甲虫三昧

まんまを撮る ・・・スナゴミムシダマシ

その生態故にきれいな個体を撮影出来ないのが玉に瑕。とっ捕まえて洗って乾かして、そんでもって撮影、なんて手もないではありませんが、標本を作ろうという話ではないので、ここは出て来たまんまを撮ってあげるのが正しい撮影態度ではないかと・・・。という訳で、どう贔屓目に見ても美しいとは言えないスナゴミムシダマシを、UPしようという今日この頃なのであります。
2-DSC_0800wkn(Ku).jpg

DSC_0582wtn(Ku).jpg
スナゴミムシダマシ ‘16.8月中旬 東京都町田市



スポンサーサイト
  1. 2016/09/30(金) 18:06:33|
  2. ゴミムシダマシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

和名変更? ・・・アカバナカミナリハムシ

オオマツヨイグサをホストとするカミナリハムシの仲間。後肢が太く、どうかするとピョンと跳んでいなくなってしまいます。撮っている時は気がつきませんでしたが、今回、メインのモデルを務めてくれた個体は、片方の上翅が割れていますね。こんなことってありませんか。PCに取り込んで、拡大してみたら、おかしな個体だったなんてことが・・・。どうせ撮るならきれいな個体の方がいいに決まっていますが、撮っている時って、案外気がつかないんですよね。

ハムシハンドブックによれば、従来アカバナトビハムシとされていた本種は、アカバナカミナリハムシと和名が変更になったようです。私もこの和名の方がいいと思います。

1-DSC_0002wdn(I).jpg

2-DSC_1050wd(I).jpg

DSC_0049wdn(I).jpgアカバナカミナリハムシ ’16.8月下旬 東京都狛江市



  1. 2016/09/28(水) 18:39:12|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

確実に生息 ・・・フタキボシゾウムシ

台風の影響で根こそぎ倒れたヤナギや、漂着したゴミをよけながら河原を彷徨います。すると一本のヤナギにゾウムシを発見。探していたフタキボシゾウムシです。ヤナギをホストとする大型のゾウムシで、数は多くあませんが、この河原には確実に生息しています。

執拗に追いかけるカメラを嫌って、ヤナギの小枝を逃げ回るフタキボシゾウムシ。

1-DSC_0802wkn(I).jpg

2-DSC_0868wdn(I).jpg

3-DSC_0844wkn(I).jpgフタキボシゾウムシ ‘16.8月下旬 東京都狛江市



  1. 2016/09/26(月) 18:01:50|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

畑でGet ・・・ヘリアカバコガシラハネカクシ?

ご近所の畑でGetしたハネカクシ。小さな頭と全体のフォルムから、コガシラハネカクシの仲間とわかるのですが、そこから先が難問です。前胸背の点刻列、上翅の点刻と配色、分布域、そして体長などから判断して、ヘリアカバコガシラハネカクシが当たりかなと、まぁ、そんな感じの同定なので、あまり信用しない方がいいかもしれません。
DSC_0259wkn.jpg

DSC_0317wdn.jpgヘリアカバコガシラハネカクシ? ‘16.8月下旬 東京都世田谷区


このままだとお蔵入りしそうなので、ハネカクシを出したところでアオバアリガタを便乗UPします。

クネクネと河原を自在に歩き回りながら、ある瞬間にピタッと立ち止まり、何かを食べ始めます。こんな場面が常に味方してくれれば撮影も楽ですが、なかなかそうはいかないのが虫撮影の辛いところです。

DSC_0792wdn(I)_20160924184728dcd.jpgアオバアリガタハネカクシ ‘16.3月下旬 東京都狛江市



  1. 2016/09/24(土) 18:51:51|
  2. ハネカクシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トレンチ行動? ・・・トホシテントウ

トコトコトコとカラスウリの葉先へやって来たトホシテントウ。到着するとくるりと回転、やおら葉を弧状に噛みはじめました。ムムムッ、これってトレンチ行動?クロウリハムシが、カラウスリの師管液に含まれる苦みや、粘性物質を遮断するために行うトレンチ行動にそっくりです。そうか、ウリ科の植物をホストとする虫は、おいしく葉をいただくために、トレンチ行動をとらざるを得ないということか。なるほどね。

