甲虫三昧

慎重 ・・・ビロウドホソナガクチキ

樹種名不明の立ち枯れに、なにやら虫の気配。近づくとナガクチキムシが一頭、樹幹の窪みに同化していました。多分ビロウドホソナガクチキでしょう。気配に敏感な虫で、動きはじめたらちょっとやそっとでは止まってくれません。故に慎重です。っていうほどの虫ではありませんが、こうした雑甲虫に目がない私には、大切な虫なのですよ。いや、ホンマ。
DSC_1220wdn(I).jpgビロウドホソナガクチキ ‘16.5月初旬 神奈川県川崎市



スポンサーサイト
  1. 2016/05/12(木) 20:13:08|
  2. ナガクチキムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<パッとしない ・・・エゴシギゾウムシ | ホーム | ちょっと大き目なコメツキ2種>>

コメント

虫の美しさ

先日見たことのないゴミムシを撮ったので、もしかすると、と思ってゴミムシのカテゴリーを全部見ました。
結局会えなかったのですが、ゴミムシだけ集中して見てつくづく思ったのは、昆虫の美しさをよく撮っているなぁ、
です。
自分の目的は昆虫の写真でなくふと会える昆虫なので、もうデジイチには戻らないと思いますが、きれいな昆虫の写真をみていると、どこかにしまってあるマクロレンズをひっぱりだしてみようかな、とふと考えたりしました。
  1. 2016/05/13(金) 13:18:46 |
  2. URL |
  3. ryoi #bBmFigmc
  4. [ 編集 ]

ryoi さん、こんばんは。
実を言えば、虫のいる(私の場合甲虫ですが)風景写真が撮れればいいなぁ、
と 思っているのですが、実際には虫主体の昆虫写真で終始しています。
機材、レンズに恵まれないせいもありますが、写真の前に、虫が好きという
根本がそこにあります。だから虫を風景として捉えられないんですね。
主体はあくまで虫という訳です。その好きな虫を自分なりのセンスで
きれいに撮りたいと思う気持ちが、私の虫写真の根底にあると思います。
私は決して上手な虫撮り屋ではありませんが、きれいに撮りたいと思う気持ちは
常にあります。

ryoi さんが、私の虫写真を見て、そう感じていただけたのなら、それに勝る
褒め言葉はありません。ありがとうございます。

ryoi さんも是非、デジイチにマクロをつけ、ファインダー(液晶画面ではなく)
を通して虫たちと対峙してみて下さい。コンデジとまた違った虫たちが見えて
くるかもしれませんよ。
ではまた。

  1. 2016/05/13(金) 20:11:39 |
  2. URL |
  3. zomushi #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/1492-793ddd13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)