甲虫三昧

トホホな結果 ・・・フタホシスジバネゴミムシほか

丘陵地の小崖。ものは試しとマイ鍬で少し崩してみました。アオオサくらいは出るかと思いましたが、落ちたのは写真のフタホシスジバネゴミムシ。彫の深い条溝と、上翅の黄色い斑紋がトレードマークのゴミムシです。落ちたはいいが、さらさらと崩れ落ちる乾燥した土塊に肢をとられ、件のゴミムシはずるずると滑り落ちるばかり。何とか見られる写真がUPしたこの画像。久しぶりの出会いもトホホな結果に終わったフタホシスジバネゴミムシでした。
DSC_0202wdn(On).jpg

DSC_0214wdn(On).jpgフタホシスジスジバネゴミムシ ‘17.2月中旬 東京都町田市

こちらは丘の斜面に積まれたソダや伐採木の下に隠れていたヨリトモナガゴミムシ。それをひょいと摘まんで手近な材の上に乗せ撮った写真がこれ。それにしてもテッカテカですね。ヨリトモってこんなにツヤがありましたっけねぇ。ふ節も巾広なのでオスかもしれません。

ゴミムシの中でもプテロと呼ばれるナガゴミムシの仲間は、ガタイも大きく、形も良いので人気があります。しかし恰好のいいプテロはガレ場やその周辺に生息しているので、私のようなヘナチョコ甲虫屋には縁のない高嶺の花。そんな中、このヨリトモだけは里にも多く、一番身近なプテロと言えるかもしれません。

DSC_0456wdn(On)_20170302180004795.jpgヨリトモナガゴミムシ ‘17.2月中旬 東京都町田市



スポンサーサイト
  1. 2017/03/02(木) 18:08:55|
  2. オサムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<平凡な出来 ・・・ツヤナガヒラタホソカタムシ | ホーム | 魅力を感じない ・・・トビイロマルハナノミ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/1722-4a3afb41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)