甲虫三昧

シーズン中は? ・・・メダカチビカワゴミムシ

今年もこの小さなゴミムシを、ケヤキの樹皮下で見る季節となりました。ところでこのゴミムシ、シーズン中はどこでどうしているのでしょう。ものの本によれば、草地や畑へ舞い降りて、小さな虫など漁っているらしいのですが、その生態を見る機会は意外に少なく、その気になって探さないと見えてこないというのが実際のようです。この2月ポカポカ陽気の昼下がり、ご近所の畑で偶然彼らのそんな姿を見ることが出来ましたので、便乗UPということで一枚プラスしました。絵的にはイマイチですが、本来の生態ということでご容赦下さい。
1-DSC_0501wkn(S).jpg

2-DSC_0649wdn.jpg

3-DSC_0637wdn.jpgメダカチビカワゴミムシ ‘14.11月下旬 東京都世田谷区


オマケの一枚。畑を小走りに走り回るメダカチビカワゴミムシ。これが本来の生態か?
4-DSC_1057wdn(S).jpgメダカチビカワゴミムシ ‘14.2月下上旬 東京都世田谷区


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。







スポンサーサイト
  1. 2014/11/29(土) 20:10:58|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これからが旬!? ・・・マグソコガネ

各地から冬の便りが伝えられる今日この頃、東京も朝晩めっきり寒くなってまいりましたが、そんな時期から動きがあわただしくなる糞虫がご近所の畑にいます。マグソコガネです。畑の主さんと仲良くなったおかげで、そんな虫と気楽に付き合えるようになったのは、虫屋冥利に尽きるというものです。肥料代わりに持ち込まれた馬糞には見向きもせず、ひたすら廃棄された野菜クズに集まるマグソコガネたちです。

現場写真は生々しいので、一枚だけね。後はちょいと演出しました。あしからず。
0-DSC_0198wdn(S).jpg捨てられたウリの下にいたマグソコガネたち。

1-DSC_0612wdn(S).jpg

2-DSC_0036wdn(S).jpg

4-DSC_0254wdn(S).jpg

5-DSC_0263wdn(S).jpg

6-DSC_0279wdn(S).jpgマグソコガネ ‘14.11月下旬 東京都世田谷区


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。










  1. 2014/11/28(金) 20:23:18|
  2. コガネムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

河川敷でゾウムシなど・・・モンイネゾウモドキほか

ヒメマイマイが右往左往していたヤナギの樹皮下で、冬籠り中だったイネゾウモドキの仲間。体色と斑紋からモンイネゾウモドキじゃないかと疑ってはいるのですが、確信がありません。というのもこのフィールドで、明らかにモンイネゾウモドキとわかる活動中の個体を、一度も見たことがないからなんですよ。アカイネゾウモドキはよく見ますが、モンイネゾウは見たことがないというのは何を意味しているんでしょうね。この冬、越冬中のイネゾウモドキを、モンイネゾウモドキと同定した熟年虫好きですが、シーズン中に一度も見たことがないというのは、どう考えても辻褄が合いません。人目につかないところで活動していたのでしょうか。まさかアカイネゾウモドキの体色が色褪せて、こんな色合いになったなんてことはないでしょうね。確かに樹皮下から出て来るイネゾウモドキの中に、赤いイメージを持った個体がいないというのも不安を煽ります。なんだかスッキリしないイネゾウモドキではあります。

結局、結論が出ないまま、第一印象を優先して?付きでモンイネゾウモドキとしましたが、?マークが三つくらいは必要かもしれません。
DSC_0508wdn.jpgモンイネゾウモドキ? ‘14.11月下旬 東京都狛江市

めくれば必ず出て来るトゲハラヒラセクモゾウムシ。図鑑には少ない種とありますが、ここでは定番のゾウムシとして定着しています。写真を見て思いましたが、前肢のなんと太いことか。しかもえらく湾曲しています。ゾウムシ好きを標榜している割には何にも見えていないことがバレバレですね。
DSC_1131wdn(I).jpg

