甲虫三昧

定番のカミキリモドキ ・・・アオカミキリモドキ

葉裏にアオカミキリモドキ。ふつう種ですが、メチャ多いモモブトに比べると、この虫はとにかく撮らなくちゃ、という気持ちにさせてくれます。
DSC_0964wd.jpg

DSC_0974wkn.jpg

こっちは別個体。目玉大きいですねぇ。こんなに大きかったですかね。
DSC_1053wd.jpgアオカミキリモドキ ‘15.5月中旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。










スポンサーサイト
  1. 2015/05/31(日) 18:19:06|
  2. カミキリモドキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カツオゾウムシの産卵

10年以上虫の写真を撮り続けていますが、カツオゾウムシの産卵シーンに初めて遭遇しました。イタドリにふつうに見られるカツオゾウムシも、産卵シーンとなると運とタイミングが必要かもしれませんね。

とりあえずカツオゾウムシの図
1-DSC_0535wdn(I)_20150530213318a3d.jpg

茎の汁を吸っているのかと思いきや、やおら反転してお尻を沈めはい産卵。そして再び同じ作業の繰り返えすカツオゾウムシのメスです。
2-DSC_1289wd(I).jpg

3-DSC_0007wd(I).jpgカツオゾウムシ♀ ‘15.5月中旬 東京都狛江市

こっちは便乗UPのナガカツオゾウムシ。民家の庭先のヨモギにいたところのスナップです。民家の庭先でも、その虫にとってよい環境であれば、どこでもかまわないということでしょうか。暑すぎる5月の太陽に、何だか所在無げなナガカツオゾウムシです。
DSC_0270wdn(I).jpg

DSC_0301wdn(I).jpgナガカツオゾウムシ ‘15.5月中旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2015/05/30(土) 21:44:02|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

怒涛の6連発+1 ・・・クロトゲハムシ

ここ数年見ていなかったクロトゲハムシがホストのススキにどわっと沸いていました。毎年今ごろ、彼らを探してススキを観察し、ただの一匹も見つけられなかったことがまるでウソのようです。しかし今年はどうでしょう、ススキのいたるところに彼らの細長いシルエットがあ~るではありませんか。そこでふと思い出しました。そう言えばこのエリアを見ていなかったなぁ、と見つけられなかった理由が、撮り手のヘボにあったことがまた露呈してしまいました。やっぱり詰めの甘い熟年虫好きです。
1-DSC_0283wd(I).jpg

2-DSC_0204wd(I).jpg

3-DSC_0173wd(I).jpg

4-DSC_0322wd(I).jpg

5-DSC_0570wk(I).jpg

6-DSC_0159wd(I).jpgクロトゲハムシ ‘15.5月中旬 東京都狛江市

断定は出来ませんが、多分かれらの羽脱口
7-DSC_0145wtn(I).jpg



にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。












  1. 2015/05/29(金) 21:37:56|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

自己主張 ・・・ジュウジチビシギゾウムシ

小さいなりに自己主張の強いシギゾウムシと言えましょうか。背中にしょった十字マークは、それなりにインパクトがあるように思えますが、どんなものでしょう。私の中では最近ちょっと出番が増えてきたかな、と思うジュウジチビシギゾウムシです。
1-DSC_0029wdn(I).jpg

2-DSC_0133wdn(I).jpg

3-DSC_0035wdn(I).jpgジュウジチビシギゾウムシ ‘15.5月中旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。







  1. 2015/05/27(水) 22:31:50|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナエドコ?

