしまい、またいつものパターンかと、諦め顔で空を見上げる虫撮りジジイでした。

1-DSC_0318wdn(On).jpg

2-DSC_0362wkn(On).jpg

DSC_0345wdn(On).jpgコカブトムシ♀ ‘17.9月下旬 東京都町田市



  1. 2017/11/13(月) 18:26:44|
  2. コガネムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

楽な方法 ・・・オオスジコガネほか

オオスジコガネでしょうか。近いエリアに2頭いました。

オオスジコガネとスジコガネはよく似ています。大きさもほぼ同じ、しかも共に色彩変化が多いときています。じゃあ、どこで区別するのとなる訳ですが、「上翅間室の光沢が強い方がオオスジコガネ、鈍い方がスジコガネ」という、これが一番楽な方法かな、と、写真の2頭をこれに当てはめてみると、色は違いますが、どちらも光沢バッチリなので、2頭ともオオスジコガネで決まりと相成る訳です。ところがこれには例外があって、スジコガネにもまれに強い光沢を持つ個体がいる、という但し書きがあったりするので、なにそれ、とブーたれてみたりするのですが、「まれ」という文言に「まれ」はないなと、ひとりで納得して、結局オオスジコガネに収まるという訳です。あ~、シンド。間違っていたら平にご容赦です。

DSC_0002wdn(O).jpg

DSC_0023wkn.jpg

下3枚は同じ個体ですが、見る角度によって随分違って見えます。別個体と言われても通りますよねぇ。
DSC_0060wdn(O).jpg

DSC_0078wdn(O).jpg

DSC_0099wdn(O).jpgオオスジコガネ ‘17.8月下旬 東京都町田市

後のコガネムシはいつも通りの便乗UPです。
DSC_0945wdn.jpgヒメコガネ ‘17.8月下旬 東京都町田市

DSC_0365wdn(I).jpgアカビロウドコガネ ‘17.7月中旬 東京都狛江市


                                 謹告 

実はPCの調子が思わしくなく、メーカーに問い合わせたところ、「寿命でしょう」とすげなく言われてしまい、調べてみたらちょうど5年経っていました。あぁ、なるほどと合点したものの、動くには動いているので、即買い換えもなんだかなぁ、と煮え切らない私ですが、いずれおシャカになることは確かなので、その内なんとかしなくちゃと思ってはいるのですが、その時を待たずに向こうへ行ってしまうことも重々考えられるので、しばらく更新がなかった時は、あぁ、その時が来たんだな、と思って下さい。まぁ、訪れる方が多いブログではありませんが、まったく忘れ去られるのも寂しいので、その辺りのこと、よろしくお願い致します。




  1. 2017/10/10(火) 21:56:42|
  2. コガネムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