甲虫三昧

今いずこ~~ ・・・キマダラヒゲナガゾウムシ

近場のMFで見られるヒゲナガゾウムシの種類は限られています。10年前にコンデジで生態写真を撮りはじめた頃、町田市郊外の栗林で、シリジロヒゲナガやタマカイガラヒゲナガを撮ったことが、まるで絵空事のように思えてきます。あの頃見たヒゲナガゾウムシは今いずこ~~。
1-DSC_0236wdn(Ku).jpg

DSC_0474wkn(Ku)-b.jpg

3-DSC_0461wdn(Ku).jpgキマダラヒゲナガゾウムシ ‘15.10月中旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



スポンサーサイト
  1. 2015/10/31(土) 21:03:45|
  2. ヒゲナガゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10月のアトモンサビカミキリ+2

10月もそろそろ終わるので、UPするなら今の内、という訳で今月撮ったアトモンサビをそっとUPしようと思います。コメントは特にありません。

これは7月に撮ったの図

1-DSC_0792wdn(Ku).jpg

こちらが10月に撮ったアトモンサビ、西日を浴びるの図
2-DSC_0402wkn(Ku).jpgアトモンサビカミキリ ‘15.10月中旬 東京都町田市

アトモンサビにかこつけて便乗UPです。こんな機会でもなければ埋もれてしまう先月撮影の定番カミキリ2種です。
3-DSC_0172wk(On).jpgゴマダラカミキリ ‘15.9月下旬 東京都町田市

4-DSC_0578wkn(On).jpg

5-DSC_0605wdn(On).jpgカタシロゴマフカミキリ ’15.9月上旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2015/10/30(金) 21:04:21|
  2. カミキリムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

柿が熟する頃のケシキスイ

今年もまた微小なケシキスイの季節がやってきました。舞台は、虫撮影にご協力いただいているご近所の畑。その畑の一角に一本の柿木があります。熟した柿が落下し、得も言われぬ芳香を放ち始めると、どこからともなくケシキスイが集まってきます。陣容は昨年とほとんど変わりませんが、今年はアカマダラケシキスイが少ないようです。少し乾き気味の柿をひっくり返すと、寄り集まっていたケシキスイが大あわてで散っていきます。動きは早く、止まってくれる個体はごくわずか。時間をかけてまで撮る相手なのかと、自問自答しながらの秋のケシキスイ撮影会です。

上翅に割合はっきりした斑紋があるので、正体は簡単に割れると思ったのが大間違い。探せど、探せどマッチする種が見つかりません。そこでネットを検索すると、とある害虫駆除サイトに似たような斑紋のケシキスイが載っていました。種名はコメノケシキスイ。しかも分布がアジア全域ときては、本種以外いないのではないかという、まさにそんな状況です。保育社の甲虫図鑑では無地っぽい個体の標本写真が使われているので、とても写真のケシキスイがコメノケシキスイであるという発想は浮かんできません。体色や斑紋にバリエーションがある場合は、その旨記載してもらわないと、出来る同定もできなくなってしまいます。ナンテ文句を言ってみたりして・・・。とは言え、今一つ確信がないので?付きでUPします。あしからず。

バックは柿ですの図
1-DSC_0065wdn(S).jpgコメノケシキスイ? ‘15.10月中旬上旬 東京都世田谷区

昨シーズンは見なかった栗色一色のケシキスイ。多分クリイロデオキスイで当たりと思いますが、間違っていたらゴメンナサイです。体長3~4mm、分布はアジア、アフリカ、ヨーロッパ、北米。屑米、トウモロコシの粉、カビのはえた食品などから発生するそうです。
2-DSC_0267wdn(S).jpg

3-DSC_0085wdn(S).jpgクリイロデオキスイ? ‘15.10月中旬 東京都世田谷区 

このケシキスイは間違いないでしょう。昨年も沢山見たクリヤケシキスイです。分布は全世界、変質した果実や乾燥果実から発生することが多いとのことです。
4-DSC_0298wdn(S).jpg

5-DSC_0245wdn(S).jpgクリヤケシキスイ ‘15.10月中旬 東京都世田谷区


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。








  1. 2015/10/29(木) 21:04:54|
  2. ケシキスイ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