公園のトイレの壁に止まっていたコガネムシ。さすがにそこでは撮るわけにもいかず、Get後の後撮りとなりました。惜しむらくは後翅がおかしな具合になって出っ放しです。撮影中も何度か飛び立とうとしますが、離陸のフリばかりでそのうち撮影台(テーブル)から転がり落ちしまいました。同定の難しいチャイロコガネですが、感じからするとナエドコチャイロコガネが一番近いような気がします。ネット情報では、ご近所でも採れているようなので、当たらずとも遠からずといったところかもしれません。取りあえず?付きでナエドコチャイロとしました。あしからず。
1-DSC_0686wdn(I)_20150526205024487.jpg

2-DSC_0630wdn(I)_2015052620503051f.jpgナエドコチャイロコガネ ‘15.5月初旬 神奈川県川崎市

締まらないコガネムシの写真だけじゃなぁ、なんて思いながら他にUP出来るコガネムシの写真はないか探してみましたが、今シーズンはキスジも、カタモンも、ヒゲブトハナムグリもな~にも撮っていませんでした。まさにトホホな熟年虫好きのコガネムシ事情です。と言いつつ、ここにもあそこにもいるという超定番のコガネムシをどさくさにまぎれ便乗UPします。
1-DSC_1056wdn(I).jpgヒメビロウドコガネ ‘15.5月中旬 東京都狛江市

2-DSC_1002wkn(Ku).jpgヒラタアオコガネ ‘15.5月初旬 神奈川県川崎市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。








  1. 2015/05/26(火) 20:56:42|
  2. コガネムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱりいました ・・・アザミホソクチゾウムシ

先般、多摩の尾根道で撮影した?付きのアザミホソクチゾウムシ。その時は半信半疑でしたが、後日同じエリアの草地で、キツネアザミで三つ巴のアザミホソクチゾウムシを見つけました。やっぱりいたんですねぇ。九州、本州の分布ですが、私的には西に多いという印象はぬぐえず、この日も数あるキツネアザミを片っ端から調べてみましたが、いたのはこの3頭のみ。図鑑に少ない種とあるので、関東ではやはり少ないのかなぁ、なんて印象です。
2-DSC_0462wkn(Ku).jpg

三つ巴解消後の図
3-DSC_0513wkn(Ku).jpgアザミホソクチゾウムシ ‘15.5月初旬 神奈川県川崎市

1-RIMG0003wtn(Ku).jpg
キツネアザミ。所謂アザミ類とは一線を画す植物ですと・・・


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。




  1. 2015/05/25(月) 22:28:09|
  2. ホソクチゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

里のカミキリを少々の続き

昨年は見なかったマルモンサビが今年はそこそこいました。ちょうど発生のピークに当たったようです。発生木はニセアカシアでしょうか。ホストにニセアカシアの記載はありませんが、この枝ぶりはニセアカシアですよねぇ。違っていたらまた墓穴です。
7-DSC_0726wdn(I).jpg

8-DSC_0604wdn(I).jpgマルモンサビカミキリ ‘15.5月中旬 東京都狛江市

こちらは毎年同じ場所で発生を続けているシラオビゴマフケシカミキリ。ふつう種ですが、今のところこの界隈でしか見られないので、私にとっては貴重な発生場所と言えます。
9-DSC_0772wkn(I).jpg

10-DSC_0812wkn(I).jpgシラオビゴマフケシカミキリ ‘15.5月中旬 東京都狛江市

この日、一頭だけ目にしたニイジマチビカミキリ。チビというだけあって小さいです。小さいなりにちょっといい感じの斑紋だな、と常々思っている熟年虫好きです。
11-DSC_0939wkn(I).jpgニイジマチビカミキリ ‘15.5月中旬 東京都狛江市

この3種についてはここ数年同じフィールドで撮影しているので、代わり映えがしません。トホホな写真センスです。



にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。








  1. 2015/05/24(日) 20:33:36|
  2. カミキリムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

里のカミキリを少々

フェンス上では如何ともしがたいトゲヒゲトラですが、今年は今のところこの写真しか撮れていません。お粗末。1-DSC_0868wdn(Ku).jpgトゲヒゲトラカミキリ ‘15.5月初旬 神奈川県川崎市

