甲虫三昧

狙っていた? ・・・クロヘリアトキリゴミムシ

狙っていたゴミムシなので、見つけた時は小さくガッツポーズが出てしまいました。ってそれほどのゴミムシではありませんが、狙っていた虫が予定通り出てくれると、やっぱりうれしいものです。
1-DSC_0260kn.jpgクロヘリアトキリゴミムシ ‘13.1月 東京都町田市
ヒノキの樹皮下で越冬中の図


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。

スポンサーサイト
  1. 2013/01/31(木) 00:13:31|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8年ぶり ・・・クロナガオサムシ

な、なんと8年ぶりの再会です。しばらく会っていなかったなぁと、過去ファイルを調べてみたら最後の撮影は’05年の秋でした。マイマイ同様赤枯れ材が好みらしく、そんな材があれば見つかる確率は高そうです。
5-DSC_0470kn.jpgクロナガオサムシ ‘13.1月下旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2013/01/30(水) 00:01:52|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒゲナガオトシブミ点景

アブラチャンの葉上で謝罪会見中のヒゲナガオトシブミ。というのはヘタな冗談ですが、こんなスタイルで固まったオトシブミをよく見かけます。
1-DSC_0247kn(O).jpgヒゲナガオトシブミ♀ ’12.5月上旬 東京都八王子市

雨乞いでしょうか。ファインダー越しに追いかけていたオトシブミは、葉先で止まると、写真の姿勢のままフリーズしてしまいました。やっぱり雨乞いかもしれません。
2-DSC_0292kn(O).jpgヒゲナガオトシブミ♀ ’12.5月中旬 東京都八王子市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2013/01/29(火) 00:25:48|
  2. オトシブミ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふつうにして美麗 ・・・ルリボシカミキリ

毒にも薬にもならないルリボシカミキリでお目汚しです。とは言えきれいなカミキリであることは誰もが認めるところ、いたらどうしたってシャッター押しちゃいますよね。
21-DSC_0070kn(D).jpg

22-DSC_0091kn(D).jpgルリボシカミキリ ’12.7月中旬 山梨県甲州市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。




  1. 2013/01/28(月) 00:08:05|
  2. カミキリムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クロトゲハムシ点景

ホストはススキ。瑞々しい若いススキの群落に、小さな黒い点があればこのトゲハムシである可能性が高いです。視野に入った時の印象はだいたいこんな感じです。
1-DSC_0714kn(I).jpgクロトゲハムシ ’12.7月初旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2013/01/27(日) 00:36:06|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朽ち木の中のゴミムシダマシ2種

はじめてこの虫を、朽ち木を割って見つけ出した時、たまたまそばを通りかかった熟年おばさんハイカーたちの「あの人、何やっているかしら」というヒソヒソ話が聞こえてきたものです。まぁ、虫屋にはよくあることですが、やっぱり鬱陶しいですよね。
DSC_0710kn-b.jpgエグリゴミムシダマシ ‘13.1月中旬 東京都狛江市
※画像を差し替えました。

ゴミムシダマシのページを開くと、「ゴミムシダマシ」という名のゴミムシダマシがいます。しかしこの「ゴミムシダマシ」はなかなか見つかりません。ネットを検索してもこの虫はヒットしません。どこにでもいそうな感じですが、実はどこにもいないじゃないかと思えるほど見ない虫です。そのゴミムシダマシと写真の虫をかなり間混同していました。正体はヨツコブゴミムシダマシの仲間ですが、正確な同定はこれまた難しいものがあります。
2-DSC_1451kn(I).jpgヨツコブゴミムシダマシの一種 ‘13.1月中旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2013/01/26(土) 00:50:50|
  2. ゴミムシダマシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カメノコハムシ属4種

従来ヒメカメノコハムシとされてきたハムシは、実はイノコヅチカメノコハムシで、ヒメカメノコハムシではないというのがここ最近の学説のようです。違いは上翅の後方に黒紋があるかないかで、イノコヅチは黒紋なし、ヒメには黒紋あり、というのが同定の拠り所です。
1-DSC_0298kn(I).jpgイノコヅチカメノコハムシ ‘12.6月下旬 神奈川県川崎市

