甲虫三昧

雨がうらめしい ・・・コガタルリハムシ

雨で虫撮りがわやになり、撮り下ろし虫写真がありません。という訳で二番煎じですがコガタルリハムシでお目汚しです。

3月の中ごろからようやく春めいてきた東京。そうなるとこのハムシは大挙してホストへ登って来ます。すべて越冬個体のはずですが、冬は一体どこで過ごしているのでしょう。想像ではホストの根際などに潜り込んで、土中越冬しているのではないかと考えているのですが、未だに見たことがありません。冬になると今度こそ探してやろうと、気持ちだけは芽生えるのですが、結局はやらずに春が来てしまう、という図式がず~と続いています。
1-DSC_0013wkn(I).jpg

2-DSC_1041wkn(I).jpg

3-DSC_0994wdn(I).jpg

4-DSC_0686wkn(I).jpg

5-DSC_1517wdn(I).jpg

6-DSC_0784wkn(I).jpgコガタルリハムシ ’14.3月下旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。









スポンサーサイト
  1. 2014/03/31(月) 21:40:03|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

緑地の柵上 ・・・カサハラハムシ

遅くまでフィールドに居残り、虫の少ない時期の貴重な撮影アイテムとなってくれるハムシの一つ。上翅になんとなく一対の白紋があるので、カサハラハムシに間違いないと思いますが、どんなもんでしょう。体長は約3mm、このグループの中では中くらいの大きさと言えましょうか。

このグループ(Demotina 属)はサルハムシの仲間ですが、何故か「カサハラ」と名がつく種が5~6種います。この「カサハラ」とは何でしょう。命名者の名前でしょうか。それとも「カサハラ」そのものに別の意味があるのでしょうか。よくわかりません。現在 Demotina 属は国内に13種が生息しているとのことです。
1-DSC_1600wdn(I).jpgカサハラハムシ ‘14.3月中旬 神奈川県川崎市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。




  1. 2014/03/30(日) 15:24:45|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤナギにスズキミドリトビハムシ

日中の気温が15℃を超えた春の河川敷。初々しい緑の葉をつけはじめたヤナギに、沢山のスズキミドリトビハムシがいました。いち早く越冬から目覚め、活動を開始したようです。
1-DSC_0185wkn(I).jpg

2-DSC_0200wdn(I).jpg

3-DSC_0441wdn(I).jpg

葉が透けているところは、ハムシがかじった痕です。
4-DSC_0434wdn(I).jpgスズキミドリトビハムシ ‘14.3月下旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2014/03/26(水) 22:35:06|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

消化不良の一日 ・・・ナカスジカレキゾウムシ

日中の気温は15℃を超えましたが、北風が強く、期待したほど虫は見つかりません。3月に入ったとはいえ、多くの虫が現れるには、もう少し待たないとダメなようです。気持ちだけが先走った、消化不良の一日でした。

ソダ山でやっと見つけたナカスジカレキゾウムシ。
1-DSC_0118wdn(T).jpgナカスジカレキゾウムシ ‘14.3月中旬 東京地八王子市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。




  1. 2014/03/25(火) 21:11:41|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

我が家の風物詩 ・・・トラフコメツキ

昨年と時を同じくして、今年も我が家の庭に出現したトラフコメツキ。この時期になるとどこからともなく現れ、フキノトウにいたりするのです。この出現が毎年続き、我が家の風物詩になってくれればいいな、と思う熟年虫好きです。
1-DSC_0333wkn(S).jpg

2-DSC_0365wdn(S).jpg

3-DSC_0061wkn.jpgトラフコメツキ ‘14.3月下旬 東京都世田谷区


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2014/03/25(火) 00:15:59|
  2. コメツキムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

越冬明け? ・・・ナカジロサビカミキリ

成虫で越冬すると言われているカミキリですが、この個体はどっちでしょう。時期的には越冬個体とみるのが普通ですが、体色を見るときれいですよねぇ。早出の新成虫か、はたまた越冬明けの旧個体か、わたしには見分けがつきません。
2-DSC_0336wkn(T).jpg

方向転換。
3-DSC_0294wkn(T).jpgナカジロサビカミキリ ‘14.3月中旬 東京都八王子市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2014/03/22(土) 20:28:15|
  2. カミキリムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

