甲虫三昧

何やら別の虫が ・・・エンマムシなど

先般、ずらずらとその辺にいるゴミムシを大量UPしましたが、その選にも漏れたゴミムシがまだいたんですね。で、その写真をしげしげと眺めていたら、ゴミムシの横に何やら別の虫らしきものが写っていたというお話です。どうやら泥がこびりついたエンマムシ(それも怪しい)のようです。撮影場所はご近所の畑。この写真から正確な同定はまず無理でしょう。どうあがいてもエンマムシの一種としか表記出来ません。ゴミムシの方は、多分アカアシマルガタゴモクムシと思います。言い忘れましたが、メインはゴミムシではなく、その横にいる「何やら別の虫」の方ですからね。
1-DSC_0118wdn(S).jpgアカアシマルガタゴモクムシ?とエンマムシの一種 ‘17.4月上旬 東京都世田谷区

泥まみれのエンマムシと多分同種と思われるエンマムシ。時期は違いますが、撮影場所は同じ畑です。
2-DSC_1344wkn(S).jpg

ひっくり返してみました。虫というより、何かの機械のようです。
3-DSC_1368wdn(S).jpgエンマムシの一種 ‘17.10月上旬 東京都世田谷区

エンマムシ繋がりで、どさくさ便乗UPのナガエンマムシの一種。種名は無理やりへリナガエンマムシとしましたが、かなりいい加減です。
DSC_0303wdn(On).jpgヘリナガエンマムシ? ‘17.9月上旬 東京都町田市



スポンサーサイト
  1. 2017/12/06(水) 18:20:33|
  2. エンマムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宿命 ・・・ナガエンマムシの一種

撮影フィールドでは時々見かけるナガエンマムシの仲間。幼虫、成虫共にキクイムシ類の天敵なので、朽ち木などの樹皮下で見ることが多い虫です。この手のエンマムシも正確な同定は難しく、ナガエンマムシの仲間であるというくらいしかわりません。標本を作らない虫撮り屋の宿命でしょうね。
1-DSC_0836wdn(Ku).jpg

DSC_0831wdn(Ku)_20161210204418b19.jpgナガエンマムシの一種 ‘16.11月上旬 東京都町田市



  1. 2016/12/10(土) 20:45:35|
  2. エンマムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いい面の皮 ・・・ドウガネエンマムシ?

ご近所の畑で撮影したエンマムシの仲間。大きさとその色合いからドウガネエンマムシとしましたが、確信はありません。エンマムシの多くは写真のようにダニを背負っていることが多いようですが、お尻のあたりから飛び出ている赤茶色のものは、背負っているダニの卵でしょうか。だとしたら親を背負い、卵の面倒までみなければならないエンマムシも、いい面の皮です。
DSC_0007wdn(S).jpg

DSC_0023wd(S).jpgドウガネエンマムシ? ‘16.8月初旬 東京都世田谷区



  1. 2016/08/25(木) 21:06:06|
  2. エンマムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

?は外せない ・・・マルチビヒラタエンマムシ?

朽ち木の下に潜んでいた微小甲虫を、ピックアップして撮った別撮りです。第一印象はエンマムシ。ケシキスイに見えなくもありませんが、画像を拡大すると肢がエンマムシでした。取りあえずマルチビヒラタエンマムシとしましたが、?マークは外せません。
1-DSC_0116wdn(Ku)_20160815202243bdb.jpg

DSC_0005wdn(Ku).jpgマルチビヒラタエンマムシ? ‘16.7月初旬 東京都町田市



  1. 2016/08/15(月) 20:25:22|
  2. エンマムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何やら赤い虫 ・・・キノコアカマルエンマムシ

白い菌を纏った切り株ひとつ。したたる汗を拭き拭き菌を見ると、何やら赤い虫たちが歩き回っています。キノコアカマルエンマムシです。エンマムシにしては珍しく、赤い体色を持った異端的な存在です。現場があまりに暗かったので、そのうちの一頭にご足労願って別撮りしました。あしからず。
DSC_0536wdn(On).jpgキノコアカマルエンマムシ ‘16.7月初旬 東京都町田市



  1. 2016/08/08(月) 20:43:31|
  2. エンマムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