甲虫三昧

姫と猿 ゾウムシ4態

カナムグラにつく小さなヒメゾウムシ。個体数は多く、見つけるのは苦ではありませんが、撮影となるとそう簡単にはいきません。まぁ、撮り手のヘボが一番の原因ですが、ここぞと思ったところでシャッターを切ってもなんかズレちゃうんですよね。だから毎年リベンジのカナムグラヒメゾウムシです。
1-DSC_0647wdn(Ku).jpgカナムグラヒメゾウムシ ‘15.6月上旬 東京都町田市

こちらはヨモギにつくエゾヒメゾウムシ。大きな虫は自然と視野に入って来ますが、小さな虫はやはりその気にならないと見えてきません。一種でも多くの甲虫を撮りたいと思っている私は、フィールドに出ればそれこそ鵜の目鷹の目で虫を探すことになります。でもってエゾヒメゾウムシです。覗き込んだヨモギに小さな黒いものを見つけ、それがゾウムシであった時の喜びは、なにものにも代えがたく、その瞬間が虫探しの醍醐味と言えるのかもしれません。
3-DSC_0400wdn(Ku).jpgエゾヒメゾウムシ ‘15.6月上旬 東京都町田市

クイズ、上のゾウムシは、どこにいるでしょう。
2-DSC_0434wdn(Ku).jpg


ヨモギの葉先に虫の気配。遠目にもなんとなくサルゾウムシっぽい雰囲気が漂ってきます。そして一連写。辛うじてピンの合った一枚を残して件のサルゾウムシはどこかへ行ってしまいました。ところでこの子の正体は何でしょう。保育社の甲虫図鑑にそれらしきサルゾウムシは見当たりません。体長は2mm強。小さいです。
1-DSC_0322wdn(Ku).jpgサルゾウムシの一種 ‘15.6月上旬 東京都町田市

久々のアオバネサルゾウムシ。ゾウムシ全般地味目全開ですが、そんな中で楚々とした美しさを持つゾウムシではないでしょうか。とそう思うのは私だけかも・・・。
2-DSC_0267wdn(Ku).jpgアオバネサルゾウムシ ‘15.6月上旬 東京都町田市



にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



スポンサーサイト
  1. 2015/06/20(土) 18:11:00|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あなどれない ・・・オオアオゾウムシ | ホーム | 里のカミキリその後>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/1221-7aea0551
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)