甲虫三昧

チビタマムシ2態

ムクノキで越冬中のマルガタチビタマムシ。ムクノキをホストとするチビタマは、マルガタチビタマくらいしかいないので(但し西ではナミガタチビタマがムクノキにつきます)、多分それだろうくらいの同定根拠です。斑紋から種を特定するのはかなり危険ですが、ムクノキにいたというのは大きなヒントです。ということで?マーク無でUPしてみました。ドキドキ・・・。
1-DSC_0594wdn(I)_20170217203609625.jpg

6-DSC_0064wdn(I)-b.jpgマルガタチビタマムシ ‘17.2月中旬 東京都狛江市

ケヤキをホストとするチビタマなので、ケヤキの樹皮裏で越冬していればほぼ間違いなくヤノナミガタチビとなるのですが、これが西方の暖かい地方へ行くと、ナミガタチビタマという似寄りのタマムシがいるのでちょいとばかりややこしくなります。一般的にヤノナミガタは東、ナミガタは西という棲み分けが出来ているので、東京で撮影している分には誤同定の心配はないようです。

横にいるのはヒサゴホソカタムシ。この子もケヤキの準レギュラーです。
2-DSC_0158wdn(Ku).jpgヤノナミガタチビタマムシ ‘16.12中旬 東京都町田市

DSC_0327wdn(I).jpgヤノナミガタチビタマムシ ‘17.1月下旬 東京都狛江市



スポンサーサイト
  1. 2017/02/17(金) 20:44:10|
  2. タマムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立ち枯れ ・・・ヒシモンナガタマムシ

カラカラに乾いたヤナギの立ち枯れ。こんな水気のない樹皮下に潜りこむ虫がいるとすればそれはホソコハナムグリくらいしかいないでしょう(このハナムグリは本当に乾いた立ち枯れの中で越冬します。これホント)。ダメ元ながら、いかにもめくってくれませんこと、と浮いた樹皮を見せびらかすそのマゾヒスティックな装いに、思わずめくってしまった熟年虫好き。そしたらヒシモンナガタマムシが出て来たんですねぇ。でもこの個体、本当に生きているんでしょうか。ひょっとしたら立ち枯れといっしょに、自分も立ち枯れてしまったんじゃないかと、そんな風に見えるヒシモンナガタマでした。
1-DSC_0432wdn(I).jpgヒシモンナガタマムシ ‘16.11月中旬 東京都狛江市

UPしそこなった過去画像をどさくさUP。
102-DSC_0559wdn(I).jpgヒシモンナガタマムシ ’15.6月下旬 東京都狛江市



  1. 2016/12/15(木) 19:46:27|
  2. タマムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あ~、ピンが甘い! ・・・クロケシタマムシ

チビタマ類も微小種の宝庫ですが、それに負けず劣らず小さなタマムシです。むしろ体が細い分、もっと小さく見えます。正体はクロケシタマムシ。図鑑の解説によれば秋に羽化し、成虫で越冬するとか。過去画像を見返したら、5年前に多摩川の河川敷で一度撮っていました。撮影時期は9月。その頃になると出会うチャンスが増えるのかもしれませんね。体長は3mm前後、とにかく小さいです。
DSC_0130wdn(S).jpg
クロケシタマムシ ‘16.8月下旬 東京都世田谷区
※あ~、ピンが甘い! 何とかならんもんですかねぇ。



  1. 2016/08/31(水) 20:43:31|
  2. タマムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

希望的観測 ・・・カラカネチビナカボソタマムシ?

撮影時はウズイスナガタマと思ったのですが、PCに取り込んだ画像をしげしげと眺めていたら、突如?マークが灯りました。胸の形が違うし、上翅側面の凹みも深いような気がする訳です。ひょっとしてこれはナカボソ?。そのつもりで図鑑を調べてみると、カラカネチビナカボソタマムシというのが目に止まりました。体長もピッタリ、ホストのオニグルミは撮影フィールドに腐るほどあるし・・・。という訳で希望的観測を前提に、?付きでUPしようと思います。間違っていたら平にご容赦です。
DSC_0461wdn(I).jpg

DSC_0477wdn(I).jpgカラカネチビナカボソタマムシ? ‘16.7月下旬 東京都狛江市



  1. 2016/08/19(金) 20:51:43|
  2. タマムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初見なのに ・・・シラホシナガタマムシ

何も、用水路の防護フェンスにいなくてもと思いますよね。しかもこのナガタマ、初見なんですよ。だから余計、ファーストコンタクトがフェンスはないんじゃないの、ってことになる訳です。といって素通り出来るわけもなく、ファインダーを覗きながらそろり、そろりと近づきますが、あの大きな複眼がものをいってか、いくらも近づかないうちに飛んでしまいます。飛んだ相手を目で追っているとすぐに舞い戻って、再びフェンスに着地します。この場所が気に入っている様子です。そんなやりとりを2~3回繰り返してやっと撮れた写真がこれ。出来ることなら、人工物ではない場所での写真が欲しかったなぁ、とはもちろん本音です。
1-DSC_0377wdn(Ku).jpg

2-DSC_0399wdn(Ku).jpg

DSC_0394wdn(Ku).jpgシラホシナガタマムシ ‘16.7月初旬 東京都町田市



  1. 2016/08/05(金) 21:41:48|
  2. タマムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