甲虫三昧

ハムシ3題

何故か材の上に鎮座するキボシルリハムシ。ツツハムシの仲間ですが和名に「ツツ」の字がありません。時々こうしたイレギュラーな和名が見受けられますが、どうしてなんでしょうね。不思議です。
1-DSC_0425k.jpgキボシルリハムシ ‘12.7月 東京都狛江市

久々のご新規ハムシですが、後翅がはみ出てカッコ悪いです。スギ、ヒノキ、マツなどの針葉樹のほか、クヌギなども食害します。なもんでスギハムシなる別名があるそうです。
2-DSC_0595kn(On).jpgウスイロサルハムシ(別名スギハムシ) ‘12.7月 東京都町田市
いい写真が撮れたら差し替えますね。

ご近所の公園のハンノキに、今年生まれのハンノキハムシがいつのまにか湧いていました。個体数はさほどでもありませんが葉はすでにボロボロです。後食するのもままならない状態ですが、彼らが幼虫時代に食べてしまったのですから仕方ありませんね。
3-DSC_0652kn(S).jpgハンノキハムシ ‘12.7月 東京都世田谷区


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。








スポンサーサイト
  1. 2012/07/30(月) 11:53:05|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

朽ち木が幼虫の棲家 ・・・オオオバボタル

陸生ホタルの中で、幼虫が朽ち木内で生育するのは本種くらいである、という話を以前ホタルの研究家から聞いたことがあります。そのホタルが久々に訪れた某林道の入り口で出迎えてくれました、近縁のオバボタルとよく似ていますが、本種の方が一回り大きく、胸の赤紋も大きいようです。
01-DSC_0057kn(T).jpg

02-DSC_0074kn(T).jpgオオオバボタル ‘12.7月 東京都八王子市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2012/07/30(月) 11:40:03|
  2. ホタル科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

里山のカミキリあれこれ4種

このところの暑さは尋常ではありません。歳も歳なので熱中症には特に気をつけないと。虫探しで病院行きは笑い話にもなりません。ヘタしたら死んじゃいますからねぇ、皆さんも気をつけて下さいよ。

カミキリページの背番号1がこのホソカミキリ。ホソカミキリ亜科ホソカミキリ属のカミキリは、保育社の甲虫図鑑にはこれ一種しか記載されていません。平地から山地まで広く分布する夜行性のカミキリです。
1-DSC_0795kn(O).jpgホソカミキリ ‘12.7月 東京都町田市

今まで山地でしかお目にかかったことがなかったので、平地で撮影出来たことは晴天の霹靂。ってことのほどでもないのですが、私にとっては目から鱗のトゲバカミキリです。
2-DSC_0395kn.jpgトゲバカミキリ♂ ‘12.7月 東京都町田市
上翅に一対の小さなトゲがあればオス、なければメスです。

谷戸路沿いの枯れ枝にセミスジコブヒゲカミキリがいました。触角にコブがないのでメスですね。以前UPした写真はオスだったので、これでめでたくオス、メスが揃いました。
3-DSC_0094kn(O).jpgセミスジコブヒゲカミキリ♀ ‘12.7月 東京都町田市

初めてこのカミキリを撮影した時のことはよ~く覚えています。低学年用の昆虫図鑑にも必ず載っている美しいカミキリムシ。そのカミキリが思っていた以上に近しいところにいたのは驚きでした。今ではふつうに見ることが出来るカミキリという位置づけですが、その美しさはいつも新鮮で、ゆるぎないものです。
4-DSC_0700knn.jpgルリボシカミキリ ‘12.7月 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。








  1. 2012/07/28(土) 13:32:54|
  2. カミキリムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

道草 ・・・ルリテントウダマシ

堅いキノコで見ることが多いテントウダマシですが、こんなところで道草している個体もいます。きっと移動の途中なんでしょうね。
11-DSC_0748kn(D).jpgルリテントウダマシ(テントウダマシ科)‘12.7月 山梨県甲州市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2012/07/28(土) 11:05:31|
  2. テントウダマシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑木林のゾウムシ2題

