甲虫三昧

久々のヒゲナガゾウムシ ・・・エグリバネヒゲナガゾウムシ

去年の7月に大菩薩近辺で撮影したのが最初ですから、今度の撮影で2度目となります。基本的にヒゲナガゾウムシの多くは、枯れ木や乾燥した伐採木で見ることが多いのですが、緑の葉上で見ることもままあります。
DSC_0372kn(O).jpgエグリバネヒゲナガゾウムシ ‘12.6月 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


スポンサーサイト
  1. 2012/06/30(土) 22:59:31|
  2. ヒゲナガゾウムシ科
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

定番カミキリあれこれ5種

一匹の赤いダニがあちこち歩き回っています。カミキリに限らずダニ付きの甲虫はよく見ますが、食いつかれたご本人たちはどんな気持ちなのでしょう。想像に難くありませんね。
11-DSC_0790kn-2.jpgアトジロサビカミキリ ‘12.6月 神奈川県川崎市

アトジロサビに比べれば少ないカミキリですが、それでも多いアトモンサビカミキリ。この手のカミキリは太陽が苦手と思っていましたが、写真の個体は太陽がサンサンと降り注ぐ、明るい場所にいました。自ら虫干しでしょうか。
12-DSC_0768kn.jpgアトモンサビカミキリ‘12.6月 東京都町田市

ゴマフカミキリ同様、カミキリ屋諸氏にはまったく相手にされないかわいそうなカミキリムシ。それが逆に、大都会の片隅でも絶えることなく生き続ける秘訣なのかもしれませんね。
13-DSC_0743kn(I).jpgナガゴマフカミキリ ‘12.6月 東京都狛江市

いつもの河川敷にニイジマチビカミキリがいました。実はこのカミキリとは初めての出会いです。最近富に眼光鈍く、こうした小さなカミキリはビーティングという採集テクニックがなければお目にかかることが出来ません。私は今まさにトホホな状況なのです。
14-DSC_0256kn(I).jpgニイジマチビカミキリ ‘12.6月 東京都狛江市

ふつう種とのことですが、このカミキリとは縁遠く、まだ数度しか会ったことがありません。細い枯れ枝の節の部分を盛んにガシガシとかじっていました。
15-DSC_0592kn(I).jpgクモガタケシカミキリ⇒シラオビゴマフケシカミキリ ‘12.6月 東京都狛江市
※配色が逆でした。クモガタケシはグレー地にコゲチャの帯、シラオビゴマフケシはコゲチャ地に白の帯。写真のカミキリはコゲチャに白の帯ですからシラオビゴマフケシですね。失礼しました。それにしても紛らわしいカミキリくんたちです。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2012/06/30(土) 20:39:43|
  2. カミキリムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヨツスジハナ降臨

緑地の片隅でコンビニ弁当を広げていると、黄色い虫が羽音を響かせ飛来、やがて近くの下草に着地しました。箸を置き、カメラ片手に見に行くと、今年初めてのヨツスジハナでした。撮影しながら、今年は6月にお山へ行っていないなぁ、と妙に感傷的な気分になってしまい、7月に入ったら是が非でも行かなくちゃと、気持ちを新たにする熟年虫好きでした。
16-DSC_0399kn(I).jpgヨツスジハナカミキリ ‘12.6月 神奈川県川崎市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2012/06/30(土) 01:32:39|
  2. カミキリムシ科
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ふと気付くと ・・・キイロカミキリモドキ

ふと気付くとキイロカミキリモドキが、そこかしこにいました。渾然と現れたとしか思えないかれらの出現です。他のカミキリモドキ同様、体内にカンタリジンという毒を持っているので、迂闊には触れません。
02-DSC_1039kn(O).jpg

02-DSC_1164kn(O).jpgキイロカミキリモドキ ‘12.6月 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2012/06/29(金) 17:51:36|
  2. カミキリモドキ科
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

シャレた配色 ・・・マエアカクロベニボタル

なかなかシャレた配色のベニボタルです。見るのも初めてで、ベニボタルを見てテンションが上がったのは久しぶりです。
DSC_1079kn(O).jpgマエアカクロベニボタル ‘12.6月 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2012/06/29(金) 12:39:13|
  2. ベニボタル科
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ゾウムシいろいろ その6