そんな訳で帰宅後調べてみると、それについての記事がちゃんとネット上にありました。知らぬは私だけ。虫の世界は興味がつきませんね。

1-DSC_0041wkn(Ku).jpg

2-DSC_0019wkn(Ku).jpg

3-DSC_0027wkn(Ku).jpgトホシテントウ ‘16.8月中旬 東京都町田市



  1. 2016/09/22(木) 11:09:04|
  2. テントウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

むしろラッキー ・・・イネゾウムシ

農家には嫌われるイネゾウムシも、私とってはうれしい被写体です。罰当たりなコメントですが、ここでの個体数は多くはありません。むしろいたらラッキーというくらいの数なので、農家が目くじら立てる程ではないような気もします。認識が間違っていたらごめんなさいですが・・・。
DSC_0248wdn(Ku).jpg

DSC_0261wdn(Ku).jpgイネゾウムシ ‘16.8月中旬 東京都町田市



  1. 2016/09/20(火) 20:16:16|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キバネサルハムシ2題

同じクズの葉上で撮影したサルハムシ2種。ちょっと前まで同じ種だったご両人です。従来、ヒメキバネサルハムシとされていたハムシは現在4種に分類され、その内の2種が写真のご両人という訳です。どちらもクズなどでよく見かけます。
2-DSC_0619wdn(Ku).jpgムネアカキバネサルハムシ♂ ‘16.8月中旬 東京都町田市

DSC_0546wdn(Ku).jpgマルキバネサルハムシ♂ ‘16.8月中旬 東京都町田市
※この2種以外は、いずれもレアだそうです。



  1. 2016/09/18(日) 21:02:42|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

流れはゴミムシ ・・・小型ゴミムシ2題

チョウジタデにルリ色の甲虫。チョウジタデにルリ色と言えばカミナリハムシです。そのつもりで近づいてみると、その主はコルリアトキリゴミムシでした。色といい、大きさといい、遠目で見るとハムシに見えてしまいます。
1-DSC_0176wdn(Ku).jpg

2-DSC_0210wdn(Ku).jpgコルリアトキリゴミムシ ‘16.8月中旬 東京都町田市

イネの穂に潜り込んでいたゴモクムシを、外に引きずり出してみました。穂に潜り込んで何をやっていたのでしょう。8月の猛暑を、穂の中でやり過ごしていたのでしょうか。なにしろこの日は暑かったですからねぇ。正体は多分マメゴモク。確信はありませんけど・・・。
DSC_0197wdn(Ku).jpg

DSC_0202wtn(Ku).jpg
マメゴモクムシ? ‘16.8月中旬 東京都町田市



  1. 2016/09/16(金) 18:42:50|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京では初 ・・・ミイデラゴミムシ

農道に沿って立ち並ぶ温室の脇に捨てられた材。思うところあってひっくり返します。すると見覚えのある斑紋が一瞬通り過ぎました。ミイデラゴミムシです。ヘッピリ虫を代表する名うてのゴミムシですが、実を言えば東京で見るのは初めてです。写真は撮れましたが、回りの景色がいただけません。ただ、場所を移してなどという芸当は、このゴミムシには通用しません。ヘタに手を出し敵と思われたら、正確無比に発射される高温ガスに、手痛いしっぺ返しを食らうことでしょう。
1-DSC_0525wdn(Ku).jpg

DSC_0503wtn(Ku).jpg

DSC_0517wdn(Ku).jpgミイデラゴミムシ ‘16.8月中旬 東京都町田市



  1. 2016/09/14(水) 20:22:17|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今季2度目の山梨詣で その3

ベンション庭先土場を離れ、高度を下げます。雨は峠を越しましたが、降ったりやんだりを繰り返しています。

昨年まで稼働していたにわか土場も、今では役目を終え、一年越しの古い材がわずかに残されているだけです。しかも雨もよい。でも見ない訳にはいきません。おっ、コメツキ。雨に濡れる材の木口にキマダラコメツキがいました。

1-DSC_0360wdn(D).jpgキマダラコメツキ

コメツキにフォーカスを合わせていると、左腕がモゾモゾします。見るとオオクチカクシゾウムシが、シャツの袖を歩いていました。虫の方からやって来てくれたようです。これは拾い物。手近な材に移し、ハイポーズ。やがて雨がひどくなり、件のゾウムシはこんな塩梅になってしまいました。
3-DSC_0436wd(D).jpg

