甲虫三昧

夏の多摩川河川敷Vol.1

熱中症を恐れ、しばらく足が遠のいていた多摩川河川敷。この日の最高気温が29℃という予報に、ちょっと行ってみようかという気持ちになりました。7月下旬(一か月前の虫話です)の河川敷に、多くは望めませんが、久方ぶりの多摩川はいかがなものかと、まぁ、そんな気分でやって来たという訳です。はてさて夏の河川敷に、虫はいるでしょうか。

初っ端の狙いはクロトゲハムシ。旬の時期はとうに過ぎていますが、一縷の望みを託してススキの群落を端からジロジロします。でも見つかりません。やっぱり遅すぎたのでしょうか。ナンテ思っていると、前方の折れ曲がったススキにそれらしいシルエットが見えます。結局この日撮影出来たクロトゲは写真の一頭のみ。最後の生き残りの一頭だったみたいです。

1-DSC_0046wdn(I).jpg

2-DSC_0081wtn(I).jpg
クロトゲハムシ

色素が抜けたような淡いクリーム色のエノキハムシ。ハムシハンドブックによれば、5月くらいからの出現となっていますが、このフィールドでは夏に入ってからが本番のようです。
5-DSC_0155wdn(I).jpgエノキハムシ

この河川敷でケシカミキリは初見かもしれません。クリなどの枯れ枝に多く、私の場合、ビーティングに頼ることが多いカミキリですが、この時はススキの葉にちょんと乗っていました。
7-DSC_0364wdn(I).jpgケシカミキリ

このフィールドでは二度目の出会い。ファーストコンタクトが山地のヤナギだったせいで、いまだに山地性のゾウムシという先入観がぬぐえません。最初の出会いって結構インパクトがありますよね。という訳で、河川敷の踏み分け路のヤナギにしがみつく、ヤナギシリジロゾウムシです。
8-DSC_0692wkn(I).jpg

9-DSC_0617wdn(I).jpgヤナギシリジロゾウムシ

ここでは数年前より、顔なじみとなったタカオマルクチカクシゾウムシ。図鑑によれば、近似種が数種記録されているとか。ひょっとしたらこのゾウムシも、その近似種の一つである可能性もあるということですかね。
10-DSC_0030wdn(I).jpgタカオマルクチカクシゾウムシ

オオバコトビハムシにやっと会えたと思ったら、本人なのか他人なのかよくわからなくなってきました。オオバコにいてくれれば本人なんだろうと、その気にもなりますが、大見得切って、オオバトビハムシと言えないところが何とも歯がゆいです。実のところ、このハムシの正体は何なんでしょう。体長は2mmほど、小さいです。
11-DSC_0469wdn(I).jpgアシナガトビハムシの一種

たま~に出会うアヤメツブノミハムシ。前者と同じ属ですが、大きさはこちらの方が二回りほども大きく、撮影も少しは楽といったところでしょうか。
12-DSC_0771wdn(I).jpgアヤメツブノミハムシ

ホストのヤブガラシで見ることが多いドウガネサルハムシ。ルリ色の個体もいますが、最近見ていません。数的に少ないようです。
13-DSC_0842wdn(I).jpgドウガネサルハムシ

オニグルミにいたカシワツツハムシ。見る頻度は限られ、見つけたら必ず撮るというのが私のスタンスでおます。
14-DSC_0950wdn(I).jpg

15-DSC_0977wdn(I).jpgカシワツツハムシ

ヒメコガネも、ポツポツといった感じで目に止まります。厳密に言えば食べる植物は決まっているはずですが、柔らかい葉っぱなら何でも喰ってしまうという印象があります。
17-DSC_1058wdn(I).jpgヒメコガネ

戦前、米本土に上陸し、かの地の農場主を震撼とさせた張本人がこのマメコガネ。自由な国で、大いに繁殖したようです。
19-DSC_1066wdn(I).jpgマメコガネ ’16.7月下旬 東京都狛江市(すべて)



スポンサーサイト
  1. 2016/08/29(月) 21:03:46|
  2. フィールド探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<夏の多摩川河川敷Vol.2  | ホーム | ちょっと情けない ・・・エゴヒゲナガゾウムシ♀>>

コメント

こんばんは!
今回は大放出ですね!
この時期にクロトゲハムシですか!
春のイメージがありますが息が長いですね~
オニグルミというとオニグルミノキモンカミキリが思い浮かびますが
カシワツツハムシというハムシも見れるのですね!
  1. 2016/08/29(月) 23:19:52 |
  2. URL |
  3. umajin #dlLumDTQ
  4. [ 編集 ]

ヤナギシリジロゾウムシ、タカオマル、渋めでいいですね~。
ヤナギシリジロは未だ見たことがなく、見てみたいです。
といってもクチカクシゾウムシの仲間はちょっとおそろしげな動きのときもありますよね。
カシワツツハムシもかわいいですね。
カシワと付いても、オニグルミにもいるんですか。
  1. 2016/08/30(火) 10:13:34 |
  2. URL |
  3. nori #zlAQJbYM
  4. [ 編集 ]

umajinさん、まいどです。

7月下旬のクロトゲは遅いですよね。
生き残りの一頭というのは、本当かもしれません。
カシワツツは、コナラとかカシワが本来のホストなので、
たまたまいたというのが真相と思います。
オニグルミノキモンなどというオサレなカミキリは
まずいないフィールドです。いたら狂喜乱舞ですね。
  1. 2016/08/30(火) 19:08:27 |
  2. URL |
  3. zomushi #-
  4. [ 編集 ]

nori さん、まいど。

ヤナギシリジロをここで見たときは、目が点でした。
コメントにも書きましたが、初見は大菩薩なんですよ。
それが多摩川ですから、そりゃあ、ビックリしますよね。
そうそう、クチカクシの動きって、時々怖いときがありますよね。
その意味でもちょっと苦手なゾウムシではあります。

カシワツツは、umajin さんの返事にも書きましたが、多分たまたまですね。
私もオニグルミで見たのは初めてですから。
ここのオニグルミには先日UPしたカラカネチビナカボソタマムシが
いるようです。来シーズンはもっとちゃんと撮ろうと今から準備中?です。


  1. 2016/08/30(火) 19:22:48 |
  2. URL |
  3. zomushi #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/1588-dbb2d7e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)