甲虫三昧

そろそろ変えたらどうよ ・・・クビカクシナガクチキムシ

私の好きな地味甲虫が今年もいてくれました。そろそろ本当に和名を変えたらどうかと思うクビカクシナガクチキムシです。現在の科はクビナガムシ科。近い将来また科が変わることを想定して、あえて変えないという方針なのでしょうか。なんてことまで考えてしまう本種の和名です。

おっ、いたいた。
1-DSC_0006wkn(Ku).jpg

動かないので、指でツンツン(おでんじゃないですよ)したら少し上がって来ました。
DSC_0001wdn(Ku).jpg

DSC_0026wdn(Ku).jpgクビカシナガクチキムシ(クビナガムシ科) ‘17.4月下旬 東京都町田市

ウィンドウズ利用者にはちょっと怖い昨今のネット事情。バックアップしていない画像データが結構あるので、とんでもないことになる前に疎開させなきゃ(=゚ω゚)ノ



スポンサーサイト
  1. 2017/05/16(火) 22:59:13|
  2. その他の科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

畑にも ・・・ウスチャケシマキムシ?

図鑑によればマキムシ類は、野外では枯れ草や枯れ木に多いとあります。しかし今までそう感じたことはありません。ところがこの冬の樹皮めくりから状況が一変。ケヤキやムクノキの樹皮下から結構出るんですね。そんなことがあってご近所の畑です。実はこの畑にもマキムシがいます。メチャ小さなヤツが・・・。多分ウスチャケシマキムシと思いますが確信はありません。写真の個体は、畑の脇のツツジの生垣で、蕾のネバネバに肢を取られ動けなくなっていた哀れな個体です。多分畑から飛んできた個体でしょう。大きさは1.5mmくらい。だから写真もそれなりです。
DSC_0923wdn(S).jpgウスチャケシマキムシ?(ヒメマキムシ科) ‘17.4月上旬 東京都世田谷区
図鑑によれば本種は枯れ枝などにふつうとか。分布は世界各地ですと。



  1. 2017/04/17(月) 18:44:12|
  2. その他の科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

値千金 ・・・ムナビロアカハネムシ♂♀

目の前を甲虫らしき虫が飛んでいきます。軌跡を追うとやがて枯草に着地。近づいてみるとアカハネムシでした。シーズン真っ盛りであれば「な~んだ」となる訳ですが、シーズンの初っ端とくれば話は別です。地味目ばかりをカメラに収めていたので、この赤色が値千金に見えてくるんですよ、困ったことに・・・。
1-DSC_0983wdn(I).jpgムナビロアカハネムシ♀(アカハネムシ科) ‘17.4月初旬 東京都狛江市

後の写真は昨シーズンのです。この機会に過去画像を便乗UPします。


2-DSC_0551wdn(Ku).jpg


DSC_0067wdn(Ku).jpgムナビロアカハネムシ ‘16.4月上旬 東京都町田市



  1. 2017/04/10(月) 18:17:08|
  2. その他の科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ほぼほぼ ・・・マルトゲムシの一種???

前ページのドウガネツヤマルトゲムシ風な虫が、同じ畑にいました。これも以前見たことがある体長3mmほどの微小甲虫。しかし素性が知れません。でも全体のフォルムや、頭から胸にかけての造作はマルトゲムシなんですけどね。肢もよくよく見るとそれっぽいし・・・。マルトゲムシの項に該当種は見当たりませんが、私の中ではほぼほぼマルトゲムシなんですね、これが。皆さんはどう思われます。
1-DSC_0977wdn(S).jpg

2-DSC_0926wdn(S).jpg

DSC_0900wdn(S).jpgマルトゲムシの一種??? ‘17.4月初旬 東京都世田谷区
※間違っていたら平にご容赦です。



  1. 2017/04/07(金) 18:47:21|
  2. その他の科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つまり畑 ・・・ドウガネツヤマルトゲムシ

昨年も同じ時期に見たドウガネツヤマルトゲムシ。その時は偶然そこにいた虫だろうくらいの感覚でしたが、今回は、はっきりこうした環境に生息する虫だということを認識したマルトゲムシです。こうした環境とはつまり畑。前ページのマグソコガネがいたいつもの畑です。上翅がグリーンっぽく見えていますが、単に雑草の緑を反射しているに過ぎません。実物は和名の通りドウガネ色です。
DSC_0221wd(S).jpgドウガネツヤマルトゲムシ(マルトゲムシ科) ‘17.4月初旬 東京都世田谷区



  1. 2017/04/06(木) 21:02:38|
  2. その他の科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