甲虫三昧

ゴミムシ2題 その2

流木の裏側に潜んでいたメチャ小さなミズギワゴミムシ。あまりに小さく、最初は目に入りませんでしたが、何かの拍子に動きはじめてその存在に気づきました。体長は約2mm、いくらなんでも小さすぎます。個体数は多いのですが、その大きさゆえに、私にとってはいないも同然のゴミムシと言えるかもしれません。
DSC_0925wdn(I).jpgウスモンコミズギワゴミムシ ‘16.1月下旬 東京都狛江市
※甘ピン、平にご容赦。

精悍な体つきをしていますが、何となく線の細さを感じてしまうタンゴヒラタゴミムシ。前にも書いた気がしますが、肢の生っぽさがそう思わせるのかもしれません。まっ、あくまで私の独りよがりな感想ではありますが・・・。
2-DSC_0586wdn(I).jpgタンゴヒラタゴミムシ ‘16.1月下旬 東京都狛江市



スポンサーサイト
  1. 2016/02/17(水) 20:58:19|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やっばりメイン ・・・クロホシメナガヒゲナガゾウムシ | ホーム | もう少し美しい場所で ・・・ヤナギルリハムシ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/1416-0da87c14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)