甲虫三昧

暖かいと勝手に体が動いてしまう? ・・・サルゾウムシの一種

緑地の防護柵に、サルゾウムシがいました。1月に入っても暖かいと勝手に体が動いてしまうのでしょうか。冬に活動するゾウムシがいるなんて、甲虫好きにはたまらないシチュエーションと申せましょう。
1-DSC_0120wdn(I).jpg

2-DSC_0206wdn(I).jpg

3-DSC_0111wdn.jpg

4-DSC_0215wdn(I).jpgサルゾウムシの一種 ‘14.1月下旬 神奈川県川崎市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





スポンサーサイト
  1. 2014/01/30(木) 18:35:59|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今季初 ・・・ヒメマイマイカブリ

よさ気に朽ちた材があれば、労せずして見つかるヒメマイマイも、そうした材がなければおいそれとは見つかりません。今年はダメかなぁと思っていたら、気まぐれな虫神様がそんな材を提供してくれました。という訳で一頭だけですが、この冬初めてのヒメマイマイと会うことが出来ました。まずはめでたし、めでたしです。(ってそれほどめでたくもありませんけどね)
1-DSC_0870wk(I).jpg

2-DSC_0889wkn(I).jpg

3-DSC_0910wkn-b.jpgヒメマイマイカブリ ‘14.1月中旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





  1. 2014/01/29(水) 20:48:25|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

針葉樹の朽ち木から ・・・アカアシクロコメツキ

目的の虫が見つからないまま、時間だけがずるずると過ぎていきます。冬とは言え、虫を探しにやって来て、虫が見つからないことほど辛いことはありません。そんなこんなで、そろそろお昼かという時刻、ヒノキの倒木からいつものコメツキが出てきました。針葉樹の朽ち木からたびたび見つかる定番のコメツキムシです。
1-DSC_0050wdn(O).jpg

2-DSC_0101wdn(O).jpgアカアシクロコメツキ ‘14.1月中旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。




  1. 2014/01/27(月) 18:13:41|
  2. コメツキムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロンリーアオゴミムシ

河川敷の流木や、ちょっとした段差に集団で越冬することが多いアオゴミムシ。しかし周りにお仲間がいなければ、一人さびしく越冬しなければなりません。表情も何となく寂しげです。
11-DSC_0562wkn(O).jpgアオゴミムシ ‘14.1月中旬 神奈川県相模原市 


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2014/01/26(日) 20:14:45|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岩崖で越冬 の続きⅢ ・・・ヒロゴモクムシ?

見た時の第一印象はゴミムシでしたが、撮り終えた画像を見て、頭頂部に赤斑がないことに気が付きました。頭頂部に赤斑がなければゴミムシではありません。となると正体は何でしょう。ゴミムシのページを開き、しばし思案投げ首。あ~でもない、こ~でもないと考えること数分。で出した答えがヒロゴモクムシ。図鑑の解説によればオスは光沢が強く、メスは光沢がないとのこと。それから行くとこの個体はどっちになるのでしょう。パッと見、光沢があるようなないような・・・。そうなると同定そのものが間違っているということになります。あ~、困ったぞ。虫の同定は難しいっす。
1-DSC_0612wdn(O).jpg

2-DSC_0625wdn(O).jpgヒロゴモクムシ? 14.1月中旬 神奈川県相模原市
※コメントを書き換えました。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





  1. 2014/01/25(土) 16:20:27|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岩崖で越冬 の続きⅡ ・・・オオアオモリヒラタゴミムシ

濃いグリーンと、エンジの対比を見せるモリヒラタゴミムシの仲間。この日は北風が強く、体感温度は0℃じゃないかというくらい寒い日でしたが、掘り出されたゴミムシは、しっかりとした足取りで、隠れ場所探して崖を這いまわっていました。
1-DSC_0711wkn(O).jpgオオアオモリヒラタゴミムシ 14.1月中旬 神奈川県相模原市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2014/01/24(金) 18:02:04|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

