甲虫三昧

同定ままならず ・・・チビカミナリハムシの一種

似たような色合いのハムシが続きます。

大きさから言えばただのチビカミナリハムシか、あるいはルリチビカミナノハムシ(ウスグロチビはもっと小さい)と言ったところですが、図鑑の解説から判断するのはちょっとねぇ、というのが正直な気持ち。このハムシは、シーズン中に見たという記憶がほとんどなく、見るのは決まって冬場です。昨冬までは河川敷のムクノキが定宿でしたが、今年は少なく、別フィールドで少し見つけました。ということで同定ままならず、チビカミナリハムシの一種で幕引きです。

DSC_0087wdn(Ku)_201703071823293b7.jpg

DSC_0240wdn(Ku).jpgチビカミナリハムシの一種 ’17.2月下旬 東京都町田市
※ちょっと甘ピンですが、ご容赦を・・・。



スポンサーサイト
  1. 2017/03/07(火) 18:29:27|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本種は赤褐色 ・・・コマルノミハムシ+α

ルリマルノミハムシによく似たコマルノミハムシ。前者との違いは触角と肢の色。ルリマルノミは黒で、本種は後肢脛節を除いて赤褐色。いるところにはいますが、いないところには全然いません。って当たり前か。ルリマルノミは市街地にも定番の超普通種ですが、本種はなかなかそういうわけにはいきません。郊外の緑地とか草地、冬季の樹皮めくりで時々お目にかかるくらいでしょうか。
1-DSC_0089wdn(On).jpg

DSC_0043wdn(On).jpg

めくった樹皮の表へまわって来た同個体
DSC_0374wdn(On).jpgコマルノミハムシ ‘17.2月中旬 東京都町田市

お蔵入り予備軍をUPする機会が巡って来ました。という訳で近似のルリマルノミハムシです。適当にお付き合い下さい。
1-DSC_0038wdn(I).jpg

3-DSC_0957wt.jpg

DSC_0001wtn(S).jpg
ルリマルノミハムシ ‘16 秋 都内某所



  1. 2017/03/06(月) 18:23:10|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今冬は少ない ・・・トホシクビボソハムシほか

シーズン中、あんなにいたトホシクビボソハムシはどこに消えてしまったのでしょう。例年であれば、ホスト近くのヤナギの樹皮下に、それこそゴマンと越冬しているはずなんですが、今冬はとにかく少ないの一言です。でも多分、探し方が悪いんでしょう。真剣味が足りないのかもしれません。珍しくムクノキで越冬していた無地バージョンのトホシクビボソハムシです。
DSC_1287wdn(I).jpgトホシクビボソハムシ ‘17.1月下旬 東京都狛江市

ついでなので冬枯れ色のハムシをもう一種。

生態写真を撮りはじめた頃は、イノコズチカメノコハムシの存在を知らず、かなり後年までヒメカメノコハムシと誤同定していた曰くつきのハムシです。簡単な判別法は、上翅後方の縁に一対の黒紋があるかないかで判断出来ます。ないのがイノコズチ、あるのがヒメカメノコ。東京近郊で見られるこの手のハムシは、ほとんどイノコズチのようです。

DSC_0733wdn(I).jpgイノコズチカメノコハムシ ’16.11月中旬 東京都狛江市



  1. 2017/02/23(木) 18:49:15|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

間違いない ・・・スズキミドリトビハムシ

スズキミドリトビハムシとされる金緑色のトビハムシが、ここ最近、以前の印象と違って見えるんですよね。ハムシハンドブックを見ると、スズキミドリさんの胸と上翅は色合いに差があります。ところが最近撮影の個体を見ると、胸も上翅も同じ金緑色に見えます。ムムムッ、これはスズキミドリさんではなく、ニホンミドリさんではあるまいかと、一瞬そう思ったわけですね。ところが問屋はそう簡単には卸しません。両者を区別するもう一つのポイントが触角。スズキミドリさんの触角は、基部から第5節までが黄褐色、そこから先は黒褐色となります。件のハムシの触角を見ると、ありぁ、どう眺めても触角はスズキミドリさんの特徴を備えています。ということで、いとも簡単に答えが出てしまいました。東京周辺に生息するミドリトビハムシは、スズキミドリさんであることに間違いはないようです。
1-DSC_1221wdn(I).jpg

2-DSC_1248wdn(I).jpg

DSC_0608wtn(I).jpg
スズキミドリトビハムシ ‘17.1月中旬~下旬 東京都狛江市



  1. 2017/02/10(金) 18:38:06|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しゃしゃり出る ・・・クロウリハムシ

ご近所の石塀にいたクロウリハムシ。一体どこから這い出てきたのでしょう。酔狂なハムシもいたものです。近隣のカラスウリにゴマンと湧くクロウリハムシも、越冬態となると見る機会は少なく、都市部ではどこでどう過ごしているのやら。という訳で寝ているところを起こしたクロウリではなく、自ら冬空の下へしゃしゃり出てきたクロウリハムシの冬姿です。尤もこの写真から冬をイメージするのは無理っぽいですけどね・・・。
1-DSC_0131wdn.jpg

DSC_0119wdn.jpgクロウリハムシ ‘17.1月中旬 東京都世田谷区

どさくさ追加UPです。夏に撮ったクロウリハムシ。こんな時でもなけりゃあ日の目を見ないので・・・。
DSC_0230wt(Ku).jpg

DSC_0426wdn.jpg

DSC_0443wdn.jpgクロウリハムシ ‘16夏 東京都町田市



  1. 2017/02/09(木) 21:01:57|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