甲虫三昧

サルルゾウムシ3題

陽性な甲虫(私見ですけど例えばテントウムシとかハムシとか)は別にして、植物を拠り所とする多くの甲虫類は、葉裏にいることがふつうです。とは言え、お天気の悪い日や、気温低目の日などは、表に出ていることもあり、撮り手はミゾソバの群生地を右往左往しながら、ゴミのような黒い粒を探し回るのです。でもって見つけたのがギシギシクチブトサルゾウムシ。別のフィールドでは名前の通り、ギシギシで見ることが多いゾウムシですが、ミゾソバも同じタデ科なので、当人たちにとっては同じ匂いのする植物なのかもしれません。
1-DSC_0201wdn(On).jpg

葉裏に回り込むの別個体の図
2-DSC_0257wdn(On).jpgギシギシクチブトサルゾウムシ ’15.9月上旬 東京都町田市

保育社の甲虫図鑑では少ないとされるサルゾウムシも、私が探して見つかるくらいですから、決して少ない種とは言えないでしょう。ホストはカナムグラ(多分)。カナムグラをホストとするゾウムシは結構多く、呉越同舟シーンもよく見かけます。
3-DSC_0074wdn(I).jpg

別の日に撮った別個体の図
4-DSC_0428wdn(On).jpgムネミゾサルゾウムシ ‘15.9月上旬 東京都町田市、狛江市

河川敷は一面クズやカナムグラで覆われています。これだけの群落があれば、狙っているゾウムシの一つや二つ、難なく見つかるはずです。ところがそんな時に限ってなかなか見つからないのですよね。結局目視探索を諦め、ビーティングでようやく見つけたカナムグラサルゾウムシです。
5-DSC_0116wdn(I).jpg

6-DSC_0141wdn(I).jpgカナムグラサルゾウムシ ‘15.9月上旬 東京都狛江市


にほんブログ村 その他ペットブログ 昆虫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
お気に召したら清き一票を・・・。



スポンサーサイト
  1. 2015/09/10(木) 21:47:06|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<生体写真 ・・・セモンホソオオキノコ | ホーム | ゴミダマ3題>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/1298-8e5d0ebc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)