小粒ながら好きなゾウムシの一つです。元々個体数の少ないゾウムシですが、局所的に多くの個体が集まっていることがあります。
3-DSC_0091kn(I).jpgチビメナガビウムシ ‘12.6月 東京都狛江市

スグリ、マメ、イチゴなど多くのホストを持つ小さなゾウムシ。ずんぐりむっくりした体型は愛嬌がありますが、虫の居所が悪いとすぐに落ちるので気が抜けません。尤も珍しい種ではないので、落ちても慌てる必要がないというのは精神的に楽です。
4-DSC_0670kn(I).jpgスグリゾウムシ ‘12.6月 東京都狛江市

レンゲやカラスノエンドウをホストとするため、片や畑、片や河川敷と、見る場所が大きく変わります。ホストがあればどこでも見られるという種でもないので、見つけたら必ずカメラを向けちゃいます
5-DSC_0456kn(I).jpgチビコフキゾウムシ  ‘12.6月 東京都狛江市

ヨーロッパ原産のゾウムシで、日本では1982年に初めてその存在が確認されました。レンゲやマメ科植物をホストとするため、河川敷ではよく目にするゾウムシです。
6-DSC_0393kn(I).jpgアルファルファタコゾウムシ ‘12.6月 東京都狛江市

カツオゾウムシはイタドリでごく普通に見られますが、本種を見る機会は決して多いとは言えません。ホストのヨモギをその気になって探しても、見つからない事の方が多いですね。
7-DSC_0292kn(I).jpgナガカツオゾウムシ ‘12.6月 東京都狛江市

種名に「クワ」とありますが、カナムグラで見ることが多いようです。カナムグラの茎にゴミのような黒い虫がついていたら本種かもしれません。
8-DSC_0349kn(I).jpgクワヒメゾウムシ⇒カナムグラヒメゾウムシ ‘12.6月 東京都狛江市
※クワヒメとしていましたが、カナムグラヒメが正解のようです。

死んだふりが上手なゾウムシ。しかしあの擬死というカモフラージュは捕食者に対してどこまで有効なのでしょう。捕食者が学習し、それが代々受け継がれるとしたら、死んだふりをしても食べられてしまうことにはならないのでしょうか。クマに死んだふりは効かないと言いますから、擬死がうまくても食べられる時は、食べられてしまうんでしょうね、きっと。
9-DSC_0628kn(I).jpgシロコブゾウムシ ‘12.6月 神奈川県川崎市

キクイゾウムシの仲間は、ホストとなる枯れ木などの樹皮下へ潜り込むため、一様に細長い体型をしているゾウムシグループです。写真のゾウムシは、タケノコを加害すると言われ、そのためでしょうか、和名にしてはいい名前をもらっています。
10-DSC_0682kn(I).jpgカグヤヒメキクイゾウムシ ‘12.6月 神奈川県川崎市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。







  1. 2012/06/28(木) 21:48:43|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ゴミムシダマシ2題

ヤナギの伐採面に繁殖した菌類に集まるモンキゴミムシダマシ。黒地に赤の斑紋が派手な印象を与えるゴミムシダマシです。中央の3頭は身じろぎもせずキノコに夢中なのですが、端っこの一頭は落ち着きなく、あっちへうろうろ、こっちへうろうろと終始3頭の周りを歩き回っていました。
DSC_0473k(I).jpg

DSC_0493k.jpgモンキゴミムシダマシ ‘12.6月 東京都狛江市
近縁種にオオモンキゴミムシダマシがいますが、こちらはなかなか見つかりません。

久しぶりの出会いです。雰囲気はルリゴミムシダマシに似ていますが、ずんぐりむっくり体型で、動きも緩慢です。幼虫は枯れたアオキで成長すると言われていますが詳細は不明です。見る機会は多くありませんが、夜行性という生態が影響しているのかもしれません。
DSC_0896k(O).jpgルリツヤヒメキマワリモドキ ‘12.6月 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