何も思いつかないナカジロサビです。
2-DSC_0996wdn(Ku).jpgナカジロサビカミキリ ‘15.5月初旬 神奈川県川崎市

今年も随所でその姿を見せてくれるキクスイカミキリ。撮影をはじめた頃は、どこを探しても見つからなかった市井のカミキリですが、ここ数年、ご近所でもよく見かける定番のカミキリとなりました。何はともあれうれしいことです。
3-DSC_0214wdn(I).jpgキクスイカミキリ ‘15.5月中旬 神奈川県川崎市

同じ場所で撮影したシナノクロフヒトオビアラゲ。東京も郊外へ出るとよく見かけるご両人ですが、さすがに市街地でという訳にはいかないようです。
4-DSC_0579wkn(Ku).jpgシナノクロフカミキリ ‘15.5月初旬 神奈川県川崎市

5-DSC_0654wkn(Ku).jpgヒトオビアラゲカミキリ ‘15.5月初旬 神奈川県川崎市

フキの群落にキマダラカミキリ。昨年も同じフィールドでこのカミキリに出会いましたが、私のバヤイ、年に1~2回会えばそれでおしまいと言うのがお決まりのパターンです。5月から6月にかけてがこのカミキリの旬の時期でしょうか。ふつう種ですが、いつでもどこでも、という訳にはいかないようです。
6-DSC_0441wdn(I).jpgキマダラカミキリ ‘15.5月初旬 神奈川県川崎市

この続きはまた明日。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。








  1. 2015/05/23(土) 18:20:46|
  2. カミキリムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒いオトシブミ2題

初夏の頃がオトシブミの活動期だというのに、今年もこの黒いオトシブミを遠くの方から眺めるだけで終わってしまいそうな熟年虫好きです。あっ、すいません。何か後ろ向きですよね。シーズンはまだこれから、色気のあるオトシブミに会える日も必ずやって来ることでしょう。ナハハハ・・・。

クヌギの若葉から辺りを睥睨するの図
1-DSC_1092wdn(Ku).jpg

2-DSC_0875wd(I).jpgヒメクロオトシブミ ‘15.5月初旬 神奈川県川崎市

3-DSC_1149wdn(Ku).jpgエゴツルクビオトシブミ♂ ‘15.5月初旬 神奈川県川崎市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2015/05/22(金) 21:07:43|
  2. オトシブミ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

写欲をそそる? ・・・シモフリコメツキ

標高を上げると、そこそこ魅力的なコメツキに会える可能性は高まりますが、諸般の事情で今のところお山へ行く予定はありません。勢い近場のフィールドで、黒いコメツキ相手に嘆息する熟年虫好きですが(虫神様に怒られそう)、そんな中で写欲をそそる数少ないコメツキがこのシモフリコメツキです。と正直な感想を吐露してしまいましたが、皆さんはどうどすか?
1-DSC_0025wtn(I).jpg

ひょっとしてヒメシモフリコメツキ???
2-DSC_0020wdn(I).jpg

どうしたのかな、この子はの図
3-DSC_0270wdn(I)_20150521205426c36.jpgシモフリコメツキ ’15.4月下旬 神奈川県川崎市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2015/05/21(木) 20:57:00|
  2. コメツキムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

その後のツツムネチョッキリ

敏感なチョッキリで、一つして満足な写真撮らせてくれないツツムネチョッキリ。どうしても納得がいかず、かれら攻略のため、再度生息場所の梅林へ繰り出しました。数にして14~5本の小さな梅林ですが、その中の2~3本に彼らの姿があります。しかしタイミングが微妙にずれたようで、単独の個体を2~3見たにすぎません。しかしどうしたはずみか、撮影にえらく協力的な個体がいて、今までの鬱憤を晴らす勢いで、嫌というほどシャッターを切らせてもらいました。私思うに、交尾を終え、子孫を残す大きな仕事を成し遂げたあとの余裕というか、気持ちにゆとりが出来、虫好きの私に好き勝手させたのではないかなぁと、何となくそう思う熟年虫好きです。何か拍子抜けのツツムネチョッキリでした。
1-DSC_0068wdn(I).jpg