ヒメジンガサとばかり思っていましたが、上翅の斑紋を見てちょっと待てよ、ということになりました。どうもカメノコハムシの茶色版と考えた方がよさそうです。
2-DSC_0276kn(On).jpgカメノコハム? ‘12.5月上旬 東京都町田市

上翅のゴツゴツ感は、本種の特徴と言っていいでしょう。ここまで粗削りなカメノコハムシはほかにいません。
3-DSC_0314kn(Hn).jpgコガタカメノコハムシ ’12.5月中旬 東京都檜原村

今回UPのハムシの中では、本種が一番見る機会が多いかもしれません。
4-DSC_0482kn(On).jpgイチモンジカメノコハムシ ’12.8月上旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。









  1. 2013/01/24(木) 23:27:37|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

似て非なるもの ・・・ハダカヒゲボソゾウムシほか

ハダカヒゲボソと思いきや、改めて眺めてみると、緑色の鱗片がしょぼしょぼと残っています。それに顔つきが違います。どうもケブカトゲアシヒゲボソゾウムシの鱗片ハゲハゲ個体というのが、正解のようです。とは言ったものの確信はないので?付きです。
20-DSC_0287kn(Mi).jpgケブカトゲアシヒゲボソゾウムシ? ’12.5月下旬 東京都桧原村

こっちはハダカヒゲボソゾウムシ。表情が違って見えるのは、多分複眼のせいでしょう。前者と比べるとかなり寄ってます。
21-DSC_0071k(Yo).jpgハダカヒゲボソゾウムシ ’12.5月中旬 東京都あきる野市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。









  1. 2013/01/22(火) 00:36:53|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カミキリムシをいくつか

どんど焼きの河川敷はひとまず終了。ここから再び撮りため画像です。既UP、未UP含め、カミキリムシをいくつかピックアップしました。お付き合い下さい。

触角がやたらと長いので、アングルをどうするかいつも考えちゃいます。カミキリ屋さんはこの触角はどう処理しているのでしょう。展足している間に絶対折れちゃいますよね。
10-DSC_0379kn(D).jpgドウボソカミキリ ’12.7月中旬 山梨県甲州市

1500mの高原でキクスイモドキカミキリはないでしょう、せめてクロニセリンゴカミキリくらいにしてくれませんか、っていうのが正直な気持ちです。キクスイモドキカミキリに恨みがあるわけではありませんが、近場のフィールドで撮影するならまだしも、山梨の山奥まで行って撮るカミキリじゃないような気がします。しかし何でこの個体の肢は黒いんでしょ、ふつうは赤っぽいんですけどね・・・。
11-DSC_0472kn(D).jpgキクスイモドキカミキリ ’12.7月中旬 山梨県甲州市

よく見かけるトラカミキリなのに‘12撮影の写真がほとんどありません。出来が悪く、捨ててしまった写真が多かったせいでしょう。困ったもんです。12-DSC_0641kn(D).jpgシロトラカミキリ ’12.7月上旬 山梨県甲州市

UPするにはいささか度が過ぎる斑紋の剥げ具合ですが、メス(多分)はたび重なる交尾合戦で、晩年はこんな姿になってしまうんですね。ご苦労さまと声をかけたくなります。
13-DSC_0599kn(D).jpgタテスジゴマフカミキリ ‘12.9月中旬 山梨県甲州市

モミ、トウヒ、カラマツなど針葉樹の伐採木に多くの個体が集まります。上翅の斑紋は個体ごとに違うようです。ところでこのカミキリ、ヨコヤマヒゲナガカミキリに似ていませんか?似てない。やっぱり似てないか。カミキリ屋諸氏は、異口同音にヨコヤマは気品があるって言いますもんね。高尾山にも生息しているので、この夏は意を決して夜間撮影に出かけましょうかね。
14-DSC_0569kn(D).jpgシラフヒゲナガカミキリ ’12.7月上旬 山梨県甲州市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。














