甲虫三昧

宿命 ・・・ナガエンマムシの一種

撮影フィールドでは時々見かけるナガエンマムシの仲間。幼虫、成虫共にキクイムシ類の天敵なので、朽ち木などの樹皮下で見ることが多い虫です。この手のエンマムシも正確な同定は難しく、ナガエンマムシの仲間であるというくらいしかわりません。標本を作らない虫撮り屋の宿命でしょうね。
1-DSC_0836wdn(Ku).jpg

DSC_0831wdn(Ku)_20161210204418b19.jpgナガエンマムシの一種 ‘16.11月上旬 東京都町田市



スポンサーサイト
  1. 2016/12/10(土) 20:45:35|
  2. エンマムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いい面の皮 ・・・ドウガネエンマムシ?

ご近所の畑で撮影したエンマムシの仲間。大きさとその色合いからドウガネエンマムシとしましたが、確信はありません。エンマムシの多くは写真のようにダニを背負っていることが多いようですが、お尻のあたりから飛び出ている赤茶色のものは、背負っているダニの卵でしょうか。だとしたら親を背負い、卵の面倒までみなければならないエンマムシも、いい面の皮です。
DSC_0007wdn(S).jpg

DSC_0023wd(S).jpgドウガネエンマムシ? ‘16.8月初旬 東京都世田谷区



  1. 2016/08/25(木) 21:06:06|
  2. エンマムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

?は外せない ・・・マルチビヒラタエンマムシ?

朽ち木の下に潜んでいた微小甲虫を、ピックアップして撮った別撮りです。第一印象はエンマムシ。ケシキスイに見えなくもありませんが、画像を拡大すると肢がエンマムシでした。取りあえずマルチビヒラタエンマムシとしましたが、?マークは外せません。
1-DSC_0116wdn(Ku)_20160815202243bdb.jpg

DSC_0005wdn(Ku).jpgマルチビヒラタエンマムシ? ‘16.7月初旬 東京都町田市



  1. 2016/08/15(月) 20:25:22|
  2. エンマムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何やら赤い虫 ・・・キノコアカマルエンマムシ

白い菌を纏った切り株ひとつ。したたる汗を拭き拭き菌を見ると、何やら赤い虫たちが歩き回っています。キノコアカマルエンマムシです。エンマムシにしては珍しく、赤い体色を持った異端的な存在です。現場があまりに暗かったので、そのうちの一頭にご足労願って別撮りしました。あしからず。
DSC_0536wdn(On).jpgキノコアカマルエンマムシ ‘16.7月初旬 東京都町田市



  1. 2016/08/08(月) 20:43:31|
  2. エンマムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ついつい ・・・ナガエンマムシの一種

またまた同定の厄介な虫を撮影してしまいました。こうした雑甲虫を見ると、ついつい手が出てしまうので、後々の始末が大変です。とは言え、撮ったからには日の目を見せてあげるのが撮った者の務めだろう、なんて勝手な言いぐさを言いつつ、UPしてしまうんですね。正確な同定は端から望むべくもなく、表記はどうしたってナガエンマムシの一種にならざるを得ません。あしからず。
DSC_0535wdn(I).jpgナガエンマムシの一種 ‘16.5月中旬 神奈川県川崎市



  1. 2016/05/30(月) 19:55:51|
  2. エンマムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