私見ですが、クチブトゾウムシの中では遅咲きで、梅雨明け後がかれらの旬となるようです。体色は赤茶色。普段は白っぽい鱗片に覆われ地肌を隠しています。
1-DSC_0452kn(On).jpgオオクチブトゾウムシ ’12.7月 東京都町田市

ツツゾウムシかコゲチャツツゾウムシか判断に迷うところですが、ツツゾウムシの公算が大ですね。同定は、触角の第一中間節と第二中間節の長さの違いで判断するのですが、詳しいことは図鑑を見て下さい。(汗!)
23-DSC_0566kn(On).jpgツツゾウムシ? ‘12.7月 東京都町田市
※ちょっと怪しいので?付きです。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。









  1. 2012/07/27(金) 14:27:32|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目視では見つけられない ・・・コマルキマワリ

クリの立ち枯れにいたコマルキマワリ。枯れ木や粗朶に多いゴミムシダマシですが、最近は目視で見つけることがほとんど不可能になってきました。そろそろメガネの買い替え時です。
2-DSC_0154kn(Oy).jpgコマルキマワリ ‘12.7月 東京都町田市
暫時休憩中の図


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2012/07/27(金) 14:17:40|
  2. ゴミムシダマシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

都会の定番コガネムシ4種

はるばる海を越え、アメリカ合衆国に侵入したジャパニーズ・ビートル、マメコガネ。天敵の少ない北米で一気に分布を広げ、農家を震撼させました。その食欲は尋常ではなく、大食らいの女性タレントも凌駕する勢いです。でもカレーライス30杯とか言っていましたから、案外この娘の方が大食らいかもしれませんね。
01-DSC_0236kn(I).jpgマメコガネ ‘12.7月 東京都狛江市

九州へ赴任していた頃、初冬まで活動するこのコガネムシを見てえらく感動したことがあります。超普通種ですが、それ以来このコガネムシに対する見方が少し変わりました。
02-DSC_0267kn(On).jpgセマダラコガネ ‘12.7月 東京都狛江市

東日本には黒化した個体や、写真のように赤茶色に変異したコアオハナムグリがいます。見る機会は多くありませんが、注意して見ていると見つかるかもしれません。
05-DSC_0052kn.jpgコアオハナムグリ ‘12、7月 東京都狛江市

全体に粉を吹いたようなシロテンハナムグリ。羽化して間もない個体でしょうか。そういえば今年はまだ樹液酒場を見ていません。第一樹液の匂いそのものを嗅いでいないのですから、話になりませんね。
04-DSC_0427kn-n.jpgシロテンハナムグリ ‘12.7月 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





  1. 2012/07/26(木) 22:17:09|
  2. コガネムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自らモデルを務める ・・・ホソヒゲナガキマワリ 

遊歩道に置かれたハイカー用のベンチに鎮座するホソヒゲナガキマワリ。ビーティングすると割合簡単に見つかる山の定番ゴミムシダマシですが、自ら人前に出てくる個体は多くありません。
1-DSC_0326kn(Hn).jpgホソヒゲナガキマワリ ‘12.7月 東京都檜原村


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2012/07/26(木) 19:45:43|
  2. ゴミムシダマシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジョウカイモドキという虫 ・・・ヒロオビジョウカイモドキ♂

ジョウカイモドキという甲虫を知るきっかけとなった記念すべき虫。当時はジョウカイモドキなどという虫がいることなどまったく知らず、図鑑を広げながら、虫の世界は奥が深いと思ったものです。
1-DSC_0179kn(On)-1.jpgヒロオビジョウカイモドキ♂ ‘12.7月 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2012/07/25(水) 16:26:47|
  2. ジョウカイモドキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

河川敷のゾウムシ2題

季節の移り変わりとともに数を減らしていたカナムグラサルゾウムシですが、ここに来てまた数を増してきたようです。旧から新へのバトンタッチが完了したのでしょうか。
01-DSC_0271kn(I)-2.jpgカナムグラサルゾウムシ ‘12.7月 東京都狛江市

