甲虫三昧

シャレた配色 ・・・キムネヒメコメツキモドキ

目視で見つけていたら、もっと興奮していたかもしれないキムネヒメコメツキモドキ。残念ながらビーティングでの落し物です。2頭続けて落ちたので、ひょっとしたら交尾ペアだった可能性もあります。保育社の甲虫図鑑には、ホストや出現期の記載がないので、普段はどんなところで活動しているのかわかりませんが、ネット上では草地とか、初夏の頃の撮影が多いようです。体長は4~5mm、小さいながら、なかなかシャレた配色のコメツキモドキです。
1-DSC_0427wkn(Ku).jpg

2-DSC_0489wdn(Ku).jpg

3-DSC_0492wdnn(Ku).jpgキムネヒメコメツキモドキ ’15.9月下旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


スポンサーサイト
  1. 2015/09/29(火) 21:35:00|
  2. コメツキモドキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

定番ケシキスイ2題

柿の実が熟れる頃になると、目に止まることが多くなるアカマダラケシキスイ。今年は昨年より若干早いお出ましとなりました。ケシキスイ類の中では大きい方でしょうか。個体数も多いので、気兼ねなく撮れる点は楽です。
1-DSC_0118wdn(On).jpg

隙間に入り込んでしまいました。しかも片方の触角が欠けていますの図
2-DSC_0100wkn(On).jpgアカマダラケシキスイ ‘15.9月中旬 東京都町田市

ヤナギの樹皮のすき間に潜り込んでいた個体を、小枝でツンツンして撮った半分ヤラセのヨツボシケシキスイ。虫屋のエゴを満足させるために追い出された虫は、どう思っているのでしょう。迷惑以外何物でもありませんね。
1-DSC_0811wdn(On).jpg

3-DSC_0817wtn(On).jpg
ヨツボシケシキスイ ‘15.9月中旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。







  1. 2015/09/28(月) 20:44:39|
  2. ケシキスイ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今ではごく普通 ・・・トホシクビボソハムシ

その昔、このハムシの写真がなかなか撮れず、たまに出会ってもすぐに逃げられていたちょうどその頃、多摩川の河川敷で偶然お会いした虫屋の大先輩、P.KAWADAIさんから「ここのクコに沢山いるよ」と教えられ、目からウロコだったことを思い出します。今ではごくふつう見ることの出来る定番のハムシとなりました。
1-DSC_0265wkn(I).jpg

この2組、シンクロしていますねの図
2-DSC_0583wdn(I).jpg

3-DSC_0564wkn(I).jpgトホシクビボソハムシ ‘15.9月中旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。




  1. 2015/09/27(日) 20:56:45|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

その後のハンノキハムシ

初夏のころ、ご近所で唯一私が知るハンノキが伐採され、そこで繁殖していたハンノキハムシの行く末が懸念されましたが、切り株から伸びたヒコバエに、大量のハンノキハムシが沸いていたことで、その懸念は見事に払拭されました。その後、大量の成虫は交尾を終え、大多数が消えましたが、先日久方ぶりにヒコバエを観察したところ、数頭のハムシが、のんびり葉を食んでいました。今残っている個体は夏の生き残りでしょうか、それとも早々と羽化した新成虫なのでしょうか。イマイチ判然としないハムシのライフサイクルではあります。

産卵中の図
1-DSC_0220wkn(S).jpg

ウ○コまき散らしの図
2-DSC_0003wdn(S).jpg

葉を食むの図
3-DSC_0169wkn(S).jpg

いたしておるの図
4-DSC_0053wkn(S).jpgハンノキハムシ ‘15.9月中旬 東京都世田谷区

ヒコバエの図(成長はメチャ早いです)
DSC_0057wkn.jpgハンノキ



にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2015/09/26(土) 23:08:14|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピンチヒッター2 ・・・ヒメオビオオキノコ

とにかく時間があれば虫を探してフィールドに出ていますが、時期的なものに加え、繰り出しているフィールドがほぼ同じなので、撮れる虫の種類もおのずと限られてきます。同じ虫しか記録されていない画像の整理って結構シンドく、このところちょっと停滞気味です。とまぁそんな訳なので、過去画像で一服つけようと思います。

