甲虫三昧

オトシブミ2題 ・・・無地と水玉

他のオトシブミ類が、季節の移ろいとともに、どんどん数を減らしていく中、この黒い小さなオトシブミだけは、その勢いに翳りがみられません。作業路のあちこちに、このオトシブミの喰い跡が、いくらでも見つかります。
DSC_0149wdn(Ku).jpg

雌雄でしょうか、シンクロしていますの図
DSC_0154wdn(Ku).jpgヒメクロオトシブミ ‘16.6月中旬 東京都町田市

黒い小さなオトシブミだけかと思ったら、まだいてくれました。栗林で見る本種は、実に自然です。なんか安心するんですよね。
DSC_0892wkn(Ku).jpgゴマダラオトシブミ ‘16.6月中旬 東京都町田市



スポンサーサイト
  1. 2016/07/09(土) 22:21:07|
  2. オトシブミ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<奇跡? ・・・カラスアゲハ夏型 | ホーム | クリの花とクモゾウ ・・・トゲハラヒラセクモゾウムシ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/1542-12133a6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)