独特のフォルム ・・・タマキノコムシ

河川敷の流木にいたタマキノコムシの仲間。最初はヒメテントウの仲間かと思いましたが、ファインダー越しに見るフォルムはタマキノコムシのそれでした。初めて見る虫ですが、小さい上に似たような虫が沢山いるので、正確な同定はまず無理でしょう。体長は2mm強、AFが苦手とする光沢微小種なので、撮影はMFで撮ってみました。フォーカスが甘いのはそのためです。ってまた言い訳だぁ。
DSC_0207wdn(I).jpgタマキノコムシの一種(タマキノコムシ科) ‘14.3月中旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2014/03/21(金) 20:28:27|
  2. その他の科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ダマシ」だった ・・・アカバキノコムシダマシ

一見するとコキノコムシのようですが、和名の最後に「ダマシ」がつくキノコムシダマシの仲間でした。「ダマシ」ではありますが、コキノコムシ科に近く、生態もよく似ているようです。シーズン中はサルノコシカケなどに集まり、冬は樹皮下などに潜り込んで成虫で越冬します。体長は3mm前後。
2-DSC_0108wdn(I).jpg

2-DSC_0158wdn(I).jpgアカバキノコムシダマシ(キノコムシダマシ科) ’14.3月中旬 神奈川県川崎市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





  1. 2014/03/19(水) 21:21:50|
  2. その他の科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シーズン開幕!? ・・・コガタルリハムシ

私にとってこの虫は春告虫です。この虫が活動を開始すると、私の中ではシーズン開幕ということになります。先週今年初めてのコガタルリハムシをチラ見した熟年虫好きですが、今日はどうでしょうか。最高気温が18℃と予想されている今日の天気ですから、いて当たり前といったところでしょうね、きっと。
1-DSC_0824wkn(I).jpg

2-DSC_0268wdn(I).jpg

3-DSC_0899wdn(I).jpg

お腹がパンパンの図
4-DSC_0872wdn(I).jpgコガタルリハムシ ‘14.3月中旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





  1. 2014/03/17(月) 23:51:35|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早春の河川敷 の続き

さぁて、朽ち木エリアから移動しましょう。近くにタヌキの溜糞があったのですが、場所がわからなくなってしまいました。

暖かさにつられナナホシテントウも出てきました。こういう光景を目にすると、シーズンもすぐそこだなと思います。
20-DSC_0289wdn(I).jpgナナホシテントウ

オオイヌノフグリ、ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、タネツケバナ、ナズナ、ウシハコベ・・・。春の雑草たちも花をつけています。いよいよ春ですね、でも風はちょっと冷たいです。
21-DSC_0445wdn(I).jpg

22-DSC_0139wkn(I).jpg

ヤナギの樹皮下にはいつものゾウムシとハムシ。
23-DSC_0473wdn(I).jpgトゲハラヒラセクモゾウムシ

25-DSC_0576wkn(I).jpgトホシクビボソハムシ

別の朽ち木からまたまたヒメマイマイです。このフィールドではアオゴミムシより多いかもしれません。
26-SC_0426wdn(I).jpgヒメマイマイカブリ

河原に出て石を起こしてみます。でもいないんですよね。ノグチアオゴミムシも2年前に見たきり見ていません。どこに行ってしまったんでしょう。

砂地の石の下からヒメサビキコリが出てきました。サビキコリよりさらに地味なコメツキムシです。スナゴミダマと同じような環境に生息するので、色合いも砂っぽいです。はっきり言って美しくありません。
28-DSC_0536knt(I).jpg

28-DSC_0601wdn(I).jpgヒメサビキコリ

3時を回り風が冷たくなってきました。そろそろおつもりでしょうか。午前中に一頭だけ目にした(この時は撮影出来ず)コガタルリハムシですが、その後はさっぱりです。

コガタルリハムシは結局撮れず仕舞いかと、そんなムードが漂いはじめた頃、貧相な一株のギシギシに件のハムシがいました。なんだ、いるんじゃない。最初っからここを見ておけばよかった。しかし折角見つけたハムシも、一連写してところでみな根の方へ移動してしまいました。外気温が下がってきたせいでしょうか。見つけるのがちょっと遅かったようです。まっ、これから先撮る機会はいくらでもありますけどね・・・。
29-DSC_0667wkn(I).jpg