DSC_1133wdn(I).jpgトゲハラヒラセクモゾウムシ ’14.11月下旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。




  1. 2014/11/27(木) 18:41:40|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年は多いのかな? ・・・ヨツボシテントウほか

樹皮下で越冬するヨツボシテントウが、今年は結構多いように感じるのは私だけでしょうか。イメージとしては去年の2~3倍といった感じなんですけど、他の地域ではどんなでしょうか。一か月前に撮った活動中のヨツボシテントウもいっしょにUPします。


越冬中の図
1-DSC_0907wdn(I).jpg

2-DSC_0550wtnn(I).jpg
ヨツボシテントウ⇒モンクチビルテントウ ‘14.11月下旬 東京都狛江市


活動中の図
3-DSC_0978wdn(I).jpg

4-DSC_0886wdn(I)_20141126200602f3c.jpgヨツボシテントウ⇒モンクチビルテントウ ‘14.10月中旬 神奈川県川崎市
※えいもんHPのえいもんさんより、写真のテントウムシはヨツボシテントウではなく、モンクチビルテンテウではないかとのご指摘をいただきました。モンクチビルテントウは元々南方系のテントウムシで、15年以上前に沖縄へ上陸、その後各地に広がり繁殖を続けているようです。知らなかった。


UPの機会を逸していたアカイロテントウ。便乗UPです。最初の出会いは確か山梨の山奥だったような。そんなこともあって山地性のテントウムシという印象があったのですが、町田市の郊外で何気に再会した時は、ちょっと意表をつかれた感じでした。あまり多いテントウムシではありませんが、赤一色の体色は、被写体としては弱いかな、なんて思ったりします。写真センスが貧弱なので余計そう感じるのかもしれませんが・・・。
1-DSC_0405wdn(On).jpgアカイロテントウ ‘14.10月中旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。









  1. 2014/11/26(水) 20:10:51|
  2. テントウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

現場写真は見せられない ・・・コガシラハネカクシの一種

落果して腐りはじめたウリ。その匂いには閉口しますが、マグソコガネやケシキスイ、ハネカクシやらがわらわら出て来るその様は、コアな虫屋にはおもちゃ箱に見えるそうです。(つまり私のことですね)糞虫マニアが、牛や鹿のフンをこよなく愛するのと同じ心境かもしれません。とは言え腐ったウリの写真などとてもUP出来ないので(柿は見せちゃいましたけどね)、場所を移して別撮りしました。種名はいくつか候補に上がりましたが、いずれも帯に短しタスキに長しで、結局コガシラハネカクシの一種といういつものパターンでお茶を濁しました。体長は8~9mmです。
1-DSC_0062wdn(S).jpgコガシラハネカクシの一種 ‘14.11月下旬 東京都世田谷区


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。




  1. 2014/11/25(火) 21:03:52|
  2. ハネカクシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早く見つけなきゃ ・・・ヒメマイマイカブリ

久しぶりに多摩川の河川敷を歩いてみました。活動中の甲虫はナナホシテントウヨモギハムシくらい。その他の越冬甲虫類はぜん~ぶ冬籠りに入ったようです。いよいよ越冬甲虫探しへシフトダウン(アップ?)の時みたいですね。

そんな訳で河川敷にゴマンとあるヤナギの樹皮をゴリゴリとめくっていたら、猛スピードで幹を駆け下って来る虫がいました。マイマイカブリです。なんだか大あわてで幹を上ったり、下ったりしています。多分冬籠りの場所を探していたのでしょう。そのうち根際のちょっとした隙間へ潜り込もうとしますが、体が大きすぎて潜り込めません。しばらく孤軍奮闘していましたがやがて諦め草むらの中へ。気に入った越冬場所を探すのも大変みたいですね。
4-DSC_0727wkn(I).jpg

1-DSC_0748wkn(I).jpg

2-DSC_0759wdn(I).jpg

3-DSC_0775wkn(I).jpgヒメマイマイカブリ ‘14.11下旬 東京都狛江市
甘ピンご容赦。なにしろ猛スピードなもので・・・。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。