  1. 2013/01/21(月) 00:37:45|
  2. カミキリムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どんど焼きの河川敷 ・・・トゲハラヒラセクモゾウムシ編

昨年の3月に撮影したトゲハラヒラセクモゾウムシが、今年も同じエノキで越冬していました。DNAが同じエノキを選ばせるのでしょうか。多分、ほかに適当な越冬場所がなかったからでしょうね。

寝ていた個体が目をさまし、辺りを徘徊し始めました。
1-DSC_0788kn.jpg

2-DSC_0802kn.jpg

すぐそばにもう一頭いました。
3-DSC_0879kn.jpg

同じ画面に入いらないかやってみました。なんとか収まったようです。老婆心ながら、右上と左下にいます。
4-DSC_0734kn.jpgトゲハラヒラセクモゾウムシ ‘13.1月中旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2013/01/20(日) 00:09:56|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どんど焼きの河川敷・・・コクワガタ雌雄

数日前にUPしたコクワと同じ個体ですが、ネタ不足のため別カットで再登場です。あしからず。

クワガタ狙いの先達たちのナタ痕が残る流木。残り物には福があるかもと、My鋤で慎ましくホジボジするとクワガタらしき翅鞘が見えました。傷つけないよう素手でめくると、結構型のよいコクワのオスが出てきました。
1-DSC_0298kn.jpg

2-DSC_0306kn.jpg

3-DSC_0426kn(I).jpgコクワガタ♂ ‘13.1月中旬 東京都狛江市

砂地の流木を起こすと、その下にコクワガタのメスがいました。あまりに砂まみれだったので、少しきれいにしてのお披露目です。ヒラタクワガタのメスと似ていますが、後翅に列状の細かなスジがあるのでコクワに間違いないでしょう。
4-DSC_1400kn(I).jpgコクワガタ♀ ‘13.1月中旬 東京都狛江市

多分コクワガタの幼虫でしょう。幼虫採集の近所のお子たちがそう言っていましたから間違いないでしょう。子供たちにとってクワガタはやっぱり魅力的な虫のようです。同時に出てきたヒメマイマイには目もくれませんでしたから・・・。
DSC_0504kn(I).jpgコクワガタの幼虫(多分) ’13.2月上旬 東京都狛江市
※遅ればせながら、幼虫の写真を追加しました。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。








  1. 2013/01/19(土) 00:44:06|
  2. クワガタムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どんど焼きの河川敷 ・・・ヨツボシテントウダマシ

夏より冬に見ることが多い虫の一つです。シーズン中は、野菜くずなどに集まるため、出会う機会がないというのがその理由でしょう。冬は石の下に潜り込んで越冬するため、河川敷でも見ることが出来るようです。
DSC_1311kn.jpgヨツボシテントウダマシ ‘13.1月中旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。




  1. 2013/01/18(金) 00:20:49|
  2. テントウダマシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どんど焼きの河川敷 ・・・クロサビイロハネカクシ

どんど焼きの河川敷の続きですが、ここからは個別編です。

昨年の今頃もこのハネカクシの交尾シーンを撮りました。ヒレルクチブトゾウムシと同じく、越冬中も交尾とは何とも仲のよろしいことで・・・。
DSC_0089kn(I).jpgクロサビイロハネカクシ♂♀ ‘13.1月中旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2013/01/18(金) 00:18:08|
  2. ハネカクシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どんど焼きの河川敷 ・・・続き

エノキの樹皮下で越冬していたトホシクビボソハムシの無紋個体。ハムシのほかにキアシクビボソムシや微小なカメムシもいます。
9-DSC_0454kn.jpgトホシクビボソハムシ ’13.1月中旬 東京都狛江市

さらに剥がすとトゲハラヒラセクモゾウムシが出てきました。実は狙っていたのでしめしめです。
10-DSC_0567kn.jpgトゲハラヒラセクモゾウムシ  ’13.1月中旬 東京都狛江市

