甲虫三昧

大晦日ですが ・・・センノカミキリ

9月の中ごろ、懇意にしている植木屋さんから、ウコギ科のハトスヘデラに入っていたカミキリの幼虫をいただきました。成長した幼虫で、材から出た状態だったので、このまま生き続けるか不安でしたが、とりあえずケースに幼虫、出て来た材、そして同じウコギ科のヤツデを入れ様子を見ることにしました。

カミキリは飼育したことがなく(カミキリに限りませんが)まさに成り行き任せの幼虫飼育、幸い死ぬこともなく生き続けてくれました。それから約2ケ月後の11月中旬、幼虫の動きが止まり、小さく縮んだようになりました。いよいよご臨終か。しかし触ると動きます。もしかして蛹になる前触れ、いわゆる前蛹というヤツでしょうか。そして10日後、幼虫は蛹になりました。


無事蛹化1-DSC_0005wkn.jpg

蛹化してから一週間後の12月中旬、ケースを開けると羽化した成虫がそこにいました。生っ白い、いかにもはかなげなカミキリがケースの隅にいたんですよ。
2-DSC_0303wd.jpg

まずは無事に羽化して安堵の熟年虫好き。蛹の段階ではナガゴマフあたりかなと思っていましたが、時間が経ち、色がはっきりしてくるとセンノカミキリに化けました。

羽化から数日後。体色はかなり濃くなりましたが、触角はまだ生っぽいです。
3-DSC_0077wkn.jpg

無事羽化してくれたのはいいのですが、これから先どうしたらいいのでしょう。時期も時期なので外に放っぽり出すわけにもいかず、成虫もウコギ科の生葉を後食するとあるので、とりあえずヤツデを入れてみましたが、もとよりカミキリに食べる意志はないらしく、生まれ落ちたハトスヘデラとヤツデの茎に身を寄せじっとしています。このままシーズンが始まるまで、休眠越冬してくれればいいんですけどね。

ヤツデを食べる意志はなさそうと書きましたが、この後ほどなくして、葉を食べはじめました。後食するのはある程度成熟してからなのでしょうか。
DSC_0154wkn.jpg

晦日に撮った最新画像。元気です。
4-DSC_0353wdn.jpg

5-DSC_0314wkn.jpg

6-DSC_0399wkn.jpgセンノカミキリ 幼虫捕獲場所 東京都調布市

という訳で季節外れのセンノカミキリでした。ところでこの後一体どうしたらいいのでしょう。今のところ元気にしていますが、貰い受けてから3ヶ月くらいいっしょにいたので情が移ってしまって・・・。



スポンサーサイト
  1. 2016/12/31(土) 17:41:38|
  2. カミキリムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<正月ですがカミキリ繋がり ・・・ヘリグロチビコブカミキリ | ホーム | すぐに一致 ・・・コガシラナガゴミムシ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/1672-45b627cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)