  1. 2014/11/24(月) 17:39:56|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヨモギの次は ・・・カミナリハムシ

行きつけのフィールドで、晩秋まで見られるハムシと言えば、ヨモギハムシの系統と、カミナリハムシを中心としたノミハムシの系統の二つくらいでしょうか。他にもアラゲサルハムシの仲間とか、探せばいそうですが、私の衰えた眼力でも見つかるハムシと言えばこのあたりが限界かもしれません。という訳でヨモギハムシの次はカミナリハムシです。

虫屋として植物にうといというのは、致命傷かもしれませんね。ハムシとホストの関係って、ほとんど解明されているので、ついていた植物がわかれば虫の正体もおのずとわかるはずなのですが、植物オンチは一向に解消される気配がないので何ともなりません。
1-DSC_0675wkn(Ku).jpg

ガシガシやっているのでホストであることは間違いなさそうですが、植物の正体がわからないので同定のヒントにもなりません。あぁ、情けなや・・・。
2-DSC_0672wdn(Ku).jpgカミナリハムシの一種 ‘14.11月上旬 東京都町田市

先般UPしたカミナリハムシと同一種のようですが、正体は相変わらず不明です。ひっくり返すと腹に学名なんかが刻印されていれば楽なんですけどね・・・。ありえないことを考えても時間の無駄です。それより植物のことをもっと勉強した方が早いと私は思いますけどねぇ・・・。何だか他人事のようです。
1-DSC_0512wkn(Tu).jpg

2-DSC_0496wdn(Tu).jpgカミナリハムシの一種  ‘14.11月上旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。










  1. 2014/11/22(土) 19:57:02|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月のハムシ ・・・ヨモギハムシなど

11月に入っても元気なハムシと言えば、やっぱりこの子たちでしょうか。少なくとも東京近郊ではまだまだ元気な姿を見ることが出来ます。不思議なもので、ヨモギの群落だから沢山いるかと思えばそんなこともなく、むしろ路肩にショボと生えたヨモギに彼らの姿を見たりします。何だか最近そんな印象があるんですよね。
1-DSC_0288wtn(Tu).jpg

2-DSC_0087wdn(Tu).jpg

越冬間近の個体かも。
3-DSC_0963wdn(Tu).jpgヨモギハムシ ‘14.11月上旬 東京都町田市

今秋までは、ごくたまにしかお目にかかれなかったハッカハムシですが、ご新規のフィールドで、彼らの生息場所を発見してからというもの、随分身近なハムシと感じるようになりました。このハムシもヨモギハムシ同様、結構遅くまで活動するハムシのようです。

群落の奥の方に・・・。
1-DSC_0248wdn(Ku).jpg

越冬いつでもOK組か・・・。
2-DSC_0134wtn(Tu).jpg

3-DSC_0083wdn(Tu).jpgハッカハムシ ‘14,11月中旬 神奈川県川崎市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。














  1. 2014/11/20(木) 21:29:03|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

落ち葉さらいの続き ・・・ムネビロハネカクシ

久々に見たちょっと大きめのハネカクシ。ここ最近5mm以下の、撮っても写真にならないハネカクシばかり見てきたので、めっちゃ大きく見えます。ここまで大きければ写真下手の私でも何とか恰好はつくようで・・・。ムネビロという割にはあまり広く見えませんが、種名は多分合っていると思います。ちょっと自信なげな熟年虫好きです。
1-DSC_0551wkn(Ku).jpgムネビロハネカクシ ‘14.11月中旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2014/11/19(水) 20:59:09|
  2. ハネカクシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

落ち葉さらい ・・・アラメヒゲブトハムシダマシ

落ち葉のたまった側溝を、どぶさらいならぬ落ち葉さらいをすると、沢山のゴミムシに混じってこんな虫が出てきました。朽ち木で越冬中の本種は何度か見たことがありますが、落ち葉で越冬中?は初めてです。片方の触角が欠けているのがちょっと残念ですが、久々なので大目に見ることにいたしましょう。

