甲虫三昧

決まって秋 ・・・キムネヒメコメツキモドキ

秋が深まる頃になると、唐突に姿を現すキムネヒメコメツキモドキ。体長5~6mmの小さなコメツキモドキです。ふつう種とのことですが、見る機会はそう多くありません。他のサイトでは初夏の頃の撮影が多いようですが、MFでは決まって秋です。秋に羽化した新成虫が束の間活動した後、越冬に入るという筋書きでしょうか。尤もコメツキモドキが成虫で越冬するという話は聞いたことがないので、それは多分ないでしょうね。
DSC_0166wdn.jpgキムネヒメコメツキモドキ ‘16.10月中旬 東京都町田市



スポンサーサイト
  1. 2016/11/22(火) 18:13:11|
  2. コメツキモドキ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<手放しで喜べない ・・・クロコノマチョウ | ホーム | 真っ黒なサルゾウムシ ・・・クロトゲサルゾウムシ?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/1639-29d26f08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)