種名の通りヤナギをホストとするクチカクシゾウムシの仲間です。山地性のゾウムシと思っていましたので、見つけた時は一瞬我が目を疑いました。
11-DSC_0019kn(I)-1.jpg

12-DSC_0817kn(I)-1.jpgヤナギシリジロゾウムシ ‘12.7月 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2012/07/25(水) 11:32:53|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々のウスバカミキリ

昼間は樹の洞や樹皮下に潜み、日が暮れると活動を開始する夜行性のカミキリです。ここ4~5年見ていませんでしたが、久々の再会となりました。
1-DSC_0387kn(I).jpgウスバカミキリ ‘12.7月 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2012/07/24(火) 22:44:51|
  2. カミキリムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒いコメツキは魅力的か?

春から初夏にかけて雨後のタケノコのように発生していたコメツキも、7月に入って落ち着きを取り戻したようですが、それでも多い黒いコメツキたち。よくもこれだけ似たような種を誕生させたものだと、半ば諦め顔でレンズを向けるのですが、今ひとつ気分が乗りません。何故なんでしょう。あまり大きな声では言えませんが、コメツキのフォルムそのものがあまり魅力的ではないからかもしれません。(あ~、言っちゃった)それでも、メスグロベニコメツキのように複眼が大きく飛び出たコメツキは大の好物で、この手のコメツキを見つけた時はかなり入れ込むのですが、しかしそんなコメツキに限ってなかなか見つからないんですよね。世の中ままなりません。
1-DSC_0002kn(I).jpgコフトナガコメツキ? ‘12.7月 東京都狛江市
クシコメツキの仲間と思っていましたが、触角の長さや、頭や胸の形状を見ていたら、コフトナガコメツキが一番しっくりくるようです。尤も自信はないので?付きです。

オマケ画像
5年前に撮ったメスグロベニコメツキのオスです。所謂コメツキとは一線を画し、実に魅力的です。先日、大菩薩へ行った時も見つけたのですが、あっさり逃げられ悔しい思いをしました。結構逃げ足が早いので、早めの勝負が肝心です。
2-メスグロベニコメツキ♂01n(M)-2/07.07メスグロベニコメツキ♂ ‘07.7月 山梨県甲州市 
※この写真は再掲です。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2012/07/24(火) 00:53:06|
  2. コメツキムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダニがつきもの ・・・オオヒラタエンマムシ

エンマムシにダニはつきものですが、写真の個体にもダニがついています。お尻は納得ですが、大あごの一匹はちょっと笑えますね。いっそのこと食べちゃったらと思いますが、ダニはメニューに入っていないようです。
1-DSC_0334kn(D).jpgオオヒラタエンマムシ ‘12.7月 山梨県甲州市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2012/07/23(月) 21:30:49|
  2. エンマムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カミキリあれやこれやで7種パートⅡ

街道筋の民宿前で一時停車。民宿の庭先に積まれた伐採木が目当てです。朝も早から伐採木に飛来するカミキリはあまりいませんが、根が貧乏症なもので、そのまま素通り出来るほど肝が座っていません。その甲斐あってかこの日はルリボシが一頭来ていました。その鮮やかな装いは遠くからでもよく目立ちます。
01-DSC_0077kn(D).jpgルリボシカミキリ ‘12.7月 山梨県甲州市

標高1600mの峠で暫時休憩停車。車外に出て伸びをしながら辺りを物色。すると低潅木の葉上にカミキリがいました。きっと未撮影のカミキリに違いない。期待を込め近づいてみると・・・。こんな時ってやっぱり「なんだかなぁ」って言っちゃいますよねぇ。
03-DSC_0186kn().jpgヒメヒゲナガカミキリ ‘12.7月 山梨県甲州市

