甲虫三昧

ホソクチゾウムシ2態

毎度お馴染みのケブカホソクチゾウムシ。ホストはエノキですが、エノキの樹皮は固く、容易には潜り込めないので、越冬時は入りやすいムクノキを利用するようです。樹皮片も小さく、このゾウムシにとってはちょうどいい冬越しアイテムかもしれません。
1-DSC_0316wdn(I).jpg

DSC_0123wdn(I).jpgケブカホソクチゾウムシ ‘17.1月下旬 東京狛江市

こちらはヤナギの樹皮下で越冬していた上とは別種のホソクチゾウムシ。ケブカホソクチより一回り大きなサイズですが、それでも口吻をいれて3mm弱ですから、小さいことに変わりはありません。昨年の春に一度見ていますが、その後はお見限りで、出会ったことさえ忘れかけていたホソクチゾウムシです。春も冬もヤナギで見ているので、ホストはヤナギかなと言う気もしますが、ヤナギをホストとするホソクチゾウムシは、保育社の甲虫図鑑には載っていません。正体は何でしょう。誰かおせーて下さい。
1-DSC_0194wdn(I).jpg

2-DSC_0164wdn(I).jpgホソクチゾウムシの一種 ‘17.2月上旬 東京都狛江市

別フィールドで撮影の個体
DSC_0134wdn(I).jpgホソクチゾウムシの一種 ‘17.2月下旬 東京都町田市



スポンサーサイト
  1. 2017/02/27(月) 20:34:35|
  2. ホソクチゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いつもの手法 ・・・イチゴハナゾウムシ | ホーム | 実にシンプル ・・・アオツヤキノコゴミムシダマシ♀?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/1719-d006d295
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)