2-DSC_0239wkn(I).jpg

3-DSC_0401wtn(I).jpg

大人しかったので、ぐぐっと近寄ってみましたの図
4-DSC_0341wdn(I).jpgツツムネチョッキリ ‘15.5月上旬 神奈川県川崎市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2015/05/20(水) 20:40:15|
  2. チョッキリゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

頂きもの ・・・ルリカミキリ

仲良くしていただいている植木屋さんからの頂きものです。捕獲場所は世田谷某所とのことですから、自宅の廻りも丹念に探せば見つかるかもしれません。ホストのベニカナメモチは、マンションの生垣などにもよく利用されているので、いる可能性は大ですが、ジロジロを見ていると不審者に間違われそうで、ちょっと躊躇します。数年前には先方から庭へ来てくれたことがあり、今年もそんなことにならないかと期待しているのですが、やっぱりそう都合よくはならないでしょうね。

葉脈の沿って後食するの図
1-DSC_0102wtn(S).jpg

2-DSC_0519wk(S).jpg

3-DSC_0416wdn(S).jpg

4-DSC_0289wk(S).jpgルリカミキリ ‘15.5月中旬 東京都世田谷区


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





  1. 2015/05/19(火) 18:33:46|
  2. カミキリムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キラ、それとも ・・・チャイロコガネの一種

遊歩道脇のサクラのヒコバエにコガネムシを発見。私の好きなチャイロコガネの仲間です。見た目はキラチャイロコガネのメスに見えますが、図鑑の解説に似た種が10種ほど生息するとあるので、大事をとってチャイロコガネの一種としました。
1-DSC_0809wkn(Ku).jpg

2-DSC_0711wdn(Ku).jpg

飛び立たれたので叩き落とした後の図
3-DSC_0492wdn(Ku).jpgチャイロコガネの一種 ‘15.5月初旬 神奈川県川崎市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。








  1. 2015/05/18(月) 18:27:15|
  2. コガネムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京近郊では初 ・・・フタホシオオノミハムシ

このハムシだけは別扱いにしました。と言うのも東京で見るのは初めてなんですよ、このハムシ。ノミハムシの仲間ですけど、どうしたことか瞬間移動出来ないのんびり屋です。他のノミハムシのように後肢は太くなく、動きは至って緩慢。ノミハムシにしては図体がデカいせいでしょうか。ホストはサルシリイバラ。GW・ハムシ事情でUPしたアカクビナガハムシと同じサルトリイバラにいました。
1-DSC_0459wdn(ku).jpg

2-DSC_0398wkn.jpg

陽が陰ってきました。
3-DSC_0391wkn(Ku).jpg

4-DSC_0407wkn(Ku).jpgフタホシオオノミハムシ ‘15.5月初旬 神奈川県川崎市
※撮り手が入れこんでしまいましたが、別扱いするほどのこともなかったみたいですね。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。




  1. 2015/05/17(日) 21:06:34|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GW・里のハムシ事情 その3

GWに撮影したハムシたちの最終回です。植生、地域、標高によっても内容はかなり違ってくると思いますが、東京近郊では大体こんなもんじゃないでしょうか。いいや、まだいる!と目くじら立てずにおおらかな気持ちで見ていただければ幸いです。

