甲虫三昧

点刻が強烈 ・・・キイロクビナガハムシ

越冬個体との出会いは久々です。樹木名不明の立ち枯れの、パリパリに乾いた樹皮下から現れたキイロクビナガハムシ。胸と上翅の点刻がなかなかに強烈で、それがこのハムシを印象づけていると言っても過言ではないでしょう。
1-DSC_0341wdn(Oy).jpg

2-DSC_0411wdn(Oy).jpg

3-DSC_0379wdn(Oy).jpgキイロクビナガハムシ ‘16.1月上旬 東京都町田市



スポンサーサイト
  1. 2016/01/23(土) 16:27:55|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<流木の裏側 ・・・キベリチビゴモクムシ | ホーム | 教科書通り ・・・アオオサムシ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/1396-a9be0dca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)