甲虫三昧

大菩薩初鹿野線を行く その7

長のお付き合いありがとうございました。この回をもって山梨虫撮りは終了です。最後は私らしく雑甲虫で〆です。あ~、それから、その1で予告しました第2のハプニングは、このページの最後に載せましたので、どうぞお楽しみに・・・。

山へ来たら一度は見ないと気が済まないホソヒゲナガキマワリ。ずんぐりむっくりのキマワリ軍団に比べ、なんとスマートなキマワリなのでしょう。私は好きです。
1-DSC_1001wdn(D).jpgホソヒゲナガキマワリ

平地にも沢山いると思い込んでいたゾウムシは、いつから山地の住人になってしまったのでしょうか。里ではとんと見なくなってしまったツツゾウムシです。
2-DSC_0040wkn(D).jpgツツゾウムシ

写真ではよくわかりませんが、お尻がわずかに尖がっているのがこのゾウムシの最大のウリです。
3-DSC_0991wdn(D).jpgオオクチカクシゾウムシ

平地ではほとんど見なくなってしまったアオカミキリモドキも、1000mの標高ではまだまだ元気です。毎度のコメントで恐縮ですが、カトウかもという期待は常にあります。図鑑の絵合わせでいくと、複眼の感じがカトウっぽいのですが、確信はないのでアオカミキリモトキとしてUPします。
4-DSC_0309wkn(D).jpgアオカミキリモドキ ‘15.8月上旬 山梨県甲州市

若いススキの葉影で身を隠しているつもりのオオヨツアナアトキリゴミムシ。普段ビーティングで落ちた個体を見ることが多いので、こうしたシーンは私にとっては貴重です。
5-DSC_0300wkn(D).jpgオオヨツアナアトキリゴミムシ ‘15.8月上旬 山梨県甲州市(すべて)
※ゴミムシは所謂雑甲虫ではありませんが(多分)、一種だけなので便宜ここへ入れることにしました。あしからず。

さて、お楽しみのハプニング(大したことではありません)ですが、それは家に帰り着いてからわかった何ともオマヌケなハプニングでした。家に着いて荷物を下ろす段になり、後部座席を覗くとそこにあるべき三脚がありません。あっれ~、三脚どこよ。後部座席はもちろん、前の座席やその下など、転がっていそうな場所を探してみますがどこにもありません。ウソだろ~。最後に撮影したのはあのにわか土場かぁ、置いてくるとすればあそこしかない。しかし三脚だけのためにまた行くと言うのも何だしなぁ。悔しいのは悔しいですが、4年使って減価償却は出来たろう、とそう思うことにして三脚は諦めることにしました。すずらんの3kmくらい手前の土場、あるいはその近辺でマンフロットの三脚があったらそれ私のですから、よろしくお願いいたします。

カメラは壊れるわ、三脚は忘れるわ、しかもパキタが撮れたという土場はスルーするというポカまでやってしまった散々な撮影行でしたが、まっ、長い虫撮り人生にはこんなこともあるということで、いつかは笑い話にしたい(すでに笑い話)と思っている熟年虫好きです。



にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



スポンサーサイト
  1. 2015/08/19(水) 19:33:18|
  2. フィールド探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<里のアトキリゴミムシ2題 | ホーム | 大菩薩初鹿野線を行く その6>>

コメント

おはようございます!
いや~三脚までとは散々でしたね…。
パキタは来シーズンに行くとしても、レア物なので悔やまれますね。
私も今シーズン、パキタは撮れませんでした。
来シーズン頑張らねば(笑)

  1. 2015/08/20(木) 08:23:45 |
  2. URL |
  3. umajin #dlLumDTQ
  4. [ 編集 ]

umajin さん、まいど。

いやぁ、自分の不注意ですが参りました。これを教訓に
三脚にヒモでもつけて、首から下げようかと思います。

パキタは今シーズン、大菩薩でも結構採れたようで、
当たり年だったのかもしれませんね。来年は是非
ものにしたいものです。ではまた。
  1. 2015/08/20(木) 18:27:55 |
  2. URL |
  3. Soda #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/1278-cf885876
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)