クロセスジハムシ⇒ナガトビハムシ なんという光沢。クリアラッカーを何層にも塗り重ねたみたい
15-DSC_0652wkn(Ku).jpg

カタクリハムシ 上翅の条溝がすごいです
16-DSC_0502wkn(Ku).jpg

ヒゲナガマルノミハムシ あまり見ませんねぇ、このハムシ
17-DSC_0746wdn(Ku).jpg

ムナキホソヒゲナガハムシの本州バージョン? 郊外へ出ると結構沢山いたりして・・・
18-DSC_0381wkn(Ku).jpg

アカガネサルハムシ 久々なので2葉UPしました。あしからず
19-DSC_1018wdn(Ku).jpg

19-DSC_1057wdn(Ku).jpg

ムナグロツヤハムシ 東京では無地バージョンばかり。斑紋の変化はハンパないんですけどね・・・
20-DSC_0193wdn(I).jpg

クロボシツツハムシ 好きなので2枚目。どちらかというと数合わせね
21-DSC_0096wdn(I).jpg撮影はすべて ’15.5月初旬 神奈川県川崎市

昨日の続きは今日でおしまいです。お疲れ様でした。



にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2015/05/16(土) 20:28:53|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GW・里のハムシ事情 その2

昨日の続きです。内容はそれなりです。

キバラルリクビボソハムシ ホストはツユクサ
8-DSC_1135wdn(I).jpg

コフキサルハムシ(別名リンゴコフキハムシ) 白い綿毛がありません。個体の新旧にかかわらず、綿毛は再生するみたいですよ
9-DSC_0172wtn(Ku).jpg

9-DSC_0537wkn(T).jpg過去画像で恐縮ですが、綿毛をまとった個体です。撮り手がヘボなので、ハレーション起こしちゃってます。これのみ‘13.6月下旬 東京都八王子市

アサトビハムシ ナガスネトピハムシ属は見た目みな同じに見えますが、カナムグラにいたのでアサトビハムシで正解と思います
10-DSC_0699wdn(I).jpg

バラルリツツハムシ 数が多いのでそれを象徴するかのように2枚目・・・
11-DSC_0074wdn(Ku).jpg

キイロクビナガハムシ 点刻が魅力? ヤマノイモがホスト
12-DSC_0674wkn(Ku).jpg

トゲアシクビボソハムシ ご新規ハムシです。キバラルリクビボソハムシに似ていますが、中肢にトゲがあるので区別は容易です
13-DSC_0552wdn(Ku).jpg

アカクビナガハムシ 東京近郊では初めての撮影です。ホストはサルトリイバラ
14-DSC_0723wdn(Ku).jpg撮影はすべて ’15.4月下旬~5月初旬 神奈川県川崎市

この続きはまた明日。そぅ、まだ続くんですよ。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2015/05/15(金) 20:32:19|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GW・里のハムシ事情 その1

タイトルほどの中身はありません。UPの時期を逸した感無きにしもあらずですが、GW中につらつら撮影したハムシを一挙にUPしてしまおうという、お手軽企画です。でもって、UP順をどうしようか若干迷いましたが、ここは順当に日付順、撮影順でいくことにしました。だから脈絡がありません。管理人自体に脈絡がないので、ここは諦め適当にお付き合いいただく以外ほかに手はありません。

イタドリハムシ 春を代表するハムシの一つ
1-DSC_0219wdn(I).jpg

バラルリツツハムシ とにかく沢山・・・
2-DSC_0262wdn(I).jpg

トホシクビボソハムシ クコに定番のクビボソハムシ
3-DSC_0032wdn(I).jpg

カミナリハムシの一種 未だに種を特定出来ません
4-DSC_0346wkn(I).jpg

オオキイロマルノミハムシ⇒オオアカマルノミハムシ? ホストはボタンヅル
5-DSC_0257wdn(I).jpg※虫仲間のnoriさんよりメールをいただきました。オオキイロマルノミハムシとしていたハムシですが、触角の色、肢の色、そしてホストからオオアカマルノミハムシが正解のようです。但し肢が全体黒くなく、先端部のみ褐色というのがちょっと引っかかりますが、ほかに該当する種が見当たらないので?付きでオオキイロマルノミハムシとしました。noriさん、ありがとうございました。

クロボシツツハムシ この子も春を代表するハムシの一つ。イタドリハムシと並んで好きなんですよね、このハムシ
6-DSC_0650wdn(I).jpg

クワハムシ クワ以外でもよく見かけます
7-DSC_0831wdn(I).jpg撮影はすべて、’15.4月下旬 神奈川県川崎市

この続きはまた明日・・・


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2015/05/14(木) 20:48:44|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