贔屓の引き倒し? ・・・キムネヒメコメツキモドキ

先月に引き続き、今月もちょいとオサレなコメツキモドキが落ちました。4~5mmと小粒ですが、上翅の造作あたりに、匠の技的匂いを嗅いだりするのは、贔屓の引き倒しというものでしょうか。すぐに飛ぼうとするので、Get後の後撮りは前回と同じです。あしからず。
1-DSC_0156wknn.jpg

2-DSC_0106wkn(Ku).jpgキムネヒメコメツキモドキ ‘15.10月中旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2015/10/28(水) 21:41:57|
  2. コメツキモドキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インパクトのある顔 ・・・オパケデオネスイ

図鑑によれば、キクイムシの天敵であるとか。キクイムシの孔道に入り相手を捕食するとあります。それ以外では変質したトウモロコシにも集まるとあります。キクイムシを食べたり、トウモロコシを食べたりと、一貫しない食生活ですが、雑食性の虫も多いので、驚くには当たらないでしょう。体長は2~3mm、マクロで見ると結構インパクトのある顔つきをしています。
1-DSC_0664wdn(S).jpg

ツツジのネバネバに絡めとられてしまったの図
2-DSC_0609wdn(S).jpgオバケデオネスイ(ネスイムシ科) ‘15.10月中旬 東京都世田谷区
※熟した柿にやって来た個体のGet後別撮りです。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





  1. 2015/10/27(火) 20:45:07|
  2. その他の科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大人しい個体 ・・・オオクチキムシ

シーズン中は逃げ足が速く、撮るなら越冬中が楽なオオクチキムシ。しかしこの日めぐり会った個体は妙に大人しく、そういうことであればと、ちょっとその気になって撮ってみました。
1-DSC_0153wkn(Ku).jpg

2-DSC_0174wtn(Ku).jpg
オオクチキムシ ‘15.10月中旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2015/10/26(月) 21:05:35|
  2. クチキムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不甲斐ない鑑定眼 ・・・ベニモンキノコゴミムシダマシ

モンキゴミムシダマシが大量に発生していた大きな切り株。その周囲に転がる木片などをひっくり返していたら、ハサミムシやゴミムシに混じって、小さなゴミムシダマシが出て来ました。体長は4~5mm、上翅の四隅に斑紋があり、ちょっといい感じ。小さくても、こんなのが出て来ると無性にうれしい熟年虫好きです。ところがどっこい、そう思ったのも束の間、斑紋のオレンジが妙に鮮やかだったので、まんまと騙されましたが、正体はどこにでもいるベニモンキノコゴミムシダマシでした。長い間甲虫と接してきた割には、不甲斐ない熟年虫好きの鑑定眼であります。
1-DSC_0267wdn(On)_20160216230906434.jpg

2-DSC_0263wdn(On)_2016021623091436b.jpgベニモンキノコゴミムシダマシ♂ ‘15.10月中旬 東京都狛江市
※頭部に一対の小さなツノ状の突起があるのでオスですね。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





  1. 2015/10/24(土) 18:33:12|
  2. ゴミムシダマシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リベンジは? ・・・コルリアトキリゴミムシ

先般、WBの設定ミスで、メリハリのない写真でお茶を濁してしまったコルリアトキリゴミムシ。そのリベンジを兼ねやって来た町田市郊外の田園地帯。東京の昔が残る数少ない大都市近郊の田舎です。ところで目的のゴミムシはいるでしょうか。秋になると個体数が増えるゴミムシなので、さして心配はしていませんが、でも見るまでは安心出来ません。恐る恐る畑の脇のキクを観察すると・・・、いました。取りあえず一頭目です。それにしても小さなゴミムシです。遠目に見ると、そのルリ色の体色と相まって、ハムシに見えなくもありません。ところでリベンジは果たせたのでしょうか。それについては、深く追及しないことにしました。
1-DSC_0196wd(Ku).jpg

2-DSC_0920wdn(Ku).jpg

花の裏側へ回り込んでしまったの図
3-DSC_0610wdn(Ku).jpg

4-DSC_0626wdn(Ku).jpgコルリアトキリゴミムシ ‘15.10月中旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