3-DSC_0472wdn(D).jpgオオクチカクシゾウムシ

にわか土場を後にさらに高度を下げます。ちょっとした原っぱに車を止め、虫を探します。草地を囲む樹木にケナガクビボソムシがいました。私はこんな虫に、心底魅了されます。
4-DSC_0559wkn(D).jpg

5-DSC_0551wdn(D).jpgケナガクビボソムシ(アリモドキ科)

朽ち木にいたヨツコブゴミダマ系のオス。標高が下がると虫の顔ぶれも里っぽくなってきます。
6-DSC_0580wdn(D).jpgヨツコブゴミムシダマシの一種♂

多くの虫屋が相手にしないキマワリの仲間。私はどうしてこんな地味で、見映えのしない虫に惹かれるのでしょう。自分が地味だから、相手にもそれを求めるのでしょうか。そんな虫を見ていると、安心するのかもしれませんね。
7-DSC_0028wkn(D).jpgホソヒゲナガキマワリ

雨に濡れたススキにシラホシヒメゾウムシ。ここしばらく会っていなかったゾウムシなので、ちょっとうれしいかも。
8-DSC_0602wkn(D).jpg

9-DSC_0593wkn(D).jpgシラホシヒメゾウムシ

この界隈にはオオゴボウゾウムシがいるはずなので、アザミは要注意です。しかしいたのは同じアザミをホスとするルリクビボソハムシでした。
10-DSC_0611wdn(D).jpgルリクビボソハムシ

おっ、ゾウムシ。オオゴボウでしょうか。いやいやヤナギシリジロでした。今シーズンは里でも山でもよく見かけます。山地で見るシリジロの方が、白黒がはっきりしてきれいです。
11-DSC_0636wdn(D).jpgヤナギシリジロゾウムシ

さらに高度を下げます。日川沿いの小さな河原へやって来ました。車から降りようとするとGパンにゴミムシが止まっていました。オオヨツアナアトキリのようです。どこで拾ってきたのでしょう。これ幸いとヤラセを撮ります。
12-DSC_0648wkn(D).jpgオオヨツアナアトキリゴミムシ

久々のキクビアオハムシ。上翅の色にバリエーションがあり、緑と赤がいます。この子は赤タイプ。こちらのタイプに会うことが多いような気がします。
13-DSC_0702wdn(D).jpgキクビアオハムシ

家の近所でも見かける定番のゴミムシ。里も近いです。
14-DSC_0749wdn(D).jpgセアカヒラタゴミムシ

積み上げられたソダ山にいたカタモンオオキノコ。少し前まで、近場の多摩川河川敷にもいたキノコムシですが、最近は見ません。山梨まで来ないと見られない虫ではないはずですが、どうしちゃったんでしょう。気になります。
15-DSC_0786wdn(D).jpg

16-DSC_0777wkn(D).jpgカタモンオオキノコ 

さらに下って、今は使われなくなったどこかの施設の駐車場。砂利を敷いただけの駐車場は雑草だらけです。虫屋にとってはいい環境かもです。

生涯2度目のヒサゴトビハムシ。最初の出会いは近所の畑。そして今度は山の麓の使われなくなった駐車場です。つまりどこにでもいるけど、数はさほど多くない、といった立ち位置でしょうか。トビハムシも種類はそこそこいますが、その中でも好きな種の一つです。

17-DSC_0797wdn(D).jpgヒサゴトビハムシ

ここのススキには私の好きなツマグロヒメコメツキモドキがいます。今日もちゃんといてくれたので、とにかく撮ります。でもってこの虫がこの日のオーラスとなりました。
18-DSC_0798wdn(D).jpgツマグロヒメコメツキモドキ ‘16.8月初旬 山梨県甲州市(すべて)

これをもって「今季2度目の山梨詣で」はおしまいです。お疲れ様でした。



  1. 2016/09/12(月) 20:39:31|
  2. フィールド探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今季2度目の山梨詣で その2

黒いベニボタルを後に、急ぎ某ペンションへ向かいます。

今年はノリウツギが全体に低調で、この日、カミキリ狙いで来ていた虫屋の多くが「な~にも採れない」とこぼしていました。私は雑甲虫屋ですから、カミキリが撮れなくても、その他の虫でカバー出来ればそれで満足ですが、事故渋滞で到着が大幅に遅れたことに加え、最初の被写体がクロハナボタル(クロハナに責任はありませんが)ときては、今日一日の行く末が、なんとなく見えてしまったようで、テンションは下がり気味です。

