甲虫三昧

個体密度 ・・・ヨツコブゴミムシダマシ

撮影フィールドでは、ヨツコブゴミダマ系(に限らず)の個体密度が低下しています。ヨツコブ系は最低でも3~4頭でコロニーを作って越冬する、という印象が強かったのですが、ここではアオゴミ同様単独で見ることが多くなってきました。ちょっと気がかりな河川敷のヨツコブゴミダマ事情です。
1-DSC_0711wdn(I).jpg

2-DSC_0716wdn(I).jpgヨツコブゴミムシダマシ♂の一種 ‘15.2月中旬 東京都狛江市

ついでなので、同じ材で越冬していたクワガタのメスも便乗UPします。この界隈で成虫越冬するクワガタと言えば、コクワガタくらいしかいないので間違いないでしょう。ヒラタもいると聞いていますが未見です。
3-DSC_0707wdn(I).jpgコクワガタ♀ ‘15.2月中旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。








スポンサーサイト
  1. 2015/02/20(金) 18:37:44|
  2. ゴミムシダマシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<気づかなかった ・・・マルガタチビタマムシ | ホーム | 違った楽しさ ・・・ツマキタマノミハムシ>>

コメント

ヒラタクワガタは、地表に出ている朽ち木にはほとんど入っておらず、地面に潜っている朽ち木を掘り出すと見つかることがあります。この時期のヒラタクワガタ採集には、工事用のスコップ(シャベル)が必需品です。

米国での採集・観察の画像日誌を、ようやく更新いたしました。拙サイトのURLを貼っておきます。
  1. 2015/02/23(月) 00:57:14 |
  2. URL |
  3. えいもん #RVGqDyjY
  4. [ 編集 ]

お久しぶりです。

しばらく更新が途絶えていたので、お忙しいのだろうとは
思っていましたが、これでまた興味深い、北米の虫が見られますね。
楽しみです。

ヒラタについてですが、あのフィールドで、土に埋まった朽ち木
を見つけること自体しんどそうです。えいもんさんが言われるように
シャベル、ツルハシがないと、どうにもならないでしょうね。


  1. 2015/02/23(月) 18:28:21 |
  2. URL |
  3. soda #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/1127-e898f03a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)