おっ、何かいますよ。
1-DSC_0441wkn(Ku).jpg

久々のアラメです。
2-DSC_0379wdn(Ku).jpg

3-DSC_0397wdn(Ku).jpgアラメヒゲブトハムシダマシ ‘14.11月中旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





  1. 2014/11/18(火) 18:56:28|
  2. ハムシダマシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

補色 ・・・アカハバビロオオキノコ

カワラタケがメインのキノコムシも、何故か緑の葉上でもよく見かけます。この子は、コマツナだが、チンゲンサイだか、カリフラワーだかよくわからない菜っ葉に止まっていたアカハバビロオオキノコです。赤い体色と緑の対比がなかなかいい感じです。
DSC_0317wdn(Tu).jpg

DSC_0346wdn.jpg

DSC_0352wdn(Tu).jpgアカハバビロオオキノコ ‘14.11月初旬 東京都町田市
赤と緑って確か補色関係でしたよね。道理で目立つ訳だ・・・。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





  1. 2014/11/16(日) 21:08:12|
  2. オオキノコムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴミムシ3種+1

アップルミントにちょこんと乗っていた小さなゴミムシ。そのままじっとしていてね、と念じつつ三脚をセットします。最近歳のせいか手持ちだとブレることが多く、三脚は必需品です。で撮れた写真がこれ。ブレはないようですが、三脚使ってブレていたら話になりませんよね。
1-DSC_0765wdn(Tu).jpgオオズヒメゴモクムシ ‘14.11月初旬 神奈川県川崎市

春と秋によく見かける小さなゴモクムシ。春と秋がこのゴミムシとの逢引きタイムのような気がしますが・・・。体長6~7mmと小粒です。
2-DSC_0049wkn(S).jpgヒメツヤゴモクムシ ‘14.10月下旬 東京都世田谷区

ワラが敷き詰められた休耕地で、ワラ山を崩すとすぐにゴミムシが出てきました。一見ゴモクムシ風ですが、前胸背の歯状突起でマルガタゴミムシの仲間とわかります。正体はナガマルガタゴミムシ。このゴミムシは雑食性で、植物の葉をかじったりします。
3-DSC_0327wdn(Tu).jpgナガマルガタゴミムシ ‘14.11月初旬 神奈川県川崎市

このゴミムシ死んでいます。初見のゴミムシが死骸ってどういうことでしょう。運がないというか、ツキがないというか、ここ数シーズンの私を象徴しているかのような未見ゴミムシとの遭遇です。ゴモクムシで金属的な光沢を持つ種は今まで見たことがなく、その意味でも残念な異端ゴモクムシとの出会いでした。あ~ぁ。
4-DSC_0470wdn(Tu).jpgツヤアオゴモクムシ♀(死骸) ‘14.11月上旬 東京都町田市
※オスは全体に光沢があり、メスは頭と胸にのみ光沢があるそうです。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。













  1. 2014/11/15(土) 17:12:10|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小さい ・・・チャバラマメゾウムシ

セイタカアワダチソウは晩秋の頃の貴重な蜜源であるらしく、多くの虫で賑わいます。主力はハチ、アブ、ハエの類ですが、少ないながらも甲虫の姿もあったりします。そしていたのがこの小さな、小さなチャバラマメゾウムシ。マメゾウムシ自体が小さな虫ですが、本種はその中でも小型と言えるでしょう。
1-DSC_0034wdn(Tu).jpg

2-DSC_0469wd(Tu).jpgチャバラマメゾウムシ ‘14.11月初旬 東京都町田市
ゾウムシと名はついていますが、ハムシに近い種とされ、現在はハムシ科マメゾウムシ亜科の分類だそうです。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。




  1. 2014/11/14(金) 20:00:08|
  2. ハムシ科マメゾウムシ亜科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バタ臭い ・・・ヤサイゾウムシ