  1. 2012/06/28(木) 21:10:21|
  2. ゴミムシダマシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハムシいろいろ その9

好きなハムシなので、目に入ると撮影せずにいられなくなります。撮影フィールドの河川敷には、至る所にかれらのホスト(クコ)が自生しているので、春から秋まで見ることが出来ます。冬はヤナギなどの樹皮下に潜り込んで越冬しますので、つまりは一年中見ることが出来るとハムシという訳です。
1-DSC_0081kn(I).jpgトホシクビボソハムシ ‘12.6月 東京都狛江市

旬の頃はノイバラを中心にバラ科の植物に集中する彼らも、春が終わり5月、6月と季節が移ろうと共にクヌギやクリ、その他の潅木類で見ることが多くなります。何故なんでしょう。ノイバラがおいしいのは春までなんでしょうか。ちょっと聞いてみたいですね。
2-DSC_0215kn(I).jpgバラルリツツハムシ ‘12.6月 東京都狛江市

ふつう種ですが、いわゆる定番種というほどには見る機会がありません。ホストであるガガイモやヘクソカズラはどこにでもある植物なので、ハムシそのものの個体数がさほど多くないのかもしれませんね。
3-DSC_0188kn(I).jpgチャバネツヤハムシ  ‘12.6月 東京都狛江市

ナガスネトビハムシ属のハムシを外見だけで同定するのは難しく、写真を撮ってファイルするだけのハムシとなっています。我が家の庭にも昨年からナガスネタイプのハムシがいついていますが、正体はいまだにナゾです。
4-DSC_0013kn(Oy).jpgナガスネトビハムシ属の一種  ‘12.6月 東京都町田市

アヤメをホストとするノミハムシの仲間。河川敷の片隅にアヤメの小群落があるので、そこで湧いているのでしょう。初めて出会うハムシです。
5-DSC_0425kn(I).jpgアヤメツブノミハムシ ‘12.6月 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





  1. 2012/06/27(水) 20:49:51|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

ヒルガオにマメゾウムシ

全世界に君臨するマメゾウムシの仲間。世界に900種、日本には約30種がいると言われていますが、防疫の網をかいくぐって密入国する輩も多いのではないでしょうか。写真の主は、河川敷のヒルガオに潜り込んでいたマメゾウムシで、図鑑には載っていない種でした。お心当たりの方がいらっしゃったら是非ご教示を。
DSC_0252dn(I).jpg

2-DSC_0232kn.jpgマメゾウムシの一種⇒イクビマメゾウムシ ‘12.6月 東京都狛江市
奥にもう一頭います。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2012/06/26(火) 21:19:02|
  2. ハムシ科マメゾウムシ亜科
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

イネ科にハナノミ ・・・クロハナノミ?

ハナノミは概して落ち着きなく、常に動き回っているという印象がありますが、交尾中はさすがに大人しく、撮影は楽でした。種名については、「野外ハンドブック 甲虫」(山と渓谷社刊)に掲載されていたクロハナノミの生態写真を参考にしましたが、確信はありません。

前を行くメスの後からそろり、そろりとオスが近づきます。そして交尾。めでたく和合完了です。
DSC_0119kn(I).jpg

DSC_0129kn(I).jpgクロハナノミ? ‘12.6月 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。




  1. 2012/06/26(火) 21:09:25|
  2. ハナノミ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アオそれともカトウ ・・・アオカミキリモドキ

図鑑を紐解くと、アオカミキリモドキによく似た近似種が結構いることに驚かされます。中でもアオカミキリモドキとカトウカミキリモドキの区別は見た目ではほとんどわかりません。さて、写真のカミキリモドキはどっちでしょう。私には判断がつきません。
01-DSC_0079kn.jpg

01-DSC_0624kn(I).jpgアオカミキリモドキ? ‘12.6月 東京都町田市
             ‘12.6月 神奈川県川崎市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。







  1. 2012/06/25(月) 23:10:11|
  2. カミキリモドキ科
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

