甲虫三昧

思惑通りには ・・・キバネカミキリモドキ

栗の花ではなく、ドクダミにいたキバネカミキリモドキ。花で吸蜜するシーンを目論んでいたので、当てが外れてしまいました。まぁ、虫には虫の事情もあるわけですから、思惑通りにはいきませんね。
DSC_0256wtn(Tu).jpg

DSC_0278wdn(Tu).jpgキバネカミキリモドキ ‘17.6月中旬 東京都町田市



スポンサーサイト
  1. 2017/07/15(土) 18:57:28|
  2. カミキリモドキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノーマルがいい ・・・アオグロカミキリモドキ

畔にアオグロカミキリモドキ。吸蜜中は動きが早く、落ち着いて撮影出来ない虫も、こんな時は大人しく、いつもとは違った表情がいい感じです。同じ静止状態でもツツジのネバネバとは大違い。やっぱりノーマルが自然でいいですね。
1-DSC_1128wdn(Ku).jpg

DSC_1125wdn(Ku).jpgアオグロカミキリモドキ ‘17.4月下旬 東京都町田市



  1. 2017/05/13(土) 17:51:47|
  2. カミキリモドキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自然は残酷 ・・・アオグロカミキリモドキ

ここにもツツジのネバネバに肢を捕られた哀れな虫がいました。アオグロカミキリモドキです。モモブトカミキリモドキと同時期に現れるふつう種ですが、モモブトに比べれば見る機会はそれほど多くありません。吸蜜中は動きが早く、ピタッと止まった写真を撮るのがちょいとシンドい虫ですが、こんな時はさすがに楽です。撮影後にレスキューしたらどうよ、なんてことになる訳ですが、無理に引きはがせば肢がもげてしまいます。結局は何もしないことが自然の摂理と気づくんですね。自然はある意味残酷です。
1-DSC_0838wdn(S).jpg

2-DSC_0791wk(S).jpg

DSC_0891wdn(S).jpgアオグロカミキリモドキ ‘17.4月中旬 東京都世田谷区



  1. 2017/04/18(火) 18:47:43|
  2. カミキリモドキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ユキヤナギ ・・・モモブトカミキリモドキ

河川敷の遊歩道にユキヤナギが満開です。ユキヤナギが咲きそろうと出現するのがモモブトカミキリモドキ。どこにでもいる超普通種ですが、初物となれば話は別です。数はチョボチョボながら、花から花へと忙しげに飛び回っています。出現初期はオスの独壇場らしく、メスはわずかに一頭見たに過ぎません。雌雄で発生時期がずれることはよくあることですもんね。

満開ですねぇ
1-DSC_0788wkn(I).jpg

最初の一頭がメス、後はオスばかり
2-DSC_0736wd(I).jpg

3-DSC_0755wdn(I).jpg

4-DSC_0875wdn(I).jpg

5-DSC_0796wtn(I).jpg
モモブトカミキリモドキ ‘17.3月中旬 東京都狛江市

春ですねぇ
DSC_0172wtn.jpg
土筆



  1. 2017/03/26(日) 12:55:37|
  2. カミキリモドキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今さら ・・・アオカミキリモドキ

今さらアオカミキリモドキを出されてもねぇ、なんて声が聞こえて来そうですが、日頃の蒸し暑さに免じてお付き合い下さい。(理由になっていないか)

「モドキ」とついているだけあって、カミキリに似ていなくもありませんが、本家の格調の高さには遠く及びません。しか~し、MFで撮影出来る「モドキ」には限界があり、見つけるのが難しい種も沢山います。王道ももちろん好きですが、そこから外れた多くの雑甲虫にいたく興味をそそられる私は、ご新規のカミキリより、むしろ初見の「モドキ」に興奮するかもです。天邪鬼な熟年虫好きです。

DSC_0027wdn(Ku).jpg

DSC_0059wdn(Ku).jpgアオカミキリモドキ ‘16.6月中旬 東京都町田市



  1. 2016/07/26(火) 21:07:41|
  2. カミキリモドキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