甲虫三昧

ヒゲナガハナノミなのにヒラタドロムシ ・・・チビヒゲナガハナノミ♀

ヒゲナガハナノミの名があるのになんでヒラタドロムシ科なわけ? って当然そうなりますよねぇ。多いですよね、別の科の和名を名乗る虫って。研究が進んで、以前はこの科だったものが、現在では別の科になっていたなんてことが・・・。ヒラタドロムシ科の解説を読むと「この群の一部は、かつてヒゲナガハナノミ科に入っていた」とあるので、やっばりなぁ、ということになります。

ヒラタドロムシ科の幼虫は、主に流水中で生活するため、成虫は水辺で多く見られます。写真の虫も「清流周辺の植物上にふつう」とあるので、清流というには若干異論はあるものの、きれいな水が流れる農業用水路の回りにたくさんいました。体長は3mm前後、写真の個体は触角が細いのでメスのようです。オスの触角は太く、所謂鋸歯状です。

DSC_1127wdn(Ku).jpg

DSC_1139wdn(Ku).jpgチビヒゲナガハナノミ♀(ヒラタドロムシ科)‘16.5月下旬 東京都町田市



スポンサーサイト
  1. 2016/07/05(火) 20:28:32|
  2. その他の科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<色目がちょっと ・・・ウスバキスイ | ホーム | 私が撮れるクワガタ ・・・コクワガタ♂>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/1537-c84c7ef4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)