このフィールドでは初めて ・・・ノコギリクワガタ

コクワやヒラタは見かけますが、撮影フィールドでノコギリを見るのは初めてです。元々いたのでしょうか。ひょっとするとクワガタマニアが放したその子孫かもしれませんね。小型のオスですが、カメラを向ける私を威嚇しています。
DSC_0788kn(I).jpgノコギリクワガタ♂ ‘12.6月 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2012/06/25(月) 12:53:06|
  2. クワガタムシ科
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

テントウムシ2題

生態写真を撮りはじめた頃、八王子市の郊外で、本種の蛹が梅の木にびっしりついているのを見て、茫然としたことがあります。小さなものでも大量に集まるとちょっと不気味です。
DSC_0108kn.jpgアカホシテントウ ‘12.6月 東京都狛江市

ココノホシテントウかと思いきや星が11ありました。よってココノホシではなくアイヌテントウということになります。アイヌというくらいですから北方系のテントウムシなんでしょうねぇ。検索してみると西では少ないようです。
DSC_0169kn.jpgアイヌテントウ ‘12.6月 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2012/06/24(日) 19:32:12|
  2. テントウムシ科
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

オレンジにドット柄 ・・・ゴマダラオトシブミ

なかなかインパクトのある斑紋の持ち主です。中には黒化し別種と思えるような個体もいます。昔撮った黒化個体の写真を探したのですが、見つかりません。出てきたらその内UPしますね。
DSC_0702kn.jpgゴマダラオトシブミ ‘12.6月 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2012/06/23(土) 20:53:46|
  2. オトシブミ科
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

バラゾウムシって何? ・・・クロケシツブチョッキリ

ノイバラや、花壇のバラなどを食害するチョッキリの仲間。園芸家からはバラゾウムシと呼ばれ毛嫌いされているようです。
1-DSC_0200kn(I).jpgクロケシツブチョッキリ ‘12.6月 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2012/06/23(土) 20:42:55|
  2. チョッキリゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハムシいろいろ その8

赤、青、緑、銅、・・・、色のバリエーションが豊富なサルハムシですが、撮影フィールドではこの配色の個体しかいませんでした。種が違うのでしょうか。不思議です。
02-DSC_0045kn(I).jpgアオバネサルハムシ ‘12.6月 東京都狛江市

春も早い時期からフィールドを賑わす定番のハムシ。この時期に成虫ということは、今年生まれの新成虫でしょうか。見た目も何となく初々しさが感じられます。
03-DSC_0222k(I).jpgヤナギルリハムシ ‘12.6月 東京都狛江市

好きなものでまたUPしちゃいました。河川敷の土手道からススキの群落を見ると、そこここに彼らのシルエットが浮かび上がって来ます。割合敏感なハムシで、不用意に近付くと落ちたり、飛んだりします。別のススキではいちゃつくペアの姿も。大昔はこんなことに心ときめいたものですが、今ではまったくの枯れススキです。
DSC_0073k.jpg
DSC_0102k.jpgクロトゲハムシ ’12.6月 東京都狛江市

久しぶりのデートです。私見では見る機会の少ないハムシという印象です。ホストであるアカザやシロザが少ないからでしょうか。よくわかりませんけど・・・。
04-DSC_0214kn(Oy)n.jpg
04-DSC_0226kn(Oy).jpgカメノコハムシ ‘12.6月 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





  1. 2012/06/23(土) 01:05:17|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

沢山いるけれど ・・・アオバクチキムシ

これはビーティングで落ちた個体をそれっぽく撮ったやらせです。数はそこそですが、大人しくモデルを務めてくれる個体はほとんどなく、あれよ、あれよと言う間に四散してしまいます。
DSC_0102kn(On).jpgアオバクチキムシ ‘12.6月 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2012/06/22(金) 11:21:01|
  2. クチキムシ科
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コガネムシ2題

ヒメアシナガコガネの色彩変化のようでもあるし、カバイロアシナガコガネのようでもあるし・・・、個人的にはカバイロであって欲しいのですが、こちらの思惑通り行かないのが世の習い。希望的観測でカバイロアシナガコガネとしましたが、かなり怪しいです。
DSC_0570kn(On).jpgカバイロアシナガコガネ? ‘12.6月 東京都町田市
頭盾が弧を描いているので、やっぱりヒメアシナガですかねぇ・・・。

