甲虫三昧

久方ぶりの檜原村 その4

枝道の探索を終え、最終目的地の都民の森へ向かいます。ところがどっこい、都民の森は思いのほか気温が低く、寒いと感じるほどの冷やかさでした。そんな都民の森で唯一撮影出来たのがこのマグソコガネ。ご近所の畑にもいるただマグソに似ていますが細身で、大きさも一回り小さく、ひょっとしてマキバマグソコガネじゃなかろうかと、そのように見立てた熟年虫好き。秋季に活動するという点もマッチしています。
20-DSC_0823wdn(Hn).jpgマキバマグソコガネ?

とまぁ。こんな具合なので都民の森は早々に撤退。最初の小規模土場へ取って返します。

里にも多いエグリゴミムダマシのメス。剥がした樹皮裏から出て来ました。こう言っちゃあなんですが、折角ここまで来たのですから、ツノゴミダマの一つや二つ、いてくれてもよさそうなものですが、ここ最近ミツノゴミダマとかヒメツノゴミダマとか全然見なくなりました。みんなどこへ行ってしまったのでしょう。腑に落ちません。

21-DSC_0961wdn(Hn).jpgエグリゴミムシダマシ♀

浮いた樹皮の裏側から這い出てきたテッカテカのハネカクシ。出てきた途端ピタッと止まってしまい、まったく動かなくなりました。動きの速い虫でも、時々こんな風にフリーズしてくれたら撮影も楽なんですけどね。それにしても何というツヤ。まるで漆を塗り重ねた工芸品のようです。
22-DSC_0983wdn(Hn).jpgクロツヤハネカクシ

古びた材に微小なゴミムシが沢山います。チョコマカと動き回り、撮影のチャンスはなかなか巡ってきません。でどうにか撮れた写真がこの一葉。何だか得体のしれない物体に寄り添っていますが、この子の正体は何でしょう。ゴミムシのベージを繰りながら、とりあえず出した答えがオオヒラタミズギワゴミムシ。この一枚ではどうしたってリベンジは避けられません。また来シーズンです。
23-DSC_1001wdn(Hn).jpgオオヒラタミズギワゴミムシ?

アブ、ハチの類は門外漢ですが、撮りはじめると守備範囲が広がり、甲虫探しがおろそかになりゃせんかと恐れているだけで、嫌いなわけではありません。翅の黒いアブは初見だったので、ちょいと色気が出てしまいました。
24-DSC_1062wdn(Hn).jpgアブの一種

ダメ元という言葉がありますが、このダメ元は虫探しでもよく使います。一種の賭けのようなもので、いたら儲けもの、くらいの感覚でしょうか。この時もダメ元で、丸裸の針葉樹をゴロリと転がしたら、その裏側にこんな虫が潜んでいたというわけです。似たような種がいくつかいますが、前胸背の張り出し方と、この寸胴スタイルはムナビロテントウダマシしかいないでしょう。一頭出てきたら、まわりの材からポロポロ出てきました。
25-DSC_1146wdn(Hn).jpg

右下に見えているのは本種の幼虫でしょうか。
25-DSC_1151wkn(Hn).jpg

25-DSC_1161wdn(Hn).jpgムナビロテントウダマシ

雲が広がり暗くなってきました。最後のあがきで、土場から移動して虫を探します。熟れた無花果に何やら虫の気配。オオゾウムシのようです。気配しか撮れないので、Getして別撮りします。子供の頃、採集したオオゾウムシに虫ピンを刺そうとして、まったく歯が立たなかったことを思い出します。こやつの硬さはハンパないです。知ってました?
26-DSC_1225wdn(Hn).jpg

27-DSC_0058wkn(Hn).jpgオオゾウムシ

この日最後の撮影相手は、この小さなトビハムシ。同定の難儀なナガスネトビハムシの仲間です。いたら取りあえず撮るというのが「甲虫三昧」のモットーですが、同定がままならないというのはちと辛いものがあります。
28-DSC_1287wdn(Hn).jpgナガスネトビハムシ属の一種 ‘16.10月上旬 東京都檜原村

久方ぶりの檜原村はこれにて終了です。やはり時期が遅すぎました。来シーズンはもうちょっと季節のよい時に来ることにしましょう。



スポンサーサイト
  1. 2016/11/10(木) 21:10:49|
  2. フィールド探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<一休み ・・・ダンダラテントウ | ホーム | 久方ぶりの檜原村 その3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/1630-4343a857
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)