今年はヒメマイマイが豊漁です。マイマイが好む赤枯れ材には、必ずと言っていいほど潜り込んでいます。
11-DSC_0902kn(I).jpgナミテントウもちらほら越冬しています。

12-DSC_0915kn.jpg後肢が欠けています。ざんね~ん。

14-DSC_1190kn.jpgヒメマイマイカブリ ‘13.1月中旬 東京都狛江市

ヒメマイマイが潜んでいた流木の表面で越冬していたナナホシテントウ。この日は暖かく最高気温は14℃でした。コンビニ弁当を広げていたとき、一匹のナナホシテントウが私をかすめ飛んで行ったほどですから、暖かいはずです。
16-DSC_1489kn.jpgナナホシテントウ ‘13.1月中旬 東京都狛江市
心なしか色が褪めています。

なかなかこれはという虫にはお目にかかりません。何度も訪れているフィールドですが、一期一会の虫も多く、虫探しもタイミング次第だなと思わずにはいられません。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。










 


  1. 2013/01/17(木) 00:57:40|
  2. フィールド探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どんど焼きの河川敷

駅を降りると「どんど焼き」の開催を知らせる立て看板がありました。周りを見渡せば、松飾りや破魔矢を持った老若男女が三々五々河原へ向かって歩いています。土手に上がってみれば高さ10mほどの櫓が組まれ、人垣が出来ていました。今日は風もないし絶好のどんど焼き日和といったところでしょう。そんな景色を横目で見ながら、いつもの河川敷へ向かいます。
1-DSC_0001kn.jpg

しばらくするとパチパチという音が聞こえてきました。振り返るとどんど焼きに火が入り、のどかな休日の空に向かって炎が立ち上っていきます。
3-DSC_0046kn.jpgどんど焼き、炎上

もふもふです。
2-DSC_0021kn.jpgセイタカアワダチソウ 

すっかり冬モードの河川敷。夏草に覆われていた朽ち木や流木が、それとなく見えてきます。早速崩してみましょう。しかし馴染みの虫しか出てきません。
4-RIMG0005kn.jpg

毎度お馴染みアオゴミムシ
5-DSC_0241kn.jpgアオゴミムシ ’13.1月中旬 東京都狛江市

6-DSC_0263kn.jpg地味なカメムシにウスバカミキリ(多分)の幼虫

コガシラナガゴミムシがいました。このフィールドでは初めてかも。
7-DSC_0276kn.jpgコガシラナガゴミムシ  ’13.1月中旬 東京都狛江市

朽ち木で越冬していたコクワガタのオス
8-DSC_0400kn(I).jpgコクワガタ♂  ’13.1月中旬 東京都狛江市

ここで閑話休題。続きはまた明日ということで・・・。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。












  1. 2013/01/16(水) 01:16:05|
  2. フィールド探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

取りあえず撮ったので ・・・カブトムシのメス

カナブンと仲良く樹液を分け合うカブトムシのメス。オスもいて、クワガタなんぞもうろうろしているという樹液酒場を撮りたかったのですが、なかなか思い通りにはいきません。来年に期待しましょ。
1-DSC_0068kn(On).jpgカブトムシ♀ ‘12.8月上旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。




  1. 2013/01/15(火) 00:48:48|
  2. コガネムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人気は今一つ ・・・ジョウカイボンほか 

ジョウカイボンという和名は、平清盛の法名「浄海坊」からきているというのが一般的です。清盛はマラリアで死んだと言われていますが、その死にざまが尋常ではなく、カミキリモドキが持つカンタジリンの毒による炎症と結びつけられ名付けられたとされています。ところがジョウカイボンに毒はなく、ジョウカイボンとカミキリモドキが混同されていた頃の誤謬が、そのままジョウカイボンという和名に反映したというのが真相のようです。

晩春から雨後の竹の子のように現れるジョウカイボン。スタイルはカミキリに似ていますが、今一つ人気がありません。
61-DSC_0001kn(D).jpgジョウカイボン ’12.7月初旬 山梨県甲州市