こんなに黒かったっけという印象です。しかもイメージしていたより小さいのです。もしや別種、などと考え図鑑を広げますが、該当するのはハイイロビロウドのオスしかいません。思い込みでことを判断すると墓穴を掘りそうで怖いです。DSC_0589k(On).jpgハイイロビロウドコガネ♂ ‘12.6月 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





  1. 2012/06/22(金) 09:51:39|
  2. コガネムシ科
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

定番カミキリあれこれ7種

九州で仕事をしていた頃はゴマフより、ナガゴマフやカタシロゴマフを見ることが多かったのですが、東京ではダントツにゴマフですね。体色は木肌に溶け込む保護色をしていますが、丸っとした体は隠しようもなく、少なくとも虫好きの目には保護色になっていません。
01-DSC_0444kn.jpgゴマフカミキリ ‘12.6月 東京都町田市

山梨の大菩薩近辺で撮影した本種は、斑紋が見えないほど体色の濃い個体ばかりでした。高度が上がると黒化する傾向にあるのでしょうか。本種に限って言えば、山地より平地で見る個体の方がきれいです。
02-DSC_0168kn(Oy).jpgシナノクロフカミキリ ‘12.6月 東京都町田市

こうして見ると色が随分ピンクっぽいですね。伐採木よりソダや、立ち枯れの小枝で見ることが多いようです。
03-DSC_0093kn.jpgヤハズカミキリ ‘12.6月 東京都町田市

オスの触角の第3節が膨らんでいることからこの名前がつきました。クリの立ち枯れで見ることが多く、特に薄いピンク色した菌類が繁殖する立ち枯れには多くの個体が集まります。
04-DSC_0177kn.jpgセミスジコブヒゲカミキリ♂ ‘12.6月 東京都町田市

小さなカミキリで、積み上げられたソダなどでよく見かけます。止まっている時はいいのですが、一旦動き始めると結構なスピードで移動します。静止しているからと高をくくっていると、いつの間にかいなくなっている、なんてこともあります。
05-DSC_0065kn(On).jpgガロアケシカミキリ ‘12.6月 東京都町田市

ケシ粒のように小さいからケシカミキリ。目視では見つけられないので撮影はもっぱらビーティングが頼りです。いっしょに落ちるチャタテムシより小さいのですから、私のしょぼつ目では見つけられるはずがありません。あ~、歳は取りたくないものです。
06-DSC_0677kn.jpgケシカミキリ ‘12.6月 東京都町田市

普通種でもこのカミキリのきれいさは別格ですね。単純に美しいと思います。神経質な性格なのか、落ち着なく歩き回っているかと思えば、すっと翅を広げ舞い上がったりします。そのくせ撮影中の私の腕やスボンに止まったりするのですから、笑っちゃいます。
07-DSC_0429kn.jpgミドリカミキリ ‘12.6月 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2012/06/21(木) 22:40:49|
  2. カミキリムシ科
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

カラーバリエーション ・・・イモサルハムシ

先般UPしたばかりのイモサルハムシですが、その後ヒルガオの群落で多くの個体を見る機会を得ました。その時の写真がこちら。カラーバリエーションが3タイプ揃いましたので再度の登場です。
01-DSC_0272kn(Oy).jpg

01-DSC_0305kn(Oy).jpgイモサルハムシ ‘12.6月 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。




  1. 2012/06/21(木) 00:40:42|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ゾウムシ2題

薄緑色の体色は、ホストであるクズやハギの葉上では立派な保護色となっているようです。チラ見しただけでは見えてこないゾウムシも、一呼吸おくと次々と見えてくるから不思議です。
DSC_0599kn(I).jpgコフキゾウムシ ‘12.6月 神奈川県川崎市

図鑑を見ると本種のホストはイヌビワになっていますが、いまだかつてイヌビワで見たことはありません。見るのはもっぱら名も知らぬ雑草の葉裏。小さいなりに外見にはこだわっているのか、ゾウムシにしてはおしゃれな装いです。
DSC_0009kn-b.jpgタバゲササラゾウムシ ‘12.6月 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2012/06/21(木) 00:34:33|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

