甲虫三昧

今回は主役 ・・・ウスキホシテントウ

先般は友情出演だったので、今回は主役を務めてもらうことにしました。ケヤキの樹皮めくりではお馴染みのテントウムシですが、よく似たムツキボシテントウはなかなか見ることが出来ません。アカマツやクロマツ林に生息するとのことですが、個体数は少なく、出会うのは思う以上に難しいようです。
1-DSC_0087wkn(Ku).jpg

2-DSC_0094wdn(Ku).jpg

3-DSC_0048wdn(Ku).jpg

眠りを邪魔され、しょうがなく樹皮裏を歩きはじめてしまったウスキホシテントウの図
4-DSC_0231wdn(Ku).jpgウスキホシテントウ ‘16.3月上旬 東京都町田市



スポンサーサイト
  1. 2016/03/19(土) 20:54:21|
  2. テントウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<半光沢のツヤ ・・・ナガエンマムシの一種 | ホーム | キノコに依存? ・・・カタモンキノコハネカクシ>>

コメント

まだ会ったことがないテントウ

このテントウにはまだ会ったことがありません。
いつか会いたいものです。
  1. 2016/03/22(火) 02:22:04 |
  2. URL |
  3. ryoi #bBmFigmc
  4. [ 編集 ]

ryoiさん、こんにちは。

会ったことがないというのは、ウスキホシテントウのことですよね。
シーズン中よりも、冬季の越冬時期の方がよく見つかるテントウムシです。
シーズンに入るとどういう訳か見る機会が減ります。分散してしまうからでしょうかね。
地域的な差があるかもしれませんが、東京では冬、ケヤキの樹皮をめくると
かなりの確率で出てきます。
  1. 2016/03/22(火) 18:28:19 |
  2. URL |
  3. Soda #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/1443-cebac470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)