生葉のついたソダに止まるビロウドカミキリ。朝日を浴びていかにもビロウド状に光っていたのですが、撮り手がヘボなのでそれが表現出来ていません。写真は難しいです。
04-DSC_0142kn(D).jpgビロウドカミキリ ‘12.7月 山梨県甲州市

これは標高1000mくらいのところで撮影したシナノクロフです。町田市で撮影した個体と比べると色が沈んで見えます。私見ですが、標高が上がるにつれこのカミキリの体色は暗色化するように思うのですが、実際はどうなのでしょう。ひょっとしたら標高ではなく、気温が関係しているのかもしれませんね。
05-DSC_0681kn.jpgシナノクロフカミキリ ‘12.7月 山梨県甲州市

前傾姿勢ですね。普段どんな止まり方をしているのか知りませんが、ひょっとして材をかじっているのでしょうか。だとしたら前傾姿勢も納得です。
07-DSC_0408kn(D).jpgドウボソカミキリ ‘12.7月 山梨県甲州市

茶色っぽくないのでイメージとちょっと違うのですが、細部にエゾサビの特徴が見られるので多分当たりでしょう。
08-DSC_0111kn(D).jpgエゾサビカミキリ ‘12.7月 山梨県甲州市

フサザクラの葉裏に止まるキモンカミキリ。上翅の斑紋は地域や個体によって変化し、大きさはまちまちのようです。写真の個体の斑紋は小粒タイプ。納豆も最近は小粒のものがもてはやされているので、キモンもこちらが主流かもしれません。なわけないか。
09-DSC_0627kn(D).jpgキモンカミキリ ‘12.7月 山梨県甲州市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。















  1. 2012/07/22(日) 10:57:40|
  2. カミキリムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ススキの住人 ・・・ツマグロヒメコメツキモドキ

生息地のススキを見ると、そこかしこに赤い小さな虫が見えてきます。ツマグロヒメコメツキモドキです。よく動く虫ですが、朝は動きも緩慢で、割合大人しくモデルを務めてくれます。
11-DSC_0125kn(D).jpgツマグロヒメコメツキモドキ(コメツキモドキ科) ‘12.7月 山梨県甲州市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2012/07/21(土) 12:21:48|
  2. コメツキモドキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

匂いがきつい ・・・キンモリヒラタゴミムシ

渓流の川原に多い中型のゴミムシ。匂いがきつく、間違っても素手で触らない方が身のためです。昼時は特に要注意。ごはんがまずくなります。
DSC_0477kn(D).jpgキンモリヒラタゴミムシ ‘12.7月 山梨県甲州市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2012/07/21(土) 12:14:48|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゾウムシ2題

ススキに止まるマダラアシゾウムシ。よく見ると肢4本で止まっています。ゴツゴツとした体表にはコブのような突起物があり、一度見たら忘れないゾウムシと言えるでしょう。
12-DSC_0573kn(Hn).jpgマダラアシゾウムシ 12.7月 東京都檜原村

小さなゾウムシですが、拡大して見るとアルマジロのようです。特に頭から胸にかけての造作はそのものズバリといった感じです。和名はアルマジロクチカクシゾウムシ、というのはウソですが、保育社の甲虫図鑑に該当種は載っていません。大きさは5~6mm、口吻の形からクチカクシゾウムシの一種としましたが?です。
01-DSC_0335kn.jpg

02-DSC_0349kn(Hn).jpgクチカクシゾウムシの一種? ‘12.7月東京都檜原村 


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。




  1. 2012/07/20(金) 18:19:41|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

見守るオス ・・・ドウガネサルハムシ

オオマツヨイグサの花弁を一心に食べるメス。そんなメスをそっと見守るオス。まさにそんな感じのワンシーンです。ヤブガラシやブドウ類が本種のホストですが、オオマツヨイグサも食べるとは知りませんでした。
DSC_0024dn(I).jpg

02-DSC_0060kn.jpgドウガネサルハムシ  ‘12.7月 東京都狛江市
メスはボロボロです。触角は2本とも欠け、肢も欠損しています。このメスに一体何があったのでしょう。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2012/07/20(金) 17:35:14|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