大きなコメツキ2題

草葉の陰に隠れていた大型のコメツキ。外側に鋭く飛び出た前胸背板、赤っぽい鋸歯状の触角、そして20mmを越える体長・・・、そんなこんなでアカヒゲヒラタコメツキとしてみましたがどうでしょう。
1-DSC_0876kn(On).jpgアカヒゲヒラタコメツキ ‘12.6月 神奈川県川崎市

大きなコメツキで、その存在感はなかなかのものです。この日、立派なヒゲを持つオスもいたのですが、のんびり構えているうちにあっさり逃げられてしまいました。この辺りの詰めの甘さが、いかにも私らしいです。
2-DSC_0651kn(Oy).jpgヒゲコメツキ♀  ‘12.6月 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2012/06/20(水) 10:13:45|
  2. コメツキムシ科
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

定番トラカミキリあれこれ4種 

カシの伐採木にキスジトラカミキリが、ある種のハチそっくりな動き方で歩いていました。定番のカミキリですが、道路脇に放置された伐採木で見るとうれしくなってしまいます。
01-DSC_0622kn.jpgキスジトラカミキリ ‘12.6月 東京都町田市

一頃あまり見ないなぁと思っていましたが、いるところにはいるもんです。勢力は依然優勢ですね。このエグリを撮影したのは栗林の中に一本だけあった立ち枯れ。観察すると、この時期に平地で見られる超普通種がそれこそ博物館のジオラマのごとくペタペタと貼りついていました。
02-DSC_0459kn.jpg
02-DSC_0690kn(On).jpgエグリトラカミキリ ‘12.6月 東京都町田市
立ち枯れの周りの下草にも沢山います。この角度で見ると上翅の斑紋が人の顔に見えますね。

エグリトラと並んで、伐採木の王様はこのキイロトラかもしれません。撮影を始めた頃はそのきれいな色に魅了され、いつまでもシャッターを切り続けていましたが、今ではそれも過去の思い出。あの頃のワクワク感がなつかしいです。
04-DSC_0771kn.jpgキイロトラカミキリ ‘12.6月 東京都町田市

クヌギの伐採木にクビアカトラがいました。発生のピークにはまだ間があるのか、交尾ペアも含め数頭が走りまわっているだけでした。ブドウトラに似ていますが、こちらは近年個体数が減って見る機会もかなり少なくなっているようです。
03-DSC_0802kn(On).jpgクビアトラカミキリ ‘12.6月 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。







  1. 2012/06/20(水) 00:20:23|
  2. カミキリムシ科
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

案外見かける ・・・ムネクリイロボタル

東京近郊では梅雨入りの頃からよく見かけます。静止している時は頭を隠しているので、頭を出しているところは案外貴重かもしれません。ナンテ、自画自賛・・・。本種はちゃんと発光器を持っているので、夜は光るのかもしれませんね。
03-DSC_0163kn(I).jpgムネクリイロボタル ‘12.6月 神奈川県川崎市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2012/06/19(火) 14:18:31|
  2. ホタル科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホダ木に定番 ・・・ハギキノコゴミムシ

シイタケのホダ木でお馴染みの小型ゴミムシ。この日はクリの立ち枯れで撮影しました。よく動くゴミムシで、止まってもすぐに動いてしまうので、撮影にはちょっと根気がいるかも。いつでも見られるので、そんな時はまた今度ね、と引きさがってしまうことも多々あります。
DSC_0484k(On).jpgハギキノコゴミムシ ‘12.6月 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2012/06/19(火) 09:32:46|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

まるで蜜蜂 ・・・ヒメトラハナムグリ

飛んでいる姿はまさに蜜蜂。吸蜜する姿も、人によってはハチに見えるかもしれません。おかしいのは止まり方で、蜜蜂のように軟着陸が出来ず、いきなりガシッと花にしがみつくところは笑えます。
DSC_0238kn(I).jpg

DSC_0304kn.jpgヒメトラハナムグリ ‘12.6月 神奈川県川崎市
「ヒメ」のつかないトラハナムグリは、どこへ行けば見られるのでしょう。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。







