甲虫三昧

一件落着 ・・・ドウガネツヤマルトゲムシ

ツツジの生垣にいた正体不明の小さな虫。体長は3mmほどで、見立てはマルトゲムシ。根拠は見た時の第一印象と肢の形。図鑑の解説と一番近いのがドウガネツヤマルトゲムシですが、図鑑の標本写真はお世辞にもいいとは言えず、これで同定するのは至難の技です。でもってネットを検索すると一発で正体がわかりました。やっぱりドウガネツヤでした。幼虫は春にゼニゴケを食べ、親は成虫で越冬するそうです。これでめでたく一件落着。迷宮入りしなくてよかった、よかった。
1-DSC_0070wdn(S).jpg

Get後の別撮りの図
2-DSC_0030wdn(S).jpgドウガネツヤマルトゲムシ(マルトゲムシ科) ‘16.4月初旬 東京都世田谷区



スポンサーサイト
  1. 2016/04/13(水) 20:09:10|
  2. その他の科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ちょっと少ないふつう種? ・・・コゲチャホソクチゾウムシ | ホーム | 内緒 ・・・ソラマメゾウムシ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/1464-173739a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)