甲虫三昧

西のはずれの山村で ・・・ゾウムシばっかし

もとよりカミキリには縁遠いので、カミキリ以外で私の琴線に触れる虫はいないかなと、檜原村詣でをした時の虫話です。時は5月下旬、かなり前です。しかも出て来るのはゾウムシばっかし。なのでゾウムシ嫌いの虫好きさんは潔くスルーして下さい。

最初に立ち寄った小さな土場。期待はしていませんが、一応土場なのでカミキリを探します。しかし材が古すぎカミキリは皆無。いたのは樹皮をむかれた丸裸の材にオオゾウムシのみ。まっ、こんなもんでしょう、取っ掛かりとしては・・・。

1-DSC_0174wdn.jpgオオゾウムシ(オサゾウムシ科)

オオゾウムシがいた材の真上はガマズミの大木。そのガマズミからハダカヒゲボソゾウムシが、沢山降って来ます。
2-DSC_0206wdn.jpg

2-DSC_0302wdn.jpg

2-DSC_0310wdn.jpgハダカヒゲボソゾウムシ

さしたる成果もなく別エリアへ移動。

ビーティングで落ちたチョッキリくん。チビイクビ辺りでしょうか。体長と前胸背の形で判断したのでかなりいい加減です。ゾウムシではありませんが、親戚筋なので一応・・・。

3-DSC_0391wdn.jpgチビイクビチョッキリ?(オトシブミ科)

このゾウムシ好きなんですけど、歳を取るごとに撮り方がヘタになっていきます。旬を過ぎていたのでしょうか、まっさらな個体は見られませんでした。ざんね~ん。
4-DSC_0860wdn.jpg

5-DSC_0406wdn.jpg

5-DSC_0429wdn.jpgケブカトゲアシヒゲボソゾウムシ

これはビーティングで落ちたトゲアシクチブトゾウムシ。
6-DSC_0601wdn.jpgトゲアシクチブトゾウムシ

実を言うと最大の目的がこの小さな赤いゾウムシだったのですよ。えっ、これなの。そう、これなんですよ。正体はミヤマクチカクシゾウムシ。体長3~4mmの微小ゾウムシです。クチカクシの仲間ですが、マダラアシゾウムシと同じく所謂クチカクシスタイルにはならない生態のようです。上翅の色と点刻列とが相まって、イチゴみたいに見えませんか。私には見えるんですけど・・・。
7-DSC_0716wkn.jpg

8-DSC_0691wdn.jpg

9-DSC_0743wdn.jpgミヤマクチカクシゾウムシ

これも小さなゾウムシです。鈍い光沢があるところがちょっと異質なミヤマヒシガタクモゾウムシ。背景が汚いのはISO感度の上げすぎです。ストロボ焚きの画質があまり好きではないので、自然光に頼るとこういうことがちょくちょく起こります。お見苦しいところはあえて見ないようにお願いしますだ。
10-DSC_0783wdn.jpgミヤマヒシガタクモゾウムシ

久しぶりのシロオビアカアシナガゾウムシ。こういうゾウムシを見られただけでもよかったと思える私は、まだまだ発展途上です。まだ先があるということでしょうか。
11-DSC_0916wdn.jpg

11-DSC_0927wdn.jpgシロオビアカアシナガゾウムシ

このゾウムシも実に久しぶりです。メチャ地味ですが、これでもハナゾウムシの仲間です。正体はクロナガハナゾウムシ。
12-DSC_1038wdn.jpgクロナガハナゾウムシ

これでおしまいです。東京の西のはずれまで行ってこれですから、なんともなりません。日頃の行いがいかに悪いか、こんなところに出てしまうんですね。困った虫撮り屋です。



スポンサーサイト
  1. 2017/07/20(木) 18:41:54|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

定位置は生葉? ・・・オオアオゾウムシ

栗林から別エリアへ転戦するため、駅へ急ぐ私の足がピタリと止まりました。畑の脇の雑草にオオアオゾウムシです。この界隈で、この大型で美麗なゾウムシの生息を確認したのは3年前ですが、今年もちゃんといてくれました。地味な色合いが多いゾウムシの中にあっては例外的な美しさです。ヒゲボソゾウムシの中には目も覚めるような美麗種がいますが、大型種では異例です。このゾウムシは、自身の体色が緑色であるということを知っていますよね。でなければ緑の生葉を選ぶはずがありません。本種の定位置は、伐採木や枯れ木ではなく、緑の生葉です、きっと・・・。
DSC_0711wdn(Tu).jpg

DSC_0719wdn(Tu).jpg

DSC_0792wdn(Ku).jpgオオアオゾウムシ ‘17.6月上旬 東京都町田市



  1. 2017/07/16(日) 20:22:19|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クチは隠さない ・・・マダラアシゾウムシ

和名にクチカクシの文字はありませんが、図鑑の並びからいくとクチカクシの一員であるようです。なるほど口吻が先すぼまりなところはクチカクシっぽいですよね。ですが、私が気味悪いと嫌うクチカクシスタイルは、このゾウムシでは見たことがありません。分類上はクチカクシでも、クチカクシをしないクチカクシゾウムシなのかもしれません。

薪の上で何を想うマダラアシゾウムシ・・・。想うわけないか。

1-DSC_0714wkn(Ku).jpg

2-DSC_0687wdn(Ku).jpgマダラアシゾウムシ ’17.5月下旬 東京都町田市



  1. 2017/07/03(月) 18:52:16|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

辛うじて ・・・セダカシギゾウムシ

辛うじて一枚撮れたセダカシギゾウムシ。葉裏にいたところを偶然見つけ、そっと裏返して撮った写真が唯一この一枚という訳です。図鑑にはふつうとありますが、どこかふつうなのでしょう。書いた本人に説明を求めたいくらいのものです。って冗談ですけど・・・。無論東京ではお初となるシギゾウムシ。いる場所はわかったので、また会える日を楽しみに気長に待つことに致しましょう。
DSC_0093wdn(On).jpgセダカシギゾウムシ ‘17.5月下旬 東京都町田市



  1. 2017/06/27(火) 18:26:22|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

リベンジ成り? ・・・ツノクモゾウムシ

前回撮影時は天候の影響もあって、満足のいく撮影が出来なかったツノクモゾウムシ。今回、リベンジを狙って同じフィールドへやって来ました。前回に比べ個体数は少し減ったようですが、それでも5~6頭が同じ生垣のソダ上を走り回っていました。今回はメスをメインにカメラを向けます。結果はと言えば、取りあえず穴掘りと産卵の両方が撮れたので、よろしいんじゃないですかと、熟年虫好きはそう申しておりますが、写真の出来については明言を避けておるようです。

取りあえずペア
1-DSC_0232wdn(T).jpg

雌雄不明
2-DSC_0243wdn(T).jpg

穴掘り中
3-DSC_0442wdn(T).jpg

産卵中
DSC_0281wdn(T).jpgツノクモゾウムシ♀ ‘17.5月中旬 東京都八王子市



  1. 2017/06/17(土) 16:56:07|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