甲虫三昧

今季3度目 ・・・檜原村詣でその1

今シーズン3度目の檜原村詣で。東京はこの日、今夏2度目の猛暑日予報が発表され、都心では37℃まで上がるのだとか。熱中症間違いなしの高温注意情報です。平地をノコノコ歩くわけにはいきません。当然虫も暑さに疲弊しているはずですから、家でグダグダするのが正しい過ごし方ですが、このところ良さげな虫に出会っていないので、ちょくっと欲求不満が高じています。というわけで、車に保冷剤をしこたま積んで、檜原村の山奥目指し車を走らせたという訳です。はてさて今季3度目の檜原詣では、いかような結果と相成ったのでしょうか。期待せずお付き合い下さい。

ネタ温存のため、小出しにしますので、あしからず。

最終目的地到着前にちょいとばかり前哨戦。ここは標高が低いので、今日の平地の灼熱地獄を予感させる気温です。太陽はギラギラで、さえぎる雲もありません。そんな中、年季の入った古~い材と、ちょっと新しい針葉樹の伐採木を点検します。しかし、何もいません。こりゃダメだ。いかりや長さんのセリフそのままに、夏の太陽に焼かれた土場に虫はいませんでした。しょうがない、ショバ変えと言いながら、戻る道すがら、諦めの悪い虫好きジジイは、再び針葉樹の材をジロジロします。すると一ついました。樹皮をむかれた材の上を、小さなゾウムシがえっちら、おっちら歩いています。「おっ、いた!」。ひょっとして初見のゾウムシかも。正体はチョウジョウアナアキゾウムシ。初見の虫ではありませんでしたが、そのことを忘れるくらい大昔に出会っていた体長5mmほどの小さなアナアキゾウムシです。

保育社の甲虫図鑑では、チョウジョウアナアキゾウムシとなっていますが、「日本産ゾウムシデータペース」ではチュウジョウアナアキゾウムシとなっています。学名のSeleuca chujoiの「chujoi」を、ふつうにローマ字読みすれば「チュウジョイ」となるので、耳で聞こえる音は「チュウジョウ」なのかな、という気もしますが、ここは保育社の甲虫図鑑にならい「チョウジョウアナアキ」としました。

1-DSC_0045wdn(Hn).jpg

2-DSC_0058wdn.jpgチョウジョウアナアキゾウムシ

しょっぱなにゾウムシが出たので、時間は前後しますがこの日2種目のゾウムシを同時UPします。

「こいつ何すんだよぅ」そんな悪態が聞こえて来そうな一場面です。ゾウムシを足蹴にしているのは言わずと知れたヨツスジハナカミキリ。タマアジサイの蜜にご執心で、足元にゾウムシがいることに気づいていない様子です。ゾウムシの方も花にぞっこんで、逃げ出す気配はありません。

3-DSC_0889wkn(Mi).jpg

4-DSC_0883wdn(Mi).jpgシラホシヒメゾウムシ ’17.8月上旬 東京都檜原村



スポンサーサイト
  1. 2017/09/21(木) 18:47:42|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イネとゾウムシ+α

イネに何やら虫の影。探していたイネミズゾウムシでしょうか。ちょっと違いますねぇ。なんとウスモンカレキゾウムシです。カレキゾウムシというくらいですから、本来の居場所は枯れ木と思いますが、何故かイネです。これはこれで見事な対比。こういうシチュエーション、結構好きです。
1-DSC_0332wkn(Ku).jpgウスモンカレキゾウムシ

これはイネゾウムシでしょう。と思いきや、どうやら雨に濡れたアルファルファタコゾウのようです。シルエットは何となく似ていますが、色は茶と白っぽいグレーなので、色の違いは一目瞭然です。とは言え濡れていると判断に窮します。人騒がせなタコゾウです。2-DSC_0503wdn(Ku).jpg

これは濡れていないアルファルファタコ
DSC_0317wdn(Ku).jpg
アルファルファタコゾウムシ

これから以降は、田んぼの回りにいたゾウムシいろいろです。同じ日の撮影ということで便乗UPです。

クズに定番のオジロアシナガゾウムシ。沢山います。

DSC_0424wdn.jpgオジロアシナガゾウムシ

こちらもクズのド定番種、コフキゾウムシ。マルカメムシもクズの定番ですね。群棲しているとそれだけで臭いです。
DSC_0521wdn(Ku).jpgコフキゾウムシ+マルカメムシ

首のまわりに付着しているのは泥でしょうか、ダニには見えません。小楯板に白い縦スジがあるのでタデサルかなと思いますが、多分正解でしょう。
DSC_0884wdn(Ku).jpgタデサルゾウムシ ‘17.7月下旬 東京都町田市(すべて)



  1. 2017/09/12(火) 21:01:21|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サルゾウムシ4題