見る時には続けてみることが多いヒメオビオオキノコですが、ここ最近見ていません。どこ行っちゃったんでしょ。
DSC_1009wkn(Oy).jpgヒメオビオオキノコ ‘13.5月中旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2015/09/25(金) 20:32:10|
  2. オオキノコムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地味の上塗り ・・・ツツキノコムシの一種

あまりの地味さにUPをどうしようか考えていた微小甲虫。この際なので地味の上塗りをしようと思います。それにしてもまぁ、なんと小さな甲虫でありましょうや。ボケ覚悟でトリミングしても、ピンの合っていない写真は基本ボツなので(ということは、当サイトの掲載写真は半分方ボツですね)、この程度が限界かなと・・・。にしても2mmは小さい!
1-DSC_0170wdn(On).jpgツツキノコムシの一種(ツツキノコムシ科) ’15.7月下旬 東京都町田市
同定を試みましたが、似たのが多すぎ、結局ツツキノコムシの一種で幕となりました。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2015/09/24(木) 21:54:56|
  2. その他の科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水際微小甲虫しかも地味シリーズ その3

夏草の生い茂る河川敷を抜け、人気のない河原へ出ます。水際の小石を足でひっくり返すと、小さなゴミムシが出てきます。スジミズアトキリゴミムシのようです。河川の水際に生息する体長5mmほどのゴミムシで、動きは早く、一瞬止まったところを狙うしかありません。よって写真はそれなりです。ゴミムシの撮影は、動きの少ない越冬時期に限りますね。
1-DSC_0052wdn(I).jpg

2-DSC_0434wdn(I).jpg

3-DSC_0396wdn(I).jpgスジミズアトキリゴミムシ ‘15.9月中旬 東京都狛江市

スジミズも微小ゴミムシですが、さらにその上を行く超微小ゴミムシ。種名に「チビ」とつくくらいですから、その大きさも知れようというものです。体長は2.5mm、息を止め、精神統一してもこんな写真ですから、どうすることもI Can‘t notです。いや、ホンマ。
2-DSC_0379wdn(I).jpgチビミズアトキリゴミムシ⇒ヒラタコミズギワゴミムシ ‘15.9月中旬 東京都狛江市
※2種とも水辺に生息しますが、所謂ミズギワゴミムシではなく、水辺を棲家とするアトキリ系のゴミムシです。

フッカーS様より、誤同定のご指摘をいただきました。「2種ともアトキリ系のゴミムシ」が、UP早々もろくも崩れてしまい汗顔の至りです。フッカーS様、ありがとうございました。

地味シリーズはこれにて終了です。お疲れ様でした。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。








  1. 2015/09/23(水) 21:03:40|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

水際微小甲虫しかも地味シリーズ その2

石の下の、何かが動いたと思しきあたりを凝視すると、小さな甲虫らしき虫が見えてきました。最初はハムシの一種かと思いましたが、頭部の形状からアリモドキと推定。結果は大当たりでした(ドヤ顔はしいません、念のため)。アリモドキの多くは、色あり、斑紋ありで、小さいなりに種を主張していますが、地味な場所には、地味な種がちゃんといるという訳です。砂地では目立ってしまう色柄も、こんな色目では気付くものはいないでしょう。私は気が付きましたが(くどいようですが、ドヤ顔はねしていません)・・・。体長は3mm弱です。
1-DSC_0307wdn(I).jpgコクロホソアリモドキ ‘15.9月中旬 東京都狛江市
※ピン甘、平にご容赦。

河原にふつうにいるみたいです。

  1. 2015/09/22(火) 20:48:56|
  2. アリモドキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水際微小甲虫しかも地味シリーズ その1

