甲虫三昧

冴えない虫 ・・・クロノコムネキスイ

ハムシかなと近づくと表情が違っていました。正体は多分クロノコムネキスイ。「甲虫三昧」お得意の地味で冴えない微小甲虫がまたまた登場です。体長は約2mm、フェンスの支柱なればこその微小甲虫と言えるでしょう。
1-DSC_0340wdn(Ku).jpg

DSC_0558wdn(Ku).jpgクロノコムネキスイ ‘17.3月初旬~中旬 東京都町田市



スポンサーサイト
  1. 2017/03/24(金) 20:55:51|
  2. キスイムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

というよりボケ ・・・クロモンキスイ

斑紋ありの微小甲虫。すわ初見と思ったら昨年の12月に撮っていました。熟年虫好きの虫記憶も大したことありません。というよりボケが始まっているのかもしれません。ところで、こういう虫に感動する虫屋ってどのくらいいるものなんでしょう。甲虫に限らず全昆虫に対してなら1%、甲虫に絞ってなら多分3%くらいじゃないかと、なんて勝手に想像するんですけど、コメント投稿が極端に少ない拙ブログにおいても、この手の虫に反応するコメントはほとんどありません。それを考えると3%でも多すぎるかもですよね。虫のサイトそのものが少ない中、「甲虫三昧」のような虫ブログがあってもいいのかな、なんて手前味噌なことを考える熟年虫好きです。
DSC_0151wdn(Ku).jpg

DSC_0189wdn(Ku).jpgクロモンキスイ ‘17.3月中旬 東京都町田市



  1. 2017/03/20(月) 21:09:58|
  2. キスイムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忘れた頃に ・・・ウスバキスイ

昨シーズンくらいから、忘れた頃にひょいと現れるウスバキスイ(多分)。小さくて、どうってことのない微小甲虫ですが、こんな虫が見つかると、幸せな気分になる当ブログの管理人です。

生態についての説明は、図鑑にもネット上にもほとんどありませんが、キスイムシ科の総論として、枯れ木、わら、落葉中に生息とあるので、つまりそんなところを棲家にしている虫のようです。

DSC_0306wdn(I).jpg

DSC_0322wtn(I).jpg
ウスバキスイ(キスイムシ科) ‘16.12月下旬 神奈川県川崎市



  1. 2017/01/06(金) 20:04:22|
  2. キスイムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

代わりにいた? ・・・クロモンキスイ

寒い時期に姿を現すサルゾウムシ目当てに、川向うの緑地へ行ってみましたが見つかりません。代わりにいた?のが写真のキスイムシ。上翅の斑紋からクロモンキスイとしましたがどうでしょう。触角が一本ないのが残念ですが、私的には結構うれしい虫との出会いでした。体長は2.5mmほど、小さいです。
DSC_0469wdn(I).jpgクロモンキスイ ’16.12月中旬 神奈川県川崎市



  1. 2016/12/28(水) 20:35:21|
  2. キスイムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

色目がちょっと ・・・ウスバキスイ

この4月にUPしたウスバキスイと色目がちょっとアレですが、多分同じ種の色バリエーションと思います。体長は2mm強なので、写真もギリギリといったところ。甘さとジャリジャリ感(ISO感度上げ過ぎ)は毎度のことなので、大きさに免じて平にご容赦です。
DSC_0107wdn(On).jpg

DSC_0143wdn(On).jpgウスバキスイ ’16.5月下旬 東京都町田市



  1. 2016/07/06(水) 19:49:52|
  2. キスイムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