甲虫三昧

ハムシをほんの少々

ものの本には、クヌギ、クリ、ハンノキなどに依存するとありますが、ノイバラで見ることが多いのはどうしてなのでしょう。親はノイバラを食べても、子はクヌギやクリの葉を食べるということなのでしょうか。撮影したこの時が、このハムシとのシーズン最初の出会い。今頃はノイバラやホストの周辺にワンサカいるはずです。
1-DSC_0104wdn(I)-b.jpgクロボシツツハムシ ‘16.3月下旬 東京都狛江市

越冬から覚めたヤナギルリハムシ。ヤナギの小枝に踏ん張って、樹皮でもかじっているのでしょうか。何となくそんな風に見えてしまう熟年虫好きです。
2-DSC_1235wdn(I).jpgヤナギルリハムシ ‘16.3月下旬 東京都狛江市

腹が見えないので何とも言えませんが、多分キバラルリクビボソでしょう。中肢に突起があったらなお良かったんですけどね・・・。ここ最近都市部の公園で、勢力を伸ばしつつあるキバラルリクビボソハムシです。
3-DSC_0326wdn(Ku)-b.jpgキバラルリクビボソハムシ? ‘16.4月上旬 東京都町田市

実を言えばフジハムシは久しぶりです。そんな久しぶりのハムシも、見つけたのが金網の支柱ではいささかガッカリ。という訳で、ちょいとズルして(毎度のことですが)フキの葉に乗せ撮ってみました。絵的にはよくなりましたが、モデルの翅が傷ついています。ズルした分、これで帳消しってことみたいです。
4-DSC_0520wkn(Ku)-b.jpgフジハムシ ‘16.4月上旬 東京都町田市

擬木や防護柵は、虫を見つけるには便利なアイテムですが、絵的にはイマイチですよね。こちらは人工物から移動を失敗したコマルノミハムシ。移動する前に取りあえず撮っておいて正解でした。ルリマルノミによく似ていますが、体型が若干タテ長で、触角と肢が黄褐色です。ハムシなんだから、葉っぱにいてくれればいいものを、何も用水路の金網にいなくてもと考えますよね。見る機会はそう多くはないので贅沢は言えませんが、もうちょっと場所柄をわきまえてもらわないと、正直困ります。いや、ホンマ・・・。
5-DSC_0417wdn(Ku).jpgコマルノミハムシ ‘16.4月上旬 東京都町田市



スポンサーサイト
  1. 2016/04/23(土) 20:56:50|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<何だか眠そう ・・・ヒメガムシ | ホーム | 今シーズン最初のカミキリ ・・・カミキリ3種>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/1474-7f681bd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)