  1. 2015/10/23(金) 21:23:21|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マルガタゴミムシ2題

地表性のゴミムシが、緑の葉にいる光景って好きなんですよ。写真ではよくわかりませんが、前胸に歯状突起があるので、多分ナガマルガタゴミムシでしょう。マルガタゴミムシ類の一部の種は、葉っぱも食べるので、時々こうした場面に遭遇するわけですね。
1-DSC_0374wdn(I)_2015102220305648b.jpgナガマルガタゴミムシ ’15.9月下旬 東京都狛江市
※ビン甘はご愛嬌ということで・・・。

下の写真は同じナガマルガタゴミの交尾シーンです。私のバヤイ、ゴミムシの交尾シーンって思ったほど見ていないんですよね。10年以上甲虫と付き合っていますが、数えるほどしかありません。恥ずかしがり屋なのでしょうか。
2-DSC_0183wdn(On).jpgナガマルガタゴミムシ ‘15.10月中旬 東京都町田市

こちらはビーティングで落ちたオオマルガタゴミムシ。河原の石の下とか、砂地とかのイメージしかなかったので、ちょっと意表をつかれました。その場で撮影することが出来ず、特製お砂場セットでの別撮りと相成りました。
5-DSC_0039wkn.jpg

4-DSC_0018wkn(Ku).jpgオオマルガタゴミムシ ‘15.10月中旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





  1. 2015/10/22(木) 20:38:26|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

常にこの2種 ・・・クビボソハムシ2種

ツユクサをホストとするハムシは数種いますが、私が見るハムシは決まってこの2種類のみ。
嫌いなハムシではありませんが、常にこの2種という状況は、結構つらいものがあります。
まだ見ぬキオビクビボソとか、どこに行けば見られるんでしょうね。
やっぱり狭山丘陵辺りでしょうか。

1-DSC_0980wtn(I).jpg

2-DSC_0946wdn(I).jpgキバラルリクビボソハムシ ’15.9月下旬 東京都狛江市

1-DSC_0930wdn(I).jpg

2-DSC_0192wdn(I).jpgアカクビボソハムシ ’15.9月下旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。








  1. 2015/10/21(水) 21:02:33|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二本立て ・・・ゴモクムシダマシ

農道をゴモクムシダマシが駆け抜けていきます。一瞬早く、草むらへ突入する寸前、行く手をはばみ、取りあえず一連写。しかし敵もさるもの、何とか安全な場所へ逃げ込もうと、結構なスピードで逃げ回ります。このままではらちが明かぬと、ひょいと摘まんでGetびんへ放り込んだ熟年虫好きです。

という訳で、UP画像は現地撮影とジオラマ別撮りの二本立てです。あしからず。

1-DSC_0706wdn(On).jpg

図鑑によると砂地性とあるので、特製砂地ジオラマで撮ってみましたの図
2-DSC_0029wdn(On).jpg

3-DSC_0196wkn(On).jpgゴモクムシダマシ ‘15.10月中旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。






  1. 2015/10/20(火) 20:53:19|
  2. ゴミムシダマシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

青空バック ・・・ヤナギルリハムシ

多摩川にヤナギハムシはいなくても、ヤナギルリハムシは沢山います。
私のセンスでは、どう撮っても同じ絵になってしまうので、目線をちょっと上げてみました。
食害され、見るも無残なヤナギの葉に、一匹小さく見えます。
青空バックのハムシ点景もたまにはいいかもです。
後に続く写真は変わり映えしませんけどね・・・。
1-DSC_0859wtn(I).jpg

2-DSC_0849wdn(I).jpg

3-DSC_0968wdn(I).jpg

4-DSC_0429wdn(I).jpgヤナギルリハムシ ‘15.9月下旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。




  1. 2015/10/19(月) 20:07:55|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なぜかカナムグラ ・・・ヨモギハムシ

秋になると俄然その存在を誇示し始めるヨモギハムシ。種名の通り、秋のヨモギに欠かせない存在ですが、この日見たヨモギハムシは、いずれもカナムグラにいました。ヨモギからカナムグラへ乗り換えたという話は聞いていないので、この日限りの特別公演だったのでしょうか。虫たちの行動は不可思議です。
1-DSC_1115wdn(I).jpg

