甲虫三昧

水際微小甲虫しかも地味シリーズ その2

石の下の、何かが動いたと思しきあたりを凝視すると、小さな甲虫らしき虫が見えてきました。最初はハムシの一種かと思いましたが、頭部の形状からアリモドキと推定。結果は大当たりでした(ドヤ顔はしいません、念のため)。アリモドキの多くは、色あり、斑紋ありで、小さいなりに種を主張していますが、地味な場所には、地味な種がちゃんといるという訳です。砂地では目立ってしまう色柄も、こんな色目では気付くものはいないでしょう。私は気が付きましたが(くどいようですが、ドヤ顔はねしていません)・・・。体長は3mm弱です。
1-DSC_0307wdn(I).jpgコクロホソアリモドキ ‘15.9月中旬 東京都狛江市
※ピン甘、平にご容赦。

河原にふつうにいるみたいです。

スポンサーサイト
  1. 2015/09/22(火) 20:48:56|
  2. アリモドキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<水際微小甲虫しかも地味シリーズ その3 | ホーム | 水際微小甲虫しかも地味シリーズ その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/1307-2679f111
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)