  1. 2012/06/18(月) 21:31:40|
  2. コガネムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツノがないのでメス ・・・アオツヤキノコゴミムシダマシ

都内にも生息する小さなゴミムシダマシの仲間。冬の越冬甲虫探しでも、越冬中の本種をよく見かけます。オスの頭部には一対の小さなツノがありますが、写真の個体にはないのでメスのようです。
DSC_0044kn(Oy).jpgアオツヤキノコゴミムシダマシ♀ ‘12.6月 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2012/06/17(日) 20:46:34|
  2. ゴミムシダマシ科
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

赤いのにチャイロチョッキリ

今のところマイフィールドでは一ヶ所しかその生息場所を知りません。クリを食害するためクリがなければ見ることが出来ず、クリがあっても必ずいるという保証もないので、見つけたらそれこそ必死で追いかけまわすことになります。しかも動きが俊敏なので撮影は結構シンドいです。
DSC_0235k(Oy).jpg

DSC_0239k(Oy).jpgチャイロチョッキリ ‘12.6月 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2012/06/17(日) 18:10:45|
  2. チョッキリゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハムシいろいろ その7

以前このハムシを撮影したヒルガオの群落へ来てみれば・・・、あれれ、そのヒルガオがありません。知らないうちに根こそぎ処分されてしまったようです。これには困りました。しかし捨てる神あれば拾う神ありで、まったく予想もしなかった場所でばったり出会うことが出来ました。めでたし、めでたしです。
1-DSC_0824kn(On).jpgイモサルハムシ ‘12.6月 東京都町田市

クワハムシと思いきや、一回り小さなキバラヒメハムシでした。しょっちゅう会うハムシではありませんが、時々思い出したように現れる不思議なハムシです。種名の通り腹は黄色です。
2-DSC_0016k(Oy).jpgキバラヒメハムシ ‘12.6月 東京都町田市

ハムシ科の一員なのに「モドキ」とつけられては迷惑千万、と言ったかどうかは知りませんが、後塵に拝すると碌なことはないようです。朝日を浴びて後翅が透けて見えています。
3-DSC_0254kn(Oy).jpgウリハムシモドキ ‘12.6月 東京都町田市

クルミハムシと雰囲気がよく似ています。クルミハムシとの区別は、前胸背板の形で区別します。基部から前方に向って広がるのがクルミハムシ、逆に狭くなればミヤマヒラタハムシという訳です。よって写真のハムシはミヤマヒラタということになります。チャン、チャン。
4-DSC_0303k(Mi).jpgミヤマヒラタハムシ ‘12.5月 東京都檜原村

今年の撮影ではありませんが、比較のために特別出演です。並べてみるとその違いは明らかですね。
5-クルミハムシ08zr(D)クルミハムシ ‘11.7月 山梨県甲州市

その昔、トゲハムシの一群は「××トゲトゲ」と呼ばれていたようですが、個人的には旧称の方がかわいらしく、好感が持てます。なぜトゲハムシにしてしまったのでしょう。ハムシであることを明確にしようとしたからでしょうか。好きなハムシなので2度目の登場です。
6-DSC_0048k(I).jpgクロトゲハムシ ‘12.6月 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





  1. 2012/06/16(土) 22:48:19|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雌雄で雰囲気が違う ・・・ハムシダマシ

雌雄で雰囲気が違います。いつだったか赴任先の九州で、♀ばかり見るので、いつから単為生殖にカミングアウトしたのかと専門家に尋ねたことがあったのですが、「そんな訳あるはずがありません」と、軽くあしらわれてしまいました。思い込みは時に大恥の元凶となります。
DSC_0103kn(Oy).jpgハムシダマシ♂ ‘12.6月 東京都町田市

DSC_0730kn(I).jpgハムシダマシ♀ ‘12.6月 神奈川県川崎市

複眼と触角にかなり差があります。単為生殖はジョークとしても、♂を見る機会はやっぱり少ないように思います。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2012/06/16(土) 13:37:21|
  2. ハムシダマシ科
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
次のページ