甲虫三昧

いてくれてありがとう ・・・ハッカハムシ

虫仲間と、ハッカハムシの生息地を訪れた時の虫撮り話です。

この日の最大の目的は、ハッカハムシの生息地に虫仲間の皆さんを案内するというもの。昨年、一昨年と発生を確認していたので、外しようのない大船虫撮り企画です。ところがどっこい、いるはずのハッカハムシが一頭たりともいません。ホストのアップルミントは昨年同様繁茂していますが、その主がいないのです。八つの眼で、テッテ的に探索しますが、そもそも食痕がないのですから話になりません。昨年までの発生は何だったのでしょう。解せません。

こんな衝撃が起こる30分ほど前、いきなり生息地というのも芸がないと思い、少しは予感を楽しんでいただこうと遠回りした田舎道で、ハッカハムシに遭遇したのでした。しかもハッカにいたのですから、案内役としてはまんざらでもなかったのですが、今にして思えばその瞬間こそが案内役の晴れ舞台だったわけですね。一頭でもいてくれてありがとうのハッカハムシ。いなかったら袋叩きは避けられなかったことでしょう。

1-DSC_0003wdn(Tu).jpgハッカハムシ

2-DSC_0007wtn(Tu).jpg
ハッカの花

この日は天気が悪く、その上気温は上がらず、虫探しには最悪の一日でしたが、好きな者同士ワイワイガヤガヤと、虫談義に花を咲かせながらブラブラするのもまた一興というものです。

ハッカハムシ以外のハムシはこんなところ。晩秋のフィールドに欠かせないヨモギハムシと、相変わらず徒党を組んでいるカミナリハムシと・・・。

3-DSC_0078wdn(Ku).jpgヨモギハムシ

4-DSC_0791wdn(Ku).jpg

DSC_0642wdn(Ku).jpgカミナリハムシ ‘16.10月下旬 東京都町田市



スポンサーサイト
  1. 2016/11/24(木) 21:00:01|
  2. ハムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秋のチョッキリ2題 | ホーム | 手放しで喜べない ・・・クロコノマチョウ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/1641-80da4838
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)