毛深い虫 ・・・ケナガクビボソムシ

山へ来ると一度は顔を合わせる常連組ですが、はじめてこの虫を見た時は、山地へ来れば平地ではお目にかかれない珍しい虫(とこの時は思っていた)に会えるものだと、妙に感心した覚えがあります。

喉を潤すの図
DSC_0047kn(D).jpg

葉上で休むの図
DSC_0769kn(D).jpgケナガクビボソムシ ‘12.7月 山梨県甲州市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。




  1. 2012/07/19(木) 16:04:13|
  2. アリモドキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カミキリ2題

同じ場所で今年は3頭目です。私は採集をしないので、同じ個体を3回撮っている可能性があります。これから先、同じフィールドで普段あまり見かけない虫を撮った時は、マーキングしないと二度手間になるかもしれませんね。
01-DSC_0280kn(I).jpgテツイロヒメカミキリ ‘12.7月 東京都狛江市

ナガゴマフに続いてカタシロゴマフもいました。これでゴマフがいれば定番三大ゴマフの揃い踏みとなるのですが、このフィールドにゴマフはいるでしょうか。
02-DSC_0351kn(I).jpgカタシロゴマフカミキリ ‘12.7月 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





  1. 2012/07/19(木) 01:14:30|
  2. カミキリムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハイイロチョッキリの食事

河川敷のコナラに生息するハイイロチョッキリ。成熟前のドングリに穴を開けもはや産卵かと思いきや、空腹を満たすための生活の術でした。まだドングリにもなっていない実に産卵しても、子供は大きくなれませんよね。

穴あけ完了、食事中の図
DSC_0143kn(I).jpg

こちらはこれから穴を開けようかなの図
DSC_0184kn(I).jpgハイイロチョッキリ ‘12.7月 東京都狛江市

オマケ画像
DSC_0697(I).jpg帰りに見た多摩川。この辺りの河床には化石があります。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2012/07/18(水) 11:16:53|
  2. チョッキリゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カツオゾウムシ3題

最初に撮影したカツオゾウムシは確かこのハスジカツオゾウムシでした。体色にバリエーションがあり、グレー系の個体も時折見かけます。
12-DSC_0445kn(I).jpgハスジカツオゾウムシ ‘12.7月 東京都狛江市

カツオゾウムシの命名者は、このコフキ状態を鰹節に見立てたのでしょうね。色はともかく、粉をふいたこの感じは鰹節を彷彿とさせます。尤も最近は鰹節を削って削り節を作る家庭も減っているので、鰹節そのものを見たことがないという人も多いかもしれません。かくいう我が家もうどんつゆは、市販の削り節か、めんつゆで間に合わせています。
13-DSC_0128kn(I).jpgカツオゾウムシ ‘12.7月 東京都狛江市

1000mの山地で撮影したのでアイノカツオゾウムシとしましたが、自信はありません。これも撮り手の欲目というヤツですかね。よく似たナガカツオゾウムシ同様、ヨモギにつきます。
14-DSC_0794kn(Hn).jpgアイノカツオゾウムシ? ‘12.7月 東京都檜原村
中肢がありません。ざんね~ん。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。







  1. 2012/07/18(水) 10:47:17|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コガネムシ3題

大胆なデザインと色彩で人気のあるコガネムシですが、地味なメスを見る機会は少なく、私は過去に2度しか見たことがありません。今年は久しぶりにメスの姿を見てみたいものです。
11-DSC_0169kn.jpgオオトラフコガネ♂ ‘12.7月 東京都檜原村

雌雄で体色が大きく異なるハイイロビロウドコガネ。少し前にオスをUPしましたので、これでめでたくペアそろい踏みです。
12-DSC_0869kn(Hn).jpgハイイロビロウドコガネ♀ ‘12.7月 東京都檜原村