長らくヒメジョウカイと混同していたジョウカイボン。ジョウカイボン類は現在以前の3倍ほどに種数が増えています。だから素人に毛が生えたくらいのにわか虫屋に、正確な同定など所詮無理というものです。ところで葉についた小さな白い粒は、このジョウカイが産んだ卵でしょうか。う~ん、気になるなぁ。
62-DSC_0328kn(I).jpgヤトセスジジョウカイ ’12.4月下旬 神奈川県川崎市

前夜の雨が残るフィールドにウスチャジョウカイ。絵的には好きな構図ですが、片方の触角が欠けています。あぁ、残念。
63-DSC_0056kn-b(On).jpgウスチャジョウカイ⇒ヤトセスジジョウカイ ’12.5月上旬 東京都八王子市
※ウスチャジョウカイとしていましたが、このジョウカイも体色違いのヤトセスジジョウカイのようです。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。








  1. 2013/01/14(月) 00:51:29|
  2. ジョウカイボン科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤、黄色、緑 ・・・カミキリムシ3種

花で吸蜜するアカハナより、伐採木で産卵場所を物色するアカハナより、緑の葉上のアカハナが一番アカハナらしいと思う熟年虫好きです。
1-DSC_0018kn(D).jpgアカハナカミキリ ‘12.8月下旬 山梨県甲州市

山地でも見ますが平地に多いという印象です。どこにでもいるふつう種ですが、カミキリはどれも好きなので、相手がなんであれシャッターを押してしまいます。所謂条件反射ってやつですね。
2-DSC_0046kn(I).jpgキイロトラカミキリ ‘12.6月中旬 東京都町田市

きれいなカミキリです。これで個体数が少なかったら、カミキリ屋さん垂涎の的になっていたこと請け合いですね。
3-DSC_0745kn(On).jpgミドリカミキリ ’12.6月中旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2013/01/13(日) 01:28:55|
  2. カミキリムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オオトラフコガネ点景

オスは結構モデル務めてくれますが、メスはなかなかそういう訳にはいきません。元々個体数が少ないのか10年近く虫を追いかけていますが、メスを見たという記憶は過去2回しかありません。
51-DSC_0149kn(Hn).jpgオオトラフコガネ♂ ’12.7月中旬 東京都檜原村


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2013/01/12(土) 00:33:47|
  2. コガネムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二番煎じハムシいろいろ

いつ見てもきれいなハムシです。ここまできれいにする理由はどこにあったのでしょう。メスの気を引くためでしょうか。鳥じゃないんだからそれはあり得ませんよね。昆虫は、人とは違った見え方で色を識別していると言われています。モンシロチョウが、紫外線を可視することによって、雌雄の別を判断しているというのは有名な話ですが、それからいくと、相手を自分と同じ仲間であると判断するために、色を纏ったと考えるのが正解かもしれませんね。
2-DSC_0336kn(On).jpgアカガネサルハムシ  ’12.5月中旬 東京都町田市 

今年はまだ越冬中のクロウリを見ていません。九州にいた頃は、ヒノキの樹皮下で越冬する本種をよく見たものですが、東京ではどうでしょう。この冬、本格的な越冬甲虫探しはまだやっていないので、いずれ見つけてUP出来ればなぁと、思っています。
3-DSC_1180kn(On).jpgクロウリハムシ ‘12.10月中旬 東京都町田市

透けて見えているのは卵でしょうか。針で突いたらとろ~りと流れ出てきそうな、そんなシーンが妄想されるブタクサハムシの交尾ペアです。
4-DSC_0329kn(I).jpgブタクサハムシ ‘12.6月下旬 東京都狛江市

カミナリハムシでしょうか、磨かれた黒曜石のような胸に私が写っています。ところで日本全国に一体何種類のカミナリハムシがいるのでしょう。その中で私が明確に答えられるのは2種類くらいしかいません。
5-DSC_1134kn(O).jpgカミナリハムシの一種 ‘12.6月下旬 東京都町田市
上翅の点刻が密なので、所謂カミナリハムシかもしれませんね。