30-DSC_1132wdn(I).jpgコガタルリハムシ

なんだかんだで今日の虫探しはこれにて終了。あと2週間もすれば冬枯れたフィールドも、少しは賑やかになるでしょう。それまでもう少しの辛抱です。お付き合いありがとうございました。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2014/03/14(金) 22:14:23|
  2. フィールド探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早春の河川敷

個別に記事を書こうと思っていたのですが、撮影出来た虫がいつもと変わらないので、フィールド探訪ということで一括りにしました。同じ場所ばかりを歩いていたんでは、見つかる虫も代わり映えしないですよね。

という訳でいつもの多摩川河川敷です。この日の予想最高気温は11℃、風が穏やかなので暖かさを感じます。このまま行ってくれれば、越冬していた虫が少しは出て来るかもしれません。それを期待して河川敷を歩いてみます。さぁて、どうなりますことやら。
0-RIMG0025wkn(I).jpg
春の到来を感じさせる虫がいます。コガタルリハムシです。ギシギシやスイバにごく普通に見られる定番のハムシですが、早春から姿を見せるので、私にとっては春告虫の一つとなっています。今日の天気なら出て来るかもしれません。取りあえずギシギシ、スイバは要チェックです。

探してみましたがいません。まだ早いのでしょうか。

ギシギシがダメなら樹皮めくりか、朽ち木割りです。なんだかいつもと変わりません。目につく朽ち木はクワガタねらいの虫屋にほとんど割られているので、よさ気な朽ち木はほとんどありません。割り残しが少しある位です。そんなの一つ割ってみます。おっ、コガシラアオゴミ。数はそれほどでもありませんが確実にいます。当ブログでもよく登場するアオゴミムシの仲間です。
0-DSC_0145wkn(I).jpgコガシラアオゴミムシ 

朽ち木の中から現れたアカシマサシガメ。この配色は結構インパクトがありますよね。
1-DSC_0043wkn(I).jpgアカシマサシガメ

次は先般クロケブカを撮った朽ち木エリアです。潜んでいた朽ち木の脇に、割り残しがありました。少しずつ崩していくと、その都度ゴミムシが出てきます。本宅が壊されてしまったので、セカンドハウスへみな避難してきたようです。

セカンドハウスからこの日出てきたゴミムシを一挙掲載。いつもと同じ顔ぶれですが、撮影順に並べてみます。
DSC_0891wdn-b.jpgクビナガヨツボシゴミムシ

4-DSC_0198wkn(I).jpg

5-DSC_0232wdn(I).jpgオオホソクビゴミムシ

6-DSC_0044wdn(I).jpgクロケブカゴミムシ

7-DSC_0177wkn(I).jpgヒメマイマイカブリ

なんだかなぁ、既UPのゴミムシばかりです。

幼虫も出ます。
8-DSC_0498wdn(I).jpgキマワリの幼虫。

ここまではいつもと変わらぬ越冬甲虫探しで終わってしまいました。春っぽさはどこにもありません。こうなったら後半に期待するしかありませんね。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2014/03/13(木) 20:03:54|
  2. フィールド探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みんなどこへ行った ・・・キイロテントウゴミムシダマシ

はじめてこのフィールドへ来た10年前は、流木の裏などに、何十頭もより集まって越冬していたキイロテントウゴミムシダマシですが、久々に会ったと思ったら数える程しかいませんでした。みんなどこへ行ってしまったのでしょう。地味で見映えのしない虫ですが、そんな虫でも見なくなるとやっぱり寂しいものです。
1-DSC_0664wdn(I).jpgキイロテントウゴミムシダマシ ‘14.2月下旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2014/03/12(水) 18:01:42|
  2. ゴミムシダマシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤斑あり ・・・ゴミムシ

河原の石をいくらひっくり返しても何も出てきません。何も出てこない石起こしほど空しいものはありません。九州に赴任していた頃は、水際、砂地、河原と河川敷の境界など、それぞれの場所に、それぞれの生態を持つゴミムシが、取りあえずはいてくれたものですが、今私が徘徊している多摩川河川敷は、なかなかそういうわけにはいかないようです。そんなこんなで、いい加減やる気をなくした頃、見かねた虫神様が一頭のゴミムシを降臨させてくれました。
1-DSC_0104wkn(I).jpg