そうこうしているうちに某ペンションへ到着。時計はすでに12時を回っています。庭先のベンチをお借りしてコンビニ弁当をつつきます。それにつけても気になるのが上空の雲。降らなければいいのですが、と思うそばからポツポツと大粒の雨が落ちてきました。そして次の瞬間には・・・。ベンチに差しかけられたスレートの屋根を、大粒の雨が激しく叩きます。なんでそうなるの。激しい雨音を聞きながら、コンビニ弁当をつつく私は、今日のこの時を心の底から呪うのでした。

激しい雨はやがて上がりましたが、今一つ天気は安定しません。峠は完全に雲に覆われています。行っても雨に祟られるだけでしょう。今日は時間もないし、庭先土場から少しずつ高度を下げ、虫を探すことにします。まずはペンション庭先土場から・・・。

最初の被写体はあまり緑色っぽくないミドリカミキリ。里にも山にもいる定番種ですが、私は今季初撮影です。

1-DSC_0101wdn(D)_201609102045181fd.jpg

2-DSC_0093wkn(D).jpgミドリカミキリ

この子は前回も登場したエゾサビカミキリ。かなり年季の入った伐採木を歩いていました。頭や胸に小さなダニが付いていますが、先日読んだメレ山メレ子さんの「ときめき昆虫学」によれば、たとえばオサムシに付着するダニは、オサムシの体液欲しさではなく、オサムシにくっついて、その先々でエサを捕獲するための移動手段として、オサムシを利用しているのだとか。たとえそうだとしても、体にウジョウジョダニがまとわりついていたら、血を吸われなくても願い下げですね。カミキリのダニも同類ということでしょうか。
3-DSC_0172wdn(D).jpgエゾサビカミキリ

奥まったところの伐採木にハンノアオと、ゴマダラモモブトのメスがいました。ファインダーの中の両者は徐々に近づき、やがて接近遭遇。触角が触れあった途端、電光石火のあわてぶりで、ゴマダラモモブトは見事に落ちてしまいました。
4-DSC_0202wkn(D).jpgハンノアオカミキリ+ゴマダラモモブトカミキリ♀

あわてたアンノアオ。材の先端まで来てしまいました。
5-DSC_0211wdn(D).jpgハンノアオカミキリ

前回も登場したクロカレキゾウムシ。場所も画角も前回とほぼいっしょ。芸がありません。
6-DSC_0252wdn(D).jpg

7-DSC_0280wdn(D).jpgクロカレキゾウムシ

前者とよく似ていますが、こちら野平さんが見つけたノヒラカレキゾウムシ。クロカレキに比べると一回り小さく、個体数は多くありません。
8-DSC_0212wdn(D).jpg

9-DSC_0216wdn(D).jpgノヒラカレキゾウムシ

こんな天気ですが、今日のペンションは賑わっています。いくつかの虫屋グループの他に、2~30人の小学生(多分)グループが、それぞれ立派な網を持ちながら、ガヤガヤと凱旋してきました。多分のランチタイムでしょう。あるいはこんな天気だから、早々と引き揚げて来たのかもしれません。いずれにしても今日の天気は虫屋には恨めしい限りです。農大生4人組も「いないなぁ」とボヤきながら、エグリトラを摘まんでいました。
10-DSC_0293wkn(D).jpgエグリトラカミキリ

久々のツツオニケシキスイ。先般、小さなコヨツボシケシキスイを。あやうく本種と誤同定するところでしたが、今日のは本物です。両者は見比べたら、違いは歴然ですよね。このケシキスイは、ある程度標高を上げないと、見られないようです。
11-DSC_0268wdn(D).jpgツツオニケシキスイ

今年はこの手の微小ヒゲナガゾウムシによく出会います。正体はなんでしょう。ページを繰りつつ出した答えはキアシチビヒゲナガゾウムシ。体長、分布域、そしてなにより普通という記述に納得しました。とは言え100%確信がある訳ではないので?付きです。あしからず。
12-DSC_0077wdn(D).jpg

13-DSC_0246wdn.jpgキアシチビヒゲナガゾウムシ?

