甲虫三昧

ありがたい ・・・アカアシヒゲナガゾウムシ

5~6年前に同じ緑地で撮影していたヒゲナガゾウムシ。見かけることはあってもその都度逃げられ、この日久しぶりの撮影と相成りました。ありがたいことです。この時も3~4枚撮ったところで、アリンコがちょっかいを出してきたので、それが引き金となって飛んで行ってしまいました。いろいろなことが起こります。
1-DSC_0282wdn(I).jpg

DSC_0281wdn(I).jpgアカアシヒゲナガゾウムシ ‘18.4月初旬 神奈川県川崎市



スポンサーサイト
  1. 2018/04/17(火) 18:20:44|
  2. ヒゲナガゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

困ったもんだ ・・・コモンヒメヒゲナガゾウムシ

ケヤキの樹皮下から現れたコモンヒメヒゲナガゾウムシ。折角出てくれたのに、ちょっとばかりピンが外れています。詰めの甘さが随所に出る「甲虫三昧」。ピン甘には非常にナーバスな管理人ですが、それがなかなか払拭出来ないところがまた「甲虫三昧」でもある訳です。あ~ぁ、困ったもんだ。
DSC_0032wdn(Ku)_2018021214463124d.jpg

DSC_0071wdn(Ku).jpgコモンヒメヒゲナガゾウムシ ‘18.2月初旬 東京都町田市



  1. 2018/02/12(月) 14:50:09|
  2. ヒゲナガゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今シーズンもペケ ・・・エゴヒゲナガゾウムシ+1

結局今シーズンも、エゴの実では見つけられず、目線の高さの雑草上を歩くメスを見て、シーズンは終わってしまいました。エゴの実で産卵するつがいを見たのは、いつ頃のことだったでしょう。川向うの緑地で、そんなシーンを撮ったのが絵空事のように思えてきます。
1-DSC_0828wdn(O).jpgエゴヒゲナガゾウムシ♀ ‘17.8月下旬 東京都町田市

一枚ではやっぱり寂しいので、東京近郊ではカオジロヒゲナガゾウムシと並んで、最もポピュラーなキマダラヒゲナガを便乗UPします。
DSC_0869wdn(Ku).jpgキマダラヒゲナガゾウムシ ‘17.9月初旬 東京都町田市



  1. 2017/10/14(土) 18:45:03|
  2. ヒゲナガゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今季3度目 ・・・檜原村詣でその4

ほかにもいろいろいましたが、大したものはいないのですべて割愛。なんだかんだと時間だけは過ぎていきます。そろそろお暇するかなと、来た道を戻り、駐車場まであと10mというところで、擬木の欄干に白っぽい虫を発見しました。動きとフォルムからヒゲナガゾウムシと直感。しかし場所が暗すぎます。ここはGetして別撮りしかありません。首尾よくGetビンに収まった虫は、この日2頭目となるご新規ヒゲナガゾウムシ。調べてみればシロマダラネブトヒゲナガゾウムシ。図鑑にはまれと表記された逸品でした。今日は来た甲斐がありました。いつもこうなら楽しいんですけどね。
16-DSC_0310wdn(Mi).jpg

17-DSC_0331wdn(Mi).jpg

18-DSC_0285wdn(Mi).jpgシロマダラネブトヒゲナガゾウムシ ‘17.8月中旬 東京都檜原村



  1. 2017/09/25(月) 18:17:07|
  2. ヒゲナガゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

速攻あの世行き ・・・ナガアシヒゲナガゾウムシ

久しぶりのナガアシヒゲナガゾウムシも、こうダニにたかられていたのでは興ざめです。本人も鬱陶しいでしょうけど、撮る方はもっと鬱陶しいです。昆虫につくダニは、どこに喰らいついて栄養を横取りするのでしょう。関節ですかね。こんなものに喰いつかれたら、死んだ方がましですね。私なら速攻あの世行きを選択します。
DSC_0120wdn(Hn).jpg

DSC_0129wdn(Hn).jpgナガアシヒゲナガゾウムシ ’17.7月上旬 東京都檜原村



  1. 2017/08/15(火) 19:35:16|
  2. ヒゲナガゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