なんだかなぁ ・・・アシナガオニゾウムシ♂

いてくれたことには感謝のアシナガオニゾウムシですが、何でこんなところにいるのと、思わず本音が出ちゃいます。とは言え、ゾウムシ大好き人間の私としては、スルーするわけにはいかず、なんだかなぁ、とつぶやきながら何度もシャッターを切ってしまうのでした。

この子はOKの図
1-DSC_0911wdn(Ku).jpg

なんだかなぁ、の図(フェンスの支柱に止まっています)
2-DSC_0160wd(Ku).jpgアシナガオニゾウムシ♂ ’15.5月初旬 神奈川県川崎市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。







  1. 2015/05/13(水) 19:52:00|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

動き回る微小種 ・・・ヒメトサカシバンムシ

見た時はどの科に属する虫かにわかには判断出来ませんでしたが、小枝を行ったり来たりする虫をファインダー越しに見ているうちに「はは~ん、シバンムシだな、こりゃ」と一人つぶやきが漏れました。帰宅後調べてみると、見立ては正解。ヒメトサカシバンムシと正体が割れました。イマイチ鮮明さに欠けますが、動き回る微小種ということで、大目に見てやっていただきたいと思います。
1-DSC_1187wdn(Ku).jpg

3-DSC_1222wdn(Ku).jpgヒメトサカシバンムシ ‘15.5月初旬 神奈川県川崎市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2015/05/12(火) 21:15:16|
  2. シバンムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サルゾウムシ2題

ホストが沢山あるからどのホストにも万遍なくいるかというと、どうもそういう訳にはいかないようです。本種も数あるギシギシやスイバを順に見て、「おっ、いた」というくらいの感じでしょうか。いるところには結構群れていたりするんですけどね。
1-DSC_0035wdn(I).jpg

2-DSC_0054wdn(I).jpg

3-DSC_0083wkn(I).jpg

この子は珍しくホストからかなり離れた柵上にいた個体。群れから離れ、異動先へ単身赴任と言ったところでしょうか。
4-DSC_0502wdn(I).jpgギシギシクチブトサルゾウムシ ’15.4月下旬 神奈川県川崎市

用水路の鉄柵に止まっていた、全身真っ黒くろ助のサルゾウムシ。図鑑の絵合わせでクロトゲサルゾウムシとしましたが、当然のごとく自信はありません。植物にいたなら同定のヒントになったかもしれませんが、人工物では何ともなりませんね。
1-DSC_0847wdn(Ku).jpg

2-DSC_0814wdn(Ku).jpgクロトゲサルゾウムシ? ‘15.5月初旬 神奈川県川崎市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。








  1. 2015/05/11(月) 21:01:27|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

怒りを買う? ・・・アカホソアリモドキ♀

遊歩道のベンチで暫時休憩中、傍らの葉上に小さなアリモドキ(アリモドキは総じて小さい)を発見。小さく、地味な虫でも甲虫である以上撮影を試みなければ虫神様の怒りを買ってしまいます。でもって撮った写真がこれ。毎度のごとく甘い写真ですが、私の同定ではアカホソアリモドキのメス。オスは上翅の中央に細長い凹みがあり、雌雄の性差は顕著です。体長は3mmくらい、小さな小さな甲虫です。
1-DSC_0966wtn(I).jpg

2-DSC_0994wdn(I).jpgアカホソアリモドキ♀ ‘15.4月下旬 神奈川県川崎市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2015/05/10(日) 20:57:10|
  2. アリモドキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

背負い投げ ・・・アシナガコガネ

背中のオスが鬱陶しいのか、今まさに背負い投げで一本取ろうかというメス。っていうのはウソですが、こんな格好になってもメスを離さないオスは、ひょっとしてオスの鑑かもしれませんね。見上げれば満開のミズキにアシナガコガネが鈴なりです。ミズキをはじめ、ヒメジォンやバラ園のバラにも飛来し、花弁に潜り込み、旺盛な食欲を満たすアシナガコガネです。
1-DSC_0339wdn(I).jpg