長い触角を見せてくれたのは、ヒゲナガビロウドコガネ属の中では定番となるその名もヒゲナガビロウドコガネ(多分)。山地に多く、ビーティングするとパラパラ降ってくるのがこのコガネムシです。小型のコガネムシは好きですが、これまた似た種が多く同定はハードです。
13-DSC_0852kn(Hn).jpgヒゲナガビロウドコガネ? ‘12.7月 東京都檜原村


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。







  1. 2012/07/16(月) 10:57:46|
  2. コガネムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たまにはゴミムシ ・・・ホソヒラタゴミムシ

この時期、里山から山地の潅木類に多いのがこのゴミムシ。アトキリゴミムシやモリヒラタ系のゴミムシと同じように、樹上でガの幼虫や小昆虫を捕食するようです。私がマイフィールドとしている場所では、叩いて落ちる大型のゴミムシのほとんどがこのゴミムシです。
DSC_0201kn(D).jpgホソヒラタゴミムシ ‘12.7月 東京都桧原村


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2012/07/16(月) 10:50:19|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリイロクチブトゾウムシの食事風景

久しぶりに見たクリイロクチブトゾウムシ。そのゾウムシの面白い食事風景を垣間見ました。

小さな子供がお菓子を見つけ、喜び勇んでかぶりついているようです。ゾウムシの食事シーンって常にこんな感じなのでしょうか。結構「ワイルドだぜ~」の世界です。
1-DSC_0119kn.jpg

2-DSC_0134kn(I).jpgクリイロクチブトゾウムシ ‘12.7月 神奈川県川崎市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。




  1. 2012/07/15(日) 01:07:05|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

こんな虫がうれしい ・・・キバネカミキリモドキ

河川敷の迷路を彷徨っていると、目の前の潅木に初めて見るカミキリモドキがいました。長年の付き合いで、ある程度虫たちの行動は読めるようになりましたが、不覚を取ることもしばしばで、特に初見の虫の場合は慎重かつ、スピーディな対応が求められます。なんて言っているうちに逃げられちゃったりして・・・。とにもかくにもピンを合わせて連写です。5~6枚撮れば一枚くらいは見られる写真が残せますから、それでもダメなら運がなかったと諦めるしかありません。
DSC_0437kn(I).jpgキバネカミキリモドキ ‘12.7月 東京都狛江市
若干甘ピンですが、写真を残せただけでもめっけもんです。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2012/07/15(日) 01:00:04|
  2. カミキリモドキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつ見てもきれい ・・・ドロハマキチョッキリ

いつ見てもきれいなチョッキリです。「チョッキリの世界」を参考に写真の2個体を検証すると、どちらもドロハマキチョッキリとなるのですが、赤銅色の個体の説明がイマイチつきません。「ベニホシ」と呼ばれるタイプのドロハマキは、関東にはいないことになっているし、ひょっとして「トウキョウハマキ」と呼ばれるタイプの度が過ぎた体色の個体かもしれませんね。それにしても赤過ぎませんか、このドロハマキ。どちらも同じ場所での撮影です。
1-DSC_0942kn.jpg

2-DSC_0437kn(Hn).jpgドロハマキチョッキリ♀♂ ‘12.7月 東京都檜原村
上がメス、下がオスです。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2012/07/14(土) 17:58:26|
  2. チョッキリゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハムシいろいろ その11

色彩変化の激しいハムシは沢山いますが、本種もその内の一つでしょう。基本はオレンジに黒の斑紋八つですが、斑紋自体が曖昧だったり、まったくなかったり。黒化個体はかなりの時間正体がわからず、未同定ファイルにず~と埋もれていました。
22-DSC_0109kn(I).jpg

23-DSC_0085kn.jpgヤツボシハムシ ‘12.7月 東京都狛江市

色素が抜けたような印象のエノキハムシ。その色合いから弱々しさを感じますが、実際はどうなんでしょう。種名の通りエノキがホストです。
24-DSC_0093kn(I).jpgエノキハムシ ‘12.7月 東京都狛江市