岩崖で越冬 の続き ・・・コガシラナガゴミムシ

昨シーズンは地元の多摩川でも撮影したナガゴミムシの仲間。体長10mmほどの中型のゴミムシです。郊外に出ると遭遇するチャンスは多く、私にとっては毎度お馴染みの常連さんと言えます。
DSC_0320wdn(O).jpg

4-DSC_0335wdn(O).jpgコガシラナガゴミムシ ‘14.1月中旬 神奈川県相模原市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2014/01/23(木) 18:31:41|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岩崖で越冬 ・・・クビアカモリヒラタゴミムシ

谷戸へ続く小道によさ気な岩崖がありました。風化した崖は板状にひび割れ、鋤を入れるともろく崩れます。何かいそうです。数回崩すと、ルリ色の翅鞘も鮮やかなクビアカモリヒラタゴミムシが出てきました。ゴミムシの中では中程度の美麗種といったところでしょうか。好きなゴミムシの一つです。

おっ、いました。
1-DSC_0272wdn(O).jpg

きれいなゴミムシです。
2-DSC_0232wdn(O).jpgクビアカモリヒラタゴミムシ ‘14.1月中旬 神奈川県相模原市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





  1. 2014/01/22(水) 18:33:24|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

微小なカミナリハムシ ・・・ルリチビカミナリハムシ

ムクノキの樹皮下で見つけた体長2mmほどの小さなハムシ。小さすぎて私の愛機では荷が重すぎるのですが、撮る相手が少ない冬はダメ元で挑戦します。二枚目はヤナギの樹皮裏で他の虫とコラボ中の図です。ピンの合った写真がこれくらいしかないので、大目に見てやって下さい。同定は多分なので?付きです。
1-DSC_0283wdn(I).jpgルリチビカミナリハムシ? ‘14.1月上旬 東京都狛江市

2-DSC_0139wdn(I).jpgルリチビカミナリハムシ?+スズキミドリトビハムシほか ‘14.1月上旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2014/01/21(火) 18:59:43|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムクノキで越冬中 ・・・マルガタチビタマムシ

冬になるとムクノキの樹皮下から見つかる体長3mmほどのチビタマムシ。ムクノキをホストとするチビタマムシは2種類ほどいて、一つはナミガタチビタマムシ。ムクノキのほか、エノキやケヤキにもつく体長4mmほどのチビタマムシで、暖地に多いとのこと。残るもう一種が写真のチビタマと特徴が合致するマルガタチビタマムシです。

見つけた時は寝ていましたが、撮影中に起きてしまいました。
1-DSC_0216wdn(I).jpg

2-DSC_0217wdn(I).jpg

撮影条件が違うと、色調ってこんなに違うものなんですかねぇ。なんか腑に落ちないなぁ。
3-DSC_0361wdn(I).jpgマルガタチビタマムシ ‘14.1月上旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。









  1. 2014/01/19(日) 22:02:20|
  2. タマムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フォーカスはMFで ・・・ツマキタマノミハムシ

ムクノキの樹皮下で越冬中のツマキタマノミハムシ。前にコメントしたかどうか忘れてしまいましたが、私のカメラのAFは後ピン気味で、ピピッと電子音が鳴っても狙ったところにピンが来ていないことが多く、少なからずイラついています。という訳で今回息を止めてMFで撮ってみました。AFよりピンが来ているようです。
1-DSC_0249wdn(I).jpg

2-DSC_0321wdn(I).jpg

バックにいるのはお馴染みキアシクビボソムシです。えっ、解説は不要? 失礼しました。
3-DSC_0089wdn(I).jpgツマキタマノミハムシ ’14.1月上旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2014/01/17(金) 23:44:47|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メスが少ない? ・・・オオトラフコガネ♂

近場のフィールドばかり歩いているので、同じ虫しか撮れません。だったら遠出すればと、言われそうですが、歳を取るとなんか億劫でねぇ。虫は撮りたいけど、遠くへ行くのはしんどいなぁ、と最近ちょっと弱気な熟年虫好きであります。

というわけで撮り下ろし画像がないので、過去画像からお馴染みのオオトラフコガネです。オスを見る機会は結構ありますが、メスはなかなか姿を見せてくれません。恥ずかしがり屋なのでしょうか。
1-DSC_0244kn(D).jpgオオトラフコガネ♂ ‘12.7月中旬 山梨県甲州市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





  1. 2014/01/17(金) 00:00:21|
  2. コガネムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひょっとして2種類? ・・・アカイネゾウモドキほか?

