甲虫三昧

デジャビュ ・・・コルリアトキリゴミムシ+

昨年と同じ時期に、同じ場所で、同じような光景に遭遇した虫撮りジジイ。私に言わせればこれって完全にデジャビュです。唯一違うところと言えば、すぐそばに越冬明けのコガタルリハムシがいたことくらいでしょうか。

早春から野外へ出て来る虫の顔ぶれって、ほとんどかわりませんよね。同じフィールドならなおさらです。しかも個体数にほとんどブレがないというのもすごいです。ツボにはまると、それこそデジャビュを味わうことになります。環境の激変とか、天変地異とかなければ、輪廻はつつがなく回るということですね。

DSC_0591wdn(Ku).jpg

DSC_0642wtn(Ku).jpg

DSC_0656wdn(Ku).jpgコルリアトキリゴミムシ ‘18.3月初旬 東京都狛江市

こっちはオマケです。同じ日に撮影したゴモクムシの一種。正体は多分マメゴモクムシ。上翅の縁がわずかに黄色味を帯びているのでそう判断しましたが、それがなにか・・・。
DSC_0806wdn(Ku).jpgマメゴモクムシ? ‘18.3月初旬 東京都狛江市



スポンサーサイト
  1. 2018/03/09(金) 16:26:40|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テッカテカ ・・・ヨツモンコミズギワゴミムシ

小さい上に体表がテッカテカなのでピンが合いません。AFはヒカリモノには弱いですからねぇ。ならばMFとなる訳ですが、チョコマカ動く相手にMFでは話になりません。静かになったところを連写攻撃するしか手はありません。で撮れた写真がこれ。10枚近く撮ってこれですから、虫の写真は難しいっす。

ミズギワゴミムシの仲間ですが、ご近所の畑にもいます。属がミズギワゴミムシというだけで、水辺でなければダメということではなさそうです。体長は3mm程度、小さいですよ。

DSC_0069wdn(I).jpgヨツモンコミズギワゴミムシ ‘18.1月中旬 東京都狛江市



  1. 2018/02/27(火) 20:17:03|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ただ今活動中 ・・・メダカチビカワゴミムシ+1

昨年撮影のファイルをつらつら見ていたら、ご近所の畑で撮ったメダカチビカワの写真が出て来ました。活動中の写真はネット上に少ないので、ゴミムシ繋がりで連続UPしようと思います。

越冬はケヤキの樹皮裏でも、シーズン中のメインステージは、畑や草地などの地面であって、アトキリゴミムシのように、樹上性ではないということですね。ついでに同時期に撮ったイツホシマメゴモクも便乗UPしちゃいます。

DSC_0222wdn(S).jpgメダカチビカワゴミムシ ‘17.4月中旬 東京都世田谷区

DSC_0508wdn(S).jpgイツホシマメゴモクムシ ‘17.4月下旬 東京都世田谷区



  1. 2018/01/31(水) 19:02:51|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

河川敷のゴミムシ

よさ気な赤枯れ材を見つけたまでは良かったものの、出て来る虫、出て来る虫、同じのばっかし。思わずこんな言葉が出て来るくらい、ヘナチョコな赤枯れ材だったのですよ、これが。今までの経験からするとこうした材には、クビナガヨツボシとか、クロケブカとか、この界隈ではレアとされるゴミムシが入っていたりするのですが、まったくかすりもせず、呆れるくらい何も出ない赤枯れ材なのでした。残念!
1-DSC_0335wdn(I).jpgヒメツヤゴモクムシ

2-DSC_0393wdn(I).jpgマルガタゴミムシの一種

3-DSC_0492wdn(I)_20180130204556ebb.jpgコガシラナガゴミムシ

出てきたのはこの3種+アオゴミくらい。あとはスナゴミダマ、ヨツボシ系のゴミダマ、そしてハサミムシ、キマワリの幼虫、カメムシ、ムカデなど。やんなっちゃいますよね。

これは別の材から出て来たヒメキベリアオゴミムシ。毎度毎度のお馴染みさんなので撮り方もおざなりです。困ったもんだ。
DSC_0593wdn(I).jpgヒメキベリアオゴミムシ

という訳でいくらなんでもこれではページが持ちませんよ、と管理人から横やりが入ったので、このゴミムシを同時UPすることで帳尻を合わせることにしました。因みにこの界隈ではお初となるカラカネゴモクムシです。出土場所はヤナギの樹皮下。不思議なところで越冬するものです。ヤナギの樹皮で越冬するゴミムシは初めて見ました。
4-DSC_0688wdn(I).jpg

5-DSC_0703wkn(I).jpgカラカネゴモクムシ ‘18.1月中旬 東京都狛江市



  1. 2018/01/30(火) 20:56:08|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

樹皮下のゴミムシ2題

ゴミムシついでにこのゴミムシも・・・。

ケヤキの樹皮裏で越冬中のホソアトキリゴミムシ。東京の郊外にもそこそこ生息する樹葉上を縄張りとする小型のゴミムシ。ホント普通種なんですけど、冬の日に、こういう虫が出てきただけでうれしさがこみ上げる虫好きジジイ。やっぱりこいつはどうしたって甲虫依存症ではありますわなぁ・・・。

DSC_0252wdn(On).jpgホソアトキリゴミムシ ‘17.12月初旬 東京都町田市
※甘ピン、ご容赦。

ケヤキがあればどこでも見つかる越冬甲虫の雄。ところが、冬に見つけるのは簡単なこのゴミムシも、シーズン中は意外に難しいのですよ。ネット上で本種の画像を見ると、私も含めてほとんどが越冬中の写真ですからね。尤もその時期に、このゴミムシを追いかける奇特な虫撮り屋もいないでしょうけど・・・。
DSC_0403wdn(Ku).jpg

DSC_0417wtn(Ku).jpg

DSC_0495wdn(Ku).jpgメダカチビカワゴミムシ ‘17.12月下旬 東京都町田市



  1. 2018/01/09(火) 21:28:38|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