水際に生息する地味で小さな虫を2~3ご紹介しようと思います。タイトル通り地味です。心してお付き合い下さい。まずはコメツキ編から。

調べてみると「ミズギワ」と名のつく虫は結構いて、コメツキにも「ミズギワ」とつく種がいます。河原の石の下を定宿とする小型の一群で、写真のコメツキは体長3~4mm、かなりお地味なコメツキです。こんな虫を撮るのは私くらいのものじゃないかな、ナンテ思ったりします。
1-DSC_0036wdn(I)_2015092119512198a.jpg

2-DSC_0070wdn(I).jpgシラケチビミズギワコメツキ ‘15.9月中旬 東京都狛江市

河原のゴミムシを探している時に偶然目に止まった、これまた微小なコメツキ。上翅の四隅に赤い斑紋があるのがちょっと洒落ていますが、そんな虫だからこそ、ちゃんと撮りたかったなぁ、というのが正直な感想でおます。体長は同じく3~4mm。
1-DSC_0089wdn(I)_20150921195307865.jpgヨツモンミズギワコメツキ ‘15.9月中旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。









  1. 2015/09/21(月) 20:14:44|
  2. コメツキムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9月のクロトゲハムシ

9月のクロトゲは初めてかもしれません。結構遅くまで活動する個体もいるんですね。ハムシの多く(あるいはすべて)は成虫で越冬しますが、トゲハムシはどうなんでしょう。セオリー通りなら成虫越冬のはずですが、冬越しはまだ見たことがありません。越冬するとしたらどこでするんでしょう。ホストのススキの茎の中とか・・・。案外当たっているかもしれないので、この冬ちょっと試してみようかと思います。
1-DSC_0756wdn(I).jpg

2-DSC_0736wdn(I).jpg

3-DSC_0698wdn(I).jpgクロトゲハムシ ‘15.9月中旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2015/09/19(土) 18:25:29|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

星11個 ・・・アイヌテントウ

フィールドにナナホシトントウが目立ちます。そんな中、一回り小さなナナホシが、枯草の上を忙しげに歩き回っています。でもどこか違います。よくよく見ると斑紋の数がちょっと多いんですよね。はは~ん、アイヌテントウだな。ナナホシは星七つ、ココノホシは星九つ(未見)、アイヌは星11コです。13あるとジュウサンホシテントウになりますが、以前同じこのフィールドで、撮る前に逃げられたことがあり、今思い出しても悔しさがこみ上げてきます。ところで何でこの子だけ「アイヌ」なのでしょう。最初の発見場所が北海道だったのでしょうか。よくわかりませんが、何となくそんな気がします。
2-DSC_0385wdn(I).jpgアイヌテントウ ‘15.9月中旬 東京都狛江市
※寝ぼけ写真、相すまんこって・・・。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2015/09/18(金) 21:27:15|
  2. テントウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホストは同じバラ科 ・・・チョッキリ2態

いるのはわかっているのに、なかなか出て来てくれないヒメケブカチョッキリ。そのチョッキリが久々ノイバラに出ていました。それぞれ葉上に陣取り、何するでもなくボーとしています。恋の相手を見つけるのは、もう少し先になってからでしょうか。それとも何もせず、そのまま越冬に入ってしまうのでしょうか。よくわかりません。
1-DSC_0863wtn(I).jpg

2-DSC_1075wdn(I).jpg

4-DSC_0966wdn(I).jpg

5-DSC_0937wdn(I).jpgヒメケブカチョッキリ ‘15.9月中旬 東京都狛江市

奇しくもヒメケブカが撮れたので、クロケシツブチョッキを便乗UPします。同じバラ科をホストとするチョッキリ2種ですが、撮影場所は同じでも、クロケシツブを見る機会の方が圧倒的に多く、ヒメケブカは発生時期もシビアなような気がします。撮影もタイミング次第と言ったところでしょうか。
DSC_0490wdn(I).jpgクロケシツブチョッキリ ‘15.9月上旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





  1. 2015/09/17(木) 18:32:52|
  2. オトシブミ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