休耕地で虫を探していると、絡んだ雑草の下でセアカヒラタゴミムシがもがいていました。草をかきわけ撮影しようとすると、その先にヤサイゾウムシがいました。実はヤサイゾウムシを探していたので、まさに以心伝心です。セアカは取りあえず置いといて、急遽ヤサイゾウムシへターゲット変更です。このゾウムシも移入種で、原産国はブラジル。何となくバタ臭さを感じるのはそのせいかもしれません。
1-DSC_0273wdn(Tu).jpg

場所を移してエセ生態写真。同じ個体です。
2-DSC_0605wdn(Tu).jpgヤサイゾウムシ ‘14.11月初旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。




  1. 2014/11/13(木) 18:41:50|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生息地見っけ ・・・ハッカハムシ

側溝に沿ってどこかで見たことあるような植物が群生しています。ひょっとしてあのハムシがいるんでないの・・・。そのつもりで見ていくと、いました。ハッカハムシです。いや~、久しぶりです。ヨモギハムシと同じグループで、スタイルもよく似ていますが、やや大型で何より上翅の水玉エンボスが最大の特徴でしょう。一度見たら忘れない外見です。ホストはハッカなどシソ科の植物。無心で食べている葉はアップルミントというやはりハッカの仲間です。群落全体を観察すると、あちらに一頭、こちらに一頭と、沢山ではありませんがそこそこの個体数を確認出来ました。これでハッカハムシの生息地を一つ見っけです。側溝に接する石垣にもいます。そろそろ冬籠りの準備でしょうか。今日はいいタイミングでした。もう少し遅かったらみんな地下に潜っていたかもしれません。

どこかで見たような植物。右手のピンクの花はムラサキカタバミです。ミントの花ではありません、念のため。
1-DSC_0851wkn(Tu).jpg

おっ、いたいた。
2-DSC_0187wdn(Tu).jpg

ここにもいた。
3-DSC_0982wkn(Tu).jpg

石垣にも。
4-DSC_0016wdn(Tu).jpg

まだいます。
5-DSC_1014wdn(Tu).jpg

肢のブルーが鮮やかです。
6-DSC_1034wdn-b(Tu).jpg

多分幼虫。
7-DSC_0545wdn(Tu).jpgハッカハムシ ’14.11月初旬 神奈川県川崎市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2014/11/11(火) 18:25:23|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年最後のカミキリムシ? ・・・キボシカミキリ

雑木林の中にひっそりと開園していた緑地。地元の人しか知らないような、そんな感じの小さな緑地でした。入口は鬱蒼としていますが、中へ入ると適度に陽が入り、なんとなくいい感じ。来シーズンを期待して下見のつもりで歩いていると、目の前の灌木にキボシカミキリがいました。先般UPしたばかりですが、11月まで居座る猛者がいました。しかもなかなかきれいな個体です。樹種はコウゾでしょうか。キボシカミキリのホストはクワやイチジクが有名ですが、コウゾもクワの仲間なのでこのカミキリがいても不思議はありません。
1-DSC_0577wkn(Tu).jpg

2-DSC_0603wdn(Tu).jpgキボシカミキリ ‘14.11月初旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2014/11/10(月) 18:41:24|
  2. カミキリムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

晩秋のゾウムシ3種

路傍の雑草に虫の影。大きさ、形から多分ヤツだろうと目星がつきます。近づいてみればやっぱりチビコフキ。警戒心が強く、近づくそばから逃げの態勢です。という訳で中途半端な距離感の写真と相成りました。ピンも甘いし・・・。
1-DSC_0006wdn(Tu).jpgチビコフキゾウムシ ‘14.11月初旬 東京都町田市

通常冬を成虫ですごす虫たちは、秋から晩秋にかけてそれぞれの越冬場所へ潜り込みますが、このヨーロッパ原産のアルファルファタコゾウムシは、今くらいの季節から初夏にかけて活動し、夏になる前に集団で夏眠するという変わり種です。ヨーロッパ産のゾウムシはみんなこんな生態なんでしょうか、興味は尽きませんね。
2-DSC_0188wdn(Tu).jpg