2-DSC_0361wdn(I).jpg

3-DSC_0413wdn(I).jpg

5-DSC_0118wdn(Nz).jpgアシナガコガネ ‘15.4月下旬 神奈川県川崎市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。










  1. 2015/05/09(土) 17:09:10|
  2. コガネムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目の前に ・・・コルリアトキリゴミムシ

土中からわんさか湧いてきたヒメビロウドコガネを見ていたら、目の前の葉上にコルリがひょいと上がって来ました。よく走り回るゴミムシですが、気配を殺していると1~2枚撮るくらいの時間は提供してくれるようです。
1-DSC_1107wdn(I).jpg

2-DSC_1114wdn(I).jpgコルリアトキリゴミムシ ’15.4月下旬 神奈川県川崎市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。




  1. 2015/05/08(金) 20:59:29|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

困ったチョッキリ ・・・ツツムネチョッキリ

この子の撮影はシンドいの一言です。実際撮影されたことのある虫好きなら、あ~もぅ、やめた、と思ったことは一度や二度ではないでしょう。近づけば落ちる。目が合えば落ちる。当然レンズを寄せれば落ちる。それほど手を焼かせる困ったチョッキリなのです。だからこそ撮りたいと思うのも虫好きの性。撮れた時は、もういいもんね、今日はこのまま帰るもんね。と啖呵の一つも切りたくなるというものです。まっ、中には協力的な個体もいたりするわけですから、その個体に巡り合えるかどうかが、ツツムネチョッキリ攻略のカギかもしれません。ってちょっとオーバー。それほどのことはありませんが、撮影がシンドいのは事実です。言い忘れましたが、この子のホストはウメです。青梅に小さな穴が開いていたらこの子がいる証拠かも。

止まっている場所がダメですよね。しかもヘンなものが実に引っかかっているし・・・。この辺りが熟年虫好きの限界かもです。
1-DSC_0266wtn(I).jpg

上の方にいた交尾個体が、うまい具合に目の前に落ちてきました。オスの体色が黒っぽいのはひょっとして紫色個体でしょうか。確認出来ないのがざんね~ん。
2-DSC_0309wdn(I).jpg

DSC_0023wd(I).jpgツツムネチョッキリ ’15.5月初旬 神奈川県川崎市
※その後ちょっとマシな写真が撮れましたので、差し替えました。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2015/05/07(木) 18:51:09|
  2. チョッキリゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カナメモチに集う

フィールト探訪を謳うにはおこがましい内容ですが、満開のカナメモチに集まるいつもの面々にスポットライトを当てようというお手軽企画です。適当にお付き合いいただければ幸いです。

とにかく多いのがこのヒラタハナムグリ。背中が平たいからこの名前ですが、平たいというよりは反り返っていると言った方がいいくらいの印象です。
1-DSC_0074wdn(S)_20150506214334fe6.jpgヒラタハナムグリ 

そしてこれもド定番のコアオハナムグリ。東京から虫がいなくなってもコアオだけは残りそうな気がします。
3-DSC_0005wkn(S).jpgコアオハナムグリ

シロオビマルカツオブシムシが来ていました。ヒメマルに比べると見る機会は限られますが、それでもふつう種の域は出ないようです。
4-DSC_0009wtn(S).jpg
シロオビマルカツオブシムシ

これも常連のアオグロカミキリモドキ。郊外はモモブト、市街地はアオグロといった構図でしょうか。モモブトはいなくてもアオグロだけは毎年決まって顔を出してくれます。
5-DSC_0070wkn(S).jpg