里にも山にも多いアカハナカミキリ。当然ここにもいます。
14-DSC_0310wdn(D).jpgアカハナカミキリ

この日はこのカミキリがここでの優先種でしょうか。きれいなのでまた出します。きれいなカミキリはいつでも歓迎です。
15-DSC_0340wdn(D).jpgハンノアオカミキリ

庭先土場で撮影した最後の甲虫がこのヒメヒゲナガカミキリ。この子も里、山関係なくどこにでもいます。まぁ、ここで撮らなくても、なんて声が聞こえてきそうですが、甲虫好きを公言してはばからない「甲虫三昧」としては、やはり敬意を払わなければならないでしょう。
16-DSC_0353wkn(D).jpgヒメヒゲナガカミキリ ‘16.8月初旬 山梨県甲州市(すべて)

この続きはまた後日。



  1. 2016/09/10(土) 21:08:53|
  2. フィールド探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今季2度目の山梨詣で その1

先月に引き続き今季2度目の山梨虫撮り行脚を敢行。が、しか~し、その行く手にはさまざまな困難が待ち受けていたのでした。

首都高から中央道へ入ってまもなく、カーラジオから「相模湖インターエェンジ付近で、車4台による多重衝突事故があり、渋滞12Km」という、とんでもないニュースが流れてきました。なぬ! よりによって今日のこの時間! 休日の渋滞嫌さにわざわざ休みを取って、その気になったというのに、虫神様は、ここでも私をお見捨てになられたか。八王子の料金所を抜け、山道へさしかかろうという辺りから渋滞発生。にっちもさっちもいかなくなりました。途中で降りることも考えましたが、そこへ行きつくまでがまた大変。貴重な時間が、手からこぼれるようになくなっていきます。この時点で大月まで90分。約40分のロスです。しかし事態はさらに悪化。結局事故渋滞個所を抜け出たのは、それから2時間半後でした。あ~ぁ、完全に戦意喪失。勝沼で下り、コンビニで食料を買い込み、最初のポイントへ着いた時にはすでに12時近くになっていました。

そんなこんなで今季2度目の山梨詣では、いつにも増して盛り上がりに欠ける幕開けとなりました。はてさて、今回の虫撮り行脚は、いかような展開を見せるのでありましょうや。あっ、そうだ。言い忘れましたが、この虫撮り行脚は8月初旬のお話です。あしからず。そのつもりでお付き合い下さい。

書くのに疲れたので今日はほんの鳥羽口。しかも、今回の虫撮りを暗示するかのようなこの虫からスタートです。

DSC_0042wdn(D).jpgクロハナボタル? ‘16.8月初旬 山梨県甲州市

黒いベニボタルもいくつか種類があるので、断定は出来ませんが、まぁ、クロハナボタル辺りではないでしょうか。

この続きはまた後日・・・。




  1. 2016/09/08(木) 19:43:13|
  2. フィールド探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イメージに近い ・・・アオグロヒラタゴミムシ

ゴミムシ繋がりでこのゴミムシを便乗UPします。

今まで、河川敷でしか見たことがなかったゴミムシなので、田園地帯の只中で見ると、ちょっと意外な気がします。緑をバックにした本種もまたいいものです。

1-DSC_0237wdn(Ku).jpgアオグロヒラタゴミムシ ‘16.7月中旬 東京都町田市

こちらは一か月後に、同じフィールドで撮影した別個体です。個人的には一番「アオグロヒラタ」のイメージに近い個体じゃないかと思います。無論私見ですけど・・・。
DSC_0946wkn(Ku).jpg

DSC_1098wdn(Ku).jpgアオグロヒラタゴミムシ ‘16.8月中旬 東京都町田市



  1. 2016/09/06(火) 21:51:09|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご近所の畑でゴミムシ探し+1

家庭菜園でもしない限り、一般人が畑に出入りすることはそうそうあることではありません。しか~し、その畑って、虫たちにとっては結構な楽園であったりする訳ですよね。関係者でなければ通常出入りが許されない畑に、自由に行き来できる私は、ある意味幸せ者かもしれません。

今日の目的は、地表性の甲虫たち。平ったく言えば主にゴミムシ関係ですかね。引き抜かれた雑草や、廃棄された野菜クズの下、あるいは適度に配置された?石の下など狙い目です。たとえばこんなところ。

DSC_0040wkn(S)_201609052152040c9.jpg

暑くなりはじめた頃からよく目につくようになった、体長2.5mmの極小ゴミムシ。背中の四つの斑紋で正体はすぐにバレます。個体数の多いふつう種ですが、撮影はシンドいです。この写真が私の限界かも。
DSC_1603wdn(S).jpgヨツモンコミズギワゴミムシ ‘16.8月下旬
※ミズギワとありますが、かならずしも「水際」に生息している訳ではないようです。