2-DSC_1087wdn(I).jpgヨモギハムシ ’15.10月初旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2015/10/17(土) 21:16:22|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レアなハムシの顛末記 ・・・カミナリハムシ

先般、私にとってレァなハムシと書いたハムシが、実はそうではなく、しかも別種だったという、なんともお粗末な顛末記です。

家から近い多摩川は(と言っても電車で12分)、言ってみれば私のホームグランド。そのホームグランドでも、普段あまり歩かないエリアがあります。先日そのエリアを歩いていたら、路傍のチョウジタデがものの見事に食害されていました。犯人はこのハムシ。体長4~5mmのカミナリハムシです。撮った写真を見つつ、どこかで見たことあるハムシだなと思ったら、私にとってはレアなハムシと書いたハムシにそっくりではあ~りませんか。あっれ~、また墓穴堀りか。図鑑や、ネット上の標本写真を参考に出した答えが、砂上の楼閣のごとく崩れ去っていきます。同じ間違えを何度繰り返しても、なかなか治らない不治の病のような同定ミスです。という訳で、2度にわたってUPした既出のルリヒラタヒメハムシは、どこにでもいる(多分)カミナリハムシでケリとなりました。お粗末(汗!)
1-DSC_0546wkn(I).jpg

2-DSC_0484wdn(I).jpg

3-DSC_0492wdn(I).jpg

4-DSC_0568wdn(I).jpg

5-DSC_0627wdn(I).jpgカミナリハムシ ‘15.10月初旬 東京都狛江市
※チョウジタデをホストとするカミナリハムシハムシは2種ほどいて、写真のハムシは、図鑑の解説からそのものズバリのカミナリハムシのようです。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。











  1. 2015/10/16(金) 21:40:12|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一挙手一投足 ・・・ムネミゾサルゾウムシ

路傍の雑草にサルゾウムシが一匹。するすると葉を駆け上がり、てっぺんで思案顔。
飛ぼうかな、飛ぶの止めようかな。やっぱり飛ぼうかな、やっぱり止めようかな・・・。
ファインダー越しの一挙手一投足は、見ていて飽きることがありません。
結局この子は飛ばずに降り生きてしまいましたとさ。

1-DSC_0367wtn(Ku).jpg

2-DSC_0384wdn(Ku).jpg

3-DSC_0399wdn(Ku).jpgムネミゾサルゾウムシ ‘15.9月下旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。

  1. 2015/10/15(木) 20:14:25|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

未だなお羽化? ・・・ビロウドコガネ

10月に入っても、まだ羽化が続いている感じのビロウドコガネ。ご近所の畑のゴボウの葉に、ちょんと乗っていました。そうそう、写真はありませんが、先日の日曜日にコイチャコガネを見ました。生息期間が結構長いんでビックリしました。
1-DSC_0044wdn(S)_201510142040143a6.jpg

2-DSC_0013wdn(S).jpgビロウドコガネ ‘15.10月初旬 東京都世田谷区

これは別個体。色目に若干の差があるのは、時間の経過とともに、体表が擦れたからでしょうか。上の個体と比較すると、何となく古びていますもんね。
3-DSC_0240wdn(S).jpgビロウドコガネ ‘15.9月下旬 東京都世田谷区


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2015/10/14(水) 21:04:43|
  2. コガネムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人気薄 ・・・オジロアシナガゾウムシ

クズの群落にごくふつうにいるパンダ模様のオジロアシナガゾウムシ。ずんぐりむっくりして、いかにもパンダっぽいのですが、イマイチ人気がないのはどうしてなんでしょう。個体数が多く、どこにでもいるなぁ的感覚が、あだになっているのでしょうか。
1-DSC_0139wkn(I).jpg

2-DSC_0384wdn(I).jpg

3-DSC_0790wkn(I).jpgオジロアシナガゾウムシ ’15.9月下旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2015/10/13(火) 20:39:35|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニラの花とコアオハナムグリ

