甲虫三昧

ホッとする ・・・オオアカマルノミハムシ

ハムシが続きます。

今年もいつもの場所にいつもの虫が湧いていました。何とはなしにホッとします。似たようなのが2~3いますが、触角やら肢の先が黒いのは本種くらいなので、間違いないでしょう。と言いつつ、過去に初歩的なミスを犯しているので大きなことは言えませんが・・・。ホストはボタンヅルやセンニンソウ、どちらもキンポウゲ科に属し、花は何となく似ていますが、葉の形が違います。写真の植物はセンニンソウ(多分)。


下の個体の上翅は結構凹んでいますねぇ。何があったんでしょうか。
DSC_0204wkn.jpg

DSC_0800wtn(I).jpg

DSC_1111wdn(I).jpgオオアカマルノミハムシ ’18.4月初旬 東京都狛江市



スポンサーサイト
  1. 2018/04/20(金) 17:49:15|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

事件 ・・・コヤツボシツツハムシ

決して個体数が多いハムシではありませんが、そんなハムシも野川にいたりするんですね。一体全体どこからやって来たのでしょう。もしここで発生しているとすればこれはもう事件です。ホストはハギ、ヤナギ、ハンノキなど。斑紋はかなり変化があるようです。うれしいので4枚UPしちゃいます。あしからず。
DSC_0251wdn(Kt).jpg

DSC_0254wdn(Kt).jpg

DSC_0265wdn(Kt).jpg

DSC_0272wdn(Kt).jpgコヤツボシツツハムシ ‘18.4月中旬 東京都世田谷区



  1. 2018/04/20(金) 00:08:54|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

条件反射 ・・・クロボシツツハムシ

コガタルリやイタドリなんかと並んで春を代表するハムシの一つ。ノイバラなどのバラ科の植物や、クヌギやクリなどにもつくクロボシツツハムシです。この辺りが現れはじめると平地の春もたけなわと言ったところでしょうか。好きなハムシなので、視界に入ると条件反射のようにカメラを向けてしまいます。
1-DSC_0413wdn(I).jpg

2-DSC_0505wdn(I).jpg

3-DSC_0850wkn(I).jpg

4-DSC_0833wdn(I).jpg

DSC_0392wtn(I).jpg
クロボシツツハムシ ‘18.4月初旬 東京都狛江市



  1. 2018/04/14(土) 18:19:39|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原因と結果 ・・・ハンノキハムシ

引っ越し先の野川の流域はイタドリだらけです。イタドリにはいろいろな虫がつきますが、このハムシはなんでしょう。色とフォルムからハンノキハムシっぽいですが。近づいてみるとやっぱりハンノキハムシ。さすがにイタドリはないなと思ったら、近くにハンノキがありました。結果の前にはちゃんと原因があるんですね。まっ、虫の場合にはそうでないこともままありますけど・・・。
1-DSC_0163wkn(Kt).jpg

2-DSC_0044wdn(Kt).jpg

DSC_0055wdn(Kt).jpgハンノキハムシ ‘18.4月上旬 東京都世田谷区



  1. 2018/04/12(木) 22:47:50|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最低条件 ・・・カタクリハムシ

大人しかったのでググッと寄ってみました。所謂ふつう種ですが、そうしょっちゅう会えるハムシではないので、見つかるとちょっとテンションが上がります。しかしフェンス上はないですよね。カタクリとは言いませんが、緑の葉上は最低条件でしょう。また会えるといいな。ホストはユリ類。カタクリもユリ科だそうです。
DSC_0677wdn(Ku)_20180409145846643.jpg

寄り過ぎて嫌われてしまいました。
DSC_0694wkn(Ku).jpgカタクリハムシ ‘18.3月下旬 東京都町田市



  1. 2018/04/09(月) 15:01:26|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