6-DSC_0075wdn(S).jpgアオグロカミキリモドキ

カナメモチでは初めて見る顔です。冬場、ケヤキの樹皮下で寝ている姿はよく見かけますが、シーズンに入るとこうして花の蜜や花粉を食べにやってくるんですね。しかもえらく敏感で、ちょっとしたことではじかれたようにいなくなってしまいます。花の白がぶっ飛んでいますが、ご愛嬌と言うことで・・・。
7-DSC_0149wdn(S).jpgサイカチマメゾウムシ ’15.4月下旬~5月初旬 東京都世田谷区

そして締めは再びヒラタハナムグリ。なにしろ数が多くて、多くて・・・。
8-DSC_0111wdn(S).jpgヒラタハナムグリ ’15.4月下旬~5月初旬 東京都世田谷区(すべて)


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。















  1. 2015/05/06(水) 21:57:19|
  2. フィールド探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

数に限り? ・・・ナガカツオゾウムシ

一時撮影フィールドから姿を消していた(見つけられなかった)ナガカツオですが、今シーズン取りあえず一頭顔を見せてくれました。カツオゾウムシは沢山いますが、ヨモギに寄生する本種は、数に限りがあるようです?
DSC_0934wtn(I).jpg

DSC_0975wdn(I).jpgナガカツオゾウムシ ‘15.4月下旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。




  1. 2015/05/04(月) 15:55:46|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

珍客 ・・・カメノコテントウ

河川敷のグミにやって来たカメノコテントウ。この界隈では珍客です。成虫、幼虫ともにクルミにつくクルミハムシの幼虫を捕食しますが、残念ながら撮影フィールドにクルミハムシは生息していないので、ちょっと間違っちゃったなぁ、のカメノコテンウです。
1-DSC_0579wdn(I).jpg

2-DSC_0556wd(I).jpgカメノコテントウ ’15.4月下旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





  1. 2015/05/03(日) 21:34:24|
  2. テントウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

共食い、それとも求愛? ・・・ツマキアオジョウカイモドキ

すわ共食いかと思われた両者のつばぜり合いは、どうやら交尾前の求愛行動だったようです。触角の形状から左がオス、右がメスです。見た目、オスの方が防戦一方といったムードでしたが、実のところメスの好きにさせているというのが実際だったかもしれません。激しいメスのキス攻撃に、好きにしてくれぇ、と言ったかどうかは知りませんが、何となくそんな印象を受けた熟年虫好きです。2~3分続いたキス攻撃はやがて終息し、葉上をそそくさと歩きはじめたメスを、オスが追いかけるというシークエンスで、2頭の姿は葉影に消えていきました。キスシーンは見せるけど、本番はね、と言ったところでしょうか。こうした光景を目の当たりにすると、虫との出会いは一期一会だなぁ、と実感します。
1-DSC_0289wdn(I).jpg

2-DSC_0335wdn(I).jpgツマキアオジョウカイモドキ ‘15.4月下旬 東京都狛江市

これだけではちょっと寂しいので、過去画像を便乗UPします。一応オス、メス一葉づつね。
3-DSC_0511dn(T).jpgメス

4-DSC_0574wkn(I).jpgオス


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。







  1. 2015/05/02(土) 22:26:09|
  2. ジョウカイモドキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

君は何者? ・・・イシハラチビマルハナノミかも

体長4mm弱、緑地の生垣で撮影した初見の甲虫。ハムシに見えなくもありませんが、撮影時の虫の動きや雰囲気から、ハムシじゃないよ、と虫神様が囁きます。となると正体は何でしょう。私のつたない経験から出した答えはマルハナノミの仲間。種を特定するには至っていませんが、狙いは外れていなかったように思います。体長、体色、スタイル、そして体毛の有無などから、イシハラチビマルハナノミが一番近いかなと、そんな風に思う熟年虫好きなのでした。でも当然?付きです。あしからず。
1-DSC_0145wdn(I).jpg

2-DSC_0130wdn(I)_20150501165500322.jpgイシハラチビマルハナノミ???(マルハナノミ科) ‘15.4月下旬 神奈川県川崎市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2015/05/01(金) 16:56:36|
  2. その他の科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0