これでもかのヤマトタマムシ

今年はタマムシが多いです。というより、タマムシが沢山いるところへ出かけた回数が多かったと言うべきでしょうか。きれいな虫ですが、どう撮ったってタマムシはタマムシです。飛翔寸前のカットとかあれば、それなりにストーリーもつけられそうですが、生憎そんなセンスも「甲虫三昧」は持ち合わせていないので、とにかく撮った写真を並べるしか能がありません。相変わらず能書きの多い虫ブログですが、お付き合いください。
1-DSC_0618wdn(On).jpg上の写真のタマムシのすぐ右上に、小さなたてスジが見えているでしょ。実はこれが未撮影のナガキクイムシの仲間だったのですよ。別カットを見ている時にその存在に気づき、タマムシの色香に惑わされたぁ、と大いに悔やんだ熟年虫好きなのです。また行ったら見つかるかなぁ・・・。大トリミングしてぼけぼけですが、下がその証拠写真です。
DSC_0629wdn(On).jpg
ナガキクイムシの一種(一応ね)


2-DSC_0755wd(On).jpg

ひっくり返してみたの図
3-DSC_0684wkn(On).jpg

色目がちょっと違うの図
4-DSC_0724wd(On).jpg

5-DSC_0966wkn(On).jpg

6-DSC_1027wdn(On).jpg

7-DSC_0983wkn(On).jpgヤマトタマムシ ‘15.9月初旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。







  1. 2015/09/15(火) 21:35:52|
  2. タマムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご新規は死骸 ・・・シバオサゾウムシ

近場で久々オサゾウムシの新顔に遭遇かというシーンでしたが、相手はとうの昔に事切れていました。相変わらず詰めの甘い当ブログの管理人です。死骸との遭遇場所は多摩川の河原。何気にひっくり返した石の下から出てきた時は、写真のごとくですから、当然生きていると思いますよね。おぉっ、ご新規!と胸の内で叫びながら、パシャパシャやりましたが、どうも様子がヘンです。生気が感じられないし、第一まったく動きがありません。あっれ~、死んデレラ。という訳で新顔との初顔合わせは、死骸との初遭遇という結末で幕となりました。

北アメリカ原産のシバの害虫。ゴルフ場のシバにとんでもない悪さをするゾウムシだそうですが、そんなゾウムシがなんで多摩川の河原にいたのでしょう。しかも石の下って、どう考えてもおかしいですよね。流れ着いた死骸が、生前の姿のまま石の下に鎮座すること自体考えられませんものね。考えられるのはただ一つ、つい最近まで生きていた、ということでしょう。案外、川向うのゴルフ場から、新天地を求めて飛来したバイオニアだったのかもしれませんね。合掌。
DSC_1183wdn(I)_20150914220236b61.jpgシバオサゾウムシ ‘15.9月上旬 東京都狛江市
※検索したら、東京の都心でも採れるんですね。生前の体色は茶色みたいです。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。




  1. 2015/09/14(月) 22:04:13|
  2. オサゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カサハラハムシ属3種

虫が少なくなるこの時期、俄然脚光を浴びるのが(あくまで私にとってですが)写真のカサハラハムシ3種です。生息地のカシワやカシを叩くと、バラバラと落ちてきます。ところで「カサハラ」って何でしょう。命名者の名前でしょうか。私の浅はかな知識では、名前くらいしか思いつかないので、「カサハラ」=「笠原」が一番自然かなと思いますが、違っていたら平にご容赦です。
1-DSC_0007wdn(On).jpg

2-DSC_1115wdn(On).jpgカサハラハムシ ’15.9月初旬 東京都町田市


3-DSC_0791wdn(On).jpgクロオビカサハラハムシ ’15.9月初旬 東京都町田市


4-DSC_0132wdn(On).jpg

5-DSC_0122wdn(On).jpgマダラアラゲサルハムシ ’15.9月初旬 東京都町田市

※ Ryoiさまより、「カサハラハムシの命名者は笠原幾次郎という人で、岐阜の桑園で発見したそうです」とのコメントをいただきました。Ryoiさん、ありがとうございました。モヤモヤが晴れ、スッキリしました。



にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2015/09/13(日) 21:00:49|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

