甲虫三昧

地味なケシキスイあれこれ

今年はこのケシキスイによく出会います。裏高尾では、一本の灌木に10頭以上集まっているところを見たこともあるので、それだけ個体数が多いということなんでしょう。紛らわしい種が多い中、本種は同定しやすいケシキスイと言えそうです
1-DSC_0396wdn(Ku).jpg

2-DSC_0401wdn(Ku).jpgクロモンムクゲケシキスイ ‘16.7月中旬 東京都町田市

自信はありませんが、キベリチビと思います。なにしろ図鑑に、ほぼ全国に分布するふつう種とあるくらいですから、多分当たりでしょう。2か月も前の撮影なので、撮影当時のことはよく覚えていません。歳を取ると記憶力も減退します。
3-DSC_0906wdn(Ku).jpgキベリチビケシキスイ? ‘16.6月中旬 東京都町田市

菌やきのこが生える古い倒木や伐採木で見る小型のケシキスイ。背中の直立した長い毛が本種のセールスポイントですが、毛があるのは本種だけではないのがちょっと苦しいマルガタカクケシキスイです。という訳で?付きです。あしからず。
4-DSC_0058wdn(Ku).jpgマルガタカクケシキスイ? ‘16.7月上旬 東京都町田市



スポンサーサイト
  1. 2016/08/22(月) 21:10:40|
  2. ケシキスイ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<それなりにうれしい ・・・ヤハズカミキリ | ホーム | 今年はまだ一回・・・アカタデハムシ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/1583-7e30140d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)