好きなもんで、続くんですよ、ゾウムシネタが。虫好きの間でも話題に上ることが少ないと感じるゾウムシですが、種類の多さと、独特のフォルムは実に魅力的です。という訳で、少し溜まってしまったゾウムシ画像を、ズリズリとUPしていこうと思います。

では私の好きなサル系から少し・・・。

カナムグラを見ると素通り出来ない虫屋の性。そんなこんなで路傍のカナムグラを覗き込むと、好きなサルゾウムシがいました。カナムグラサルゾウムシのようです。小楯板の白い縦スジと、上翅に散らばる細かな白い点々がそれとなく素性を明かしています。体長は4mm前後、種名の通りホストはカナムグラでおます。

DSC_0306wdn(I)_20170826211044675.jpg

DSC_0315wtn(I).jpg
カナムグラサルゾウムシ ‘17.6月中旬 神奈川県川崎市

ミゾソバで見つけたので一瞬クロクチブトかと色めき立ったのですが、口吻はちっとも「クチブト」ではありません。となると拙サイトで時々顔出すクロトゲサルじゃろ、ということで取りあえずは決着。小楯板の白がもう少大きければ、タデサルかなとなりますが、落としどころはやっぱりクロトゲサルくらいし思いつきません。
1-DSC_0561wdn(Ku)_20170826211534a1d.jpg

DSC_0480wdn(Ku).jpg

DSC_0498wdn(Ku).jpgクロトゲサルゾウムシ ‘17.7月中旬 東京都町田市

ギシギシにその名もズバリのギシギシクチブトサルゾウムシが、かなり湧いています。結構神経質なところがあって、ちょっとしたことでもポロリと落ちてしまうのは、撮り手としてはいかがなものかと、文句の一つも言いたくなりますが、先方にしてみれば、何かとてつもなく巨大なものが近づいてくるわけですから、ナーバスになるなと言う方が間違っています。ポロリと落ちたまま擬死することもままあります。
1-DSC_0448wdn(Ku).jpg

2-DSC_0327wdn(Ku).jpg

DSC_0211wdn(Ku).jpgギシギシクチブトサルゾウムシ ‘17.7月初旬 東京都町田市

最後は友情出演のツツジトゲムネサルゾウムシ。4~6月が旬で、7~9月は夏休み、10月頃から少し顔を出して11月の中頃には越冬、というのがご近所のツツジトゲムネの年間スケジュールです。ここ5~6年付き合っているので、出現パターンはほぼほぼ把握済みです。

暑い日中はだいたいこんな感じで昼寝しています。活動のピークは午前中みたいですよ。

DSC_0176wd(S).jpgツツジトゲムネサルゾウムシ ‘17.6月中旬 東京都世田谷区



  1. 2017/08/26(土) 21:32:12|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

結構いる ・・・メナガクチブトゾウムシ

撮影をはじめた頃は出会いそのものが少なく、図鑑にも多くない種とあったので、さもありなんとホクホクしていたものですが、時間が経つにつれその神話もほころび、今ではふつうに見ることが出来る、ふつうのゾウムシという立ち位置まで降りてきました。そう、結構沢山いるんですよね、このゾウムシ。ホストはダイズやマメ科の牧草、バラなども食べるとあっては、そこそこいても不思議はありません。
1-DSC_0944wdn(Ku)_20170825202007be6.jpg

2-DSC_0960wdn(Ku).jpg

DSC_0363wdn(Ku).jpgメナガクチブトゾウムシ(チビメナガゾウムシ) ‘17.7月上旬 東京都町田市



  1. 2017/08/25(金) 20:23:14|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山で出会ったゾウムシの続き

いっしょにUPするはずだったゾウムシを、二つばっかし忘れていましたので、その続きです。

ご新規ゾウムシとばかり思っていましたが、過去に撮っていました。私の記憶力も大したことありません。旬を過ぎ、ボロになりかけの個体ですが、とりあえずクチブトヒゲボソゾウムシです。羽化直後は体色のグリーンが鮮やかで、かなりきれいだと、大昔に開設していたHPのコメントに書いています。7月ではちょっと遅いという訳です。

1-DSC_0157wdn(Mi).jpg

DSC_0125wdn(Mi).jpgクチブトヒゲボソゾウムシ ‘17.7月上旬 東京都檜原村

これはどう見たってツノヒゲボソですよね。ご近所のツツジの生垣に多数発生していたのは4~5月。それ以降は急速に数を減じ、まったく見なくなってしまいましたが、1000mを越える山地ではまだまだ健在です。ツノヒゲボソに一本化される前は、3種に分類されていたゾウムシですから、地域や標高によって発生時期もまちまちということみたいです。
DSC_0265wdn(Mi).jpgツノヒゲボソゾウムシ ‘17.7月上旬 東京都檜原村



  1. 2017/08/17(木) 18:52:45|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