3-DSC_0535wdn(Tu).jpgアルファルファタコゾウムシ ‘14.11月初旬 東京都町田市

時々我が家の庭にも出没する馴染みのゾウムシですが、畑のアゼで見ると妙におさまりがよく、様になっています。前者同様落花生などマメ科植物のほか、最近ではニンジン、ゴボウ、ネギ、ダイコン、コマツナ、ホウレンソウなど数多くの農作物に寄生し、農家にとっては厄介な存在であるようです。
4-DSC_0432wdn(Tu).jpg

5-DSC_0658wdn(Tu).jpgサビヒョウタンゾウムシ ‘14.11月初旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。













  1. 2014/11/09(日) 20:11:28|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

幕の形 ・・・マクガタテントウ

小さいながらもその特徴的な斑紋で、ちょっと離れていてもそれとなくわかってしまうマクガタテントウ。和名の命名者は、斑紋を幕と捉えて「マクガタ」としたわけですよね。幕に見えるか、見えないかはさておき、そのセンスって結構非凡かもしれませんね。
1-DSC_0821wtn(Ku).jpg
マクガタテントウ ’14.10月下旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





  1. 2014/11/08(土) 18:48:19|
  2. テントウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いるんですねぇ ・・・ご近所のタヌキ

ご近所のマンションの駐車場です。何かいますよ。どうやらタヌキのようです。いるとは聞いていましたが、実際見るのは初めてでビックリしました。でもなんか汚いですね。目の周りをケガしているようだし、耳もちょっとヘンです。野生動物にとって都会で暮らすってどうなんでしょう。食料事情はいいかもしれませんが、交通事故とか、病気とか・・・。近隣住民との軋轢とかないのでしょうか。いずれにしても逞しく生き抜いて欲しいものです。
DSC_0082wdn(S).jpg

DSC_0094wdn(S).jpgタヌキ ‘14.10月下旬 東京都世田谷区


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2014/11/07(金) 19:27:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エレキテル連合 ・・・ナナホシテントウ

どこかで見た顔だなぁ、と思ったらエレキテル連合でした。なんかそんな風に見えませんか。斑紋異常のナナホシテントウでした。
1-DSC_0554wtn(Tu).jpg
ナナホシテントウ ‘14.11月初旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2014/11/07(金) 00:14:29|
  2. テントウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何故葉上? ・・・クチキムシ

クチキムシというくらいですから、本来朽ち木が主たる居場所のはずですが、この日は、クヌギやコナラから4~5頭のクチキムシが落ちました。緑の葉上で一体何をしていたのでしょう。肉食ではないので、エサ取りとも思えませんが・・・。と書いたところでネットを検索。すると「クチキムシは昆虫の幼虫を捕食することも考えられる」というコメントを見つけてしまいました。う~む、腐朽材を食べるだけじゃないのか。そうなると樹葉上にいた理由も理解出来ますね。冬を越すための栄養補給をタンパク質で補おうという作戦かもしれません。

ビーティングGetなので二通りのシチュエーションで撮ってみました。一つはこの日の生態に限りなく近いエセ生態写真。
1-DSC_0481wkn(On).jpg

こっちは私好みのエセ生態写真。こっちの方が何となくクチキムシっぽいですよね。
2-DSC_0271wkn(On).jpg

3-DSC_0316wdn(On).jpgクチキムシ ‘14.10月中旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2014/11/06(木) 18:08:38|
  2. クチキムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

瑠璃色つながりの続き ・・・ルリテントウダマシ

テントウダマシの中では最多出場となるルリテントウダマシ。瑠璃色つながりのどさくさに紛れUPしてしまおうという管理人の腹です。白いフワッとした菌類にやってきたルリテントウダマシの交尾(そうは見えませんが交尾しています)ペアです。
1-DSC_0300wtn(Ku).jpg