デジイチを使いはじめた頃、庭のハムシを相手に本番前の予行演習をよくやったものです。これは中でも出来がよい方。撮影データは、f/20 1/250 IOS-800。微小甲虫の場合、そこそこ絞らないとまるでピンが来ません。カメラの性能にもよりますが、我がデジイチではこの辺りが限界のようです。
6-DSC_0058k(S).jpgルリマルノミハムシ ‘12.5月中旬 東京都世田谷区


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






 









  1. 2013/01/11(金) 01:56:31|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノミゾウムシ3種4態

ふつう種ですが、遭遇のチャンスはそう多くありません。私の場合、ビーティングに頼ることが多いのですが、2枚目の写真は、炎天下で昼寝する個体を目視で見つけた時のものです。真夏の太陽がギラギラと照りつける葉上で昼寝するノミゾウムシは、そう多くないと思いますが、写真のゾウムシは完全に寝入っています。暑くないのでしょうか。この日の最高気温は33℃でした。

カメムシと接近遭遇の図
29-DSC_0622kn(On).jpgムネスジノミゾウムシ ’12.5月中旬 東京都町田市

炎天下で爆睡中の図 
30-DSC_0103kn(I).jpgムネスジノミゾウムシ ‘12.7月中旬 東京都狛江市

形はアカアシノミゾウムシですが、どこか腑に落ちません。肢が黒という個体は結構いますが、触角まで黒というのはどうなんでしょう。また肩部の小さな四つの赤斑点も気になるところです。取りあえずアカアシノミゾウムシ?マーク三つでUPしました。あしからず。
31-DSC_0724kn(Hn).jpgアカアシノミゾウムシ??? ’12.7月下旬 東京都檜原村

図鑑との絵合わせではクロノミゾウムシですが、個体がかじっている葉はヤナギではなく、ケヤキのようです。ホストはヤナギ類と図鑑にありますが、ヤナギ以外も食すということなのでしょうかねぇ。個体数は少ないとのことです。
32-DSC_0302kn(Hn).jpgクロノミゾウムシ ’12.5月中旬 東京都あきる野市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。









  1. 2013/01/10(木) 11:16:21|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっと恨めしそう ・・・オオヨツアナアトキリゴミムシ

ビーティングで落ちた個体は押しなべてこのスタイルで固まってしまいます。種の持つ個性と言ったところでしょうか。見上げる目が恨めしそうで、ちょっと気の毒な気がしないでもありません。上翅の点刻列がきれいに見えています。
DSC_0819kn(D).jpgオオヨツアナアトキリゴミムシ ’12.8月上旬 山梨県甲州市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2013/01/09(水) 12:28:58|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

点景カミキリムシ3題

春から現れる馴染みのトラカミキリ。伐採枝よりも、緑の下草の方が似合います。またそんな場所で見ることが多いような気もします。
11-DSC_0222kn(On).jpgトゲヒゲトラカミキリ ‘12.5月中旬 東京都町田市

針葉樹の土場では必ずいっていいほど見かけます。撮影を始めた頃は、見るものすべて珍しく、このカミキリも飽きずに撮影したものですが、最近はそんなこともなくなってしまいました。7~8年もやっていればそれも仕方ないですかねぇ。
12-DSC_0681kn.jpgオオマルクビヒラタカミキリ ‘12.7月初旬 山梨県甲州市

夜行性のため、昼間の土場で見る機会が少なく、撮影回数は数度しかありません。ふつう種でも撮れない虫は撮れません。
13-DSC_0702kn-b(D).jpgチャイロホソヒラタカミキリ ‘12.7月初旬 山梨県甲州市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。









  1. 2013/01/08(火) 14:59:46|
  2. カミキリムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天気がイマイチ ・・・モモブトカミキリモドキ

この日は天気がイマイチで、タンポポも咲こうか咲くまいか迷っている様子。飛来したモモブトカミキリモドキも所在無げです。
DSC_0388kn(On).jpgモモブトカミキリモドキ♀ ’12.5月初旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。