未同定ファイルに直行していたハムシの正体がやっとわかりました。正体はアカバナトビハムシ。オオマツヨイグサやアカバナをホストとするカミナリハムシの一種で、花が咲いてホスト名がわかったという植物オンチの情けないオチつきで幕となりました。
25-DSC_0011(I).jpgアカバナトビハムシ ‘12.7月 東京都狛江市

ネズミモチやイボタをホストとする微小なノミハムシ。止まっていた葉をそっと掴みカメラを構えましたが、交尾ペアはズリズリと移動して葉の縁に縦に止まってしまいました。なんかヘンな絵柄です。
26-DSC_0367kn.jpgクロボシトビハムシ ‘12.7月 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。










  1. 2012/07/14(土) 15:14:13|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カミキリあれやこれや7種

公園の片隅に積み上げられたソダを観察していると、伐採枝の裏側からニイジマトラが現れ、木口へ這い上って来ました。こんなシーンにぶつかると、どんな虫であれ撮影はタイミング次第だなぁ、とつくづく思います。
2-DSC_0324kn(I).jpgニイジマトラカミキリ ‘12.7月 神奈川県川崎市

触角が短いのでメスでしょうか。オスの触角は体長の3.5倍、メスは2倍とのことですからメスの公算大ですね。とは言えシーズンも中盤へ差しかかると、触角が折れてしまう個体も出てくるので断定は禁物です。よく見ると右の触角が少し短いようです。
3-DSC_0349kn(Hn).jpgドウボソカミキリ ‘12.7月 東京都檜原村

大菩薩で撮影したカミキリが山を隔てた東京側にもいました。白っちゃけ、寝ぼけた感じで写っていますが、自分の体色に合わせ、止まり木を選んでいるのだとしたらさすがです。
4-DSC_0542knn(Hn).jpgコブスジサビカミキリ ‘12.7月 東京都檜原村

イタドリの茎にしがみつくヒメナガサビカミキリ。他種との区別は上翅の白帯で判断するのが一般的だそうです。
5-DSC_0818knn(Hn).jpgヒメナガサビカミキリ ‘12.7月 東京都檜原村

クリイロチビケブカカミキリによく似ていますが、触角の節の長さと、上翅のまだら模様でホソヒゲケブカと判断しました。多分合っていると思いますが?付きです。
6-DSC_0625kn(Hn).jpgホソヒゲケブカカミキリ? 12.7月 東京都檜原村

一瞥した限りではとてもカミキリなどいそうもないエノキの枯れ枝。それでも舐めるように観察すると小さなカミキリが見えてきます。結局この枯れ枝には本種のほか、ケシカミキリ、クモガタケシカミキリ、シラオビゴマフケシカミキリ、ニイジマチビカミキリの5種がいました。ホストとなるアイテムが少ないと、条件の良い物件に多くのカミキリが集まるようです。
7-DSC_0193(I).jpgアトモンマルケシカミキリ ‘12.7月 東京都狛江市

ススキの葉上を危なっかしい足取りで移動していくクワカミキリ。このカミキリを撮影中、飛んできた別の一頭が私のメガネにぶつかり、一瞬何が起こったのかわからずパニクってしまいました。長くやっているといろいろなことが起こります。
8-DSC_0278kn(I).jpgクワカミキリ ‘12.7月 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。













  1. 2012/07/13(金) 18:15:59|
  2. カミキリムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

その後のアオバネサルハムシ

大菩薩プチ特集はひとまず終了。ここからいつものだらだらUPの通常パターンに戻ります。

赤とグリーンのツートン個体の他にこんな色合いのアオバネサルがいました。写真は撮れませんでしたが、赤茶色した個体や、紫味が強い個体など、色彩のバリエーションは豊富です。
9-DSC_0009kn.jpg

10-DSC_0731kn.jpg

11-DSC_0017kn.jpg

12-DSC_0047kn.jpgアオバネサルハムシ ‘12.7月 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。




  1. 2012/07/13(金) 00:07:30|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