DSC_0123wkn-b(I).jpg

DSC_0484wdn(I).jpgゴミムシ ‘14.3月初旬 東京都狛江市
※頭頂部にかすかに赤い斑紋が見えます。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。







  1. 2014/03/10(月) 18:50:20|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

屋根の上のネコ

UP画像が乏しくなってきました。ネタは明日探しに行くとして、それまで屋根の上のネコでおくつろぎ下さい。

電車で虫探しに出かける時にいつも見かける屋根の上のネコ。常に同じ姿勢で、同じ顔で私を出迎え、そして見送ってくれます。
1-DSC_0012wkn.jpg

2-DSC_0013wkn.jpg

3-DSC_0029wkn.jpg

4-DSC_0050wk.jpg屋根の上のネコ

DSC_0944wkn.jpg土筆

春の訪れがちょっと足踏み状態です。こんな写真はいつ撮れるんでしょうねぇ。
6-DSC_0238wdn(I).jpgコガタルリハムシ ‘13.3月下旬 東京都狛江市
昨年の春の撮影です。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2014/03/08(土) 22:26:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

肢が白っぽい ・・・タンゴヒラタゴミムシ

河川敷のちょっとした段差から転がり落ちたタンゴヒラタゴミムシ。10年とは言いませんが、このゴミムシとも久々の再会です。同定のヒントは白っぽい6本の肢。黄褐色、黒、赤っぽい肢を持つゴミムシが多い中、本種の肢の色はちょっと異質です。
1-DSC_0089wdn(I).jpgタンゴヒラタゴミムシ ‘14.3月初旬 東京都狛江市

こちらは別の場所で撮影した同じゴミムシ。今までの経験からすると、砂地で見ることが多いゴミムシですが、この個体は割った材の下から出てきました。おそらく材の中ではなく、その下に隠れていたのだと思います。
3-DSC_0080wdn(I).jpgタンゴヒラタゴミムシ ‘14.3月初旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2014/03/07(金) 21:26:16|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一人が好き ・・・コガシラアオゴミムシ

ゴミムシたちの集合住宅と化したヤナギの倒木。朽ちて、すき間の出来た材の中に、それぞれが好みの場所を見つけて潜り込んでいました。いたのはオオホソクビゴミムシ、クビナガヨツボシゴミムシ、クロケブカゴミムシ、ヒメマイマイカブリ、アオゴミムシ、そしてコガシラアオゴミムシ。アオゴミムシが徒党を組んで越冬するのに対して、本種は単独で越冬するようです。アオゴミに比べ個体数が少ないというのも理由の一つでしょう、多分・・・。

ヨツコブ系のゴミダマも顔を出しました。
1-DSC_0095wkn(I).jpg

2-DSC_0121wkn(I).jpg

3-DSC_0067wdn(I).jpgコガシラアオゴミムシ ‘14.3月初旬 東京都狛江市
※片方の触角が根本からありません。撮っている時には気づかなかったのですが、ちょっと残念でおます。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2014/03/05(水) 18:23:09|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

徒党は組まない ・・・ナナホシテントウ

枯草の下で越冬中のナナホシテントウ。ナミテントウやカメノコテントウは、集団で越冬することで知られていますが、ナナホシテントウの集団越冬は見たことがありません、多分、徒党は組まない主義なのでしょう。
1-DSC_0535wdn(I).jpgナナホシテントウ ‘14.3月初旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。




  1. 2014/03/04(火) 21:57:00|
  2. テントウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

越冬個体ははじめて ・・・サビキコリ

ゴミムシ探しの副産物として出土したサビキコリ。どこにでも多いコメツキですが、冬はこんなところで越冬するんですね。でも個体数の割には越冬姿を見ないのはどうしてなんでしょう。主たる越冬場所が違うのか、はたまた越冬する個体そのものが少ないのか。どうとも言えませんが、ほとんどの個体が越冬するとしたら、もっとザクザク出て来ても不思議はありませんよね。それが出てこないのですからこれはもうミステリーです。
DSC_0820wdn(I).jpgサビキコリ ‘14.2月下旬東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2014/03/02(日) 17:59:22|
  2. コメツキムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0