  1. 2013/01/07(月) 16:50:41|
  2. カミキリモドキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

定番ピドニア

ビドニア(ヒメハナカミキリ属)にご執心のカミキリ屋諸氏も多いことと思います。一見どれも同じに見えますが、わずかな違いがコレクターの血を騒がせるのでしょう。モノを集めるのが好きな私は、その感覚よ~くわかります。そんなヒメハナカミキリですが、初心者でさえそっぽを向くピドニアがこのオオヒメハナカミキリです。ヒメハナカミキリの撮影が本種だけで終わったのは今のところ‘12年だけです。昨年は、いかにカミキリに嫌われたかということですね。

ヒメハナの中では一番の体長を誇り、存在感はありますが、個体数が多く今一つ撮影に身が入りません。う~む、虫好きにあるまじき発言。これでは嫌われて当然ですね。
12-DSC_0131kn(D).jpg

13-DSC_0273kn(D).jpgオオヒメハナカミキリ ’12.8月上旬 山梨県甲州市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2013/01/06(日) 00:31:10|
  2. カミキリムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

似た者同士 ・・・ミヤマベニコメツキなど

同じ虫の写真を2枚並べて、ピーカン時と曇天時で、どれほど画質に違いがあるか、見比べてみようというのが今回のお題目です。ってそんな大仰なもんじゃありませんが。そのつもりで写真を用意したのですが、いざ並べてみたら、よく似た別種であったというおバカなオチがついていました。いかにも私らしい詰めの甘さです。

ピーカン直下で撮ると、こんな感じになってしまうという虫写真。その時点ではニホンベニコメツキと思っていた虫です。しか~し、よく見ると会合線にスジがありません。むむっ、これはもしやミヤマベニコメツキではあるまいか、調べるまでもなく、写真の主はミヤマベニコメツキでした。
DSC_0006kn(T).jpgミヤマベニコメツキ♂ ’12.5月中旬 東京都八王子市

こっちは会合線にそって明瞭なスジがあります。複眼の感じもちょっと違うようです。
※複眼については雌雄で形状に違いがあるようです。
DSC_0142kn(O).jpgニホンベニコメツキ♀ ’12.5月上旬 東京都町田市

そんなこんなで当初の目的から脱線してしまった似たり寄ったりのコメツキ2種。個人的にはどうしたって直射日光を浴びていない方がよろしおます。腕がいいわけでもないのに、ヘンなところにこだわる熟年虫好きです。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2013/01/05(土) 16:11:40|
  2. コメツキムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬も元気 ・・・ホソキヒラタケシキスイ

九州では、1~2月に活動する本種を何度か見たことがあります。寒さに強いというか、季節に頓着がないというか、尤もフユシャクのように冬の発生する蛾もいたりするので、驚くには当たらないかもしれませんが。谷戸路沿いに積まれた薪に隠れていたホソキヒラタケシキスイです。
DSC_0740kn(On).jpgホソキヒラタケシキスイ ‘12.4月中旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2013/01/04(金) 18:33:43|
  2. ケシキスイ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

点景としてのハムシいろいろ

細部まで鮮明に映し込まれた虫写真(私の写真じゃないですよ、他サイトのマクロ写真のことですからね)も好きですが、こんな風情の虫写真も好きです。言い換えれば「虫のいる風景写真」といったところでしょうか。虫を探しに行って、ルッキングで虫を見つけた時のあのわくわく感を、自分なりに表現出来たらと、フィールドに出るたびに考えちゃいます。

昨年までは馴染みの薄いハムシでしたが、今年はちょっと違いました。ホストのヒルガオがあれば、案外簡単に見つかるハムシかも、という印象です。
12-DSC_0379kn(I).jpgイモサルハムシ ‘12.6月下旬 東京都狛江市

前夜の雨だれが残るスギナにクワハムシ。触角が結構長いですね、ひょっとして体長より長いんじゃないでしょうか。
13-DSC_0094kn(O).jpgクワハムシ ‘12.5月上旬 東京都町田市