こちらは近くの下草で、所在無げに佇む単独個体です。
2-DSC_0255wdn(Ku).jpgルリテントウダマシ ‘14.10月下旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2014/11/05(水) 20:57:37|
  2. テントウダマシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

瑠璃色つながり ・・・カミナリハムシ2種

畑のアゼでコルリアトキリゴミムシを撮影中、周りに沢山のカミナリハムシがいることに気が付きました。それも2種類です。一つはルリ色のコルリっぽい体色のカミナリハムシ。もう一つは黒っぽい一回り小さなカミナリハムシです。畑のアゼで何をやっていたのでしょう。考えられるのは越冬前の栄養補給です。来年春まで死なずに冬を越せるよう、食草を腹いっぱい食べて、その準備をしていたのではないでしょうか。そしてその時期が来たら、土中へ潜って永い眠りにつくという。そんなことを考えていたら、ネット上に面白い一文を見つけました。コルリアトキリゴミムシは花粉のほか、カミナリハムシの幼虫を食べるとありました。周りにいたのは成虫ばかりですが、両者が同じ場所にいたという事実は、何かを暗示しているようで興味深いものがあります。
1-DSC_0593wdn(Ku).jpg

2-DSC_0729wdn(Ku).jpg

3-DSC_0738wdn(Ku).jpg

4-DSC_0653wtn(Ku).jpg
カミナリハムシの一種 ‘14.10月下旬 東京都町田市

別のカミナリハムシ。
5-DSC_0746wdn(Ku).jpgカミナリハムシの一種 ‘14.10月下旬 東京都町田市
※カミナリハムシの同定は容易ではありません・・・。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2014/11/04(火) 20:04:09|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コルリ日和 ・・・コルリアトキリゴミムシ

セイタカアワダチソウにルリ色のハムシ。近づいてみればハムシではなく、コルリアトキリゴミムシでした。それにしても何と小さなゴミムシでしょう。なにしろ4~5mm程度の大きさなので、ハムシに見えてもおかしくありません。こんなに小さかったっけ、と思わず声が出てしまいます。そしてこの日、アメリカからやって来たこの小さなゴミムシは、いろいろな場面でモデルを務めることになるのでした。
1-DSC_0148wdn(Ku).jpg

ランチタイムに遊ぶの図
3-DSC_0395wdn(Ku).jpg

4-DSC_0431wdn.jpg

畑のアゼにいたの図
6-DSC_0720wd(Ku).jpg

路肩の雑草にいたの図
5-DSC_0701wdn(Ku).jpg

再びセイタカアワダチソウにいたの図
2-DSC_0218wdn(Ku).jpgコルリアトキリゴミムシ ‘14.10月下旬 東京都町田市
今から25年ほど前に北米からやって来た微小かつ美麗なゴミムシ。家畜用の干し草飼料にまぎれて来日、その後は芝生とともに拡散したと言われています。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。










  1. 2014/11/02(日) 21:28:36|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

自画自賛 ・・・ルリゴミムシダマシ

散策路の脇に転がる朽ちたクヌギ。その樹皮をめくるとルリゴミムシダマシが出てきました。撮影フィールドでは定番の虫ですが、いまだ納得のいく写真が撮れていません。逃げようとする個体をなだめすかし撮った写真がこれ。いままで撮った中では一番いい出来かもしれません。ってあくまで自画自賛ですが・・・。
1-DSC_1109wdn(On).jpgルリゴミムシダマシ ‘14.10月中旬 東京都町田市
※ツヤのある甲虫の撮影は、難しいです。

マニュアルフォーカスでインジケーターを設定して撮ってみましたが、まるで使い物になりません。目視で合わせた方がよほどピンが合います。マクロ撮影では微妙すぎるのでしょうか。そうか、私のカメラは若干後ピン気味なので、インジケーターもそうなっているのかもしれません。原因がわかっても使えないものは使えません。トホホなマイデジイチです。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





  1. 2014/11/01(土) 17:08:51|
  2. ゴミムシダマシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0