今回、初見の微小ゴミムシ。前者と同じくらいの大きさですが、本種の方が若干大きいようです。小さいなりに上翅の条溝は明瞭で、先端にある一対の小さな赤いホシがよいアクセントになっています。
DSC_1289wdn(S).jpg

DSC_1298wdn(S).jpg

DSC_1483wdn(S).jpgアトモンコミズギワゴミムシ ‘16.8月上旬

メチャ小さいですが、写真を拡大してみると腰のくびれはハンパありません。TBCも真っ青のくびれと申せましょう。ゴミムシのページを開くと、意外とヒョウタンゴミムシの種類が多いことに驚きます。有名どころはオオヒョウタンゴミムシ(未見、一度でいいから見てみたい)。大型のヒョウタンゴミムシですが、他の多くは小型のものが多く、5mm以下の種も結構います。前胸にうっすらと浮き上がったT字の隆起から本種としましたが、同定が合っていることを祈りましょう。体長は4mm前後。
DSC_0699wdn(S).jpg

DSC_0740wdn(S).jpgナガチビヒョウタンゴミムシ ‘16.8月下旬

生態写真を撮りはじめた頃は、まったく見なかった幻のゴミムシ。それが畑に沢山いることがわかり、目からウロコのイツホシマメゴモクです。生息場所がわかると幻は現となります。って当たり前か・・・。1-DSC_0972wdn(S).jpg

DSC_0169wdn(S).jpg

DSC_1032wdn(S).jpgイツホシマメゴモク ‘16.8月上旬~中旬
※イツホシ、ミツホシ、ホシ崩れなど、見る数が増えると斑紋もいろいろです。

スタイルは完全にマルガタゴミムシのそれですが、ギラつき感がないので好感が持てます。しかしそれが同定に結びつかないところが「甲虫三昧」。ゴミムシの同定はなかなかに厄介です。
1-DSC_1327wdn(S).jpgマルガタゴミムシの一種 ‘16.8月初旬 

肢も含めて全身黒ずくめ、半艶、前胸の形と体長からヒロゴモクムシのメスと同定しましたが、もとより自信はありません。毎度のごとく?付きのUPです。
DSC_1111wkn(S).jpgヒロゴモクムシ♀? ‘16.8月中旬

ゴミムシではありませんが、こんな地味甲虫もついでに撮れちゃうご近所の畑です。最近当サイトによく登場するエンマムシの仲間です。体長は4~5mm、ゴミムシ以上に同定は厄介です。拡大して条溝の数や、消失箇所を吟味しつつ、同定に励むべきなのでしょうが、もう一歩踏み込めない「甲虫三昧」の管理人です。
1-DSC_0125wdn(S).jpg

DSC_0099wdn(S).jpgエンマムシの一種 ‘16.8月下旬 東京都世田谷区(すべて)



  1. 2016/09/05(月) 22:08:58|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょい前画像で ・・・アカハナカミキリ

画像の整理が追いつかない晩夏の宵は、ちょい前画像で一服つけます。(タバコは5年前に止めましたが・・・)

結構な羽音を響かせ、私の身体をかすめて赤い飛翔体が飛んでいきます。眼で追うとやがて近くの草むらに着地。見るとアカハナカミキリでした。平地にも山地にも多いハナカミキリも、この時がシーズン初見となれば、撮らない訳にはいきませんよね。

DSC_0705wk(On).jpg

DSC_0710wt(On).jpg
アカハナカミキリ ‘16.6月下旬 東京都町田市



  1. 2016/09/03(土) 21:06:08|
  2. カミキリムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お目汚し ・・・ルリマルノミハムシ

日祭日を除く毎日、何がしかのUPを目指している「甲虫三昧」ですが、夏の疲れが老体をむしばみ始めたのか、撮りため画像の整理がまたぞろ滞ってまいりました。という訳で、あそこにもここにも、ほとんどどこにでもいる(ちょっとオーバー)というルリマルノミハムシでお目汚しです。時たま肢の黄色い、似たようなハムシがいますが、あれはコマルノミハムシなので、見つけた時は撮影した方がいいですよ。ルリマルノミに比べ見る機会はあまり多くないはずですから・・・。
DSC_0038wdn(Oy).jpgルリマルノミハムシ ‘16.6月下旬 東京都町田市



  1. 2016/09/01(木) 20:13:37|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0