かなり遅くまで活動していたアカイネゾウモドキですが、昨年12月の後半あたりから次々と越冬場所へ潜り込んだようです。ヤナギをホストとするため、ヤナギを越冬場所に選ぶ個体がほとんどのようです。

ところで、ちょっと気になることが・・・。越冬中の個体は活動期の個体と比べると色が淡く、しかも斑紋がはっきりしているように見えます。越冬に入ると色が褪め、隠れていた斑紋が浮き出てくるのでしょうか。図鑑にそのような記述はありませんが、そんな風に見えて仕方ありません。さらに写真をよく見ると、体色、斑紋が2パターンあるよう見えます。1枚目の個体、2枚目の右にいる個体、そして3枚目の右上にいる個体が同じで、それ以外が別タイプの2パターンです。前者は多分アカイネゾウモドキ。後者は同じヤナギに寄生するモンイネゾウモドキかもしれません。斑紋の出方が図鑑のそれとよく似ています。

撮影フィールドにはアカイネゾウモドキ1種のみの生息と考えていましたが、私の見方が間違っていなければ2種類、ヤナギイネゾウモドキもいるとすれば3種類のイネゾウモドキがいることになります。本当でしょうか。どなたか真相をご存じの方がいらっしゃったら是非ご一報下さい。
0-DSC_0628wdn(I).jpgアカイネゾウモドキ 13.12月下旬 東京都狛江市

1-DSC_0273wdn(I).jpg

2-DSC_0286wdn(I).jpgアカイネゾウモドキ&モンイネゾウモドキ? ’14.1月上旬 東京都狛江市

3-DSC_0308wdn(I).jpg

DSC_0420wdn.jpgモンイネゾウモドキ? ’14.1月上旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。









  1. 2014/01/14(火) 22:09:02|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒメネズミ現る

虫写真が間に合わないので、撮影中に現れたヒメネズミで和んで下さい。撮影に夢中になっていると時々ありますよね、小動物や鳥が近くに来ている、なんてことが。知らず知らずのうちに気配を殺しているのかもしれませんね。多摩川河川敷での一コマでした。
1-DSC_0110wdn(I).jpgヒメネズミ ‘14.1月上旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





  1. 2014/01/13(月) 20:30:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

正体不明のクチカクシゾウムシ

オニグルミ(多分)の倒木のあちらこちらにいたクチカクシゾウムシの仲間。種名がわからずお蔵入りしていましたが、UPする写真がないのでここで載せることにしました。体長は5~6mmぐらいでしたかねぇ、昨年の6月に撮ったので印象がかなり薄れてしまいました。
1-DSC_0435dn(T).jpgクチカクシゾウムシの一種 ‘13.6月下旬 東京都八王子市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2014/01/12(日) 01:10:36|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

微小なコメツキモドキ ・・・ケシコメツキモドキ

UP画像不足につき、過去画像からのピックアップです。

どんなに小さくても血は争えません。体長はわずかに3mmほどですが、なりは立派なコメツキモドキです。この科の中では一番の微小種でしょう。前シーズンに続き、この年も会うことが出来ました。ビーティングの賜物と言ったところでしょうか。という訳で写真はGet後のヤラセ写真です。にもかかわらず、甘ピン平にご容赦です。
DSC_0133wdn.jpgケシコメツキモドキ ‘13.10月下旬 東京都町田市
※とあるサイトのコメントを借りれば、どこにでもいる普通種とのことです。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。









  1. 2014/01/10(金) 19:53:05|
  2. コメツキモドキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬のテントウムシあれこれ

近くの公園のケヤキの樹皮下で越冬していた小さなテントウムシ。体長3mm弱といったところでしょうか。普通種とのことですが、すぐに見つかるテントウムシというわけでもなさそうです。
1-DSC_0201wkn(S).jpgクロヒメテントウ ‘13.12月下旬 東京都世田谷区