生体写真 ・・・セモンホソオオキノコ

キノコムシのくせに、時々思わぬところで出会う体長3mmほどのオオキノコムシ。ちなみのこの子は、我が家の窓ガラスに止まっていました。ということなので、Get後のヤラセ別撮りです。サルノコシカケなどかたいキノコに集まりますが、手近にキノコがなかったので、こんな写真となりました。生態ならぬ生体写真ですね。
1-DSC_0120wkn(S).jpg

2-DSC_0130wdn(S).jpg

3-DSC_0015wdn(S).jpgセモンホソオオキノコ ‘15.9月中旬 東京都世田谷区


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2015/09/12(土) 20:51:28|
  2. オオキノコムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サルルゾウムシ3題

陽性な甲虫(私見ですけど例えばテントウムシとかハムシとか)は別にして、植物を拠り所とする多くの甲虫類は、葉裏にいることがふつうです。とは言え、お天気の悪い日や、気温低目の日などは、表に出ていることもあり、撮り手はミゾソバの群生地を右往左往しながら、ゴミのような黒い粒を探し回るのです。でもって見つけたのがギシギシクチブトサルゾウムシ。別のフィールドでは名前の通り、ギシギシで見ることが多いゾウムシですが、ミゾソバも同じタデ科なので、当人たちにとっては同じ匂いのする植物なのかもしれません。
1-DSC_0201wdn(On).jpg

葉裏に回り込むの別個体の図
2-DSC_0257wdn(On).jpgギシギシクチブトサルゾウムシ ’15.9月上旬 東京都町田市

保育社の甲虫図鑑では少ないとされるサルゾウムシも、私が探して見つかるくらいですから、決して少ない種とは言えないでしょう。ホストはカナムグラ(多分)。カナムグラをホストとするゾウムシは結構多く、呉越同舟シーンもよく見かけます。
3-DSC_0074wdn(I).jpg

別の日に撮った別個体の図
4-DSC_0428wdn(On).jpgムネミゾサルゾウムシ ‘15.9月上旬 東京都町田市、狛江市

河川敷は一面クズやカナムグラで覆われています。これだけの群落があれば、狙っているゾウムシの一つや二つ、難なく見つかるはずです。ところがそんな時に限ってなかなか見つからないのですよね。結局目視探索を諦め、ビーティングでようやく見つけたカナムグラサルゾウムシです。
5-DSC_0116wdn(I).jpg

6-DSC_0141wdn(I).jpgカナムグラサルゾウムシ ‘15.9月上旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2015/09/10(木) 21:47:06|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴミダマ3題

私のバヤイ、基本目に止まった甲虫は、種類を問わず一応カメラを向けることにしています。シャッターを切る、切らないは、その時の気分次第ですが、超常連でも自分の好きな絵柄になりそうな時は、切ることにしています。誤解のないように言っておきますが、あくまで自分にとっての好きか、嫌いかなので、その辺のところヨロシクお願いします。で素材は何かと言うと、虫初心者でも撮影をためらうというキマワリです。沢山いる上に、黒くて大きいし、ゴキブリのようにセカセカ歩き回るので、まぁ、嫌われる甲虫の代表選手のような虫ですが、私は決して嫌いではありません。ただ撮らないと言うだけの話です。と言いつつ、前言を翻すように(橋下さんみたい)最新のキマワリ写真です。
1-DSC_0812wdn(On).jpgキマワリ ‘15.9月初旬 東京都町田市
ゴミダマの多くは成虫越冬しますが、かれらは秋が深まる前にみんな死んでしまいます。同じゴミダマなのに、冬を越す、越さないはどこで決まるのでしょう。疑問は常について回ります。

高圧鉄塔の周辺が伐採され、雑多な伐採木が転がっています。その中の樹皮がめくれ上がった材を覗き込むと、この界隈では定番のルリゴミムシダマシがいました。冬場と違い動きは結構早く、ボヤボヤしていると知らぬ間に姿が消えていたりします。
2-DSC_1079wdn(On).jpgルリゴミムシダマシ ‘15.9月初旬 東京都町田市

