甲虫三昧

越冬前のプロセス? ・・・カミナリハムシ

ボロボロに食い荒らされたチョウジタデに、犯人のカミナリハムシは不在。すでにどこかで越冬の準備に入っているのかもしれません。そんなことを考えながら歩いていると、草地の縁の下草に、なにやらルリ色の塊を発見。目を凝らすとそれはカミナリハムシの集団でした。まわりを見ると同じような塊がいくつか見えます。カミナリハムシは、こんな感じ冬を越すのでしょうか。しかし季節はまだ10月。本格的な冬の訪れにはまだ間があります。気温が上がればこの集団はバラけてしまうでしょう。そしてなにより、この状態で冬を越すというのが今一つピンときません。ナミテントウは集団越冬前に大集団を作ることで知られていますが、このハムシもナミテントウと同じようなプロセスを踏んで、本格的な越冬に入るのかもしれません。なんかそんな気がする熟年虫好きです。
1-DSC_0508wd(Ku).jpg

2-DSC_0548wd(Ku).jpg

3-DSC_0506wdn(Ku).jpg

単独の個体もいます。
4-DSC_0555wdn(Ku).jpg

活動中の個体もいます。
6-DSC_0717wdn(Ku).jpg

ちょっと黄昏た個体もいます。
DSC_1292wdn(Ku).jpgカミナリハムシ ‘16.10月中旬 東京都町田市



スポンサーサイト
  1. 2016/11/18(金) 18:30:31|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<多分 ・・・ルイスザイノキクイムシ | ホーム | まだら模様 ・・・シラフチビマルトゲムシ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/1636-d3eb6024
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)