どうってことはない写真ですが、好きだなぁ、こういうの。よく見かけるハムシなので、あわてる必要がないというのも楽ですね。
14-DSC_0246kn(I).jpgオオアカマルノミハムシ ’12.4月下旬 東京都狛江市

ファインダーを覗きながら連射モードで虫を追いかけます。5枚に一枚くらいはピンの合った写真を残してくれるでしょう。
15-DSC_0783kn(I).jpgムネアカタマノミハムシ ’12.4月下旬 東京都狛江市

庭のハナダイコンに飛来したお馴染みのルリマルノミハムシ。ハナダイコンには別名がいくつかあって、正式和名はオオアラセイトウというらしいですよ。
16-DSC_0045kn(S).jpgルリマルノミハムシ ’12.4月下旬 東京都世田谷区


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。















  1. 2013/01/03(木) 18:28:54|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見るのはメスばかり ・・・ホソナガコメツキダマシ

個体数は少なくないのですが、まともな写真を撮らせてくれない虫です。メスはよく見ますが特徴的な触角をもつオスはなかなか見つかりません。一度あった撮影チャンスも逃してしまい、その後は音信不通です。
DSC_0550kn(D).jpgホソナガコメツキダマシ♀(コメツキダマシ科) ’12.8月下旬 山梨県甲州市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2013/01/02(水) 20:34:51|
  2. その他の科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年の初めはゾウムシで ・・・ヒゲボソゾウムシ類

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

さて、本年最初の甲虫は何にしようか考えたのですが、当然撮り下ろし画像などありませんから、昨年撮影のお古画像から選ぶことになります。カミキリも好き、ゴミムシも好き、ナガクチキもハムシも好き。でも一番好きなのは、やっぱりゾウムシなのです。

ということで、一発目の甲虫はゾウムシということになりました。代わり映えしませんが、ヒゲボソゾウムシ類で年の初めを飾りたいと思います。ほな・・・。

庭にいるかと思えば、標高1500mのブナ林にもいます。とある虫サイトで、港区赤坂で撮影した本種を見てびっくりしました。東京のど真ん中でも、その虫にとって良い環境であれば生きていけるということですね。
11-DSC_0427kn(D).jpgツノヒゲボソゾウムシ ’12.7月初旬 山梨県甲州市

同じツノヒゲボソゾウムシですが、ちょっと珍しいシーンなので、いっしょにUPすることにしました。写真の出来はイマイチですが、よく見ると口がヘンですよね。なんかキバのようなものが突き出ています。実はこのキバ、羽化後しばらくすると脱落してしまいます。だからキバをつけたままのゾウムシを見る機会は少ないのです。その意味で、「珍しいシーン」だったというわけです。
12-DSC_0386kn-b(D).jpgツノヒゲボソゾウムシ ’12.7月初旬 山梨県甲州市

カシワクチブトだからカシワにいると限りません。個体数が多い分、いろんなところでお目にかかります。
13-DSC_0067k(On).jpgカシワクチブトゾウムシ ’12.5月初旬 東京都町田市

久しぶりのミドリクチブトゾウムシです。もっとシャープな写真が欲しかったのですが、相変わらずのヘボ撮り手では多くは望めません。
14-DSC_0669kn(On).jpgミドリクチブトゾウムシ ’12.7月下旬 東京都町田市

郊外へ足を延ばさないと見られないゾウムシと思っていましたが、近場フィールドにも沢山いることがわかり目からウロコのチビメナガゾウムシです。
15-DSC_0083kn.jpgチビメナガゾウムシ ‘12.7月中旬 東京都狛江市

クズやハギにごくごく普通のコフキゾウムシ。写真の雰囲気が私好みだったので、思わずUPしてしまいました。あしからず。
16-DSC_0051kn(I).jpgコフキゾウムシ ‘12.6月下旬 神奈川県川崎市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。















  1. 2013/01/01(火) 14:07:43|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5