どわっと湧いていた頃に撮った内の一枚。眠らせておくのも詮無いので、便乗UPのモンキゴミムシダマシです。最近ちょっと便乗UPが多い「甲虫三昧」かもです。
3-DSC_0275wdn(On).jpgモンキゴミムシダマシ ‘15.7月中旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2015/09/09(水) 18:35:08|
  2. ゴミムシダマシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

身元不明のトビハムシ

色や形はクサレダマチビトビハムシによく似ていますが、ホストであるクサレダマそのものが撮影フィールドにありません。となると必然的に写真のハムシはよく似た別種ということになりますが、そうするとこのハムシの正体は何でしょう。図鑑を穴の開くほど眺めてみても、該当しそうなハムシは見つからず、結局身元不明のトビハムシで一件落着となるのがこのハムシの定めのようです。体長は4mmほど。
1-DSC_1095wkn_20150908214211dc2.jpg

2-DSC_1021wdn(I).jpg

3-DSC_1140wdn(I).jpgトビハムシの一種 ’15.9月初旬 東京都狛江市

この6月に撮影した名無しのトビハムシに似ていますが、体長、体色が微妙に違います。比較の為に再UPしちゃいます。
4-DSC_0867wdn(Ku).jpgトビハムシの一種 ’15.6月上旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





  1. 2015/09/08(火) 21:28:41|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いつもの顔ぶれ ・・・ゾウムシ7態

時期を逸しないうちにUPしておこうかと思って、いつもの顔ぶれゾウムシあれこれです。

シラホシヒメゾウムシや南方系のヒメゾウムシには、色気を感じますが、基本的には本種を含め、ヒメゾウムシの多くは小さい上に黒一色という種が多く、どうしたって地味にならざるを得ません。今年はよく見かけるエゾヒメゾウムシです。
1-DSC_0118wdn(T)_201509072001397de.jpgエゾヒメゾウムシ ‘15.7月上旬 東京都八王子市

ホストの関係からヒレルクチブトが都会派なら、カシワクチブトはやや郊外派と言ったところでしょうか。
2-DSC_0125wdn(Ku).jpgカシワクチブトゾウムシ ’15.8月上旬 東京都町田市

盛夏の頃、姿を見せなくなる本種も、少し暑さが和らぐと、次々地上に這い出してきます。
3-DSC_0258wdn(S).jpgスグリゾウムシ ’15.6月上旬 東京都世田谷区

コメントを思いつかない程、身近なゾウムシとなりました。
4-DSC_0269wdn(S).jpgツツジトゲムネサルゾウムシ ’15.6月下旬 東京都世田谷区

お馴染みとなったサビヒョウタンゾウムシ。写真を撮り始めた頃はたまにしか会えないゾウムシでしたが、ここ数年でかなり個体数が増えてきたように思います。
5-DSC_0278wkn(Ku).jpgサビヒョウタンゾウムシ ’15.5月上旬 東京都町田市

日本の風土にすっかり馴染んでしまった外来のタコゾウムシ。虫の侵入を阻止することの難しさって、想像以上に大変なんだろうなぁ、と大沢在昌の「炎蛹」を読むまでもなく、そう感じる熟年虫好きです。ゾウムシに興味のある方は、新宿鮫シリーズの「炎蛹」の一読をお勧めします。刑事ものの小説としても一級品ですが、そこにゾウムシが絡むというプロットがなかなかに秀逸です。
6-DSC_0843wkn(Oy).jpgアルファルファタコゾウムシ ’15.7月中旬 東京都町田市

仲良しの植木屋さんから、今年もオリーブアナアキの差し入れがありました。庭木としてのオリーブ人気も手伝って、本種の勢力範囲は日ごとに拡大しているようです。
7-DSC_0091wkn(Mc).jpgオリーブアナアキゾウムシ ’15.8月上旬 東京都町田市
※お疲れ気味のゾウムシは、もはや臨終間際でした。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2015/09/07(月) 20:09:28|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピンチヒッター ・・・イタヤハマキチョッキリ

