甲虫三昧

ヒラタムシ2題

ケヤキの樹皮下で越冬中のチビヒラタムシ。体長は3mmくらいで、この手のチビヒラタムシにしては大きい方でしょうか。しばらくじっとしていましたが、やがて目覚めトコトコと歩きはじめました。似たような種が多く同定は自信あませんが、セマルチビヒラタが該当しそうです。
1-DSC_0740wdn(On).jpg

2-DSC_0761wdn(On).jpgセマルチビヒラタムシ? ‘16.12月初旬 東京都町田市

昨シーズンと同じ樹種の伐採木にお約束のクロムネキカワヒラタムシ。適度な湿り気のある樹皮下には、成虫で越冬する多くの甲虫が集まりますが、全体がシト~とするくらいの材に人気があるようです。
DSC_0588wdn(On).jpgクロムネキカワヒラタムシ ‘16.12月初旬 東京都町田市



スポンサーサイト
  1. 2016/12/20(火) 18:45:42|
  2. ヒラタムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<前哨戦 ・・・メダカチビカワゴミムシ | ホーム | ピン甘 ・・・ツヤナガヒラタホソカタムシ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/1663-1982de72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)