花も、UPもとうに旬は過ぎてしまいましたが、せっかく撮ったのでUPしようと思います。ニラもこのくらい集まると、少し近づいただけでニラ臭さが漂ってきます。花は可憐なんですけどね・・・。
1-DSC_0180wk(Ku).jpg

2-DSC_0225wk(Ku).jpg

3-DSC_0183wk(Ku).jpg

4-DSC_0193wd(Ku).jpgコアオハナムグリ ‘15.9月下旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2015/10/11(日) 16:22:19|
  2. コガネムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋が旬? ・・・コルリアトキリゴミムシ

秋になると目につくようになるのは、どうしてなんでしょう。シーズン中はほかの虫に目が行って、彼らの姿が目に入らなかったからでしょうか。なことはありませんよね。ということは、多分、秋になると個体数が増えるんですよ。秋に羽化して、冬を越し、次の世代へバトンタッチする。こんなサイクルのゴミムシがいても不思議はないと思うのですが、どんなものでしょうかね。
1-DSC_0209wdn(I).jpg

2-DSC_0315wdn(I).jpgコルリアトキリゴミムシ ’15.10月初旬 東京都狛江市
※写真にメリハリがないのは、ホワイトバランスの設定ミスか。これはリベンジ必至ですぞ。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2015/10/10(土) 18:09:41|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメツキに写欲がわかない理由

のっけからなんですが、コメツキに、イマイチ写欲がわかないのはどうしてなんだろうと、自分なりに考えてみました。第一はそのスタイル。紡錘形で変化に乏しく、有体に言えば単純です。第二はその色。黒や茶ばかりで、色つき、斑紋ありが少なく、しかもご近所で遭遇するチャンスはほとんどありません。だから写真にまとめるのが難しく、知らず知らずの内に敬遠しているんじゃないか、というのが私なりの理由です。カミキリやクワガタは、そのフォルムだけで絵になりますが、コメツキはなかなかそういう訳にはいきません。自分の写真センスを棚上げしてなんですが、好きな甲虫の中にも、そうした種がいるというのもまた事実のようです。誤解のないように言っておきますが、好きなコメツキもいるんですよ。ただ見つけられないんです。そんなコメツキが撮れた暁には、即UPしちゃいますけどね・・・。
DSC_0865wdn(I).jpgクロコハナコメツキ? ’15.9月下旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。

  1. 2015/10/09(金) 22:29:02|
  2. コメツキムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小さな一角獣 ・・・チビイッカクの一種

丸石の上を、小さな虫が足早に駆け抜けていきます。先日撮影した地味なアリモドキでしょうか。膝をつき、自身をマクロモードにして微小な虫を追いかけます。素早く移動する虫が時々立ち止まります。その時を狙って連写です。撮れた写真がこれ。同じアリモドキ科の虫でしたが、イッカクの仲間でした。前胸の一部が、あたかも一角獣の角のように前方へ突き出た特異なスタイルを持つ一群です。写真はご覧のような有様ですが、初見の甲虫なので度胸と愛嬌でUPしました。そのつもりでご覧くださいませ。

図鑑やネットで調べた結果、ツノボソチビイッカクが該当しそうですが、近年ニセツノボソイッカクが登場したとのことなので、大事をとってチビイッカクの一種としました。体長は2.5mm、小さな小さな一角獣です。こんなの捕まえても展足出来ませんね。
DSC_1174wdn(I).jpgチビイッカクの一種 ’15.9月下旬 東京都狛江市
※ピン甘、平にご容赦。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2015/10/08(木) 21:33:15|
  2. アリモドキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

本当に小さい ・・・クロヒメカワベハネカクシ

河川敷で撮影した体長3mmほどの小さなハネカクシ。葉っぱの上にいなければ見つけることも出来なかったでしょう。種名に「カワベ」とあるので、河原や、水辺近くに生息するハネカクシのようです。こうした虫にもちゃんと名前がついているって、ある意味すごいことですよね。世界のある場所では、カブトムシも、セミも、バッタもすべて「虫」で通ってしまうことを考えると、日本人のモノに対するこだわりは、世界に誇れる文化の一つかもしれません。
1-DSC_0914wdn(I)_20151007193604e37.jpgクロヒメカワベハネカクシ ’15.9月下旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2015/10/07(水) 19:38:45|
  2. ハネカクシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