撮り下ろし画像(大したものは写っていませんが)の整理が滞っていますので、過去画像でちょっと一服します。カエデの葉を巻いて揺籃を作るきれいなチョッキリ。特にイタヤカエデを好むとされ、イタヤハマキの名がついたようです。
1-DSC_1056wkn(T).jpgイタヤハマキチョッキリ ’13.4月中旬 東京都八王子市

2-DSC_0464kn(Hn)-b.jpgイタヤハマキチョッキリ ’12.7月上旬 東京都檜原村
※撮影日時を見ると3か月の開きがあります。活動期間は結構長いんですね。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2015/09/06(日) 21:25:17|
  2. オトシブミ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テントウダマシ2題

越冬中と違い、夏の本種の何と落ち着きのないことか。立ち止まってもすぐに動き出してしまうので、忍耐の足りない私には撮りづらい相手です。撮影は動きの少ない冬に限りますね。
1-DSC_0242wdn(On).jpg

2-DSC_0238wdn(On).jpgヨツボシテントウダマシ ‘15.8月下旬 東京都町田市

写真の出来がイマイチだったので、単独UPを控えていたキボシテントウダマシ。ようやく便乗UPのチャンスが巡って来たようです。が、しか~し、2年前の撮影なので、どんな状況で撮ったのかまったく覚えていません。バックは大理石の壁面のようですが、はてさて撮影フィールドに大理石の壁などあったかしらと、いよいよボケの兆候顕著な熟年虫好きです。
3-DSC_0503wdn(T).jpgキボシテントウダマシ ‘13.6月下旬 東京都八王子市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2015/09/05(土) 19:35:12|
  2. テントウダマシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MFではレア ・・・ルリヒラタヒメハムシ

見てくれはどこにでもいそうなハムシですが、私にとってはレアなハムシの一つです。同定の根拠は、前胸背にある窪み、横位置から見える黄褐色の腹部(第1・2節は黒藍色、第3~5節は全体赤褐色)などを判断材料としましたが、不安は残ります。ホストはトリカブトなど。まさか根っこを食べたりはしないでしょうね。幼虫にはトリカブトの毒に対する耐性があって、幼虫はもちろんのこと、成虫を手づかみすると採集者は死んでしまうとか・・・。ハムシ殺人事件。ありえないな。
1-DSC_0493wdn(On).jpg

2-DSC_0537wtn(On).jpg
ルリヒラタヒメハムシ
⇒カミナリハムシ ’15.8月下旬 東京都町田市
※同定ミスでした。えらいすまんこって・・・。コメントはそのままです。あしからず。



にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2015/09/04(金) 20:44:50|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

逞しく生きる ・・・コブマルエンマコガネ

家の近所で時々見かけるコブマルエンマコガネ。エサの確保が結構大変なのではと、いらぬ心配をしてしまいますが、獣糞のほか、腐肉にも集まるとのことなので、都市部でも逞しく生き残っているようです。オスは写真のごとく前胸に縦の凹みがあるので、同定は楽ですが、メスの方はちょいと曖昧です。ということでメスは?付きとしました。あしからず。
1-DSC_0206wdn(S).jpg

飛びそうで飛ばないの図
2-DSC_0248wdn(S).jpg

3-DSC_0255wd(S).jpgコブマルエンマコガネ♂ ‘15.6月初旬 東京都世田谷区

4-DSC_0108wdn(S).jpg

5-DSC_0072wdn(S).jpg

ひっくり返してみたの図
6-DSC_0025wdn(S).jpgコブマルエンマコガネ♀? ‘15.8月中旬 東京都世田谷区


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





  1. 2015/09/02(水) 21:50:47|
  2. コガネムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エッジがぁ ・・・アカアシヒゲナガゾウムシ

ご近所の畑で、やっとこさ見つけたヒゲナガゾウなのに、何とも締まりのない寝ぼけた写真になってしまいました。もう少しエッジの効いた写真が撮れないものかと、相も変らぬ熟年虫好きの悔やみ節です。
1-DSC_0269wdn(S).jpgアカアシヒゲナガゾウムシ ‘15.6月中旬 東京都世田谷区


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。

  1. 2015/09/01(火) 21:00:00|
  2. ヒゲナガゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0