一般的に少ないとされるテントウムシですが、いるところには沢山います。どちらかと言えば「普通種なんじゃね」というのが私の感想です。
0-DSC_0125wdn(Nk).jpgヨツモンヒメテントウ ‘13.12月下旬 東京都武蔵村山市

ヨツボシテントウと並んで、ケヤキの樹皮下から見つかるテントウムシの代表選手ですが、見つかるのは越冬中の個体ばかりで、活動期の本種を見ることは至難の技とされています。理由は不明ですが、ナゾの多いテントウムシです。

えいもんHPのえいもんさんより、活動期に見ないのは夜行性だからだろうというコメントをいただきました。ありがとうございました。
2-DSC_0869wdn(I).jpgムツボシテントウ ‘13.12月下旬 東京都世田谷区

キイロテントウが寒さに一番強そうな感じがします。ちょっと暖かい日には、シーズン中と変わらぬ風情で歩き回っていますもんね。
3-DSC_0292wdn(I).jpgキイロテントウ ’14.1月初旬 神奈川県川崎市

ケヤキの樹皮下で越冬中のムーアシロホシテントウ。傾いた太陽光を浴びて全体が西日色です。
5-DSC_0009wkn(S).jpgムーアシロホシテントウ ’13.12月下旬 東京都世田谷区

斑紋変化の激しいテントウムシですが、斑紋のバリエーションってどのくらいあるんでしょう。このナミテントウの斑紋はあまり見たことがなく、結構インパクトがありますよね。
6-DSC_0682wdn(I).jpgナミテントウ ‘14.1月初旬 神奈川県川崎市

ほどよく朽ちたヤナギで越冬中のナナホシテントウ。元気に歩き回っていた頃の本種と比べると、何となく色が褪めているように見えるのはどうしてなんでしょう。ひょっとしてシーズン中に浴びた紫外線の後遺症が、冬になって現れるのかもしれませんね。紫外線を長時間浴びると色が褪せますもんね。
7-DSC_0517wdn(I).jpgナナホシテントウ ‘13.12月下旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






















  1. 2014/01/09(木) 22:29:34|
  2. テントウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マツの樹皮下 ・・・オオクチキムシ

マツの伐採木。材の輪郭そのままに樹皮を持ち上げると、毎度お馴染みのオオクチキムシが出てきました。外気温が低いので虫はピクリとも動きません。熟睡しているのか、単に体が動かないだけなのか、いずれにしても動きのない虫の撮影は楽チンです。
1-DSC_0997wkn(Nk).jpg

2-DSC_1045wkn(Nk).jpgオオクチキムシ ‘13.12月下旬 東京都武蔵村山市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。




  1. 2014/01/08(水) 20:22:24|
  2. クチキムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

樹皮下の小さなゴミムシ ・・・メダカチビカワゴミムシ

活動時期より越冬時期に撮ることが多い小さなゴミムシ。ケヤキの樹皮下が定番の越冬場所ですが、この正月、日中の気温が15℃を越えた川向うの緑地で、防護柵上を足早に駆け抜ける本種を見ました。とある昆虫サイトで、虫が活動を開始する温度は15℃がひとつの目安、なんて話を読んだことがあるので、つまりはそういうことなのかなと合点した次第です。とは言ってももっと低い温度で野外活動する虫もいますので、あくまで一般論ということで理解した方がいいみたいですよ。
1-DSC_0071dn(S).jpg

Get後の写真です。
2-DSC_0005dn(S).jpgメダカチビカワゴミムシ ‘13.12月下旬 東京都世田谷区


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2014/01/07(火) 21:11:40|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朽ち木の中のマグソコガネ ・・・クロツツマグソコガネ

マグソコガネのくせに朽ち木が活動拠点というヘンなマグソコガネです。体長は3~4mm、種名の通り体は筒状で、材の中で活動するキクイムシ類とよく似た体形をしています。マグソコガネといえども、棲む環境によって、体がそれなりに特化するという見本かもしれませんね。
3-DSC_1145dn(I).jpgクロツツマグソコガネ ‘14.正月 神奈川県川崎市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。







  1. 2014/01/06(月) 21:34:57|
  2. コガネムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

