甲虫三昧

この日のゴミムシ2題

河原に多いスジミズアトキリゴミムシ。いるところには沢山いて、石のすき間を活発に歩き回っています(今じゃなすいですよ、念のため)。小さいながらも目視でゴミムシとわかるくらいの大きさなので、取りあえず撮影にチャレンジ!、なんて気持ちにさせてくれる微小アトキリゴミムシです。
1-DSC_1073wdn(I).jpg
スジミズアトキリゴミムシ ’16.11月下旬 東京都狛江市

撮影場所の河川敷に、マルクビゴミムシの仲間は本種くらいしかいません。多分、マルクビゴミムシ類のグループ自体が小さいので、出会う機会も少ないというのが理由かもしれませんね。それにしても、一種だけというのは如何にも寂しいです。
DSC_1198wdn(I).jpgカワチマルクビゴミムシ ’16.11月下旬 東京都狛江市



スポンサーサイト
  1. 2017/01/13(金) 18:32:31|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヒラタゴミムシ2題 | ホーム | ちょいと残念 ・・・ナガマルガタゴミムシ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/1681-0f4dc7e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)