野外の方が気持ちがいい? ・・・アズキマメゾウムシ

マメゾウムシ科から、ハムシ科マメゾウムシ亜科に鞍替えしたアズキマメゾウムシ。しかしそのスタイルから、ハムシを連想するのはちょいとばかり難儀です。本種は、貯蔵アズキやインゲンの大害虫として、害虫駆除サイトに名を連ねる存在ですが、そんなマメゾウムシが野外で観察されるのはどうしてなのでしょう。閉ざされた貯蔵倉庫より、明るい野外の方が気持ちがいいからでしょうか。虫のすることはよくわかりませんが、この個体は、落ち葉を入れたゴミ袋に止まっていたものを、体よくGetして撮ったヤラセ別撮りです。あしからず。
1-DSC_0387wkn(S).jpg

2-DSC_0401wdn(S).jpg

3-DSC_0182wdn(S).jpg

4-DSC_0241wdn(S).jpgアズキマメゾウムシ ‘15.9月下旬 東京都世田谷区


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。





  1. 2015/10/06(火) 19:28:33|
  2. ハムシ科マメゾウムシ亜科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そんなに慌てなくても ・・・ノグチアオゴミムシ

単独でいることもありますが、多くの場合、集団で河原の石の下に隠れていることが多いゴミムシです。とにかく神経質で、明るさを極端に嫌い、頭上の石がなくなると、一目散で次の隠れ場所を探して遁走します。それは見ていて気の毒になるくらいです。越冬中も、夏と変わらぬ俊足ぶりに、彼らの体液は恒温なのかと疑ってしまいます。
1-DSC_0052wkn(I).jpgノグチアオゴミムシ ’15.9月下旬 東京都狛江市
※アオゴミムシの中では、一番撮りづらい種かもしれません。少なくとも私の中では、一番の厄介者です。


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2015/10/05(月) 21:43:45|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一度くらいは ・・・カマキリタマゴカツオブシムシ

思い出したように現れるカマキリタマゴカツオブシムシ。年に1~2度会う程度の付き合いですが、未だかつて、オオカマキリの卵のうから這い出す本種は見たことがありません。死ぬまでに一度くらいは見ておきたいと思う熟年虫好きです。
DSC_0711wdn(I).jpgカマキリタマゴカツオブシムシ(カツオブシムシ科) ’15.9月下旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2015/10/03(土) 20:13:40|
  2. その他の科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

紛らわしい ・・・オオヒラタゴミムシ

一度はクロモリヒラタと同定したゴミムシですが、ゴミムシサイトを検索しているうちに、ちょっと違うんじゃないの、という結論に達しました。大きさもそうですが、どうも前胸背の形が、オオヒラタのそれに近いような気がして・・・。オオヒラタは平地の河原や水辺に多く、クロモリヒラタは低山地から山地の林に多いという印象ですから、それからいってもオオヒラタに軍配が上がりそうな雰囲気濃厚です。という訳で、どちらにしても今一つ確信に欠けますが、取りあえず?付きでオオヒラタゴミムシとしました。あしからず。
1-DSC_0063wkn(Ku)_2015100220074558b.jpg

2-DSC_0038wkn(Ku)-b.jpg

3-DSC_0046wdn(Ku)-b.jpgオオヒラタゴミムシ? ‘15.9月下旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。


  1. 2015/10/02(金) 20:10:03|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

触角に違い ・・・ヒロオビジョウカイモドキ♀ 

雌雄で触角の形に差があり、拡大すればその違いは一目瞭然。オスの触角の第2節と3節は大きく肥大し、メスはほとんど変化のない一本調子です。そう書くなら両方UPするのが建前だろうと、天の声が聞こえてきそうですが、そうならないところが玉に瑕の「甲虫三昧」です。
DSC_0585wdn(Ku).jpg

DSC_0495wdn-b.jpgヒロオビジョウカイモドキ ‘15.9月下旬 東京都町田市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



  1. 2015/10/01(木) 22:19:50|
  2. ジョウカイモドキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0