正月のカミキリムシ ・・・ヘリグロチビコブカミキリ

Nさんのサイトを見て、ヘリグロチビコブカミキリが冬のさなかに活動をしていることを知り、そういうことであれば確認するしかないと、自分が知る生息エリアへ出かけた時のお話です。

雑煮も食べ、初詣もすませ、あとはテレビを観ながらゴロゴロするだけの正月元旦。しか~し、時計の針はまだ午前中を指しています。今から出かけても探索する時間は十分あります。となればあとは行って確かめるだけです。そんなこんなで30分後、件の緑地に到着した熟年虫好き。いるとすればこの辺りかと、春先に何度も出会っているエリアをゆっくりと歩きます。今日は風もなく、気温も高めで条件的にはいいはずなのですがいません。やっぱりいないのかなぁ、と思い始めた頃、防護柵にペタリと貼りつくヘリグロチビコブカミキリを見つけました。本当にいるんですねぇ。早い時期から活動するカミキリってことは知っていましたが、冬のさなかに出てくるとは思ってもいませんでした。先日のチャイロアカサルゾウムシに続き、冬に活動する甲虫リストにまた一種カミキリが加わりました。
一匹いるならほかにもいるかもと、付近を探すと3頭いました。都合4頭です。という訳で正月早々カミキリ三昧となった熟年虫好きの正月元旦でした。

おっ、いました。
1-DSC_0743dn(I).jpg

柵に同化していますねぇ。防護柵でよく見かけるのは保護色も兼ねているからでしょうか。この写真を見ていたらふとそんなことを考えちゃいました。
2-DSC_0734dn(I).jpg

3-DSC_0737dn(I).jpg

4-DSC_0100dn(I).jpg

この写真はいかにも作為的。大きさの比較のためにUPしましたが、実際にはないシーンかもしれないので、そのつもりでご覧下さいませ。左がメスで、右がオスかも。
5-DSC_0392dn(I).jpgヘリグロチビコブカミキリ ‘14.正月 神奈川県川崎市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。









  1. 2014/01/05(日) 18:17:05|
  2. カミキリムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

撮るのは今頃がベスト? ・・・ヨツボシテントウダマシ

河川敷の石をひっくり返すとペタリと貼りついているテントウダマシ。シーズン中は動きが早く、落ち着いて撮るには越冬中の今頃がベストかもしれません。朽ち木などに生える菌類を食べるそうですよ。
1-DSC_0261dn(I)_20140104172807659.jpg

かくれんぼのつもりでしょうか。
2-DSC_0346dn(I).jpg

西日を浴びるの図
3-DSC_0676dn(I).jpgヨツボシテントウダマシ ‘13.12月下旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。







  1. 2014/01/04(土) 17:31:54|
  2. テントウダマシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日の富士山

正真正銘、今年の富士です。河口湖畔から90mmマクロで撮ったので部分富士となりました。あしからず。
DSC_0186wk.jpg ’14.正月

河口湖が写っていないので急きょ一枚追加します。いずれも部分富士です。う~ん、なんだかなぁ・・・。
DSC_0191wk.jpg  
’14.正月


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2014/01/02(木) 22:48:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

師走のゾウムシ ・・・サルゾウムシの一種

ゾウムシで終わり、ゾウムシで始まろうとしている今年の「甲虫三昧」。今年もよろしくお願いいたします。

知り合いの虫サイトを見て、え~、この時期が旬なの~、と半ば疑いの眼差しで画像を見ていたのですが、そういうことなら自分の目で確認した方がよかろう、ということで川向うの緑地へ行ってみました。結論から言うとちゃんといました。数はチョボチョボでしたが、年の瀬に活動するゾウムシもいるんですね。いやぁ~、驚きました。虫の世界は奥が深いです。
1-DSC_0205dn.jpg

2-DSC_0316dn.jpgサルゾウムシの一種 ‘13.12月下旬 神奈川県川崎市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





  1. 2014/01/01(水) 20:55:07|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

年が明けました。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
DSC_0004wd.jpg ’14.正月?


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。

  1. 2014/01/01(水) 20:26:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0