甲虫三昧

冬季定番 ・・・チビシギゾウムシ2種

まだまだ寒かった2月の虫話なのでそのつもりでお付き合い下さい。

寒風吹きすさぶ高台の公園で、ケヤキの樹皮をめくる懲りない虫撮り屋。つまり私のことですが、気温が低いのはいたしかたないとしても、身体が揺さぶられるほどの北風は願い下げです。寒いし、手はかじかむし、カメラは揺れるし、なんでこんな天気の時に虫撮りしなきゃならんのですかね、と正直思います。そうは言っても出て来てしまったものは仕方ありません。何かしら結果を出さないことには甲虫屋の沽券にかかわるというもの。でもって出て来たのが小さなシギゾウムシ2種。見た目はほとんど変わらぬレロフとジュウジチビシギです。

両者の違いは上翅白帯の第4間室が白か黒か、つまり白帯が欠けているか否かで区別するのが一般的です。毎年この時期になると一度はUPされる、拙ブログでは冬季定番の微小シギゾウムシです。


レロフは撮っただけ。凹みから頑として動かないので諦めました。
1-DSC_0625wtn(Ku).jpg
レロフチビシギゾウムシ ‘17.2月中旬下旬 東京都町田市

ここから下は一回り大きいジュウジチビシギです。
2-DSC_0726wdn(Ku).jpg

3-DSC_0783wdn(Ku).jpg

DSC_0347wdn(Ku).jpgジュウジチビシギゾウムシ ‘17.2月中旬~下旬 東京都町田市



スポンサーサイト
  1. 2017/03/04(土) 18:58:34|
  2. ゾウムシ科
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<本種は赤褐色 ・・・コマルノミハムシ+α | ホーム | 平凡な出来 ・・・ツヤナガヒラタホソカタムシ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soda62.blog.fc2.com/tb.php/1724-d928c8d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)