甲虫三昧

初夏の栗林で虫探し

ちょっと時期を外していますので、適当にお付き合い下さい。

小さな栗林の栗の花は七分咲き程度で、栗独特の芳香を放っています。時刻は9時をちょっと過ぎたあたり。この匂いに惹かれて多くの虫が集まっています。とはいっても大した虫が飛来しているわけではありませんが、それでも虫屋にとってこの光景は胸躍るものがあります。一応「甲虫三昧」なので、登場するのは甲虫オンリーです。念のため・・・。

東京の郊外では多くは望めませんが、取りあえずこれだけは押さえたい、という虫がいました。それがこの子。幸いなことに、探索開始直後に目に飛び込んできたアメイロカミキリです。一連写したところで早々にロスト。その後はどこをどう探しても見つかりません。勤務は9時過ぎで上がりなのでしょうか。

1-DSC_0045wkn.jpgアメイロカミキリ

栗の花と言えばこのアオカミキリモドキ。昆虫採集に明け暮れていた小学生の頃。庭にあった栗(今はもうありません)に、それはもう嫌になるくらい飛来していたアオカミキリモドキです。現在、世田谷区内で見るのはなかなか大変です。
2-DSC_0225wdn.jpgアオカミキリモドキ

ヒメアシナガコガネも来ています。アシナガコガネより幾分遅れての発生でしょうか。色や斑紋にバリエーションがあるので、アシナガより被写体としては面白いかもです。
3-DSC_0369wdn.jpgヒメアシナガコガネ

東京の郊外で一番多いトラカミキリは本種かもしれませんね。カミキリ屋には駄もの扱いで、ちょっとかわいそうなキイロトラカミキリです。
5-DSC_0388wdn.jpg

5-DSC_0483wkn.jpg

5-DSC_0653wdn.jpgキイロトラカミキリ

キイロトラと並んで多いのがこのベニカミキリ。白い栗の花に、本種の紅色はよく映えます。2枚目ベニは前胸背が黒く、ムモンベニに見えなくもありません。一瞬、ドキッとしますよね、Iさん。
6-DSC_0429wkn.jpg

6-DSC_0685wdn.jpgベニカミキリ

フタコブルリハナではありません。れっきとしたアオジョウカイの交尾ペアです。言われなくてもわかるって、失礼しました。
7-DSC_0435wkn.jpgアオジョウカイ♂♀

体型、体色、腹部の黄色から判断しましたが、確信はありません。
8-DSC_0513wdn.jpgキバラヒメハムシ

掃いて捨てる程いるコアオハナムグリの中に、ぽつん、ぽつんと散見されるのがこのアオハナムグリ。前胸背に泥がついているので、ついさっき地上へ出て来た新米個体のようです。
9-DSC_0535wdn.jpgアオハナムグリ

栗の花に埋没するがごとくのヒラタハナムグリ。
10-DSC_0595wdn.jpgヒラタハナムグリ

今季2度目のUPですが、好きな虫は何度でも登場するのですよ。
DSC_0647wdn.jpgヒメトラハナムグリ

今回の栗林で一番うれしかったのが実はこのオトシブミ。多分ルリオトシブミと思いますが、カシルリ以外、この手のオトシブミに会う機会って意外に少なく、思わず笑みがこぼれてしまった熟年虫好きです。
DSC_0771wdn.jpg

DSC_0824wdn.jpgルリオトシブミ?

トラカミキリの中で、一番の定番種と言われているエグリトラカミキリですが、この日は写真の一頭しか見ませんでした。東京近郊ではキイロトラにその座を明け渡しているのでしょうか。
DSC_0901wdn.jpg

同じ個体です。
DSC_0925wdn.jpgエグリトラカミキリ ‘16.5月下旬 東京都町田市(すべて)

これ以外にもいろいろいましたが、写真の出来がホニャララなので、これにて終了です。やっぱり大したことありませんでした。ではまた。



スポンサーサイト
  1. 2016/06/15(水) 18:40:49|
  2. フィールド探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<桑野??? ・・・シロオビマルカツオブシムシ | ホーム | 未記載種?・・・ノミヒゲナガゾウムシの一種>>

コメント

こんばんは
クリには色んな虫が集まりますね!
花は勿論、枝や幹にも。
こうして花に集まる沢山の虫を見るのは気持ちいいですねぇ~
何が付いているのか見るのが楽しいです(笑)
アメイロ、残念でしたね。
小さいので落ちたら、まず見つからないでしょうね・・・。
  1. 2016/06/15(水) 19:02:09 |
  2. URL |
  3. umajin #dlLumDTQ
  4. [ 編集 ]

umajinさん、まいど。

クリの花はいいですよね。
7~8年前、山梨のとある林道で
クリの大木に、ワンワン虫が飛来しているのを見て、
この時ほど、ネットがあったらなぁ、と思ったことはありません。
標高1000mくらいのクリの花には、一体どんな虫が飛来していた
のでしょう。考えるだけでもワクワクしますね。



  1. 2016/06/16(木) 21:10:57 |
  2. URL |
  3. zomushi #-
  4. [ 編集 ]

ドキッとしました。最近は甲信で局所的に
栗の花でヨツボシカミキリが復活してるようです
  1. 2016/06/18(土) 01:27:31 |
  2. URL |
  3. ita #-
  4. [ 編集 ]

ドキッとしました。最近は甲信で局所的に
栗の花でヨツボシカミキリが復活してるようです
  1. 2016/06/18(土) 01:28:18 |
  2. URL |
  3. ita #-
  4. [ 編集 ]

itaさん、まいど。

ムモンベニの話題の後だけに、なんか暗示的してますよね。
近々どこか別のフィールドで再度の出会いがあるかもれませんよ。
何かあったら教えて下さい。ではまた。


  1. 2016/06/18(土) 18:22:43 |
  2. URL |
  3. zomushi #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/1520-dbffba5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)