甲虫三昧

キバなし ・・・カシワクチブトゾウムシ

写真の3態は3月上旬の撮影です。越冬明けの個体なのでキバはありません。本種をはじめ一部のゾウムシは、羽化の際キバを使って脱出すると言われています。4月に入ると新成虫がゾロゾロ出て来るので、撮るつもりでいるのですが、まだ撮れていません。昨年は4月の中旬に撮っているのでまだ可能性はありますが、今春は暖かい日が続いたので、どうも難しそうです。
1-DSC_0832wkn(Ku).jpg

2-DSC_0817wdn(Ku).jpg

3-DSC_0824wdn(Ku).jpgカシワクチブトゾウムシ ‘18.3月上旬 東京都町田市



スポンサーサイト
  1. 2018/04/11(水) 18:07:26|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

区内では初見 ・・・タデサルゾウムシ

新しい棲家の日課となりつつある野川散歩。季節はいいし、虫はいるし、言うことなしのロケーションです。

イタドリハムシが巣食うイタドリに、区内では初見となるタデサルゾウムシがいました。こういう虫が身近にいると、それだけで幸せな気分になる虫好きジジイです。因みにイタドリはタデ科。このゾウムシがいても不思議ではありません。

1-DSC_1353wdn(S).jpg

DSC_1345wtn(S).jpg

DSC_1369wdn(S).jpgタデサルゾウムシ ’18.4月上旬 東京都世田谷区



  1. 2018/04/10(火) 22:10:30|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちゃんといた ・・・ツツジトゲムネサルゾウムシ

ご近所のツツジにツツジトゲムネサルゾウムシ。引っ越し先にほど近い公園そばのツツジの生垣です。いるかなと思って覗いたら、ちゃんといてくれました。何となく安心の拙サイト管理人です。
1-DSC_0627wdn(Kt).jpg

2-DSC_0373wdn(Kt).jpg

DSC_0367wdn(Kt).jpgツツジトゲムネサルゾウムシ ‘18.4月初旬 東京都世田谷区



  1. 2018/04/08(日) 18:10:12|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

橋の欄干 ・・・ダイコンサルゾウムシ

アブラナ科をホストとするダイコンサルゾウムシ。菜の花をはじめ、アブラナ科の植物は今が盛り。なのにホストでは見られず、野川を見下ろす橋の欄干で見られるとは。撮影に付き合ってくれたことには感謝ですが、やっぱりホストで撮りたかったなぁとは、撮り手の正直な気持ちでありんす。
1-DSC_0572wdn(Kt).jpgダイコンサルゾウムシ ‘18.3月下旬 東京都世田谷区

その後野川沿いのアブラナ科の植物で、ホスト上の本種を撮影出来ました。欄干の前にホストを観察すべきでしたね。後先逆のトホホな甲虫三昧です。
2-DSC_0650wdn(Kt).jpg

3-DSC_0735wdn(Kt).jpgダイコンサルゾウムシ ‘18.3月下旬 東京都世田谷区



  1. 2018/04/06(金) 17:58:39|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今頃になって ・・・ギシギシクチブトゾウムシ

今頃になってギシギシクチブトとタデノクチブトの区別がわからなくなってきました。それぞれのホストで撮影すればほぼ間違いないでしょうが、それ以外の場所で撮影した時は悩みます。体色や肢の色で区別という選択肢もありますが、絶対とは言えないので何ともはやです。写真のゾウムシもその口で、乗っかっている植物はギシギシでもタデ類でもありません。こうなると見た目の印象で区別するしかないので、間違っていたら平にご容赦です。と言いつつ、ここではギシギシで通そうと思います。
DSC_0562wkn(Ku).jpg

DSC_0571wdn(Ku).jpgギシギシクチブトサルゾウムシ ‘18.3月下旬 東京都町田市



  1. 2018/03/31(土) 17:03:29|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